スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオと舞妓パーティー。これで遊びじゃないんだぜ?

舞妓マリオレイブ

 先日、ちょっと京都方面へ。訪問先の社長(友人)より、「今晩はちょっと付き合って」と19:30かな、ホテルまで迎えに来てもらいまして。
祗園で創作焼肉?精肉屋さんが自前で寿司職人とイタリアンのシェフを連れてきた肉料理。おいしい。カウンター席なのに舞妓はん3名手配。そのまま連れ立ってディスコ?クラブ?のVIP席へ。DJがマリオ、ステージで舞妓はんという不思議。
「スットン亭さん、今日はストレス発散に付き合ってください」というお誘いでしたが、「スットン亭さん、なんかたまってるね」と悩みを聞かれる始末。合間で舞妓はんから「人に裏切られたことってあらはりますか?」(真顔)とか。

舞妓マリオレイブ01 舞妓マリオレイブ02
舞妓マリオ翌朝 市役所周辺

。。。翌朝、散歩で変ったビルを見つけてホッとして帰社。協力会の総会へ出席という日程でした。なお京都の前日が神戸一泊、大阪経由で京都。一連のショールーム研修の居残りエピソードでした。
スポンサーサイト

東京都が注目されています、話のタネに。

東京都政が注目されていますので、話のタネに。
『東京風水計画』-建築(風水術) 下掲 想像力博物館 より
 
「昭和六十一年、東京都新宿区に建設される新都庁舎の設計案九件が選考に付され、丹下健三プランに決定された。
しかし、この超高層ビルが建つ予定地は、旧淀橋浄水場-すなわち現在すでに一大超高層ビル街になっている地区に当たる。そこで丹下プランがこの地区にふさわしい設計であるのかどうか、落選した他の八プランとともに、東洋伝統の地相学「風水」を用いて検討してみよう」
 以下、内容は下のサムネイルで。

丹下案はもとより、松田平田、日建、山下、磯崎、日本設計、、、以下略すのも憚られるビッグネームばかりですが、新宿の高層ビル群全体の性格を、京王プラザは木星、NSビルは土星、住友ビルは水星、安田火災ビルは火星というふうに導きだし、各社の建築模型とともに風水を駆使して、決定プランの危惧するところと「風水的」に理想的なプランを占っています。さて都庁建築と東京都政とで風水通りであったのかどうか。学生時代に買った93年の本ですが、いま読み返して面白かったのでご紹介。

想像力博-004 想像力博-003 サムネイル2枚です。クリック拡大してください。

 今年は五輪エンブレムや前都知事のことに始まり、都知事選で大勝した小池新都知事。豊洲新市場で地方自治としての東京都政が注目されていますね。猪瀬前々都知事は道路公団民営化から石原都政の副知事までの成果と知事になってからも。。。正直、あまり悪い印象をもてなくてね。仕掛けられたバッシングといいますか、政治って怖いなあと感じた一幕だったので最近の恨み節は実は興味深く楽しみにしているところがあります。石原元知事も東京都庁は伏魔殿だと言い出しているようですが、清濁あわせ持つ度量がある人だったと思ったが、『伏魔殿』=真紀子節を思い出してしまってどうもね。

想像力博-001 
想像力博物館 著者 荒又宏・鈴木一誌・春井裕 1993 作品社

ところで社内で間違いを指摘したりするときに結構使うフレーズもこの本から。評価軸とか分析する尺度が違うと「分母が違うね」というふうにね。

『飛び立つ 人間の王 - 鳥類』
鳥類に関してもっとも驚嘆すべき図版は、一五五五年にフランスの博物学者ピエール・ブロンが制作した『鳥と人の骨格比較図』である。

「鳥を描くことの歴史は、異界の動物であるこれを、どれだけ人間に近づけられるか、ということの試みでもあった。
人は、鳥の形態のうちに、どれだけ『人間』を発見しえたか。」
想像力博-002

人体骨格の股間にあるキャプション
↑ピエール・ブロンが十六世紀に描いた鳥と人の比較骨格図。並べるべきでないものを並べた勇気!

目の前で出された発言や資料を注意深く(=疑い深くではない)よく検証することを心がけるようになったキャプションです。
もちろん自分の発言や文章にも。誤字の多いブログではありますが。

獅子ヶ鼻 近場で穴場 公共編

獅子ヶ鼻 トイレ 獅子ヶ鼻トイレ

観光トイレとして強烈なインパクト 洟を垂れている表現で 獅子ヶ「鼻」をアピール、か。


四月頭に所用で森町(別稿で)。天竜川を渡って森町への分岐点を時間にゆとりがあったのでそのまま獅子ヶ鼻方面へ。土曜だがスーツの用事なので革靴で行動していましたが、運動靴も積んでおけばよかった。まあスラックスでも汗をかきたくなかったですが。



獅子ヶ鼻 看板1


まずは看板の略地図を見て下さいね。獅子トイレは右下に。車は右中段の大駐車場へ。以下、散策経路に地形が判った方が楽しいですから随時、地図の確認をお勧めします。


獅子ヶ鼻 看板2 しかし絵心がいいね。


獅子ヶ鼻 看板3  イカスCanも磐田市管理


さて、大駐車場から反時計回りにフィールドアスレチックなんかを眺めながら大きく回ってT字路まで。この先は急な狭い下りなので引き返す。ここの崖からなかなか絶景。


獅子ヶ鼻 ガケ1  ガケに注意 磐田市


獅子ヶ鼻 ガケ2


獅子ヶ鼻 ガケ4 ↑←柵から下の眺め


獅子ヶ鼻 ガケ3 吊り橋(断念)の向こう側が獅子ヶ鼻


ここから引き返して、獅子トイレから時計回りで岩室廃寺からの先も獅子ヶ鼻にはたどり着けず。


獅子ヶ鼻 岩室廃寺1 岩室廃寺跡


獅子ヶ鼻 岩室廃寺4 内部に東照大権現模型、上出来


獅子ヶ鼻 岩室廃寺2 見上げると木組みも良し


獅子ヶ鼻 岩室廃寺3  後方から


暫らく進んで公衆トイレ手前だったか、

獅子ヶ鼻 獅子ヶ鼻 なかなかの迫力


獅子ヶ鼻 獅子ヶ鼻2  


歩道にかかる根っこの処理がライオンの頭のようで感心。なんか納得して引き返しました。


さて、ここまでが観光看板の範囲。近隣もボリュームがあり楽しいエリアでした。続く。

妖怪(あるいはUMA)です。 夏休み企画。

UMA-つちのこ ツチノコはなかなかの動き方

今日から弊社の多くは夏季休暇ですね。身体を休め、リフレッシュして、ご家庭のお祭りごともあるでしょうが、ハツラツになって業務に戻ってきてください。自分は今日を含めて8/13まではいろいろ、、、頑張ります。

土偶から妖怪ウォッチまで大妖怪展 
東京都江戸東京博物館 ~ 8/28
あべのハルカス  9/10 ~ 11/6

国宝から重文まで洗いざらい、現在のブームのおかげです。まあ、この辺は間違いなく混雑するでしょうが、下記はシーズンでも左程は混まないと思います。移動経路は別にして。

UMA つちのこ 館 つちのこ館 東白川村

総会シーズンの6/8、火災報知機工業会中部支部総会は恵那峡で。翌朝ゴルフ組(ほぼ全員)とお別れし、午後イチの地元の用事に間に合うよう出発。1階は地域物産と つちのこグッズ。2階が有料 日本で唯一の つちのこ資料館 とのこと。ふふ。

UMA-つちのこ2 写真右下、捕獲棒が立てかけてある、、、

UMA つちのこ 捕獲 つちのこ捕獲大作戦 定期的にまちおこし

なお、摺りおろしニンニクたっぷりの にんにく醤油 絶品なので改めて通販、箱買い。

さて、浜松に戻らなきゃ。国道41号から美濃加茂方面へ向かう。

UMA 日本最古 日本最古の石博物館

。。。。。なんだい、これ?

七宗町 石のまち 日本最古の石博物館

休館日?営業終了?よくわからないが、閉館中にて残念。
UMA 日本最古 最古

併設 道の駅 ロック・ガーデン ひちそう 

続いて、 道の駅 日本昭和村 売店を物色して 東海環状自動車道 美濃加茂ICよりまっすぐ打ち合わせ場所へ。

日本昭和村、至近に こびの天狗山 が。東海北陸道を各務原へ向かうと 世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ にはオオサンショウウオが。岐阜はやっぱり好きだな~。

続きを読む

豊明市(愛知) 国道1号 桶狭間古戦場が面白かった。

浜松から名古屋の行き帰り(時間のゆとりがある方)は下道も色々な経路で。豊明市辺りは都市高速など発達しているからか国道1号線も貧弱。ガソリンスタンドも手書きの領収書のかなり狭い個人経営(老夫婦)。先日寄ってみたが、近所のじいさんがポリタンクで灯油を買いに。価格を見て下さい、窓ふき等いっさいのサービスをいたしませんの張り紙。潔い。中京競馬場のあたりで浜松に向かうと、右手の小高い丘にニョキッとお寺の大建築が出てきて、すぐの信号で重厚な時計台のある建築物。交差点からは桶狭間古戦場の案内看板も出ていまして、一度このあたりを散策したいと思っていましたが、ついに昨年、一昨年かな、ちょっと歩けました。建築、歴史、怪奇と好きなものがギュッと固まっていまして、楽しいエリアでした。



豊明 1 これが見えて、

豊明 2 すぐにこれ。

お寺さんは真言宗 香華山 高徳院 、巨大な塔は納骨堂。重厚な時計塔は 医療法人静心会 桶狭間病院 藤田こころのケアセンターという施設の一部にして、旧学校法人 藤田学園本部だそうです。沿革を見ますと設立が医療法人として昭和33年、学校法人として同387という事ですので、定礎等は確認できませんでしたが、それ以降の建築なのでしょう。

尚、お寺さんは本堂改修中にして葬儀も控えていた様子、病院施設の方は中を覗いてみると稼働中にて皆さん忙しそうでしたので、今回はどなたにも話しかけられず。

これらと公園として整備されている桶狭間古戦場とは3点セットで隣接しています。まずはお寺さんに駐車させてもらって参拝から。

高徳院さんと古戦場はセットのようなものなので、まとめて。

お地蔵さんは楽しい顔や可愛い佇まいなど、ちょいちょい撮っているのだが、
豊明 地蔵2 豊明 地蔵3

豊明 地蔵4 豊明 地蔵1
ああ、こういうおっさん知ってる、とか首のギブスで凄味がでるとかね。

で、古戦場の案内サインに「お化け地蔵」とありましたので。

豊明 お化け地蔵1豊明 お化け地蔵3
豊明 お化け地蔵2 お化け地蔵 嘉永6(1853) by尾張藩士

錫杖がわりに木の枝を持たせてもらっています。

お化け地蔵は、夜中に動き出して里人を脅かすとか思いましたが、幽霊の噂が絶えないので善意の尾張藩士が建立し、以後はでなくなったそうな。ちと残念。古戦場⇒幽霊話⇒鎮魂・浄化は、浜松は三方原合戦・布橋の遠州大念仏の始まりと同じ趣旨ですな。

続きを読む

見立て が判った! 記念記事

珍石館1

秩父に珍石館というところがあってね。用件とは別に案内看板を見つけて寄り道。小学生のころ「オール怪奇大全科」とかそういった類の本が好きだったのだが、たしか秩父の人面石ってあったなあと思って。

ありました。ここでしたか。
珍石館2 そうそう、これこれ。

山で見つけたオジサンがお祀りしてご利益が、とか。以後、人面石さがしに精を出し博物館を作るほどになっていました。ご主人の本業は敷地内のとなりにあるウナギ屋さん?だったかな。料理人でした。この方の奥様の父親が発見者かつ、その後のコレクターだったそうで、奥様が主体で展示品を守っているとのこと。

珍石館3 1階と2階に無数に展示。

それぞれ展示品には命名してありますが、命名が間に合わなかった多くのモノはどうしているか。館内撮影の了解を頂こうと話しかけたところ、「どうぞ撮ってって下さい」と快いお返事。

理由;
1 今の時代、情報を閉鎖してもしょうがない。
2 公開を許可したところ、若者が面白がって来館者のほとんどが若者になった。
3 若者がそれぞれの見立てで新しい感性の見立てで名づけてくれるようになり、それをまた発信してくれる。

「名付けてくれた方は命名札を書いてもらって、一緒に写真を撮ってあげます。どうですか?」と。いや、お使いの途中なのでと丁重に断りましたが、それなら寄るなよと。以下、自分がグッと来たものから一部。

珍石館4珍石館5珍石館6珍石館7

さて、本題。
静岡市は藁科の奥の方。お寺さんでお客さんの儀礼があったため参列するも道が狭くて通り過ぎ、引き返しの方向転換に使わせてもらった広場。藁科川ぞいの小さな公会堂?寄合小屋の駐車場に使われているらしい場所。

藁科石仏1 石仏らしきものがお祀りされていましたので、

「なかなかよい風合いだ」と、色んな角度やカメラのギミックであれこれ撮影。先日たまたまファイル整理中になんだかわかったので本稿に。嬉しくなって。

藁科石仏2 藁科石仏3 もう、これだけで判ったかも知れませんが。

続きを読む

魔女の秘密 えんてつホールでやってたね。

巡回展 魔女の秘密展 。

nannimo-senmu-006.gif
魔宴(サバト)の絵葉書 

今年の3月から、大阪 ⇒ 新潟 ⇒ 名古屋 ⇒ 浜松!? ⇒ 広島 ⇒ 福岡 ⇒ 東京 という巡回ルート。
良いの?ホントに?浜松だよ? ってあまり地元を卑下したくありませんが。美術館でもたまにスゴイ企画を引っ張ってくるから、潜在能力はあると思うんですよ。あまりチェックしていない自分が悪いと思ってはいますが、友の会なんか入っておこうかしらと偶に思っています。

ちなみに、5月に大阪出張のときは巡回展終了2日後だったので行けず、新潟は代役に行ってもらったので新潟そのものに行けずでしたが、名古屋展には行っているんですよ。家族で出た折りに 「ごめん、ちょっとだけ」 と駆け足で回りました。家族を振り切って。

ということで、in 浜松。真っ最中ですね。お使い物のついでに今度はじっくり見に行きたいが、すでに年末進行に入りつつあります。


会期  ; 2015年10月10日(土)~11月29日(日) 会期中無休
開館時間  ; 10:00~18:30 (入場は閉場30分前まで) 
会場 ; えんてつホール (遠鉄百貨店 新館8階) 浜松市中区砂山町320-2

主催  ; 中日新聞東海本社、静岡朝日テレビ、東映
企画協力  ; プファルツ歴史博物館
後援  ; ドイツ観光局
協力  ; ルフトハンザ ドイツ航空、ルフトハンザ カーゴ AG、日本通運、講談社、コルク
企画  ; 東映、中日新聞社

で、魔女。ほんのここ数年、評価やイメージがガラリ変わった気がします。魔女、魔女狩り、魔女裁判についての捉え方です。大地や自然の精霊に仕え、薬草学に長け、という自然崇拝がキリスト教の流入で、異端・悪魔崇拝の烙印を。このあたり、日本では製鉄の神が零落して一つ目小僧になったとか、柳田國男の民俗学です。これを悪魔的なイメージが付された以前の牧歌的な存在として捉え直しが始まっているようです。

この受容の仕方の洋の東西の比較とか最近おもしろくなってきましてね。もともとあった自然崇拝の多神教に後から来た新宗教がどのように影響するか。土着神、伝承、聖地を「一緒のモノだ」と取り込んでしまうのか、異端として排除してしまうのか。「切除」の西洋医学もこの発想ですな。捕鯨問題や難民問題も理解できた気になっています。

前稿、遠州七不思議の桜ヶ池に行ってみたら、それまで諏訪の古代神「蛇神様」を追っていたところ、現地は平安以降に仏教・龍神化していたと書きまして。神仏習合の過程は滅ぼさずに被せてくること。なあなあになる、しゃんしゃんにする、古き良き談合体質の文化圏です。相手を「やっつける」発想の文化圏との対処の仕方みたいなものか。もっとしたたかな国になれるのではないかと思っています。

遠州七不思議の桜ヶ池 深みに嵌まってきた。

桜が池 01
桜ヶ池(御前崎市) 池宮神社

残念な話というと、前稿で秩父の紅葉のシャッターチャンスが、、、なんて言いましたが、先週の土日(11/7・.8)で紅葉の一番良い時期の箱根が雨。電設健保の保養所で修業先95年入社組の20周年同期会。まあ、ずっと部屋うちに籠もって地酒と赤ワインで旧交を温めていましたので有意義ではありました。岡山や仙台から集合、今回参加できなかった仲間で中東なんてところにも散っています。地方に押し出された経緯とか各自の事情を興味深く伺いました。まあ皆さんご活躍でなにより。

共栄会26期総会 の後に 桜ヶ池(御前崎市のサイト) に寄りました、という話し。
まずは桜ヶ池の龍がお出迎え。桜が池 龍一

三遠南信を天竜川から諏訪まで遡るなかで、桜ヶ池の「お櫃おさめ神事」で湖底に沈めたオヒツが諏訪湖に出てくるという話しや、諏訪の神様が7年に一度 桜ヶ池に訪れる時に休憩地として出現するのが水窪の池平であるとか、趣味で情報を拾ってきましたが、平安末期から仏教の影響もあり複雑になってきたようです。

桜が池 02
比叡山の高僧、「扶桑略記」を著わした 皇円阿闍梨(こうえんあじゃり)が末法思想で衆生の行く末を憂い、56億7千万年後に救済の手を差し伸べる弥勒菩薩に託し、龍に姿を変えて菩薩を待つ。その大龍神に赤飯を供えるのが「お櫃おさめ」。五穀豊穣、心願成就です。池宮神社の神事です。神仏習合、本地垂迹というこれまた大きなテーマ。扶桑略記、末法思想、弥勒信仰、神仏習合、本地垂迹、、、平安仏教~鎌倉仏教への変遷(宮廷から武家⇒民衆へ)、、、皆さん、聞きたいことはありますか?

桜が池 03
皇円阿闍梨の思想をついで、高弟、法然上人(浄土宗)が赤飯のオヒツを沈めて供えたのがはじまり、親鸞聖人(浄土真宗)など受け継がれ、800年以上続くと。丁度、立ち寄った時間に、どちらかの信者さんが団体で宝物庫で説明をきいていたので、そっと混ざる。勉強になりました。

。。。。謎の「ミシャグジ神」。。。諏訪の神様はもともと蛇神様から龍神に。天つ神に国譲りする以前の出雲に争いで負けて、諏訪大社の後ろ盾が出雲系となる。大元の蛇神様とカエル神事など、、、、と古代史を追っかけていましたが、神仏習合の過程も面白いなあ。だれか、付いてきてますか。

三遠南信の規模で見ると桜ヶ池とは至近の、国道一号バイパスの道の駅 掛川。霊験あらたかな事任八幡宮(ことのまま)も付近にあり。この地域に触れると、小夜の中山は夜泣き石が2つあるとか、長引きますので別稿で。
mishaguji.gif
この道の駅の敷地に、ミシャグジの小さい祠がありまして。こちらは鎌倉時代に諏訪さまから勧請とのこと。道の駅を整備した地内にあったものでしょう。こちらは「御社宮司」と字を当てていますが、何パターンか当て字があるようですね。根を深く張った古代神おそるべし。

関連記事;けっこう書いてるねぇ。。。
池の平に幻の池が出現 2010-07-21
池平 幻の湖 補稿 2010-08-12
諏訪には行っておいたほうが良い。(古代史ファン) 2012-08-29
しっぺい太郎はモンキードッグ 2010-11-19
手宮文字 と みさくぼ石 何かが空を飛んでいる 2014-04-24

桜が池 龍次
桜が池 龍三
桜が池 龍造

森町ワンダー(ガーデン)の、関連。たぶん。

森ワンダーガーデン03

いやあ、お久しぶり。9月決算の当社は10月より51期目に突入。50周年の創立記念6月のため、5月後半から9月決算、10月期初までなんやかや多忙で、ついつい不急のブログが放置されてしまい、今季3度目かな、スポンサーサイトに占領されていましたので。まずは色々と言った写真をペタペタ貼るところからリハビリ。

ところで今夕は恒例となりましたところの、地元、浜松市東区将監町の秋の大祭の接待。早いものです。町民の皆様にはお祝いかたがた、社員の皆さんにもいっていない重大発表があります。のちほど。

それでは早速。新東名 森町スマートIC近くに ワンダーガーデン という施設。
「日本で唯一ここだけ花とモザイカルチャーのガーデン、 ワンダーガーデンが森町にオープン
各地のイベントや展示会場などで彩ってきたモザイカルチャーと四季折々の花々が楽しめるガーデンが森町にオープンしました。
園内では、バラ、ダリア、サンパチェンスなど季節の花約3,000株が咲き乱れ、総数20万株で植えつけられたモザイカルチャー、約100種・15,000株の多肉植物等が鑑賞できます。また、併設の園芸館では、四季の花々、鉢やテラコッタ、近隣の地場産品の販売コーナー等お楽しみいただけます。
森町の豊かな自然を背景に、ワンダーガーデン周辺には、小国神社、アクティー森等の観光名所がたくさんあり、お勧めです。」

ここから北へ数百メートルかな、関連の場所だと思いますが、なんかいますね。本来の目的地は森町の赤い陶器をお使い物に青邨陶房さんへ(静岡県郷土工芸品振興会のサイトより)。業務の合間でわりと急いでいましたが、こんな異界を見つけてはね。10分間のロス。後日、家族で小國神社に用事があり、ついでに見せようかと思ったが、家内より「行かなくてよい」と即時却下。

森ワンダーガーデン

森ワンダーガーデン01
森の石松

森ワンダーガーデン02

続きを読む

下道で寄り道 名古屋方面

仮宿 大仏 01

 先週の日曜日ですがね、名古屋の客先に手土産を持っていくのに国道1号バイパスの道の駅 潮見坂 でウナギの白焼きを手土産に、ついでに蒲郡の知人(高齢)のご機嫌伺いに立ち寄る。元気で安心。時間のゆとりもあり、国道247へ、かなり南の遠回りルートですが、ま、日曜ですから。で、突然、ヌッと大仏。だから知らない下道はやめられない。

あとはひたすら写真だけです。大仏の。
仮宿 常福寺 常福寺 西尾市観光協会

仮宿 大仏 02

仮宿 大仏 03

仮宿 大仏 05

仮宿 大仏 04

続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。