スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格復旧おめでとうございます、台湾の善意には多謝

津波に浸かった南三陸町の公立病院、台湾の義援金22億円で復活
The Huffington Post 2015年12月15日

東日本大震災の津波で被災した宮城県南三陸町の公立病院が高台の土地に再建されて、12月14日に開業した。NHKニュースによると、津波で壊滅した宮城、岩手両県の6つの公立病院のうち、本格復旧したのは初めて

震災当時は「志津川病院」という南三陸町で唯一の総合病院だった。しかし、震災の津波で5階建ての建物の4階まで水に浸かり、患者と看護師合わせて74人が犠牲になった。震災後、病院の建物は解体。仮設の診療所などで診療を続けてきたが、11月に町の高台に新しい病院「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」が完成した。

朝日新聞デジタルによると、新病院は延鉄筋コンクリート3階建てで、介護サービスなどを行う総合ケアセンターも併設されているという。


■建設費の約4割が台湾の義援金

この新病院の建設費用を支えたのは台湾から寄せられた義援金だった。台湾の通信社「中央通訊」によると、建設費約56億円のうち、約4割に当たる22億2000万円を中華民国紅十字会総会(台湾赤十字)が支出した。台湾赤十字が東日本大震災からの復興を支援した建築物の中で最多の支出額だったという。

台湾赤十字の王清峰会長は11月25日に開かれた新病院の落成式で、「日台の友好関係が末永く続くことの象徴」と語ったという。 同病院の敷地内には「台湾の皆さんありがとう」の言葉とともに、「中華民国」の国旗、南三陸町の町旗、「絆」の文字が刻まれた記念碑も設置された。

※リンク先 写真あり

記事の通りで加筆することはありません。本当に時間も費用も掛かり、その間、仮設での診療等、ご苦労も多かったことと思います。また、壊滅した6病院のうち本格復旧は当病院が初めてと、簡単に言い表せない・わかったようなことを書いてはいけないと、いつもながら感じています。

2012年3月、一年後に訪れた時に施設の内陸側に漁船が乗っているところを見ました。南三陸町で外壁だけでも残っていたというと総合庁舎と、ここ志津川病院、鉄骨が残る防災庁舎、くらいしかなかったように記憶しています。当時は生々しくて現地の人に申し訳ないとUPを控えていましたが、公立の総合病院という重要施設が6か所中ようやっと1か所の本格復旧ということであれば、我々は今しばらく被災地の事を知ろうとしなければいけないと思いました。

南三陸01 志津川病院 北側 防災庁舎より

南三陸02 上掲の右端、内陸側です 2012年3月
スポンサーサイト

どこまで対応したら完璧か


【静岡県総合防災訓練】大雨で訓練中止になり引き上げる自衛隊・警察車両


静岡県総合防災訓練が初の中止 主会場に大雨警報    (2015/8/31 07:23) 静岡新聞

昨日は静岡、激しい雨でしたね。県と防災協定を締結している業界団体のうち、電気工事を取りまとめている社長さんとやりとりしていました。


<県総合防災訓練中止>地震と大雨同時発生備え課題 (2015/8/31 07:50) 同紙

大雨で県総合防災訓練が中止となり、会場を後にする各関係機関の参加者=30日午前、焼津市の大井川防災広場

 荒天の影響で計画した訓練の大部分が中止になった30日の県・焼津市・藤枝市総合防災訓練。総合防災訓練の開始以来37年目にして初めての事態に、関係者からは「準備したのに残念」との落胆とともに、あらゆる状況を想定したより実際的な訓練の必要性に触れる意見もあった。
 今回は政府が南海トラフ巨大地震の応急対策活動計画をまとめてから初の訓練で、「大規模な広域防災拠点」の静岡空港や東名・新東名高速道路などの活用を検証する機会と位置付けられていた。
 しかし、この日の訓練は、気象状況からヘリコプターなど空路の活用が見送られた。静岡空港に重篤患者を搬送する訓練を陸路だけで実施した焼津市立総合病院の太田信隆事業管理者(62)は、実際の災害時にも「大雨でヘリ搬送ができない事態は十分にありうる」とみる。その上で、事前協議なども含め「自衛隊などとの連携を確認できて良かった」と前向きに捉えた。
 同市の大井川防災広場では、東名の新スマートインターチェンジ予定地から自衛隊員が展開すると想定した訓練が計画されていた。こちらは全面中止を余儀なくされたが、国土交通省静岡国道事務所の担当者は「準備が大切で、関係機関と協議を重ねたことは実践で生きる」と成果を強調する。
 一方、地震と悪天候が重なった場合への備えに不安を示す意見もあった。国からの支援物資受け入れ拠点になる藤枝市の大井川農協農産物集出荷場は、大雨で駐車場に水が浮いた状態になった。同集出荷場の職員は「物資を載せる物流用の台は用意できるのか。雨の中で訓練すれば、実際の様子が分かっただろうに」と中止を残念がる
 行政側は、大規模訓練の実施で得られる効果と、安全の確保のはざまで頭を悩ませる。県危機管理部の担当者は「実災害でも天候が悪ければ、航空機は飛べず、公助が遅れることは必死。住民自身も緊急持ち出し品に雨具を加えるなど、今回の経験から災害へのイメージを膨らませてほしいと求めた。

悪天候と災害が重なる最悪も大いに有りうるので記事に彩色した通りです。

静岡銀行さん BCP対策2点

 桜の開花ですか。年度末、弊社にとっては半期の数字の詰めです。昼食に出たら春休みで子連れのお母さんとか、のほほんとしてしまいますが、もう半期。今期のスケジュール(内部の改革的な)が遅々として進みません。いや、毎年行っていることなのですが、ふむ。

 さて、静岡銀行さん。70周年を記念して20階建ての新本部棟がオープンしました。(おめでとうございます、弊社も消防設備を納入させていただきました。)

静岡銀行新本部棟 (仮称) 新築工事 2014/12/30  07:12
静岡銀行新本部棟 (仮称) 新築工事は静岡県静岡市清水区草薙北で建設中の20階建て、高さ103.60mの超高層ビルで、元々の本部建物が1964年竣工と古く、災害対策やサービス向上の為に建て替えが決まりました。
ちなみに現在は超高層棟の外観が完成したところです。

・・・というレポート記事を見つけました。超高層ビルと風景写真のきりぼう 様
「超高層ビル をメインに 鉄道 、 風景写真 、 展望写真 、 模型などを ブログ に載せていこうと思います。」という志のあるブログです。写真を拝借しますと、新本部棟に先行して建設され、今回接続された研修棟など、こまごまと歩かないと気が付かないアングルの写真等も楽しく。
新本部棟 研修棟


標記2題、直近の報道より、です。BCPに関連して災害時の資金調達などで取り上げてきましたが、スケールが違いますね。金融は経済の血流という例えは昔から言われていますが、イザというときに血管としてという以上に頼りになりそうですね。

災害時、静銀駐車場をボランティア活動拠点に 
@S[アットエス] by 静岡新聞 3月21日(土)7時58分配信

 南海トラフ巨大地震を想定し、県などと静岡銀行は20日までに、大規模災害発生時、静銀支店駐車場の一部を無償でボランティア活動の拠点として貸借するとの覚書を締結する方針を固めた。東日本大震災をはじめとする大災害を経て近年、ボランティアの活動拠点確保は全国的な課題になっている。内閣府防災担当普及啓発・連携室は「先進的な協定で、他県では聞いたことがない」と評価する。
 静銀と覚書を結ぶのは県、県ボランティア協会、県社会福祉協議会の3者。大災害が発生し、県などから要請があった場合、静銀は特別な理由がない限り、支店駐車場の貸し出しに協力するという内容。対象は20市町30支店ほどで、貸借期間は災害の状況に応じて関係者で協議する。今月中にも覚書の締結式を開く。
 静銀の支店はそれぞれ地域の中心部に立地し、ボランティアの集合や物資の搬入搬出などには好都合。各市町が設置する災害ボランティア本部と連動し、被災現場の最前線で“サテライト拠点”の役割を担う。


以下略、リンク先へ


27面モニタを駆使する静岡銀行の非常事態対策、普段はどう使う?
ITmedia エンタープライズ 3月23日(月)14時32分

 静岡銀行(本店:静岡市)は、創立70周年の記念事業の一環として2014年に免震構造を採用した新本部棟の「しずぎん本部タワー」を竣工、2015年1月に運用を開始した。同本部には東海地震などの災害時に事業継続を支えるための「非常事態対策室」が設置されている。
 非常事態対策室は、監視カメラや拠点のビデオ会議映像、テレビ放送、Web画面など最大27画面を同時表示できるマルチモニタを備える。データを同時に表示してリアルタイムに情報を集中把握できる仕組みだ。シスコシステムズのビデオ会議「Cisco TelePresence SX20」「同EX60」なども導入して、緊急時には同行の177拠点と本部を結ぶビデオ会議システムも構築。IP電話で瞬時に電話環境を利用できるようにもしており、速やかな状況の把握と意思決定を可能にしているという。
 ただ、非常事態対策室が機能するのは万一の災害時になる。同行では「第12次中期経営計画」でフリーアドレスやペーパーレス化などによる新しいワークスタイルの確立も掲げており、非常事態対策室の構築に合わせてワークスタイル変革のための環境も整備した、

同 リンク先へ

避難訓練コンサートwith浜松市消防音楽隊

 避難訓練コンサート 01 主催者挨拶
※ イベント趣旨により撮影許可の催しです。

【事業報告】避難訓練コンサート 浜松アクトシティ ニュース&トピックス

2015年03月03日

3/1(日)アクトシティ浜松 中ホールで「避難訓練コンサート」を行いました。
浜松市消防音楽隊のコンサート中に発生した訓練地震から、
職員の誘導のもと、ホールにご来場いただいた600名の参加者が避難しました。
当日は、あいにくの雨で屋外までの避難はできませんでしたが、
頭を荷物で保護したり、ハンカチで口をふさいで煙を回避したりする様子が見られました。

市民ロビーまでの避難に要した時間は約6分でした。第2回・第3回と続けていき、
より精度を高めていきたいと考えております。

ぜひ、次回開催の際にはご参加ください。(次回は晴れるといいのですが...。)

そう、あいにくの雨でした。屋外喫煙所も冷たく寒く、

避難訓練コンサート 02 広報氏のサイレン
消防音楽隊らしくファイヤーマンで幕開け。しかし楽しそうに鳴らす。

避難訓練コンサート 03
第一部の終わりに計ったように模擬地震。いや、どのタイミングで来るか内緒ですとはアナウンスがありましたが。

避難訓練コンサート 04
消防音楽隊も避難

避難訓練コンサート 05
会場の指示・案内でブロックごと、非常口ごとに整然と避難。

避難訓練コンサート 06 雨天なのでロビーに避難

実際には屋外広場に避難して第2部の予定

避難訓練コンサート 講評
所轄の消防署長より講評
まずは、何があっても落ち着いて。建物設備としては基準通りに設置、維持管理されている。たとえば避難扉は外開きになっているでしょ。避難する皆さんには概ね満足との御講評。避難扉、エレベーターの避難界着床、消防隊進入路、防火区画、、、イカン、商売上の用語をわかりやすく一般に説明することを忘れていてハッとさせられたような感じ。どなたにもわかりやすい切り口で勉強になりました。

運営として時間がかかった反省は主催者より。

消防音楽隊 2部 01
以下、第2部より 教訓ではなく、ただのファンクラブになってしまいます。ご興味の方はどうぞ。

続きを読む

コンサートホールの避難訓練

しまった、告知を忘れていました。
下記イベントの防災機器展示についてご依頼があり ⇒ 自分の分だけチケット手配 ⇒ 年始のドタバタ ⇒ 風邪をひく ⇒ 告知を忘れて今に至る 。。。 です。失礼しました。

3/1(日)の事なので、レポートできたら報告します。ブログ上で予告しても書かなかった記事が多数あるので、しかし本件くらいはキチンとリポートしたいなあ。

もしも...コンサート中に災害が発生したら...
避難訓練コンサート
公益財団法人浜松市文化振興財団

避難訓練コンサート
開催日  2015/3/1(日)

時  間  開場12:45 / 開演13:30
会  場  アクトシティ浜松 中ホール
出  演  浜松市消防音楽隊
料  金  入場無料(要整理券)  未就学のお子様もご参加いただけます。

整理券  1月15日(木)~配布開始
       ・ アクトシティ浜松チケットセンター
       ・ はまホール
       ・ クリエート浜松
       ・ 浜北文化センター

<内容>

もしも...コンサート中に災害が発生したら...あなたは無事に避難することができますか?

避難訓練コンサートでは、コンサート中に訓練地震が発生します。いつ、発生するかはわかりません。
本番の緊張感を持った避難訓練を体験してみませんか?
訓練は20分程度を予定しています。それ以外は、通常のコンサートと変わりはありません。
素敵な演奏をお楽しみください。

【出演】
  浜松市消防音楽隊

【プログラム】
  いきものがかりコレクション / 水野良樹
  Let It Go / Robert Lopez
  バック ドラフト / Hans Zimmer
  まつり / 原譲二           他
  ※曲目は都合により変更にとなる場合がございます。
   あらかじめご了承ください。

同時開催
「東北大震災・御嶽山噴火災害復興支援写真展」「防災設備展示会」
 協力)浜松市消防局・セルコ株式会社

【主催】
 公益財団法人浜松市文化振興財団
以下、新聞より。

演奏会中の地震想定 3月、浜松で「避難訓練コンサート」  2015/1/14 静岡新聞

 浜松市文化振興財団は3月1日午後1時半、演奏会中の地震発生を想定した1千人規模の「避難訓練コンサート」を同市中区のアクトシティ浜松で開く。市消防音楽隊のコンサート中に地震が発生したとの想定で、観客を誘導し、屋外避難を促す。参加を希望する観客に向け、今月15日から整理券を配布する。参加無料。
 同財団がコンサート中に来場客を含めた避難訓練を行うのは初めて。浜松市内の大規模ホールでは「おそらく初の試み」(同財団)という。これまでスタッフだけの訓練は行ってきたが、より実践的な状況で訓練することで、災害への備えを強化する。
 観客は訓練以外では、通常のコンサート同様に演奏を楽しむことができる。会場近くのコングレスセンターでは併せて、「東日本大震災・御嶽山噴火災害復興支援 写真展」を開く。市消防局の隊員による被災地支援の体験や写真を紹介する。
 整理券配布場所はアクトシティチケットセンター、はまホール、クリエート浜松、浜北文化センターの4カ所。問い合わせは同財団<電053(451)1111>へ。

聴講してきましたよ > 古文書からみた静岡の地震・津波

古文書から見た静岡の
※ もう終わっています。

大人の読書活動推進事業「大人のたしなみセミナー」
「古文書からみた静岡の地震・津波」
 静岡県立中央図書館

 県教育委員会では「読書県しずおか」づくりを総合的に推進する中、「図書館講座」(大人のたしなみセミナー)を実施することで、大人の読書活動を推進します。
 今回は、著書「武士の家計簿」やBSプレミアム「英雄たちの選択」の司会で知られる磯田道史氏を迎え、地震・津波に関する講演会を開催します。


日時  平成26年9月20日(土) 午後2時~3時30分
会場  静岡文化芸術大学大講義室  (浜松市中区中央2丁目1-1)
講師  磯田 道史 氏 (静岡文化芸術大学教授)
定員  130人(先着順)   ※一般60人、高校生及び引率者70人
お問い合わせ先  県立中央図書館企画振興課企画係
○主 催 県教育委員会
○後 援 県図書館協会

 語り口も面白く、興味深い内容でした。日頃の報道発表で目新しい情報はありませんでしたが、中高生や一般聴講者に対する間口はこんなところでしょう。年表、古地図、地名、記録などから割り出される推計データと現代の諸案件とのすり合わせをして、まとまめて解説という貴重な講座でした。

拙ブログの以前の記事を補強するデータも嬉しく。

人は石垣、人は城 って言いますね 2013-06-23 より
安政地震石垣崩所絵図
「遠江国掛川城御天守台石垣土手崩所絵図」1枚、1855年(安政2年) 掛川市二の丸美術館蔵。
 二の丸美術館で複製を購入してありまして、解説をかいつまんで言いますと、

①天保2(1831)年 北東の石垣が崩壊している。
 この際の修理の記録は未発見ながら、応急の処置しかされなかったようである。

②嘉永4(1851)年 この図は、この年に崩落した石垣と芝土手の状況を幕府に報告した控え。
 
 ①②とも現在知られている資料において、地震風水害など石垣を崩すような大災害の記録はない。
 堅牢を誇る石垣がなぜ二度も崩壊したのか、今後の研究に期待する。

③嘉永7(1854)年 安政の大地震 天守台に大きな被害
 安政大地震における掛川の被災状況
                   ・・・・ここまで再掲・・・・・

歴史地震学では城の天守閣が崩落するのは震度7といわれる。安政地震での静岡県の太平洋沿岸の震度はおおよそ5~6だが、袋井掛川は震度7と突出。分布図と上掲の崩落記録は合致していますね。

安政地震之事
ついでに同上エントリから、、、、

嘉永七寅年 東海道筋 並びに 上方筋 大津波大地震之事 (各宿場の被災状況ダイジェスト)
くずし字解読講座 テキスト一覧(古文書解読) 静岡県立中央図書館
・・・ダメだ、どうしても読めない字は読めません。
舞阪・新居は大津波が猛威を振るい、人家を押し流し、富士川は山崩れ怪我死人多し、というような記事。火事については府中(静岡)が大火、ほか”出火”が、多し・あり・少しく、という区分けで表記。
掛川はとりわけ「〇〇人家皆つぶれ大火〇怪我死人多し」・・・〇は読めません
--------------------------------------------------------------------------------
ここまで再掲。ご近所に優れた先生がいらっしゃったので解読をお願いしようかしら。

続きを読む

9月1日 特集 防災の日

 ふむぅ、8月は殆どブログに触れませんでした。盆前から妙に仕事のピースがサクサクはまって調子が良いのですが。
9月、当社にとって決算月に入り、客先とのあれこれも相変わらず密度が濃いところですが、もう少しこちらも頑張らないと一部の人には叱られそうです。

 まずは9月1日 防災の日に合わせて、昨日が多かったようですが大規模訓練など大きく取り上げられていますね。我々も消防設備のみならず防災全般に取り組んでそれなりになりますので、認知度が上がったのか、地域紙各社様より防災の日特集の広告なんかも要請されるようになりました。下請け・孫請けが多い建設業や、メンテナンスも総務や設備担当者様とのお打ち合わせで、なかなか世間一般の市場で知られるチャンスが少ないので、全部は受けきれませんが有り難い事です。

建通新聞 静岡版 2014.08.29 防災特集に
bousai2014-001.gif

そんな中、ちょっと嬉しい驚きですが、弊社の女性スタッフが地域経済紙でインタビューを受けていましたね。

浜松情報 2014.09.01号 News Flash
遠州灘海岸にセルコ㈱が設置 監視カメラで津波を警戒
bousai2014-002.gif 原稿が大きいのでサムネイルにしました。クリック拡大で見て下さいね。

 彼女から突然のメールで原稿のPDFファイルとともに、「変なところがないか内容をチェックしてください」とあり、え?何の話し?いつの間に。社長は知らなかったが、なかなか良い記事なんでないのと。例年は社長あてに取材の依頼がありますが、苦手とは何度も申し上げております。スタッフの皆さんが生き生きと応えてくれるのもありがたい。 

 ところでブログを更新できずにいた8月も色々なところに出向いていますので、ネタは尽きないのですが。今月も長い目で見て下さいね。

本業の合間を縫って廃車利用で本部機能


廃車バスを改装 「災害対策車」導入 遠州鉄道  (2014/6/23 静岡新聞

 東日本大震災や近年の台風被害を教訓に、遠州鉄道(浜松市)は廃車予定の乗り合いバス車両を改装し、非常用の電源や無線設備を備えた県内唯一の「災害対策車」として導入した。バス営業所などの施設が被災した場合の運行指揮所としての機能に加え、非常用電源を使った炊き出しなど地域住民向け活用策の検討も始めている。
 導入の直接のきっかけは、2012年6月の台風被害。風速20メートルを超える強風と激しい雨で浜松市などの13万世帯以上で夜間から翌日まで停電が続き、同社バスも運行指示が滞るなど、一時まひ状態となった。
 バスの保守を担う遠鉄整備センターは「災害時の電源と安全輸送の確保」をテーマに、災害対策車の開発に着手。1997年式の路線バス車両(走行距離約80万キロ)のエンジンルームにディーゼル発電機を設置し、容量約80リットルのバス燃料タンクの軽油を発電機に使用できるようにポンプなどを取り付けた。


 車内は後ろ半分の座席を取り外し、事務テーブルやテレビモニター、バス路線図などを準備した。無線設備は路線バス、空港・高速バス、貸し切りバス用の3種類で、県西部のほぼ全域と交信できるように高さ12メートルの収納式アンテナも備えた。
 通常のバス整備の合間に改装作業を行ったため、完成までに半年かかった。平常時は新人運転手教育に活用できるようにもした。

 “実戦”事例はバス107台を動員した昨秋の航空自衛隊浜松基地エアフェスタ、153台を動員した今年5月の浜松まつりなど。現地輸送指揮車として同車から無線指示を発し、混雑状況の動画送信も行った。
 整備センターの藤■善◆さん(49)は運用の課題として通信インフラの充実や地域住民向けサービスを挙げる。「非常用電源は燃料的には1週間は持つ。炊飯器や電子レンジによる炊き出しなど、活用のためのマニュアル化が今のうちから必要」と話す。



どんなものかと検索してみたら、好きな人は情報が速いですね。実際に行動して乗り込んでます。
極端な話、写真メイン 様  遠州鉄道事業用車 EMV 2013-11-11(!)
遠鉄EMV
写真も拝借。リンク先には車内外からの写真が多数あります。

 遠州鉄道さん、バリアフリー対策でノンステップバス導入も県下初は勿論、全国でも早かったと記憶しています。鉄道のほうも高架化が進み、渋滞緩和も段々とですね。本件については廃車バスを活用というところと、整備センターのほうで”本業の合間を縫って”という部分に特に魅かれます。

BCPの取り組み事例 】 焼津水産化学工業

BCP 】 事業継続計画54%策定  という記事を3月にエントリーしましたが、少ない・遅いというマイナスな話ばかりではいけませんね。静岡県下でも焼津漁港は官公庁ベースで下記の対策を急いでいます。

焼津漁港の津波防災検討 水産庁と県が対策委  2014/2/28 静岡新聞

前略
 委員会では、震災後の漁業や水産経済活動の継続、近隣住民の生命を守ることを踏まえた対策を検討する。想定するハード対策は(1)防波堤や岸壁の耐震・耐津波化(2)防波堤の新設・延伸(3)水門整備(4)胸壁整備(5)避難施設整備―など

では早速、焼津に拠点を構える民間企業の取り組み事例を見てみましょう。先進的だと思います。

焼津水産化学工業株式会社 様の新着情報より (図像とも)

静岡銀行と「震災リスク対応型コミットメントライン」の契約を締結 
~BCP対策で震災時の円滑な資金調達手段を確保~
 2014年3月26日
当社は、BCP対策の一環で円滑な資金調達手段の確保を目的として静岡銀行と「震災リスク対応型コミットメントライン※1」の契約を締結します。

当社グループは静岡県下に本社、本部、研究開発部門および製造拠点を有しており、今後想定される南海トラフ大震災等の発生に備えて様々な対策※2を進めています。 震災により事業が中断した場合、早急な復旧により供給責任を果たすだけでなく、従業員の給与や得意先への支払も必要となることから、円滑な資金調達手段の確保を目的として今回の契約締結となりました。この契約で、当社のBCP(事業継続計画)に関するハードとソフトの対策が更に強化され、充実した内容になると考えています。
【契約内容】
1)契約締結日 平成26年3月28日(金)
2)契約者 焼津水産化学工業株式会社
3)貸付人 株式会社静岡銀行
4)バックアップ貸付人 株式会社広島銀行

※1 コミットメントラインとは、企業と銀行が予め契約した期間・融資枠の範囲内で企業側の請求に基づき、銀行が融資を実行することを約束(コミット)する契約です。ただし大規模地震発生時には不測の事態も予想されるため、遠隔地の地方銀行をバックアップ貸付人として設定することにより震災リスクに対応出来るように設計されたのが「震災リスク対応型コミットメントライン」です。


YSK453.gif
※2 当社では、東日本大震災以降、掛川市国安の大東工場に津波避難階段(2012年3月)、焼津市田尻にある当社グループのマルミフーズ株式会社に津波避難タワー(2013年2月)を設置してきました。
また掛川市の内陸部高台の工業団地の土地を取得し(2012年6月)、そこに当社の主力事業である天然調味料等の製造を行う新工場の建設を進めています。新工場は今年9月の稼働を予定しています。
YSK.gif
YSK452.gif
YSK450.gif

以上、リンク先の公開情報では震災時の円滑な資金調達方法とリスク分散のための関連企業への津波避難タワー建設や高台への新工場建設の様子などが判りやすく紹介されています。

中小企業ビジネス支援サイト J-NET21 の 事業継続マネジメント より、

リスク管理最前線 第6回 BCP作成の専門チーム発足 [焼津水産化学工業]では、2013年2月時点で、同社2012年4月プロジェクト発足からの取り組みを取材されています。その他、リンク先 事業継続マネジメントのページには、入門編として下記の解説と、危機を克服した企業事例など、大いに参考となることと思います。

Ⅰ リスクとはなにか
Ⅱ 企業経営でなにをすればいいのか
Ⅲ BCPとはなにか
Ⅳ BCPに対してなにを準備するのか

何度か書いてきたことですがBCP、経営TOPマネジメント、企業の社会的使命、などの中でご紹介した 鈴与 様の取り組み、『日本政策投資銀行から新「DBJ防災格付」の最高ランクを取得 ~東海地域初の新「DBJ防災格付」取得~ 』を紹介(2012.04.07)した通り、防災担当者などに任せきりでは資金繰りや高台移転など経営資本にまで踏み込んだ、行き届いた計画になることは不可能でしょう。またISOの取り組みと同じく、ここまでやったら完璧という限度はなく、想定しうるできる範囲からスパイラルUPしていくものだともいえます。経営TOPが”先を見て”率先して考えることと繰り返し申し上げておきます。

BCP 】 事業継続計画54%策定 

BCP140305.gif
                                 2014.03.05 静岡

 防災対策をしている企業の割合 ;  震災後の11年秋 49.3% ⇒ 13年秋の調査 54.0%
 < 対象291社 ; マザーズ除く上場企業、あるいは2000人以上の未上場 >

 建屋の耐震診断実施 ; 64.7% ⇒ 69.8%にUP
 全社的な避難訓練を実施 ; 25.4% ⇒ 32.0%
 部品調達先の代替方針の確立 ; 30.6% ⇒ 20.6%


 先の大雪では物流が止まってしまい、雪が降らなかった浜松でも自動車工場を中心に、部品調達がままならず製造ストップなど大きな影響がありました。東日本震災よりずっと以前に、能登の地震で世界的な部品メーカーが稼働できず、その経験を踏まえ、下請け各企業との連絡網の確認やBCP指導、代替先の確保まで、先進的な取り組みを推進する大企業だけに、BCPも万能ではなく、早期復旧などのアクションが大切なのだと思いました。実際に現場の方が定められた手順と気合で乗り切っている様子を伺って、シュミレートできているから早期回復につながったのだろうと思います。

 静岡県の中小企業の調査対象になりますと、2011に 100年企業とBCP策定の有無 をUPしていまして、以下再掲。

 アンケート調査は190組合が回答(回収率約20%)。東海地震を想定し、どのような防災対策を行っているか(複数回答)では、「組合員への防災意識等の普及啓発」が40・0%でトップ。「防災組織の構築」27・9%、「防災訓練の実施」24・2%で続いた。一方、「行っていない」が33・2%、「BCP構築」は6・3%と防災意識の低さを示す結果となった。
 また、今後どのような防災対策が必要か(複数回答)との問いには、「BCP構築」は31・1%にとどまり、11・6%が「検討していない」とした。


 静岡県のHPで防災関係資料 と 県のBCP策定に対する各種支援について それぞれ公開されていますので、活用されてみてはいかがでしょうか。
プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。