スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火消しのお仕事 沼津消防沿革史

 本日付 静岡新聞より
「時代先取り沼津の火消し」明治資料館消防の変遷を紹介 以下筆者要約

・江戸時代から現在までの同市消防組織の変遷 3月22日まで
とび口 刺叉 腕用ポンプ などから 纏(まとい)、装束まで
大正沼津大火や少年少女消防隊の写真も
・沼津藩士「火防隊」~明治では県内先駆の消防組織~大正では県下初の常設消防
・第2第4土曜に学芸員のギャラリートーク

以上、詳細は本紙にてどうぞ

スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

ぞっとする劣化

 ちょっと残念な話題。まずは下記引用記事をどうぞ。

「ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ」…ゴリラの孤独を表現した短歌で17歳高校生、市長賞に輝く
山武市出身の歌人で小説家の伊藤左千夫(1864~1913)をしのび、短歌に親しむことを目的にした第57回左千夫短歌大会(同市主催)が18日、同市殿台の成東文化会館のぎくプラザで開かれた。小中高校生と一般の各部で作品を募集し、今回は過去最多の2987の応募があった。高校生の部ではゴリラの孤独を表現した県立成東高校2年菱木俊輔君(17)の作品が市長賞に輝いた。

「ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ」

昨年春、千葉市内の動物園でゴリラを見て、「ゴリラも人と同じように孤独なのではないかと感じた」そうで、その孤独感を表現したかったという。ゴリラのイメージを文字で表すなら「ウ」と「ホ」だったので、そのふたつでまとめるようにした。書き始めて30分ほどで完成したという。選者の田井安曇さん(78)は「素手でつかんだ本音を歌っているユニークないい歌だ」と評価する。
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000901190003
国語の授業でつくり、応募した。入賞の知らせを聞いた時は「まさか、と思った。先生は何かの間違いかと思ったそうで、友人からも奇跡だといわれた」。バレーボール部員で、得意科目は数学と国語。短歌は「これからも何かの機会が あれば作るかもしれない」と話していた。

大会では各部での入賞作品が表彰された。田井さんは「小中学生にも新鮮な感覚の作品があり、左千夫も喜んでいるでしょう」と話していた。(高木和男)


中略

417 :名無しさん@九周年:2009/01/19(月) 11:09:52 ID:14oGG4vF0
1868年 17歳
梓弓向かう矢先はしげくとも 引きな返しそもののふの道


↓140年後


2008年 17歳
ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ

436 :名無しさん@九周年:2009/01/19(月) 11:11:32 ID:M8zbUA5eO
>>417
劣化SUGEEEEEEE

944 :名無しさん@九周年:2009/01/19(月) 11:53:16 ID:mmSXhBUX0
>>417
日本人劣化しすぎだろ

以上、引用終わり

続きを読む

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

年始廻りと賀詞交歓 その2

 その2です。多くのお客様や業界人との印象と報道による暗鬱な気分とはどうしてもしっくり来ません。どうしたものでしょう。

 地元大手のお客様で忘年会や総会でスピーチされる社長にもこんなタイプの人がいます。
「今年も悪い、取り巻く環境も悪い、だが本当の地獄はこれからだ(だからもっと値下げ要求をするぞ)」どうでしょう、元気が出ませんね。確かに仕事量受注量は持っていますが、競争激化の折り、確かにご予算が厳しくなっているのはどこも同じです。が、先行き不安な御会社と判断すればビジネスですから長いお取引はちょっと考えてしまいます。実際にメーカー数社は協力会から撤退した模様。共存共栄、大切な言葉です。当社の協力会も共栄会の名称でスタートし、理念を継承してきました。「モノは言いよう」といえば屁理屈のようなイメージもありますが、折角仕事量を抑えているのならば気持ちよく下請け会が協力できるよう最後は「きっと大丈夫、エイエイオー」とお願いしたいところです。客先管理職の方にも伺ったところ社内でも同様に訓示や会議も鬱な話になりがちだそうです。思い切って進言してみたらどうですかとお願いしてきました。

 

続きを読む

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

年始廻りと賀詞交歓 その1

  昨晩の県下の業界合同賀詞交歓にてようやく新年行事も一段落です。バタバタして更新が大変遅くなりましたが、楽しみにしてくれている人(いますか?)お待たせしました、新年一発目の記事になります。本年も宜しくお願いします。
 年末にお願いした宿題も反響があり、家具屋再建の改善策が続々集まりましたので、近々この場で発表したいと思います。ご協力ありがとうございました。また、役職者以上にお願いしている年頭所感についてコメントを入れて各部に配布いたしましたが、こちらも例年に無く危機意識が高まり、それに立ち向かう決意と具体策が込められた頼もしい一冊になりました。大変勇気が湧いてきますので未読の人は必ず目を通してください。不況に負けない秘策を皆で練り上げましょう!

 さて、表題のとおり本年のお年始廻りと賀詞交歓についてご報告。

 全体として本年の景気動向について楽観的な人と悲観的な人と大きくくくれば楽観的なお客様も多かったと思います。勿論この時期に儲かってウハウハというところは本当に限られていますが、取り立てて慌てず分析し対策し備える、そんな一年になるような意見が大勢を占めていると感じました。

 

続きを読む

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。