FC2ブログ

忌野清志郎さん この街を離れ 遠く

<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け5月2日22時54分配信 毎日新聞

 「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。

 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、70年に「宝くじは買わない」でデビューした。72年には「ぼくの好きな先生」が、80年には「雨あがりの夜空に」が大ヒット。82年には坂本龍一さんと組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が社会現象を巻き起こし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍した。

 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌った。そのため、反原発を扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、コンサートで突然「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、FM中継が中断したこともあった。

・・・後略 全文はリンク先で。



 明日5/3から連休直前(当社)ということで夜更かししていましたら、とても悲しい知らせがありましたので。

 「歌は世につれ、世は歌につれ」とは誰の名調子でしたか、RCサクセションやタイマーズなどの活動から、故人には昭和歌謡のような表現は似つかわしくないような気もします。特にマニアということでもなく、健康上のニュースを気にする程度でしたが、いざ訃報に接した今、直接ご縁のない著名人の死に初めて動揺し、脱力しています。

 活動絶頂期をリアルタイムで体験したのは40~50代だと思います。筆者は30代なので、「いけないルージュマジック」「デイドリームビリーバー」や昼間のパパはちょっと違う、昼間のパパは男だぜぃという「パパの歌」もヒットしました。ご本人の活躍とともに、最近はリスペクトとかフォロワーを表明する若手ミュージシャンも多いので、20代以下にも心に残る一曲があるかも知れません。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 忌野清志郎
ジャンル : 音楽

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード