スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチは何をする会社?「会社案内」新調にあたり

 当社は何をする会社でしょうか、客先や業界向けでなく、友人知人など一般向けにどう説明していますか。人それぞれという十人十色は「法人」にも当てはまり、同業者でもまったく同内容の会社はなく、何か得意分野や苦手の凹みがあります。まず建設業の区分が分かりやすいでしょうが、メンテナンス事業の労務委託があります。大中小企業の区切りに最近は中堅企業という表現も多用されます。我々は技術系であると誇りを持っていますが、一方で「営業マンが頑張っているね」という評価も耳にします。あとは皆さんそれぞれの役割に重きをおいたそれぞれの企業観があるといえるでしょう。

 身分証など作るときに職業欄で迷ったことはありませんか。施主保守先もゼネサブコンも当社の全体を認識しているところはないのでは、と思われます。「へぇ、オタクって防災屋だけでなく色々やっているんだね」という言葉、ここ2,3年で多く耳にしたと思います。これは多くの「売るチャンス」を棒に振ってきたことだと反省しています。まずもって事業カタログを新調し、新たに会社概要を作り上げた次第です。

 我々とは何かという現状認識、とても大切です。

スポンサーサイト

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

冊子 「浜松 これが日本一」が静かにでていました

 表記の地方小冊子、浜松人なら知っているタンハマが出版しています。地元小学校の先生が執筆し、字が大きく写真や図版も多く、読みやすい分かりやすいをモットーに丁寧にまとめられています。税込み1,050円。

浜松 これが日本一 目次より

1.歴史をつくった人々
2.日本一をつくった人々
3.浜松 はじめて物語
4.浜松ナンバー1物語
5.日本一がいっぱい
6.三大○○がいっぱい

 断片的に知ってはいたものの、歴史風土、近代の企業家と実際の商品群を俯瞰すれば、「こんなにあったのか!」という驚きとともに、浜松が元気な理由もなんとなく分かります。もちろん当社のお取引先も多く、話の種に目を通すとよいでしょう。へえ、こんなモノまでといえば、屋外トイレユニットも浜松企業がシェアNO.1。浜松がはじめてというモノも、TV受像機は有名ですが、胃カメラやビデオレコーダーまでとは恐れ入りました。

続きを読む

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

恩師 その1

 皆さんの人生に影響を与えた先生はいますか?ゆとり教育の失敗、いじめ、引篭もり、学級崩壊、モンスターペアレンツ等、教育現場の荒廃は数え上げたら限が無く、年々新しい難題が噴出してきます。最新では大分県で発覚した偽装教師の問題、静岡県でも残念ながら大学への推薦入学調書改竄があったようです。国際的にも我国の理系の学力低下が目を覆うばかりだそうですが、そもそもの日本語教育が危篤状態であり、問題の読解力、想像力も国語力を伸ばさなければ論理力が身に付きません。読み書きソロバンをみっちりと徹底した戦前の初等教育が偉人を輩出した。某スーパーゼネコンは社是社訓を特別に掲げることをせず、ひたすら「読書」を斡旋し、現場事務所にも必ず1冊はあるそうです。

 さて表題ですが、私の世代の教育問題は校内暴力とイジメのころです。何人かの素晴らしい先生と出会い、人間形成の多くはやはり少年~学生時代に起因するのでしょうか。そのあたりを恩師シリーズとして何本かお送りします。ご自分のころを思い出してみるもよし、部下育成の参考になれば幸いです。まずは その1 中学時代から。

続きを読む

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

9月1日は防災の日

9/1は防災の日

 本日9/1付けの静岡新聞社説に感銘を受けたので、少々抜粋。

備えないなら“人災” 防災の日」  以下、筆者要約

1. 中越沖地震一周年の7月に柏崎現地取材。
被災者は口をそろえて「三年前の中越地震後の耐震化がどれだけの命を救ったか知れない」

2. 32年前に東海地震説が発表されて以降、静岡県は大きな地震のたびに警告を受け続けたが、
謙虚に備えたかといえば心もとない。

3. 7万人の命が失われた四川大地震の衝撃は消えない。
小中学校の校舎が倒壊し数百名の児童生徒が一瞬で下敷きになり、泣き叫ぶ父母の姿がまぶたから消えない。

4. 振り返って県下の不特定多数の住民が出入りする公共施設や高層ビルの安全は
震度6強の揺れで倒壊の恐れがある校舎・体育館は13.2%。まだ1割強も残っている。
政府は緊急に校舎耐震化の補助率を上げた。

5. 阪神大震災6400の死者の8割は建物倒壊による窒息圧死とはっきりしているが。
県内木造住宅1万戸の補強目標に対し達成は84%

6. 上記①の被災者は、一度目は天災、二度目は人災だと言う。
注意喚起があり、教訓にできなければ、きっと「人災」だといわれる。

以上、全文は紙面をご確認ください。

続きを読む

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。