FC2ブログ

火災報知機の経済効果

 東京ホチーキ  ←東京報知機㈱(現ホーチキ)カタログ 昭和2年以降*


東京ホチーキPR ←大日本消防 昭和2年7月号 広告
※広告内 宣伝文 MM式火災報知機
火事が
屋根に燃え抜けてからやっと / 火の見櫓で見つけたり あはてて / 電話で誤報したりするよりも
小火のうちにボタン一つ押すと / 直ぐ消防署へ通じポンプが駆け付けて来る /火災報知機をおすすめ致します。

宮城各御殿を始め
東京全市街 / 横浜全市街 / 函館全市街 / 其他各官署 / 
合計千九百余台設置の火災報知機

火災報知機 FIRE ALARM
公衆用火災報知機 / 構内用火災報知機 / 自働火災報知機
以下 社名 住所 電話番号

*上部カタログ内の設置実績台数が二千三百余台に増加しているので昭和2年以降としました。




 まずは宣伝文に踊る設置意義のPRをご堪能下さい。

 さて、上部カタログ中より、火災報知機黎明期の経済効果が挙げられていますので、抜粋して紹介します。

1)火災報知機の使命
 ・火災損害・・・出火回数、損害額は文化に比例して益々増加傾向(統計上)
 ・損害の大部分は延焼、火元だけで消し止められれば莫大な損害は無い
 ・大正10年の火災1回あたり損害額 シカゴ市・・・652円 / 東京市・・・10,036円
 ・火元より延焼した頻度 シカゴは2% / 東京は16.7%

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 ・火事は最初の1分間・・・初期消火が一番
 ・早期発見早期通報が肝要
 ・従来の火の見櫓からの監視では、発見する時は火が屋根を燃え抜けた時、手遅れ
 ・電話通報の際、交換手が出られないこと多く、消防隊への連絡先も混乱で間違える

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 ・電気作用の通報機関、すなわち火災報知機が発明された
 

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード