FC2ブログ

新茶の時期になりますね。

 細井広沢(廣澤)の茶軸。江戸中期の人。掛川藩士の息子として江戸に出て儒学を学ぶ。忠臣蔵の討ち入りに際し、声明文を添削し、吉良邸の近隣に住んでいたので、屋根の上から四十七士を見守った。測量と言う言葉をはじめて使った。多才です。「お茶は山深く霞が立つところが良質」という大意(かなり大雑把)。

茶軸

 あっという間に、4月も折り返し、八十八夜が近付いてまいりました。立春から数えて88日目ということで今年は5月2日に当たります。例年お客様には縁起の良い一番茶を、中でも景気良く貴重な八十八夜よりも前に摘んだお茶を、とGW前に手配していました。持参の担当諸君はさぞ大変だったと思います。
 今年から、例年よりもちょっと上質なお茶に切り替えましたので、八十八夜に間に合いません。連休以降にお届けとなります。宜しくお願いします。縁起物としての一番茶とは別に、山深く霧が多い、昼夜の温度差が大きい茶畑がおいしいとされます。上の茶軸の通り

 創業会長の出身茶農家(本家・長兄)と交渉して、静岡丸子は満観峰(標高400M)の新茶を農協や問屋を通さず直接購入できるようになりました。(通常流通のお茶はブレンド、静岡茶と言いながら純度100%は難しいもの。一番茶はそれこそお茶商人が必死で手配します。)

※参考までに呑み屋で語る経済動向で少しお茶の豆知識。
ネタついでに、島田市の小学校は蛇口からお茶が出る・・・お茶の殺菌作用から、うがい手洗いにも。茶所の地産地消と茶業振興を兼ねているそうです。

 もう一つ、例年、社名入りのお茶缶でお届けしていましたが、今では真空パックとお茶缶で味に余計な劣化を招くようになりましたので廃止。真空パックに冷蔵冷凍庫を活用して保管して頂く方がおいしさが保てます。たまたま環境への配慮で省エネ梱包とも合致していますが、よりおいしくが主眼です。お客様には社長名で挨拶文を添えていますが、持参のお客様には説明方宜しくお願いします。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 部下・後輩指導のヒント
ジャンル : ビジネス

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード