スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建通新聞静岡 防災特集2016

建通防災特集16.08.31 1 建通新聞静岡16.08.31


 早いもので9月決算月に入ります。 16.08.31、同日の記事の中で、

「例年は、9月1日めがけて各新聞や種媒体から「防災の日」の特集記事のお誘いがあるが、なぜだかその辺りが静かです。通常6~7月にはご案内も揃い、盆前には出稿しているころです。掲載の御礼に広告掲載など考えれば決算直前に宣伝広告費が出て行かないからありがたいことですが、ふむ。」

という書き込みをしましたが、伏して訂正。掲載していただいた建通新聞様、今年6月建築基準法12条、防火設備検査制度の改正をからめて広告作成のスタッフには大変失礼しました。ブログをUPした翌日、付箋を付けて机の上に置いてありました。気を遣わせてすみません。


まずは上掲赤枠の広告

建通防災特集16.08.31 2  セルコ公式HP


取材記事 災害時に役立つ 防災対策関連製品

建通防災特集16.08.31 3  同じく赤枠部分


建通防災特集16.08.31 4  製品と言いますか「サービス」

スポンサーサイト

掛川市2005年合併後 火災件数最少 ~ 設置10年は”取り替え時期”ですよ。

 一昨日(16.01.20)の静岡新聞ですが、うろ覚えですみません。大須賀町大東町との広域合併から10周年の2015年、火災件数が最小になったとの記事。件数の実数字が大切なのですが、ここがサッパリ。気になったら記録しなければいけなくなったか、年を取りました。数十件から10件減とかその前後だったように思いますが、あまりに不正確で恐縮です。掛川の消防さんによると「住宅用火災警報器」の普及が一役買ったと、そんな記事でした。隣接菊川市も同様、火災減の記事あり。

 先週1月14日、火災報知機工業会中部支部新年互礼会がありました。工業会本部から専務理事と消防機関からのご来賓
の挨拶があろましたが、

1. 東京オリンピックに向けて、聴覚障害のある方にも有効な”光警報装置”のガイドライン策定が遅れている
  (昨年中に発表と聞いていましたが)

2. 住宅用火災警報器、設置10年で取り換え時期。昨年2015がそれに当たり、広報しているが、発信にご協力を。
  火災を未然に防いだ事例と数値にも表れてきている。業界あげて取り組んでほしい。
  10年たったら、とりカエル。お宅の火災警報器の話です。 一般社団法人 火災報知機工業会

3. 上記もろもろや、老健・雑居ビル・簡易宿泊所など諸問題が上がる中、インバウンドを支えるために”民泊”特区とか話題になりました。これに対して、宿泊施設として法規通りという回答しかできないところ、各方面から”消防のせいで規制改革が進まない”という見られ方が一番つらいと聞きました。これについては旅館業法の問題や近隣・不動産会社など管理側とのトラブルなど多くの問題があるようですが、共同住宅に適用されていた消防法が、より厳しい宿泊施設への改修が負担が大きいことからでしょうか。
 相変わらず”激安”観光バスの事故や、そもそもホテル火災もなくなりませんから、緩和ありきでは消防機関は”ユーザーの安全確保”を前提に”なし崩し”では困ると、そういうことです。まあ、隣国の昨年夏と年明けの株価下落を見ても いつまでも続くニーズでもあるまい とは思いながら、緩和はしたが従来の旅館業を圧迫というのはどうしたものかと。まあ、色々な立場の議論がありますので、防災屋としてはテロリスト潜伏、感染症の発生なども含めたリスク管理を優先 と感じるわけです。
 オリンピックと言えばパラリンピック開催のため代々木の丹下作品もバリアフリー化を急いでいるそうです。ユニバーサルデザインのもと、さあ街へ出ようと声掛けする中で、段差の解消・手すり・音声ガイドなど設置が急がれてきましたが、ガイドラインが努力義務だったため、100点じゃなくても対応したことになりました。そのなかで、バリアフリー対応して呼び込んだけれど、もしもの時の避難誘導をどうするの?という疑問が、上記1.の光警報装置に繋がっています。パラリンピックの開催地になったことで加速されましたが、それでもユニバーサルデザイン提唱から10年以上たっています。


静岡県には現状ではあまり関係なさそうでもラグビーワールドカップやオリンピック自転車競技がありますからね。3.民泊の件を長々と(これでも書ききれない)しましたが、住宅用火災警報器の”とりカエル”時期が来ていること。消防機関もこれに注力したいが、もろもろで専念できない。業界でもPRに努力してください、という話しでした。

犯人、見つかったっぽいね。

昨日、11/30朝刊にて、湖西市から引佐、浜北区天竜区の消防用ホースの盗難について、三河かどこかの同一犯を再逮捕したそうで。静岡新聞からですが、曖昧ですみませぬ。

愛知県から広範囲を尾張旭市の土木作業員(43)だったかな。防犯カメラに車のナンバーが映って、リサイクル関係に換金に来たところをご用。筒先61本が持ち込まれた。その他の被害とについても取り調べのなかで白状して再逮捕なのか。

物量的にも仕事仲間がいそうな。昨2014の同じ頃、やはり岐阜を中心に大量400本の筒先を換金目的も、名古屋の建設作業員など3人組だったかな。自動車バッテリーを窃盗のところ逮捕され発覚。

橋の銘板は1500以上の被害だったかな。5人組、土木作業員。中国が販路。。。

今回はリンクも貼らずにスミマセン。
ひとつは防犯カメラは有効であること。コスト以外に常用電源の確保とか寒冷対策とか改善されています。
もひとつ。筒先の被害額は一万円じゃないんだよ。集落ごとの消火活動を妨害しているんだから、治安に対する罪=テロリストとして厳罰化してほしいなあ。公共に対する罪は被害額じゃないでしょう。サミット、ワールドカップ、オリンピックとテロ対策予算が大変だとききます。この件も聞いてみよっかな。

火災調査アドバイザー制度の2年目 】 静岡市消防局

慶事】静岡市消防局の火災調査力 2011-10-26 という記事から4年ですか。

火災調査で全国最高賞 静岡市消防局の担当者5人 (10/26 08:42) 静岡新聞

 静岡市消防局の職員5人がまとめた火災原因調査の事例報告が、消防庁主催の「消防防災機器の開発等、消防防災科学論文及び原因調査事例に関する表彰」で最高賞の消防庁長官表彰「優秀賞」に選ばれた。
 受賞したのは、予防課火災調査担当の池田嘉典統括副主幹、林大二郎主査と、千代田消防署の杉村全紀統括主幹、池田一主査、平井裕己主任の5人。全国から応募があった60点以上の中から、最高賞に輝いた。
 事例報告したのは、今年1月に葵区の店舗から出火した火災の原因調査。屋内配線の接続に使われていた部品「差し込みコネクター」から出火したことを鑑識と実験により立証し、その仕組みを解明した。再発防止のため、コネクターの製造業者に仕様の改善を求めたことなども報告に盛り込んだ。 25日、5人から受賞の報告を受けた寺尾達夫局長は快挙をたたえ、「今後も地道な火災調査を続けて予防に努めてほしい」と声を掛けた。池田統括副主幹は「調査を行う職員の励みになればうれしい」と声をはずませ、林主査は「技術を磨き、原因究明にさらに力を注ぎたい」と決意を新たにした。


 おめでとうございます。屋内配線の差込コネクタからの出火であり、製造メーカーに改善を求められたとのこと、電材店~工事業者にも内容が回ってくるのでしょうか。このような鑑識結果をもって今後の更なる安全な部材供給、施工技術の確立に業者側も情報収集に努めたいところ。
・・・ここまで再掲です・・・

出火原因究明 専門家育成に力 静岡市消防局   2015/6/16  静岡新聞ニュース

火事の出火原因を究明するスペシャリストの育成に、静岡市消防局が力を入れ始めた。管内6消防署の火災調査担当者を対象に昨年、独自に設けた「火災調査アドバイザー制度」の認定講習定員を、2年目の今年は倍増させて取り組みを本格化させる。同様制度の導入例は、さいたま市や千葉市など全国でもごくわずか。先進的な試みとして、具体的な運用に注目が集まりそうだ。
 制度創設の背景は、火災原因の多様化と複雑化。特に、老朽化した家電製品などから出火する「製品火災」の急増がある。
 同局によると、市内で発生した火災の原因のうち、「電灯配線・配線器具」「電気機器」を合わせた「製品火災」の件数は、2009〜13年の5年間で約80件と、前期(04〜08年)の10倍以上。同局の担当者は「景気の良かった時代に買われた家電に寿命がきていることなどの表れとも言える」との見方を示す。
 科学的調査技術が向上し、これまで究明できなかった火災原因が判定可能になった一方で、依然として一定数は「原因不明」のまま。複雑な構造を抱える機器、製品の出火原因を調べるには、さらに高度な技術、知識が必要になっている。
 消費者庁の発足などに伴い製品の安全性への関心が高まる中、原因調査に一層の確実性が求められているとの事情もある。調査結果は保険金の支払いや裁判などで重視されるだけでなく、製品の欠陥発覚のきっかけになる場合もある。同局が指摘した車両火災の原因が、大規模なリコールに発展したケースもあったという。
 講習は今月15〜19日と29日〜7月3日の2回を予定し、中堅消防職員ら計約30人が受講する。15日の初回講習で消防法の基礎などを講義した同局の林大二郎消防司令は「管内全体で、差のないレベルアップを図る」と力を込めた。

 <メモ>消防法の規定に基づいて行われる「火災調査」は、火災原因や損害を究明し、消防施策に反映させるのが目的。製品火災の増加を受け2013年4月、消防機関の調査権限を拡大する改正消防法が施行され、消防機関は製造業者や輸入業者に対し、調査上必要な資料提出などを命じることができるようになった。消防機関は、消費者庁、経済産業省、国土交通省などと情報共有し、製品火災の再発防止につなげる。

 以上、大切な記事なので全文の引用になってしまいました。静岡市消防局様の不断の努力に敬意を表します。

消防器具盗難多発 許しがたい話しです


消防器具盗難多発 真ちゅう製狙う? 浜松  2015/8/21消火器具盗難150821-001  静岡新聞 

 消防ホース2本と筒先26本の相次ぐ被害です。真鍮製ねらう?とありますが、金属素材としてよりも骨董業者かも知れませんね。火消し道具市場はなかなか人気があるようで、競りの市場に何度も持ち込む人がいればちょっと、いや、競り場の大将から警察との情報交換や鑑定・評価の手ほどきをしたと聞いたことが有ります。仏像盗が多発した折りですが。憶測を書きましたが、健全な古物商団体がキチンと不心得者を排除しているということなので、お宝鑑定業界に誤解の無いようおねがいします。

神事01
天竜区 夜通し火を焚く神事にて(筒先盗難に関する記事なので場所は書きませんが日没から翌朝まで)

神事02
 散水ホースを持って夜通し火の番で立ち合いの消防団(本当に寝ずの番です)

神事03
境内の分団消防用水が散水ホースの出所。筒先とトビ口の準備あり。

神事04
境内に上がる石段に消防ホースの準備。仮設の配管は階下に待機する消防車へ(だったかな)。

神事05 神事06
夜通し火力の調整

神事07
これだけの消防計画と努力があって田楽の伝統が守られています。

音で消す消火器って、なるほど。



“炎”は音で消せ! 大学生が新型の消火器を発明(15/03/30)  ANNニュース 

 新年度らしい楽しいニュースから。消火器メーカーさんとも「学生は自由でよいなあ」と一致しました。音楽が好きな人はスピーカーの前で重低音のビートで風圧?音圧?を体感したり、なるほどなあと思いますね。

ここで復習(当社的に)

消火の3要素 - 火消しに必要な3つのアクション  図解でわかる危険物取扱者講座 様より

nensyou_syouka.png
※ 燃焼の継続 ⇔ 抑制消火 ・・・の部分は(括弧)付きで。割と新しく、でしょうか。オッチャンが設備士を受けた時にはまだ、いや20年前だから。ともあれ、音で消す は酸素の供給を断つ方法らしいので、窒息 という理解でよろしいか。

 新年度らしいと上に書きましたが、若者らしい爽やかで自由な発想とともに、繁忙期を過ぎて心機一転、勉強をと基本の復習と新しいチャレンジを。
追記
 新年度(当社は下期)、全体朝礼で中堅の表彰、新入社員3名は紹介のあと社長室で懇談、緊張気味のところに入社5年目の先輩がノックしてきたので、「まあ、どうぞ」と先輩からのメッセージも貰いました。いやあ、伸びてますね。この先、楽しみな仲間たちです。諸先輩がた、よろしく。入れ替わりで表彰された中堅2名が入室。おう、こちらも頼もしい。勉強してきたところが”ほんの入り口”なので、実際にことに当たって経験を積んでくださいね。だんだん重くなる呪文を掛けましたよ。うふふ。と、すでに重石をかけてある重鎮に逃げられたなあ。尚、今日より異動で荷物をまとめている救世主を送り出し。何しろ若手中心の部門で火を噴いているから、頼む。すでにあちらで何から何まで手を付けているベテランにも「頼りにしてる」と伝言を頼みましたよ。みんな頑張っているなあ。

住宅用火災警報器の取り換え時期 と 感震ブレーカーの設置促進 のこと

くん煙剤使用中に警報器、部屋に戻り健康被害…多発

煙などで薬剤を室内に散らす据え置き型の殺虫剤(くん煙、くん蒸剤)を使用中に火災警報器が鳴り、止めようとしたところ薬剤を吸い込んでしまう健康被害が相次いでいる。

 引っ越しで使う機会も増える時期。メーカーや業界団体が注意を促している。

厚生労働省の「家庭用品等にかかる健康被害病院モニター報告」によると、くん煙剤などに反応した警報器を止めるために部屋に入って健康を害したという事例は2008~12年度の5年で計76件。多くはうがいをするなど、家庭内の処置で症状が治まっているが、病院を受診したケースもある。

 50歳と25歳の女性は、くん煙剤の使用中に警報器が鳴り、2人で部屋に戻ったが、その後、せきや頭痛、めまいなどが約1時間続いた。37歳の女性も、部屋に戻り、くん蒸剤をベランダに出す際に煙を吸い、2日にわたって吐き気や頭痛、目の痛みに悩まされた。

 被害が目立ち始めたのは、04年の消防法改正で、住宅に警報器の設置が義務化されて以降。日本火災報知機工業会によると、家庭用の警報器は、煙式、熱式、ガス漏れも感知する複合式の3種類ある。煙式が、火災をいち早く察知できるとして普及している。

煙式は機器に一定量の煙が入ると鳴る仕組みで、くん煙剤にも反応する。複合式も、薬剤を霧状にして拡散するくん蒸剤に反応することがある。警報器は一般的に煙が少なくなれば鳴りやむが、同工業会は「近所迷惑を考え、慌てて室内に戻るのだろう。健康面を考えると、外側から窓を開けるなどして煙を散らすしかないので、事前の対策が大切」という。
 
 対策としては、使用前に警報器を取り外すか、ポリ袋で機器を覆う。製品の取扱説明書などにも詳しい対処法が記載されている。殺虫剤メーカーの中には、製品に警報器を覆う専用カバーを付けているところもある。

 同工業会は「足場に気をつけて対策を講じ、使用後は必ず警報器を元の状態に」と話す


(2015年3月11日 読売新聞)

一般社団法人 日本火災報知機工業会 中部支部より情報
尚、電池切れによる感知器交換の目安は10年なので、設置の早かった大都市から交換時期になっています。工業会では、
awm11_p01_title.jpg
とりカエルくんのキャラクターがPRに頑張っています。

awm11_p01_img2.jpg

awm11_p01_title3.jpg

 早いもので東日本大震災から4年。風化どころか避難住宅のお話しなど、まだまだ困難な方が大勢いらっしゃることと思います。衷心よりお見舞い申し上げます。静岡県には福島などから910人が避難され、ピークの2011年8月に1494人、昨年からも177人が減っているそうですが、帰郷か定住かで揺れる県内避難者の複雑な心境が特集されていました(静岡新聞2015.3.11)。下記は一昨日9日の発表です。防災に備えること、なかなかお財布にもキビシイかも知れません。が、大きな災害や事故から得られた教訓であり、予防であります。人命財産の保護のためご一考いただければ幸いです。


感震ブレーカー設置促す…大地震の電気火災対策 読売 2015年03月10日

政府は9日、大規模地震対策を協議する有識者検討会を東京都内で開き、木造住宅の密集地で建物を新築する際、地震の揺れを感知して電力供給を止める「感震ブレーカー」を設置するよう促す報告書をまとめた。

 東日本大震災で、漏電などが原因で起きる電気火災が多発した教訓を踏まえ、今後発生が予想される首都直下地震や南海トラフ巨大地震への備えとしたい考えだ。

 感震ブレーカーは、揺れを感知し自動的に落ちて電力供給を止める。失火の可能性のある箇所に遮断部分を限定できるコンセントタイプもある。報告書は、業界団体「日本電気協会」が作る電気工事の規定を見直し、「震度5強」以上で作動する感震ブレーカーの設置を電気工事業者に勧告するよう求めた。また、既存の住宅でも設置が広がるよう、自治体や業者に広報や情報提供を行うよう要請した。

最近の火災関連ニュース 2点

 年末シーズン、出張や宴会が続くと気に留めているニュースもどんどん風化してしまいますね。下記2点はそれぞれ出先から気になっていたニュース。もうひとつ弊害は地元のローカルニュースが飛び飛びで浦島太郎になることか。昨日の
浜松の松菱新館、来春解体へ 複合ビル建設検討 (静岡新聞)なんかも、ようやく決まったね とか。

それでは2点

1、蟹江の5階建て倉庫で火災、未明まで炎上 ">蟹江の5階建て倉庫で火災、未明まで炎上  2014年11月30日 02時00分 中日新聞

 29日午後4時15分ごろ、愛知県蟹江町北新田の運送会社「中部第一輸送」から出火、5階建て倉庫が燃え上がった。倉庫の壁が崩れ落ちたり大きな破裂音が聞こえたりして現場は騒然とし、30日午前1時半現在、炎上中。蟹江署によると、けが人はいない。
 現場は東名阪自動車道の蟹江インターチェンジ(IC)近くで、周辺に農地や住宅、飲食店などが点在。東名阪は29日午後7時すぎから通行止めになり、30日午前1時現在、上り線は弥富IC―名古屋西IC間、下り線は蟹江IC―弥富IC間が通行止めになっている。会社周辺の県道(西尾張中央道)も通行止めになっている。

 ~~~ 中略 ~~~ 

 蟹江署によると、出火当時、倉庫には複数の従業員がいた。従業員が倉庫の2階から火が出ているのを見つけて通報した。
 運送会社のホームページによると、同社は運送業以外に産業廃棄物処分や梱包資材販売などを展開している。


⇒ ツィッターなんかで出火状況や、一般道も信号機の電源が切れて交通麻痺なんかが実況されていて大事でしたね。翌朝9:30頃、安曇野に所要で遠乗りしてきましたが、NEXCO道路状況でも10:30現在、通行止めが解除されていませんでした。けが人はなかったものの、近隣の一般道だけでなく有料道路の通行止めを長時間 発生させる規模の火災という事で、火災原因などの詳細を知っておきたいと思っています。2週間たった今日、検索しても大した続報は見当たらなかったですが、注目しておきます。

2、虎ノ門ヒルズで非常用エレベーターを活用した避難計画の運用を開始虎ノ門ヒルズで非常用エレベーターを活用した避難計画の運用を開始
森ビル株式会社  ニュースリリース 2014年12月02日

超高層複合タワーで初めて東京消防庁より認定を取得

森ビル株式会社は、この度、火災時における歩行困難者の避難手段確保を目的に、虎ノ門ヒルズにおいて、非常用エレベーターを利用した避難計画の認定を取得、運用を開始しました。これは、東京消防庁が昨年10月に運用を開始した「高層建築物等における歩行困難者等に係る避難安全対策」に基づくもので、超高層複合タワーでは初めての認定取得となります。

従来、火災時にエレベーターを利用した避難誘導は禁止されていましたが、昨年9月30日に発表された指針により、東京消防庁管内の高層ビルや高層マンションで火災が発生した際、高齢者や障害者など歩行困難者に限り、一定条件のもとで非常用エレベーターによる避難が可能となりました。これを受け当社では、虎ノ門ヒルズにおける運用の検討を開始。所轄の芝消防署と綿密な協議を重ねながら、書類の届け出、標識の設置、認定に向けた検査を経て、この度、歩行困難者の一時避難エリアの設置、および非常用エレベーターを活用した避難計画の認定に至りました。
当認定取得により、歩行困難者を一時避難エリアに待機させ、消防隊到着までの間、防災センター係員による非常用エレベーターの操作によって、火災時の混乱や混雑を回避したスムーズな避難誘導が可能となります。
現在、六本木ヒルズ森タワーや六本木ヒルズレジデンスでも導入に向け協議をすすめており、今後は、アークヒルズなどヒルズクラスのビルおよび新規開発プロジェクトにおいても、積極的に導入を検討してまいります。

続きを読む

東京です、短稿。

日経本日付、首都圏版だけかな。
虎ノ門ヒルズ、非常用ELVを避難誘導に。認定。
複合超高層で特例。詳細は帰社後に調べたい。

システム名称;Air-Seriese / 無線式自動火災報知設備

setsubi-1.gif
一社)静岡県設備設計協会 平成26年度技術講習会を開催いたしました 更新されておりました。

上は、第一部 静岡市消防局査察課  消防同意係 様  「最近の消防法改正とその指導」

消防関係品ご案内(無線式自動火災報知設備)
setsbi-zm.gif 弊社静岡支店長によるイントロダクション 

銀行協会
 全国第一号の施工になった文化財 木下恵介記念館 (旧 浜松銀行協会)
アンテナ 無線のアンテナ
【全国第1号!】文化財には無線式の火災報知機【設置記念】 2010-03-29 あれから結構 経ちますね。。。

setsubi-ho.gif メーカーの実機デモ

設置した当時には、【無線式】よい愛称はないものか【自火報システム】 2010-04-19  なんてことを考えておりましたが、

Air-Seriese 無線式自動火災報知設備【エア・シリーズ】 メーカー商品ページ

。。。いつのまにか決まっておったようです。実は6月に Air-Seriese 商品カタログ(PDF) も刷新されたようですが、弊社の全国初施工物件も写真入りで掲載されておりました。全国一号をやるとメーカーカタログにも採用されるのだなあ。光栄ですね。これを持って、「ウチです、ウチ!」と誇らしげに営業してきてほしいところだが、うちの営業スタッフは奥ゆかしいからなあ。うちの支店長は80人の前で言ってのけましたけどね。
プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。