FC2ブログ

マンション最上階狙い・・・御気を付けを

 マンションへの侵入、窃盗についてです。特に女性の一人住まいでは、侵入・逃走の容易さを危惧して、1・2階の低層階を避ける、3階以上に入居する。低層階の被害は確かに多いので、こちらは充分気をつけられていると思います。

 最上階などの上層階は気の緩みのため、もっとも危険である、という認識が必要かもしれません。まずは下記のニュースをどうぞ。

マンション最上階狙い空き巣=コロンビア人3人逮捕、70件か-警視庁4/9時事ドットコム
 より抜粋、前略
マンションで現金などを盗んだとして、警視庁捜査3課などは9日、窃盗などの疑いで、埼玉県所沢市東所沢、無職ソトマジョール・アレハンドロ・サンチェス容疑者(34)ら男女3人を再逮捕した。同課によると、いずれもコロンビア国籍で、「母国の家族のために生活費が必要だった」と述べ、容疑を認めている。
 同課は昨年12月31日から都内や同県内のマンション最上階で起きた約70件(被害約5000万円相当)の空き巣に関与したとみて、裏付けを進める。
 逮捕容疑は2月27日、東京都板橋区の6階建てマンション最上階にある男性会社員(28)宅に、バールでドアの鍵を壊して侵入。現金約5万円やカメラなど118点(計約27万円相当)を盗んだ疑い。
 同課の調べに、3人は「最上階なら外から電気が消えている部屋が分かりやすく、居住者が帰ってきても、部屋まで来る間に逃げられると思った」などと供述しているという。


続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

徹することでストレスに鈍感になれます

 自分が任されている部門で組織内のゴタゴタガあり、営業的には自信があるけど、部門の統率で凹んでしまう。よくいう、管理職の苦悩というものです。地域の異業種交流や取引メーカーの代理店育成会などでよく聞きますが、やはり商売には関係なく誰もが通るのだと思います。ここ数年、若手を抜擢してきたので、ローカル中小の組織ですが当社でもボチボチ壁にぶつかるリーダーが出てきました。

 一つに役割の変化から来る、立ち位置と目線の変化。現場サイドのやりたい方法と経営の効率化が両立すれば素晴らしいことですが、得てして経営側のデータが理解できると、何とかしなければ、という現実的な危機感を覚えます。部下の言うことや現場の気持ちは、良く理解できる。それでも経営判断をもとに部門を引っ張らなければいけない。ああ、嫌われちゃったな、、、という一言も口にしなければいけない。優しいだけではダメなんだ、むしろ毅然とキッパリ指導するのが本人の為である。弱音を吐けない。そういう時期もありました。

 「理解はしてやるが」という部分と「でもそれは許されないことだ」と言い切ること、「お前も大変だなぁ、だけどな。」という度量はどのように熟成されるのだろうか。やっぱり説教の旨い先輩はいるものです。

 「叱る」と「怒る、怒鳴り散らす」とは全然違います。客先のこと、本人の成長のこと、これらについての説教が「叱る」こと。感情のまま怒鳴り散らしての説教は、怒声が鳴り止めば終了、やり過ごすだけです。どうしても腹が治まらない時は「お前ちょっと、来い!」と呼びつけることで済ませて、本人がスゴスゴと来るまでにクールダウンを心掛けましょう。

続きを読む

テーマ : 部下・後輩指導のヒント
ジャンル : ビジネス

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード