スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きにくくてもごもごしてしまいますが

 先々週末ですが、弊社が例年安全祈願でお参りしている遠州地域でも格式の高い神社に50周年の粗品を携えて御礼のご挨拶に伺いました。宮司様には毎年の積み重ねで大過なくここまで来れましたこと、まことにありがたく、アポなしで押しかけたなか、大層喜んで小一時間ご対応いただきました。

 世間話しというよりも、第一声、犯人が見つかってよかったですね、という例の神社仏閣に油をまかれた事件の関係です。


寺社連続油被害事件 ウィキペディアの編集途上の記事ですが、時系列で「報道があった」被害の一覧。
リンク先より「5月29日時点の警察庁まとめでは、被害は16都府県、48箇所に及んでいる」うち、静岡県下では三嶋大社の被害が報道されていますが、遠州地方のこちらでも被害にあったそうです。年に数回のお祀りのために行く程度の山深いところにあるお末社の扉が開かなくなるほどベットリと。宮司さんのネットワークで連絡を取り合った中で、報道や届け出の無い被害も何十か所も確認できたと言います。

重要文化財や国宝でも被害がある中、お末社までどのレベルの管理が求められるのか。善男善女の集まる場所に防犯システムはそぐわないのではないか、など、我々も実際に住職さんに言われたこともありますし、全くの同感で「この機に売り込み」とか、気分的には進まないことです。近隣のお寺さんには山門から本堂までは見通しがよく心配していないが、境内社のお稲荷さんがうっそうとした径なのでと、夜間はソーラー電源のセンサーライトで「晩方のお参りにも安心」という管理を納入しました。悪意のない人には「ありがたい配慮」と信徒さんも喜んでいただいているようです。

しかし、まあ、書きにくくてというところですが、これ、公安とか入国管理とか国家の案件ではないでしょうか。某代議士秘書さんもこの話題には『許せん!』と憤慨していましたが、犯罪予備軍と分かっていて入国審査が甘いとか、ビザなしが続くとか。善男善女たる国民の不安や実際の出費には真剣に取り組んでいただかないと。

続きを読む

スポンサーサイト

工事現場の防犯 】 同じところで同じ被害が連続する

浅田駐在所
浜松警察署 浅田町巡査駐在所 新築記念だろうか

 筆者が会長を仰せつかっている電気工事会社さまの協力会。未遂も含めて、工事現場でのケーブル盗難などチラホラ聞いていましたので、4月度勉強会は「建設現場における防犯について」。静岡警察本部県 浜松東警察署 生活安全課 様と防犯センサーメーカーによるセミナーを開催しました。

一般には、同じところで同じような被害が連続する、同じ犯人、同じ手口。
一度被害に遭っても、同じ会社は同じ置き方や管理をするので同じような被害に遭いやすい。

建設現場では
被害が多い;建築資材、工具、車載の荷物、重機

車上荒らしはガラスを割ってまで荒らさない。施錠の徹底は、荷の上げ降ろしなど現場と頻繁に往復するときに緩くなる。
面倒でも電子キーが増えた昨今、必ず施錠しましょう。貴重品やカバンなどは毛布などで目隠ししてください。
逮捕してみたら「鍵が開いていたから」「カバンが置いてあったから」と返答するそうです。さすが常識が違います。

被害の多いもの、その多くは「施錠の徹底」で防ぐことができる。

家、事務所の戸締りの徹底でかなり防げるが、更に。
  カメラはあるか、明るいか、カギは二重か。心理的なハードルが高ければ侵入意欲は下がっていく。
  警備会社などはコスト的に(被害に遭うまでは)検討しない場合が多いが安価な威嚇でも違う。

ご講演に合わせて、弊社取引のセンサーメーカーによる工事現場に特化した防犯システム構成のデモンストレーション。
電気工事に従事する参加者は、メカに対しての技術的な質疑応答が多く、警察の方も感心していました。
仮設現場だけに、常時の電源、暗視機能、操作性、設置・撤去の簡易性など要求が多いが、一般家庭や事務所にも応用できますね。

さて、弊社担当とメーカーさんで組み上げた簡易システムですが、商売っ気が無くてなあ。。。。
今回の参加者に限り、共同購入100セットで〇%引きとか。営業担当。。。。。。

文化財防火デーに関わる書きかけの記事。

御影公会堂
御影公会堂 兵庫県 ※本稿とは特段関係ないが、すみません次回特集します。。。

文化財"防災"手だて探る 静岡でシンポジウム (2013/2/ 4 07:38) 静岡新聞

 第1回「災害から文化財をまもる為のシンポジウム」(静岡文化財保存修理センターなど主催)が3日、静岡市駿河区の県立美術館講堂で開かれた。災害に備えた文化財の所在調査について、専門家や県内団体が議論し、「所有者や地域との信頼関係」「地域の人材を生かすための意識付け」などの課題が挙がった。
 東日本大震災で被災した古文書の調査保全に取り組む宮城歴史資料保全ネットワークの平川新・東北大教授は、効果的な調査やリスト作成法を報告。「調査を通じて地域と密接な関係を築くことが、被災後の迅速な被害把握に有効」と語った。
 県内の活動事例として、行政と専門機関、市民団体が連携して立ち上げた「県文化財等救済ネットワーク」の現況を、県の担当者が説明した。
 NPO文化財を守る会(静岡市)の友田千恵代表は、防災マップ作成など独自の取り組みを紹介し、「専門家や所有者との連携、継続した調査のための資金に悩んでいる」と明かした。
 パネル討論では、「調査や被災資料の修復には、専門家と市民の分業体制を」「地元住民が文化財に価値を見いだすために、歴史講座や防災訓練といった定期的な仕掛けが必要」などの具体策が指摘された。

文化財防火デー2013

と先日UPしましたが、文化財とはモチロン、建造物だけでなく、収容物というお宝もありますね。

再掲、
年末から重文含む寺社の火災が気になっていましたが、年明けには福井県で住職が亡くなられる痛ましい火災も発生しています。寺社仏閣やご神木、収容文化財についてちょっと不穏な流れが噂されますが、地域のよりどころで誰にでもオープンであるとして防犯センサーや、もろもろはそぐわないと仰られる場面も多々あるようです。拠り所であるからこそ確かな備えを推奨したいところ。

続きを読む

防犯カメラ普及の効果

静岡県防犯設備士生活安全協議会の定期総会に出席した担当部長からの報告。

県内の犯罪情勢は件数が減少傾向。防犯機器普及の効果が出ているようです。

【犯罪発生件数】
年度    静岡県      全国
H14  63,008件   2,800,000件
H23  35,900件   1,500,000件

9年連続減少(自販機荒らし・車上荒らし・自転車盗)
  ⇒ハード対策(防犯カメラ設置)が効果

 知り合いの店舗兼倉庫、カメラ設置したタイミングで入った空き巣を捕まえたそうで。カメラが欲しかったら「オレに相談してくれよ、水臭いなあ」という話を先週聞いたところ。通り魔や先日確保されたオウムの逃走経路とか、威力を発揮しますね。
 商店街やマンション入口などに設置の際も、プライバシーがとか住民を威嚇するのかという反対意見も少なくなってきたような気がします(体感)。まあ、普通に出歩く際にはカメラが設置してあるルートは安心だと思います。スリなんかも商店街から外れた薄暗いほうに分散しているような話題があったり。

 武装スリという外国人の集団が騒ぎを起こしたのは10年位前になるか。事態を軽く見せるような”言い換え”は感心しないのですが。それは「強盗だろう」と。ハッキリ犯罪内容で報道してほしい。今話題の”いじめ”も内容を聞くと恐喝・強要・暴行傷害・恐喝と「犯罪事実」だろうと思います。”いじめ”という定義は、たとえば身体的な特徴でヒドイあだ名を付けるとか、謂れもなく無視するとか、倫理的に許されないが、成長するに従い、あとで後悔に変わる、やられたほうは逞しく成長する範囲のものがよいなあ。

 急にカメラと関係のない話を挟みましたが、ハード対策も効果がありますが、犯罪事実に対する厳罰化など、犯罪を許さないというムードも大切だと思いますので。割れ窓理論とかハインリッヒの法則とか職場でいうヒヤリハット事例報告会みたいになってきましたが。君子危うきに近寄らずとか。夜間の徘徊はコワいものだったと思い出す必要もあるでしょうね。

浜松の連続不審火について

GWと前後して浜松市東区で連続不審火が発生しています。

不審火:浜松で、また発生 オートバイと自転車8台全焼 /静岡 毎日新聞2011年5月8日 地方版

 7日午後0時15分ごろ、浜松市東区薬師町のアパート駐輪場から火が出ているのを住民が見つけ119番した。火は約10分後に消し止められたが、駐輪場の自転車6台とオートバイ2台が全焼。隣接する工場の壁の一部を焦がした。けが人はなかった。
 浜松東署は東、南区で4月22日から5日までに13件相次いだ一連の不審火と関連する可能性があるとみて調べているが、これまではすべて深夜や未明に発生しており、日中に起きたのは初めてで警戒を強めている


・・・以下、遡ります。

<不審火>浜松でバイクなど3件相次ぐ  05月07日 TNCニュース

 浜松市東区と南区で4日深夜~5日未明にかけ、バイクとそのカバーが燃える不審火が3件相次いだ。現場は半径3キロ内に集中しており、浜松東署は連続放火の可能性があるとみて調べている。同署によると、4月22日から5日までに、両区で13件の不審火が発生しており、いずれもバイクカバーやゴミが燃やされていることなどから、同一犯による放火の疑いも視野に捜査している。

 同署によると4日午後11時45分ごろ、同市東区大蒲町で、約10分後に2~3キロ離れた同市南区芳川町で、さらに約10分後、そこから約800メートル離れた同区安松町のいずれもアパートの駐輪場でバイクとバイクカバーが燃えた。いずれもけが人はいなかった。


浜松のごみ集積場で連続不審火 2011.4.23 産経ニュース

 22日午前1時ごろ、浜松市東区神立町のごみ集積場のごみが燃えるなどの不審火が3件発生した。いずれも、通行人や近隣住民が発見し、間もなく消し止めたため、建物などへの被害はなかった。浜松東署は、同一犯による放火の可能性もあるとみて、出火原因を詳しく調べている。調べでは、3件の出火場所は半径500メートル以内だったという。

 徐々にではありますが犯行が大胆になり被害も大きくなっているようです。震災関連、浜松祭り中止、浜岡原発停止と、大きな見出しが続いていますが、身近な治安情報です、注視しています。浜松では思い出した頃にという感じか、連続不審火が発生します。上記のように連続して報道されたのはここ10年で3度目くらいでしょうか。

 掛川市ですが、2年前に発生したときに取り上げました。
連続不審火 掛川 2009.06.29

続きを読む

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

火事場泥棒と復興詐欺ビジネス

岩手の自警団 バール振りまわす火事場泥棒をボコボコにする 2011.04.10 16:00

火事場泥棒続々登場 気仙沼の信金から4000万円盗まれた例も 2011.03.29 16:00

以上、NEWSポストセブン より
※リンク切れはご容赦下さい。週刊誌ネタのようで面白おかしく脚色がされているかもしれません。
衆議院議員静岡7区 木内実さんの公式HP 信念 より
☆お知らせ☆ 法務委員会で質問 2011年3月29日
~ 前略(原発関連です)~

 もう一点は、犯罪抑止という観点からの被災地における犯罪の重罰化である。今、被災地では実に卑劣・卑怯な犯罪が横行している。このような「火事場泥棒」には、厳罰をもって処すのがふさわしい。刑法の規定をより重罰にすることを特別立法制定を提起したい。

教えて!時事コム - 火事場泥棒
質問者が選んだベストアンサー.東北からの投稿。
ガソリンや灯油の窃盗や被害にあった銀行に忍び込む強盗がでてきたので警察と連携し、自警団による防犯パトロールを行うことになりました。今はそれほど深刻ではありませんが自衛隊や増援の警察官が引き払うことになればどうなるかわからないですね。これからだと思います。

投稿日時 - 2011-03-19 08:21:17

 いきなり引用情報ばかりで恐縮ですが、そもそも現行犯逮捕であれば一般人でも認められる、あるいは良民の義務として取り押さえる(凶器を持った殺人鬼とか、無茶振りはしませんが)べきものとは良く知られるとおりです。同じく戦後法制史では親や子を殺す尊属殺が憲法下の法の下の平等に反するとして違憲とされましたが、モラルに対する厳罰という、平等より重い道徳規範が軽視されてきました。
ウィキペディア 尊属殺 より
「尊属殺重罰規定の背景 」
 尊属殺を重罰にする規定が置かれたのは、儒教的精神における尊属に対する敬愛や報恩という社会道徳を破壊する罪に対し厳罰をもって対処する意向に基づくものとされ、大宝律令で八虐が定められて以来の日本の刑事法の一つの原則であったと言われる。
 一方で日本国憲法との関係では、家父長制度の遺風として民主的ではないという指摘もあった。子供や孫などの卑属に対する犯罪行為は家父長制度のもとで懲戒権が認められて、その処罰が軽減される(律令では明文化され、近代刑法では慣習的に行われていた。一家無理心中で親が死にきれなかった場合も該当する)ことに対する不平等も問題視されていた。
・・・以上、引用終わり。戦後「日本解体」のシンボリックなテーマです。脱線気味ですが。

 文化財の防火対策という2年前の記事でも、「火付盗賊人殺し贋金づくり」という治安に直結する犯罪の現行犯逮捕について紹介しました。見つけ次第通報し、召し捕らえ候、怪我や死亡の際には褒美、見舞金、遺族への手厚い配慮など。

火付盗賊高札

続きを読む

【またぞろ】火災警報器の訪問販売【沸いてきた】

こうも暑いと沸いてくるのかねぇ、とも思いましたが、増加傾向ということで「ちゃくちゃくと増殖中」ということらしいです。下記の記事。

<火災警報器>高額な契約…訪問販売でトラブル増 8月4日22時26分配信 毎日新聞

 改正消防法で設置が義務化された住宅用火災警報器で、高齢者が訪問販売業者に高額な契約をさせられるトラブルが増えている。国民生活センターは4日「特に1人暮らしの高齢者は、信頼できる人と相談して検討してほしい」と呼びかけた。

 住宅用火災警報器は煙や熱を感知し、音などで火災発生を知らせる機器。新築には06年6月から義務付けられ、既存住宅は市区町村ごとに違うが11年6月1日までに完全義務化される。家電量販店などでは1個4000円程度の商品もある。

 同センターによると、全国に寄せられている相談は05年度から今年6月までに827件で、増加傾向にある。相談者は70~80代が54%を占め、契約金額は複数個の契約を含めて平均約14万円だった。
 山陽地方の1人暮らしの80代女性は09年5月、43個を約90万円で契約。金融機関で振り込もうとしたところ、職員が女性に問い掛け契約が判明した。職員はクーリングオフを勧めたが女性は「業者が怖いから支払う」と応じず、金融機関から消費生活センターに相談があった。

 他に▽「点検する」と言って家に上がり込んだ業者に無理やり設置された▽「付けないと罰せられる」と事実と異なる勧誘をされた▽「市役所から来た」など公的機関を装われた--などの相談もあった。

・・・昨年5月に記事をUPしています。
訪問詐欺にご注意 住宅用火災警報器編 手口や留意点は進化していませんのでご参考に。
その他、電気の点検が~とか、ガス事業者を装って~とか、最近は地デジ対応についてのトラブルも増えているようです。基本的には訪問してくる業者は取り合わないこと。カメラ付のインターホンを活用して直接、面と向かって話さないことが肝要だと思います。自治体高齢福祉の窓口で取りまとめたり、自治会や高齢者団体など、地域ぐるみで取り組まれる案件とも思いますが、(当社も自負していますが)、キチンと店舗を構えた正規業者にご相談いただければ、量販店より安心・安価で専門家が活躍すると思います。(お近くの方は当社にご相談下さい、共同購入がお徳です)

関連;悪徳商売からの企業防衛
参考までにこんな記事も(少し古いですが)
「ほぼ完備」火災警報機は47.7%・地デジ対応34.2%…浸透遅れる賃貸住宅の設備状況2010年02月09日 Garbagenews.com
こちらは賃貸関係の設備状況です。

テーマ : 隣組(自治会・町内会)
ジャンル : 福祉・ボランティア

盗られて泣くより笑顔で防げ

家庭 盗難防止弾 家庭防犯普及協会 盗難防止弾五個入り だそうで。戦前くらいのものでしょうか。

盗難防止出 ①  盗難防止裏 ② 盗難防止弾(マッチ箱大)の表裏

盗難防止 ③ こんな状態で入っています

両端を引いて、クラッカーのような威嚇音を鳴らすのだと思いますが、当時は効果があったのでしょうか?

箱の表面のキャッチフレーズ
焼くも盗らるも油断から 番犬の声より恐る 防止弾の一発

裏面のコピー
盗られて泣くより笑顔で防げ 戸別に備へ明るい社会

尚、マッチ箱のようで薄い木板で割と頑丈に作ってあります。
昔は施錠が要らなかったとか、平和だったような懐古話を良く聞きますが、押し込み強盗のような話も時代劇から大正文学まで無くは無い。治安に対する知識や意識の問題であって、上記の普及協会のように啓発団体もあったことは事実。この頃、「火の用心」から「火災予防運動」に変わっていった時期とも重なります。
こんな背景も有って、戦後、インターホンが登場した折りには既に防犯機器として提案されています。
以下、インターホンメーカーのアイホン様から貴重な資料を頂戴しました。

aiphone アイホン ※社名の元になる商品のカタログです。
アイホン カタログ

続きを読む

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

静岡県警 治安向上へ新プログラム 

治安向上へ新プログラム 県警 01/22 静岡新聞

 県警は今年から4年間をめどとした新たな総合的治安対策「ふじのくに静岡安全・安心推進プログラム」を策定し21日、発表した。「犯罪に強い社会づくり」「人に優しい交通安全社会の実現」「安全・安心のための警察力の強化」を3本柱に、2013年末までに刑法犯の認知件数を4万件以下(09年4万1070件)とするなど具体的な数値目標を盛り込んだ。
 このほかの数値目標は交通事故死者数200人以下、人身交通事故発生件数3万7千件以下の定着―などを設定。1年ごとに対策を検証する。
 県警は犯罪の増加傾向に歯止めをかけるため、07年から3年間にわたって緊急治安対策「治安再生プログラム」を推進してきた。刑法犯認知件数や交通事故死者数が減少するなど一定の成果を上げたが、新たなプログラムでも「件数は依然多く体感治安も向上していない」と分析。中長期的な視野に立ったさらなる治安の維持・向上を図るとした。
 「犯罪に強い社会づくり」のための重点施策として(1)安全・安心を確保する総合対策の推進(2)重要犯罪等に対する捜査の強化(3)総合的な組織犯罪対策の推進(4)テロ等への的確な対応―を掲げる。


 上記記事に先立つ昨1/21付けで、同新聞より
職質 サムネイルをクリックして拡大してください。
09年検挙、過去最多1256人 の見出しで
”職質のプロ”県警自動車警邏隊 初動での重要性 高まる の記事です。以下、抜粋。

続きを読む

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

浜松マージャン店火災続報、他

浜松マージャン店火災、10月にも不審火 11/18エントリの続報です。また、別件で、
犯行声明文は数カ所 放火容疑の工場火災 浜松 という連続不審火もありますので併せて取り上げました。浜松は輸出や自動車部品などの工場の街ですが、出口の見えない不況で、体感治安も悪化しているように思います。タクシーもここの所、防犯仕様で運転手と後部座席の間をプラスチック板で仕切るようになってきました。客先の知人が不良外国人に囲まれ、いきなり鉄パイプで殴られ、財布を奪われたそうです。地域全体に閉塞感があるような。基本的には何かのせいにするのは嫌いですが、政府の経済政策(3ヶ月間の無策!昨年の今頃は、ネジレ国会の中で一次補正に続く、年明け2次補正のスケジュールを調整していた!)について恨み言の一つも言いたくなるところ。

灯油タンクに引火か 急速に燃え広がる? 浜松  11/19 静岡新聞

 浜松市中区高丘東のマージャン店で4人が死亡し、3人が重軽傷を負った17日未明の放火容疑事件で、浜松中央署捜査本部は18日、同市消防局と合同で現場検証を実施し、焼けて塊になったポリタンクを出火場所の1階で発見した。ストーブ燃料の灯油が入っていたとみられ、引火によって火が急速に燃え広がったとみられる。同本部は同日、3人の遺体の司法解剖も行い、死因を特定した。
 同本部などによると、ポリタンクは同店の従業員が通常置いている場所の近くにあり、動かされた形跡は確認されていない。同店の従業員の話では容量は18リットルで、普段は階段の下にある倉庫で保管していたという。1階は燃え方が激しいために詳しい出火場所の特定に至らず、19日も引き続き現場検証を実施する。
 司法解剖の結果、同市北区引佐町、時計店経営の男性(64)は避難時に2階窓から転落し全身を強く打ったことによる多発損傷で死亡、2階で見つかった3人のうち2人は焼死だったことが分かった。焼死した2人の気道からはすすが見つかり、死亡する直前に吸い込んで動けなくなったとみられる。いずれも目立った外傷はなかった。残る1人の遺体の司法解剖は19日に行う。

2階窓が避難経路消防、器具の設置指導なく

 2方向への避難経路が必要な遊技施設だったマージャン店は6年前の消防査察で、避難器具の備えのない2階窓が避難経路とみなされていたことが18日、浜松市消防局中消防署への取材で分かった。
 消防法は2階以上、収容人数10人以上(1階あたり)の遊技場に階段が一つしかない場合、2方向へ避難できるよう避難はしごや救助袋など避難器具の設置を義務付けている。中署は「避難経路の確保に有効な窓があり、避難器具と同等の効果があると判断した」として、避難器具を設置するよう指導しなかった。
 消火器と誘導灯の未設置や防火管理者の未選任については、消防法令違反として口頭と文書で改善を指示した。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。