FC2ブログ

追悼 昭和の上司像

 六月四日14時15分、当社の重役が息を引き取りました。勤続32年、55歳のあまりに早い別れとなってしまい、この週末は大きな無常観に囚われていました。只只、故人の安らかなご冥福を祈るばかりです。

 通夜、告別式には多くのお取引先に駈け付けて頂き、故人への生前のご厚情に厚く御礼申し上げます。社も突然のことに、大きな動揺の中、ご案内の不行き届きなどあったかもしれません。新聞で知ったと多くの方からもご心配いただきました。公私を超えた業界やお客様とのつながりに接して、故人の人柄に改めて敬意を表します。

 創業会長の分身として、市場を創り、後進を育成し、業界の発展に尽力してきた半生。当社にとっても業界にとっても大功労者です。入社以来のガムシャラな修行時代も伺っています。昼休みも食事が済んだら直ぐ見積もりに取り掛かり、何しろずっと働いていたということです。非常に実践的な人で、専務として本当につい先日まで、データを人任せにせずご自分でまとめ、「おい、ちょっと行こうか」と心配な部下には助言助力を惜しまないリーダーでした。底抜けに明るい営業マンの一面、頑として動じないネゴシエーターの威厳、勘所を押さえた根回し、部下へのナアナアにならない説教は近年鋭さを増していました。お客様への徹底したお付き合い、私心の無い業界活動。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード