FC2ブログ

週刊 高橋是清 第4回です。

 前回はどこまででしたっけ?え~と4話目の・・・・ということで、続きです。

第4話 百貫の力のあるものは・・・の後段から

・・・しかるに世の中には「こんなに手腕のある自分を、こんなつまらぬ仕事に使うなんて不経済だ。もっとよい仕事をさせてくれてもよいではないか。」と不平を訴えるものがなかなかに多い。だが、このような人が、果たしてその人の言うごとく卓抜した手腕があるかどうか、すこぶる疑わしい。
~中略~
世間にはよく、「あの某なんぞは自分ほどの手腕も力量も無いのに、あんな位置(ポスト)に坐って、昇進も早い。勉強(努力)するのは馬鹿馬鹿しい。」などと不平を訴える青年が沢山にある。
 これはさきにも言った通り自分を他に比較するから起こる間違いで、自分の技量を信じているものは、自分のなすところに満足し、他人がどうであろうと、そんなことは敢えて意に介する必要はないのである。自分に技量手腕があるならば、それを発揮するがよい。発揮する間には、自然にこれを認められ、地位も昇進すれば、重くも用いられて来るようになる。



 少し、休憩。当社でも創業会長が口を酸っぱくして言い続けた言葉があり(筆者も耳タコ)、曰く「評価は人から受けるものであって、自分で褒めるものではない」。謙虚に自分にされた評価をもとに反省できるかが成長の鍵ということ。続けます。
 

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード