スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇足 怪談ついでに

 蛇足ですのでご興味の方だけ。「怪」を暴くゴーストバスターズの話をしました。本稿でもそうですが、性分というかクセのようなもので、モノを楽しむときの手順は、現物を愛でる~源流をたどる~亜流を発掘する~全体を俯瞰する~カテゴライズ(分類)、体系化する~持論をつくる。人生是楽しみ、とばかりに割りと悦楽的享楽的に生きているので、このような手順で体系化した仕事術と趣味の各論を絡ませて新たな思考にふける・・・ツボにはまると寝られません。

新耳袋 第十夜  現代百物語 (角川文庫)新耳袋 第十夜 現代百物語 (角川文庫)
(2008/06/25)
木原 浩勝中山 市朗

商品詳細を見る
↑ このシリーズ、第一夜~十夜まで10巻、1冊100話で百物語を構成し、完結まで10年以上掛かっていると思います。現在は角川から文庫化。現在主流の実話系怪談の走りにして最恐のシリーズ。スタイルは簡潔、淡々と取材したままに出来事を描写し、因縁や呪いのような落としどころ、脅かしどころはありません。登場人物は脈絡もなく怪異に見舞われ、ポーンとその場に置き去りにされる。謙虚に怪異を受け入れるというか、そこに作者の主観や憶測を排除する我慢強さも(怪談分野で)大ヒットになり、今でも多くのフォロアーやホラー映画にも大きな影響を与え続けています。扶桑社から第一夜を出版した際、100話を丸々怪談で構成したら、怪奇現象に見舞われた、体調を崩した、事故にあったなど読者からクレームが多く、別の出版社から99話+あとがき のスタイルに構成しなおしたという逸話が有名です。自分も第四夜と第七夜は一気に読破し、どちらのときも高熱を出しました。前にも書きましたが、読みたくなるときは疲労やストレスで弱っているときなので、読まなくても熱くらい出すでしょう。そんなタイミングの人が多かったのだと思います。怪談は景気が悪く元気がないときに流行します。
 この新耳袋、「新」というからには元祖があります。根岸 鎮衛(ねぎし しずもり、やすもり)の著した耳袋(耳嚢)。江戸中後期の奉行、同僚や古老により聞いた世間話を随筆にまとめ、30年間で10冊1000話遺しています。珍談奇談を多く収録。木原浩勝、中山市朗の著者2名が膨大な取材と裏づけ調査で現代版の耳嚢を復活させたことを日本文学史としてもっと評価されてよいことに思います。

 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

怪力乱神を語る

 さて、拙ブログタイトル「sense of wonder」の割りに、不思議なこと、ビックリするような話題がないではないか、開設から3ヶ月も経って・・・。前回、怪力乱神を語らずの項、如何でしたでしょうか。今回は趣味のはなしの中で「怪」の部分について。といっても「俺は見たんだ!」とか胡散臭い話ではないのでご安心を。

 怪談ジャンキーという無類の怪談好きが世の中にはいるそうで、景気が悪いとオカルトブームという流れもあり、今はコンビニでも怪談本の新刊がいつも並んでいます。で、自分の幼少時代はUFOや雪男など、またTVでも怪奇特集花盛りのころでしたので今でも無性に怪奇モノを見たくなることがあります。疲労やストレスが溜まるタイミングに怪談本を一気読みというパターンが何年か続いているのでジャンキー手前の症状かもしれません。

 幽霊の正体見たり枯れ尾花 という川柳?があります。臆病な人が大騒ぎしても、分かってみれば何だこんなもの、という感じです。

 怪談好きには身も蓋もない話ですが、我々の設置するナースコールや防犯カメラ、センサー類もよく怪談を構成するファクターとして定着して来ました。やれ亡くなった患者さんの部屋からナースコールが、閉館後のデパートで防犯センサーが働くがそこには・・・と、誤作動や絶縁不良です。設備を過信すると不具合の可能性を考えないか、設備担当者が業者の対応が悪く切り替えても、警備担当者には何かのたたりの所為と受け取られてしまう。気にし出したらきりがないというお話ですね。設備を納品したきりの施工業者も多く、メンテナンスを軽視するお施主さんがいますが、機器の不具合が怪談を生み出す構造もあります。お正月に神奈川のラブホテルで火災があり、死傷者が出た大惨事でしたが、警備保障会社が火災報知設備から信号を受信するはずが施工ミスで配線されていず、通報試験をしていなかったことが発覚しました。この事件も時間が経過するにつれ新たな怪談になっていく気がします。
 我々はきちんと動作試験を実施して完納とし、メンテナンスの重要性をお客様に説明をし、劣化機器の更新を随時お願いしているので、そういった怪異とは無縁です。先日も某大手病院の施設担当者様から「旧病棟のナースコールにゴーストが出るので最新の機器の仕様と見積もりを提出するように」ご指示いただいたところです。機器の不具合が発生した場合に、施工上の問題か、設備老朽化か、取扱い上の問題か、原因を究明し解決しています。つまるところ「怪」とは正体が分からないから「怪しいのであって、原因追求の姿勢と説明責任を果たすことが「怪しくない」正規業者として信頼をいただけるのだと思います。機器本体の性能も飛躍的に向上し、誤動作の類も随分減少しています。幽霊の正体を暴くようで世の中が味気なくなりそうですが、人々に気の迷いがあるうちは何でも怪談のネタになるでしょう、我々は粛々と幽霊の正体を暴くゴーストバスターズであり続けましょう。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

怪力乱神を語らず

 論語に「子、怪力乱神を語らず。」とあります。孔子の膨大な功績について、語れるような教養はありませんが、論語くらいは勉強しておかねばと 気持ちだけは もっています。思いながら10年くらい過ぎていますが。

 オカルト、目に見えないもの
 暴力、脅し
 セックス
 新興宗教やいかがわしい神

 「ビジネスにおいて乱暴なことやいかがわしいことについて口にしたり関わったりすべきではない。」このような訳でよいと思います。現代であればマネーゲームやマルチ商法なんかも「目に見えない」怪力乱神ビジネスに含めて考えるべきでしょう。実体のお金がない、流通形態が分からない、そういうことです。某大手デベロッパーの破綻から不動産不況のような状況ですが、暴力組織による地上げが発覚し黒字であろうが融資をストップされたことにあります。これまでの邦銀関係ではいわゆる反社会組織に融資することはまずなかったのですが、ホリエモンに代表される時代に外資がこういった勢力に資金を回していきました。当たり前ですが、地上げといっても正規の不動産取引が行われる健全な商売です。この会社だけで済めばよかったのですが、建設不動産業全体が融資に慎重な傾向になってしまったそうです。業界全体が迷惑をこうむった事例といえますが、我々防災弱電業界も古くから悪徳消火器販売が知られていますが、最近は義務設置になった住宅用火災警報器や地デジ移行に伴う訪問詐欺「国家資格」をもった我々、正規の業界の足を引っ張る面汚しです。我々がプライドをもって防災業を営むには、まずは襟を正し、分かりやすい説明をし、悪徳業者情報など提供して業界を守らなければなりません。「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉もあります。不良不適格業者のダンピング入札に今の業界の不健全な安価があります。我々自身のレベルを上げ無資格業者を排除する運動を強化しなければならないでしょう。

 紀元前500年春秋時代前後の時代背景における儒教は、まだ原始的なシャーマニズムだった頃。孔子はこれを体系化し道徳に昇華しました。当社にも創業理念と43年間の成功体験や技術の蓄積がありますが、これを体系化し手法に活かすべく、皆さんに取り組んでもらっています。経営理念とコンプライアンスに基づく顧客満足のためのマニュアル。ISO9001の規格です。

 論語には有名な言葉がたくさんあり、論語をベースにしたビジネス書や自己啓発が多くありますが、今回挙げた言葉は論語全体の特徴を端的に物語っていると思います。海が割れたり生き返ったりという「奇跡」がなく、淡々と実践と心構えを説いていること、例えば「天子が天を祭る」というスピリチュアルなテーマであっても実践的な儀礼マニュアルといった具合。本稿を執筆したら早く勉強しなきゃという気持ちになってきました。

関連小説
陋巷に在り全13巻
陋巷に在り〈1〉儒の巻 (新潮文庫)陋巷に在り〈1〉儒の巻 (新潮文庫)
(1996/03)
酒見 賢一

商品詳細を見る
  
 孔子十哲(高弟)の一人、顔回が主人公。孔子がその才能を最も愛し、夭逝した清貧の愛弟子。陋巷とは貧民街のこと。呪い(まじない)が礼儀に変わっていく時代、孔子と政敵の舞台裏の呪術戦争のはなし。本書は思いっきり「怪力乱神のはなし」です。

テーマ : 部下・後輩指導のヒント
ジャンル : ビジネス

期待可能性のはなし

 もう随分以前に読んだ話なので、出典や学術語かどうかも覚えていませんが、聞き違い、言い間違いについて分析した言葉です。「期待可能性」というだけあって、日頃気にしている事柄について「こうだったら好いな」という期待があるとそのように聞き違えたり言い間違ったりするという無意識下の作用とのこと。

 聞き違いの場合、え?と聞き返すとつまらない内容に落胆することがあると思いますが、「がっかり感」の裏返しに自分の期待することがわかります。褒められるとうれしい、当たり前の気持ちですが、人に褒められた後は特に自己満足に陥らないように、褒められた内容を分析し、言外の要望事項やクレームに耳を傾けるよう心掛けています。それでも元来「お調子者」の性分なので忌憚のない意見を寄せてくださるお得意様や戦友(同業の社長や、メーカー・協力業者、社内の先輩・同僚・後輩)の存在はとてもありがたく思います。裸の王様、童話のようで、褒め殺しに当てられた人は意外と多く見聞きしました。謙虚に役割を全うすべく日々精進と考えています。

 さて、外部とのコミュニケーションが苦手の人も多いことと思います。お客様にうまく伝わっていない、上司や部下との意思疎通が思うようにいかない。仕事上のミスの8割9割はコミュニケーション不全であると言われます。規制緩和、グローバリゼーションという言葉がもてはやされた頃は悪いことのように言われましたが、いわゆる「根回し」という共同体社会の知恵がありました。お客様、仕入先、社内調整を済ませて契約段階には既に決定事項のセレモニーになっているくらいコミュニケーションが長けていること、スムーズに仕事が回る仕組みだったと思います。

 自分にも相手先にも「期待可能性」という個体差があることを常に念頭において、聞き上手になることがコミュニケーションアップのひとつの方法だと思います。飲みニケーションもひとつの方法ですが、やはり業務外のことは補助的な手段程度にとどめてオフィシャルな距離感を縮めることだと思います。言ったつもりになっていた、お客様はそんなこといっていなかった、という初歩的なミスはグンと減ると思います。復唱する、メモを取ることを格好悪い風潮はベテランになるほど多いような気がしますが、そんなことはありません。目の前で復唱してくれる、メモを取ってくれることは相手からしても真剣味を感じ信頼されます。勘違いや不確定要素を排除することで苦手意識も克服できるのではと思います。社内にも「聞き役」の達人がいます。同行するたびにお客様から褒められるのですが、先日もある得意先で「この人には何でも喋らされちゃうよ」と感心されました。先輩も失礼ながらコミュニケーションには苦手意識を持っておられることと思いますが、いぶし銀の聞き上手は長い経験から築かれたスタイルだと感服しています。

 もうひとつ、これができれば悩まないという事かも知れませんが、「期待する可能性」つまりモチベーションをいつもプラス思考に保つことが重要です。まずは悪い結果をイメージしないこと。リスクを予見することが勿論大切ですが、どうリスクに対処するかのシュ
ミュレーションはよい結果を得るためのプラスの発想であると理解してください。数年前、言葉遣いと思考法について皆さんに示したことがありますが、新しい仲間も増えたことですし、下記に再掲します。お客様のためになること、会社や仕入先のためになることを考え、皆がその気になること、期待する方向がプラスであれば勘違いもよい勘違いになり、八方良しの落着になると思いますがいかがでしょうか。


続きを読む

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

母校が倒産・・・

 といっても、自動車学校です。東京の八王子自動車教習所(日野市旭が丘1)が突然の倒産http://hachioji.keizai.biz/headline/150/ここで学生時代に免許をとりました。厳しい、というかうるさい嫌味が多い教員がいてお蔭で日頃運転上のストレスに耐性がついたと感謝していますが、もう20年ほども昔なのでさすがに現役ということはないと思います。恩師シリーズ(まだ1本しかUPしてませんが)に加えたいくらいインパクトのある先生でした。

※上記記事より抜粋
取材に応じた同社社員によると、現在、同社には60人の社員が在籍。しかし、30日夜、業務が終わった後に社員に対して破産が伝えられ、その場で全員が解雇されたという。「寝耳に水の話。しかし、先代から受け継いだ時点で多くの借金があった」(同)とも。17年ほど前からリストラを進め、系列のバイク教習専門校「八王子ライダーズスクール」の閉校などを行ってきたが、経営危機は常態化。「5、6年前からボーナスカット、賃上げなし、社員の契約社員への変更などが行われていた」(同)という。今日も30~40人の「元社員」が出社。「できれば破産ではなくて、民事再生などの手続きで再生できないか経営側に求めていきたい」と話す。 以上引用終わり

  

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

歯は命取り

 歯医者に行ってきました。2日前に左上の奥歯に違和感と疼痛が発生し、晩方には口を閉じて上下の歯が当たるだけで ちょっと体験したことのない痛み になってきました。ヤットコで歯を抜かれる感覚のズーンと重いような痛みが継続。翌日、通院してから出社予定でしたが、痛みで発熱し、仮眠を取りそのまま出社。以降流動食です。口が閉じられず下あごも疲労で熱を持ってきたようです。退社時間までかろうじて業務処理するものの、集中できず。晩方の予定をキャンセルし、帰宅、すぐ寝る。(多忙のところ代役をお願いした某部長、ありがとうございました)家内に滋養たっぷりの流動食を作ってもらい、すする。この間、苦悶の表情で歯磨き。そしてようやく歯医者でひと段落です。歯くらいで何を大げさな、と思うなかれ、死ぬるかと思いました。こうして元気になれたのも皆さんのお蔭です。

続きを読む

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。