スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩から大先輩の消息を聞く

良い話を聞いたので備忘録。

一部上場某社の社長⇒会長⇒相談役まで勤め上げ、田舎で農業をやってるという大先輩。
何かの集まりでノンビリやってるから遊びにおいで、ということだったとおもっていたが、

八王子から千葉の農大に通っているとか。生涯学習どころではなく本格的に畑と向き合っているご様子。

まだ部長職だった時分だと思うが、社内報で社員を農作物に例えて、出来の悪いのは選別して
間引かないと他がダメになると書いて組合から突き上げを喰らった逸話を思い出しました。
その頃より豪傑。消息をうかがい、懐かしむとともに刺激を受けております。さて。
スポンサーサイト

大日本報徳社全国大会in浜松(去年)

報徳 1 二宮尊徳

報徳訓
                     : 読み下し文

父母根元在天地令命 : 父母の根元は天地の令命に在り 

身体根元在父母生育 : 身体の根元は父母の生育に在り

子孫相続在夫婦丹精 : 子孫の相続は夫婦の丹精に在り

父母富貴在祖先勤功 : 父母の富貴は祖先の勤功に在り

我身富貴在父母積善 : 我身の富貴は父母の積善に在り

子孫富貴在自己勤労 : 子孫の富貴は自己の勤労に在り

身命長養在衣食住三 : 身命の長養は衣食住の三つに在り

衣食住三在田畑山林 : 衣食住の三つは田畑山林に在り 

田畑山林在人民勤功 : 田畑山林は人民の勤功に在り

今年衣食在昨年産業 : 今年の衣食は昨年の産業に在り

来年衣食在今年艱難 : 来年の衣食は今年の艱難に在り

年々歳々不可忘報徳   :   年々歳々報徳を忘るべからず



 

 のっけから硬くてすみません。大日本報徳社の個人社員として勉強してます、とは拙ブログ解説当初に何度か記事にしています。掛川本社ですが全国それぞれの地域報徳社もブランチ扱いでなく主体性を持って活動しています。本社NO2の副社長(副理事長にあたる?)は浜松で西遠連合報徳社の社長(理事長)として西遠各支部の連合を率いています。本社掛川での勉強も感心だが地元浜松にも参加しなさいとのこと、西遠連合に参加してもうすぐ2年かな?


 上掲『報徳訓』は常会(月次例会)その他イベントの冒頭に必ず唱和するもの。わが身の現状を祖父母の代から感謝し子孫へ渡すのは当代の努力と、5代に亘る事業継続を説くもの。江戸末から続く思想です。


 さて、そんな独立性の高い全国組織の全国大会が昨年8月に浜松で開催されました。地元開催なので本社掛川の助言助力のもと西遠連合が主体に設営しました。なぜ1年たって今頃記事にするかって?その打ち上げの懇親会をつい先日9/12にやったからですよ。ふふふふ、うん、すごいスパンだ。準備期間の微力のことなど覚えておりませんでしたが、舘山寺サゴーロイヤルでの一泊常会の様子は後日。


 まずは全国大会のおさらいを思い出しながらUPしておきます。於;グランドホテル浜松

報徳 6

 

 報徳 2
冒頭の二宮先生画は当日展示の掛け軸から。


。。。達筆ですね。ぜんぜん読める気がしません。これを書した安居院義道先生は浜松を中心に東海60余村を教化した報徳思想の重要人物。解説しているとこれだけで日が暮れますが、遠州鉄道第一通り駅至近の玄忠寺にお墓があり毎年の法要に参列しています。


報徳 3 書を中心にお宝展示が目を引く中、



報徳 5 報徳 4

 衝立の書、読めないが闊達。

格好良い。自分も筆ペンで悪戦している場合じゃないなあ。


報徳 9 そう思いつつ注目



報徳 ノイバウテン
 半分人間

ドイツの国民的バンド?にしてノイズミュージックの草分け、アインシュツルツェンデ・ノイバウテンが35年以上使っているシンボルマーク。学生時代に聴きまくっていたのでね。


「結成当初から現在に至るまでノイバウテンの象徴となっている「一つ目人間[3]」は、メキシコのトルテカ文明の遺跡の洞窟に描かれた壁画のものであり、ブリクサが1980年に書物から引用した。」wiki


 なるほど。誰も得しない知識だが自分にはうれしく。


地元学校のブラバンに来てもらいましたが、

報徳 7


報徳 8
 金次郎さんがシュールでよかった。


。。。すみません。為になる硬い部分は全然おぼえてないんです。。。。


それでは、1年後の打ち上げ慰労の一泊常会の様子をまた。

  

  

  

  

 

  

  

  


なぜ 正直者は馬鹿を見る か。

 すみません、随分と更新の間が空きました。多方面よりお叱り、励ましをいただきました。ようやっと外回りのシーズンも落ち着き、来期計画で缶詰め状態を自分に課したところです。が、まずは社内の若手に宿題。さしあたってNS会に回答してもらおうか。会議日程があると思うのでメンバー各位が持ち寄り、総意の見解を提出してください。(10点満点)

1) 正直 と 素直 どのような違いがあるか。
  どのようなシーンで使われるか、例文を添えて考えてみて下さい。(5点)

2) 上記を踏まえて 正直者が馬鹿を見る とはどういう事か。(5点)
  同じくどのような場面で使われるか、報われるためにはどうするべきか、 
  考えを書きなさい。

3) 形式は問いませんが、第三者が見て悩まない書き方を考慮すること。
  (加点減点の対象にはします)

ヒント;当事者的な視点と世間的な評価軸の両方が必要

 客先やメーカーさんの指導者層と社員教育の話題のたびに評判の良い話題です。
尚、辞書的な意味合いでなく当社見解による指導(説教)の指針なので、あしからず。
先日の社内人事、来期の組織変更に伴い新しく部下を持つ人が増えるタイミング
なので、部下育成、協力業者指導の視点に取り入れて下さいね。

楽しい回答があれば、解題とともにUPするかもね。
まずは締め切りをいつまでに設定したか申告してスタートしてください。 以上。

おお、李世民じゃねーか(喜)。

50thオメ

弊社50周年に際し、各方面より祝意を頂戴しております。ありがとうございます。その関係で関連した記事が多くなっておりますが、一応の一区切りにできそうです。しばしお付き合いを。

 業界の大先輩である某社専務様より頂戴したメッセージ。唐の太宗(2代目・李世民)の帝王学「貞観政要じょうかんせいよう」から。。。。しかし達筆。日頃より書籍を送りあったり、和歌が送られてきたり文通仲間にもなっています。教えていただくことばかりですが。社員向けに業界の行く末など特別講義も2回ほど。日頃より大変お世話になっている師匠です。

 さて、内容。

創業は易く守成は難し

新たな仕事を始めるときは、やる気に満ちて、どんな困難もいとわないもの。物事を進める意欲や力も高まり、どんどん前へ。
一方で、一度成功し、形になったものを維持し、発展させていくことは思った以上に骨が折れるもの。始める時以上の創意工夫が必要。そういうときこそ大きく飛躍していく機会と受け止め、礎を守り、さらに努力していくことが自分自身の成長にもつながっていくものだ。大意。

。。。実に、このメッセージを下さった専務の部下に当たる営業本部長さん、名古屋支社長さん、弊社担当氏が揃って祝意を伝えにご来社くださった際の話題ですが、「いやあ社長(スットン亭)、50年はなかなか」とか世間話の流れで、

・創業して暫らくは、ニーズがあっての創業だし、気力も十分。成功体験も5年は持つだろう。
・ライバルも出現し、価格も崩れ、世の景況感にあわせて決して順風満帆ではない。
・起死回生というほどではないが、何度か伸ばすタイミングには恵まれたが、50年を通して
 本当に良かった時期はどれだけあったのか


などなど、うちもそうですよ、どこも同じだねえというやりとり。実は専務から先回りでこのメッセージを頂戴していたことを披露。専務は予知能力でもあるのか、あるいは経営陣の知識の共有がすごいのか、感心しきりなひと時となりました。
あれ、記事番号をみたら記念すべき900本目のようです。節目で格調高い記事(当社比)になりまして。いつもの趣味のページにならなくてよかった。

若者たち(エール)

wakawaka.gif


前稿でちまちま書いた所用のうち、母校の「先輩と語る会」と祝辞を仰せつかった結婚式と、若手にエールを送る機会に恵まれましたので、備忘録。ああ、名門私学の式典も生徒のアテンド、空手やチアリーディングの演武など、若さを頂戴しましたよ。

 高校2年生は1クラス42名-2(欠席1 いねむり1)。自分が在学時に何に取り組んだか、卒業から現在に至る経緯、努力したことなど。和やかに話し出せたことは良かったが、17歳の真っ直ぐな視線に、「あまりふざけたことは言えないぞ」と、少々お硬く折り返してしまい、途中で指名して発言させるような配慮ができなくなっちまった。「僕はこうしたけど、あなたならドースル?」なんてイメトレをしていたのだが。控室まで送迎してくれた学級委員長かな、色々と現状や相談事を聞かせてくれたので、ツマラなくはなかったと思いたい。後日、生徒たちからの通信簿が届くようで、ガクブルです。純粋な目には力がありますね。大人相手にはそうそう負けないのだが。全体50分うち質疑10分では大筋のストーリーしか話せず、2時間くれないか。OB講師陣の創意でした。

 祝辞を贈らせていただいた新郎、父君が弊社から独立し、協力会として活躍。ご子息をサラリーマン経験など修行でお預かりしているので、親子2代のお付き合い(互いに)。孔子の論語では、修身 斉家 治国 平天下 4段階の2つ目の段階であると申しました。 大意は下記の通り。

修身 = 修行する 職業を通して生活基盤を整える
斉家 = 一家をなす 家庭を運営する基盤をともに作り上げていく
治国 = 後輩を育てる、地域やPTAなどに参加する 
平天下 = 職業を通して社会に、家庭を通して地域に もって国家に貢献する

名門私学は当社の消防設備点検の得意先ですが、当社の点検作業員(作業服のオッチャン)も訪問すると生徒たちから気持ちの良い挨拶があると聞いています。受付で「いらっしゃいませ!」ご祝儀に「ありがとうございます!」待合で「素頓亭様、お席までご案内します!」。。。文武両道を掲げ、徳育を幹に、枝葉に知育・体育。こうも清々しいとぎこちないところまで可愛らしく。大人どもも背筋が伸びる一日になりましたよ。

wakate.gif
おっさんたちもこういうところを通っているんだけどね。

 月亭可朝 嘆きのボイン

あるいは、

 松鶴家千とせ - 夕やけこやけ

このあたりをBGMで。

 まあ、味噌汁 でもよし。

。。。。昭和の人は上手い。

2度目のお呼ばれ/今回は注文あり

2年前になりますが、何を話せばよいだろうか ときて、 大したことは話せなかったなぁ と結んだイベントがありました。

 さて、本日は2件のスピーチ仕事。母校、静岡県立浜名高校にお招きで、後輩に何かを話してほしいとのこと。一クラスを50分、受け持ってくれと。その後 ~中略~ 実はテーマも知らされていません。「後輩に何か伝えたいことはある?」と聞かれて「いや、べつに」というやりとりのあと、じゃあ当日1時30分に来てくれればよいからと。先輩というものは恐ろしいものです。  
 これが2年前。その後、生徒たちから通信簿をいただきましたが、おおむね悪くなかったかと。

さて、今年は母校からちゃんと事前に講演内容の注文が届きました。自己紹介のほか7項目とタイムスケジュール。わりとカッチリ作り込まないと質疑応答の時間がもてません。来週20日のことなのでゆとりがあるようですが、手帳を見ると3泊4日(土日含む)の出張からギッチリ。今日1日で大筋を考えておかねば。「当日、空けておけ」とテーマを知らされずフリートークになった前回も「先輩、ヒドイ!」と言いましたが、今回、学校総務の事務方から事細かな内容指示に「メンドクサイ」となりそうで、言い訳体質はよくないですな。公的には、「今回もお声掛けありがとうございます」「後輩たちと話ができてうれしい」「楽しみだ」という立場です。まあ自分の緊張をほぐしてる、くらいに受け止めて下さい。


。。。よし。上手くいかなかった言い訳はここに書いておきました。じゃあ今から結構まじめに健全育成のシナリオを作りますので。それでは。

ご参考まで 】 サイパンの戦いから70年だそうで

SAIPAN.gif サイパン

サイパンの戦いから70年 日米双方出席し式典
 【サイパン共同】北マリアナ諸島(米国自治領)のサイパン島で15日、太平洋戦争での日本敗戦を決定付けた「サイパンの戦い」から70年の記念式典が開かれた。戦闘に参加した日米双方の元軍人も出席して激戦の犠牲者を追悼し、平和への思いを新たにした。
以下略。2014/06/15 19:08 47news

 この記事がちょっと辛くてね。参加の元兵士も高齢化が進み、大規模な式典は今年で最期らしい。日米双方で握手しているイベントなのだが、どうも「平和への誓い新たに」という書きぶりでは「ジャップ反省しろ」としか読み取れないのは戦後教育の歪か。サイパンは米国保護下の自治領という事で、半主権国家ということでしょう。復習しましょう。
 日本統治の前はドイツ統治。第1次大戦の1914に連合国だった日本が占領。大戦後の1920に委任統治領として南洋庁が設置されました。砂糖の生産と貿易で栄えます。第2次大戦では日本軍司令部があったこともあり、1944.6.15に米軍をはじめ連合国に激しく攻撃され、多数の被害。ここで有名なバンザイクリフがでてきます。なお、サイパンを抑えられたことで本土爆撃の拠点になり、敗戦へのターニングポイントの一つになるのでしょう。

 さて、現在は同盟国として日米シェイクハンドと書きましたが、半分主権のある現地チャモロの方々も大変親日だと思いました。ただし、悲しい事ですが中韓の観光客目当てに”日本に侵略された”という観光案内のVTRも少々見せられました(これは台湾も同様)。外交手段の一つとして、当時の世論の選択として、戦争は正当な手段であったことは事実で、後世の平和教育で断罪できるものでもありません。以下、サイパン散歩で出会った風景ですので、判断材料になれば幸いです。

上掲のビーチから、米国戦勝記念公園。以降、散歩のルート通り。2日に分けて10時間分くらいでしょうか。途中飲食や別の趣味の建築ウォッチなども含めて。
SAIPAN 戦勝公園
SAIPAN-戦勝2

クリストライ 教会 クリストライ教会

クリストライ 古写真 観光看板

クリストライ プレート
神道を強要されたとか、教会を破壊されたとか、ビデオを見た後なので乾いた笑いが出ましてね。

続きを読む

? 採点が終わったようですよ 】 第8回一般常識テスト ?

文字色 先日、創立記念式典のあとの恒例、標記の第8回ですが、採点が出そろいました。つらいですね。

1 00点満点中、平均は50.6点、最高得点は80.5点が2名、彼らはそれぞれ8回通して平均75点くらいのトップランナーです。過去平均78点を撮っているトップは84人エントリー中12位と、今回は振るわず。えっと、下の方は過去5回の参戦の若手が平均15点という、、、、全体を押し下げていますなあ。。。。。

 今回は全体16問と、漢字の読み書きではなくビジネス英単語(かんたん)を日本語に直せ10問。サービス問題のつもりのシンプルな出題が楽しい誤答を導いている感じかな。早速。

問6 武田信玄が上洛の途上で、織田・徳川の連合軍を散々に打ち破った戦いをなんというか。
これは浜松本社どころは正解し欲しかったなあ。家康公400年債で沸いていることもあり。。。三方が原の合戦ですよ。

敗軍の将 敗戦した苦々しい顔を教訓として醜く描かせたという

関ヶ原、桶狭間、長篠から源平合戦の壇ノ浦までありました。桶はざのまが可愛くて気に入っています。部長職。

問7 上記とあわせてサービス問題(のつもりだった)
 古代エジプトのプトレマイオス朝 最後の女王でローマ軍に敗れコブラに咬まれて死んだとされるのはだれか。
(コブラに乳房を咬ませて自害とはっきり書いた方がサービス精神だっただろうか)

⇒スフィンクスが3名とファラオ、メフィストで物語性が向上したようです。

問8 テレビの電波が届きにくい農村で始まったが、都市型も普及しインターネットサービスも行うテレビ放送は何か。
これも正答して頂きたかった、当社業務に関係ある用語ですから。CATVですよ。BS放送、衛星放送が若干名いましたが、光テレビが2名と? ティーズ ?!、??。
なお、会長の出身地の茶畑の集落が静岡地区辺地共聴では第一号。爺様がNHKに陳情し、ご近所さんたちを招いて力道山を視てはしゃいでいたという。社内マメ知識。
茶畑-001

問10 これは簡単そうでひっかけでしょうか。微妙にタイムリーな問題。
卵子や受精卵を用いずES細胞と同じ働きをするマウスの実験で成功し、人工多能性幹細胞を一般に何というか。
⇒IPS細胞 STAP細胞が話題なのでスタップ細胞がちらほら。スタップと言い切る勢いとかスタッフ細胞という二重の間違いとか。EPS細胞も数名いましたが、職業柄、EPS(Electric Pipe Shaft)と間違えたんだよ、そうに違いないと考えるようにしています。

EPS.gif

が、イ伝子だけは。これは笑わずにいられない、これも、部長級。。。。

あとはくすりとくる程度でしょうか。
問14 領土問題で北方4島の残り一つはどれか。歯舞・色丹・択捉と?(    )⇒国後
⇒択捉と?( えとろふ   )  多分、地名の漢字が読めていない。4名、エトルフ含む。
⇒択捉と?( くわとろ島  ) これ、大好き。

問16 日本で初めて消費税が導入されたのは1989.。この時の総理大臣は、(竹下登)
小渕・細川・村山・羽田・海部!から小泉までいましたが、成人前後の3名より、
聞いたことがあるようで、誰だ?という。。。古田しげる
多分、松下幸之助翁と間違えている。。。松下総理
そして彼の人となりを知っている。間違いなく素で間違えている。。。細川たかし
昭和は遠くなりにけり。

よいお話しをふたつ聴き、速やかに忘れていきそうです。備忘録。

 某チキ代理店会総会、感謝会で名古屋にいますよ。
 今日は観光組とゴルフ組に分かれてとご案内頂きましたが、社用で戻りますのでご遠慮と、ちと残念。観光組は昨年遷宮なったお伊勢さん。全国から同業の先輩方が集まる訳だが今年は奥様同伴の出席が多く、某チキさんの社員ともども、例年に比べて観光が圧倒的に多いそうです。善男善女の参拝ツアーのおかげて荒れる予報の名古屋は晴れています。三重南部の尾鷲が大雨で通行止めだそうですが、お伊勢さんが穏やかだとよいですね。小雨のお伊勢さんも風情があるよと皆さんにはお声掛けしておきました。

  さて、某チキ製品拡販に多大な貢献というダイヤモンド賞の社長さんからスピーチ。昭和47本土復帰で立ち上げた会社だといえば地域が分かるでしょうか。創業の恩人にあたる方に貰った一冊の本との出会いで私は変わった。世代交代が進んで若い社長さんが増えたからエールを送りたい。一緒に勉強して某チキ製品拡販に頑張りましょう。とのこと。一昨年に黄綬褒章を賜わるような業界の巨人です。。。実は会に先立つ昼食会場で、お久し振りです先輩って同席したらその席が段々若者衆で埋まってきまして、「おお、みんな代替わりだねえ」と漏らされましたので、ひょっとしてスイッチ押したのはオイラかも。

人を動かす 新装版人を動かす 新装版
(1999/10/31)
デール カーネギー、Dale Carnegie 他

商品詳細を見る


 上記、カーネギー「人を動かす」が決定的な一冊だったそうですが、スピーチ上で何度か、「かわねぎ」「かわねぎ」と繰り返されるものだから、?川禰宜?皮葱?と誰のことだかサッパリでしたが、懇親会で「かぁねぎさん」の本はなんでしたっけ?と尋ねると、ああ「人を動かす」は是非読んでみて下さいと仰られたのでやっと「カーネギーさん」だと腑に落ちまして。失礼ながら、面と向かって何度うかがっても、どうしても「かわねぎ」に聞こえるんだもの。

  その後、基調講演は鉄人衣笠選手の野球人生。元気だぜ?一時間半、結構な早口で淀みなく。こちらも野球少年からプロ野球人としての考え方に切り替わったこと、不振な時期に気付かされた切っ掛け、指導者や先輩、球団の人を育てる姿勢など。こちらも苦労人の経験談。よいイベントでした。

 その後、大懇親会、二次会と馬鹿話ばっかりなので忘れないうちに。今夜も静岡で宴会が続きます。よい話しもどんどん忘れてしまいます。おっと、移動時間た。浜松通過で静岡に行って来ます。

本日、新入社員歓迎会なので 教育勅語の解説

教育勅語


教育勅語原本 52年ぶり確認 「今後の道徳教育考える一助に
産経新聞 4月9日(水)7時55分配信

 ■父母への孝行・博愛…再評価の声高まる

 本日、若手社員による新入社員歓迎会ですね。社長もお呼ばれしまして、ありがとね。
 先週、上記の報道が。更に先々週、弊社では4/1に入社式がありまして、会長がスウィッチONになった件をUPしましたね。記事にした通りの会長一代記の大演説になってしまったわけですが、本来は教育勅語をもとに若手にメッセージを送るという趣旨でございまして、会長よりの配布プリントには当社の創業精神とあわせて「教育勅語の12徳」が併記されていましたね。結果、「目を通しておいてください」という扱いになりましたが。


 冒頭記事の通り、教育勅語が再評価される時代に(やっと)なったかと感慨深く。会長と社長は親子2代ですが、ああ、教育勅語はためになるなあ、会社経営や人材育成の根本思想そのものだなあと、全然無関係の経路で行きついています。現代でも深く息づいているのだと思います。

 上の写真は社長室に掲げてある額装ですが、明治神宮 宮司による書写。明治天皇をお祀りする明治神宮にのみ許されているそうです。80代の老古物商で「尊いものをお見つけになられました」とその日を境に扱いが丁寧になりましたよ。先月、路拡張で閉店、更地になりました。

 尚、浜松の建設業界では 教育勅語が発布された明治23(1890)年に創業の鈴木組さんが応接室に掲げておられました。当社のようにお客様の目につかないところにある会社はあるかもしれませんが、老舗は違うと思いました。

 さておき、明治神宮HPより教育勅語のページ 現代語訳と 12徳の解説を。


【教育勅語の口語文訳】
 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 

  国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

  このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。



【教育勅語の十二の徳目】

続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。