スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古書おじさんとは?

 弊社HPから社長ブログに飛んできたゲストさん、こんにちは。社長のはずがプロフィールには古書おじさん、、、誰だよ! とツッコミがある前にご説明いたします。拙ブログについて、社業や防災知識のことも執筆しますが、趣味や研究、時事問題への私見なども(差しさわりの無い限り)執筆していきます。

 古本、骨董、音楽、絵画、映画、これらの内向きですが多趣味を広く浅く楽しんでいます。それぞれどんなものが好きかと問われれば、答えるのが難しいところです。「フリンジ」という言葉、ご存知でしょうか。洋服で言えばエルビスの袖のヒラヒラですが、辺境とか端っこのこと。昔の人にはアングラ、アヴァンギャルド、最近ではカウンターカルチャーといわれていた部類でしょうか、フリンジカルチャーなんて言い方になったようです(これも古いのだろうか)。読書でいえばベストセラーにならず、CDショップではジャンル分けさえして貰えない類いのものです。均整のとれたものよりアンバランスな方が好きで、いつもビックリしていたい(感動ではないです)ことからブログタイトルは「センスオブワンダー」、ビックリネタばかり探しているので名画や流行、メインストリームはさっぱり分かりません。センスオブワンダーについては本ブログに移行前に説明しましたので、アーカイブに順次乗せ替えますのでその折に。

 さて、「古書おじさん」とは?ということですが、仮につけただけなので、しっくりくる名前が思いついたら改名いたします。読書遍歴についてはいずれ書く機会があると思いますが、学生時代から古書店が好きで、まず1時間は出て来れません。新刊本は小説はめっきり読む時間が無くなり、時事関連や新書、自己啓発ばかりになってしまいました。何を読んでも「お硬く勉強」と肩に力が入っているように思います。古本屋で何を探すかというと明治~戦前のものが多いですが、最近のヒットは「日本万歳用文」。明治31年の実用例文集です。年賀など時候の挨拶から支払いの督促、ファンレターから怠惰の人に忠告する文例など事細かな用文が載っています。戦前の国際感覚の鋭さにハッとするものがあります、教科書の知識と全然違います。本が貴重品だったことも伺えますが、購入日や読了日に書き込みがあるものは感慨深いものがあります。

 「日本改造論」大正10年の本ですが、最初の持ち主「大正12年6月8日読了 中里」とあり、続いて、 昭和18年3月5日上ノ橋隣の古本屋にて購入す 水野恒三郎
「この本は大東亜戦争を米英のみならず国内の賊と戦い有る吾人に貴重なる文献と思推せらる。」とあります。
 涙が出ました。内容は国際連盟条約批准から戦争回避、軍縮、普通選挙の実施、国家の価値、国民の品位、目からウロコですが、現在の我々のおかれた国際的または経済的な環境と同じ悩みに対する鋭い洞察、我々の先祖先輩が決しておろかな軍国主義一色ではなく、自由な言論と知性があり、プライドをもって対処してきたことがわかります。我々が現在平穏に暮らしているのは誰のお蔭か、我々は後世により良い日本を残せるか。

 結局硬いことを考えてるじゃないか、といわれそうですが、こちらは本当にリラックスして先人の処方に慰められているので、ほっとする大切な息抜きです。
 そんなわけで、古書おじさんとして先人の見識、洒落、悩み、お調子者(本当におバカ本もあります)、折に触れて紹介します。そんなつもりの仮名ですので、ひとつ宜しくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

パーティとスピーチ

 おおよそオフィシャルの忘年会予定はクリアしました。弊社忘年会もご来賓の皆様の暖かいスピーチで来年に向けて前向きな会になり、何とか来年も乗り切ろうというムードで締めくくることができ、ほっとしています。特に運営幹事の皆さん、お疲れ様でした。
 今年は何本の忘年会に御呼ばれしたでしょうか、業界から異業種、地元団体、さまざまですが、まずこの時期に楽な会社はありません。特に東海エリアは某巨大企業の影響もあり軒並み時間が止まった感覚になっています。が、何度も不況を乗り越えた先輩や、それこそ引き出しを幾つ持っているのか色々な発想をお持ちの知恵者がいて、マインドだけはパワフルで気持ち負けしていません。皆さん一様に、知見を深め、人脈を拡げ、処方箋を探しに来ていると思います。新しい商流やアイテムとの出会いなどビジネスチャンスもあるでしょう。
 会社の名代で客先パーティに出席してくれた諸君、今年は何人と名刺交換できましたか。お客様だけでなく他のゲストはどのくらい情報交換できたでしょうか。パーティではホストはもちろん、来賓、それから明るい人の周りに人が集まります。また輪の中心人物がキーマンということでもあります。
 それではパーティの趣旨は何でしょうか。忘年会なのか、竣工記念なのか、出版記念なのか・・・いいえ、それはキッカケであり、趣旨はホストのスピーチであり、ご来賓の祝辞の中にあります。これがパーティのテーマでありルールだと思ってください。スピーチを良く聞いてテーマを理解したら大勢の人と話してください。それがゲストの楽しみです。
 当社忘年会、思い出してください。ホストとして私 挨拶を述べましたが、ご来賓H社M部長のご祝辞内容、乾杯協力会K会長の御発声、歓談のテーマは後ろ向きになるはずが無い、見事な御声援を頂いたものと大変感謝しています。

 今年参加した忘年会で印象に残ったスピーチは、某業界団体の会長の「前回のバブル崩壊が横揺れ、今回は直下型」と始まりどのように業界を活性化させるかを説かれました。いつもユーモアと迫力で名調子、大ファンの会長です。
 別の地域団体ではホストと来賓2名のスピーチの後、乾杯の音頭は某会計事務所理事長より「色々な忘年会に出ましたが、今年はどこに行っても、100年に一度の不景気~と始まります。そんなことは無い、戦後の焼け野原、オイルショック、バブル崩壊、皆で乗り越えてきました。今回3名のスピーチは誰からも100年に一度が出ませんでした。~中略~。乾杯!」その場の参加者みんなが元気になるスピーチです。大変感銘を受けました。

 スピーチ、いまだに不勉強で苦手意識が強いのですが、皆さんに元気になってもらう、楽しんでもらう(社内では厳しいことばかり言いますが)、その一心で修行中です。創業社長の名代ではじまり、社外でも色々とご指名の機会を頂くことが多くなりましたが、ここのところなんとか名誉なことと素直に感謝できるようになって来ました。当社ご来賓からも「今年は皆さんの前でお話できた」「次の機会は私に是非」と皆様おっしゃっていただきました。場を提供できますこと、機会を頂くこと、社会一般では非常に名誉なことだと思います。朝礼のスピーチ、方針発表やプレゼン、慰労会など社内イベント、仲間内で恥を掻いても良いではないですか。皆さんがそれなりのポストに付いたときにはスピーチは任せろというくらいになると良いですね。ちょっと朝のスピーチがマンネリ化していると多く寄せられていますので、書かせていただきました。目的、ビジョン、大切ですよ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

接客対応、誰が悪い?

 クチコミは怖い。よい評判のクチコミ効果の場合はリピーターを生み、新規顧客獲得とともに商売繁盛となりますが、悪評の場合はどうなるでしょうか。

 日本の消費者は成熟している、または日本人こそ超個人主義である、最近このような分析を多く見掛けます。意外に思うでしょうか。これまで多かった論旨では日本人は優柔不断で引っ込み思案、NOと言えない典型のように見ていたと思います。表面的にはそうかもしれません。昭和の頃はクレーマーや損賠請求訴訟など、違和感を覚える人が多かったように思います。

 他の訴訟大国と比べて、揉め事を起こすことは「無粋・みっともない・はしたない」という気持ちが強かったと思います。先日も某大先輩と「恥を知れ!」という教育が無くなったと話題になりました。「shame on you」という騎士道の国と武士道の日本にしかない感覚だとどこかで読んだことがあります。そういえば「お天道様が見ている」等々よい言葉が埋もれている気がしますので、いずれ本ブログでも発掘作業に取り掛かることもあるでしょう。

 

続きを読む

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。