FC2ブログ

週刊 高橋是清 第5回です。

 第五回です。前回までの「気の持ちよう」な感じから少し具体的になっています。とくに仕事を部下に配分する上司にこそ読んで頂きたい内容だろうと思います。

第五話 時間の束縛と仕事の束縛

(前半部の要約・英国紳士の働きぶりについて※落日前のロンドンです)
 ロンドンに行って銀行勤め英国人を見ると良く働く。朝早くから出て来て夜遅くまで夜業し、帰りは大抵12時過ぎ。
 その日に為すべき仕事は、どんなことがあっても必ず成し遂げ、明日に延ばさない習慣のため。
 深夜帰宅すると妻君は食事の支度だけしておいて、先に寝る。彼等は夕飯は銀行で食べるが、残業が長すぎるので夜食を何かつまむ。朝は出勤が早いから、妻君より早く起きて食事を済ませてサッサと出かけ、昼食はもとより銀行で。夫婦親子が団欒して食事をともにするのは、週にただ日曜に一回あるのみ。随分忙しい生活である。休む暇もないほどクルクル働いて、その間、何の不平不満もなく、孜々として与えられた仕事に没頭している。
 英国人は、こんな忙しい思いをしながら不平ももらさず、どのように満足して働いているのであろうか。それは仕事に関する概念が違うから。

 日本人は時間に束縛されているが、英国人は仕事に束縛されているからである。


 戦後の日本人、特に高度成長~バブルに至るまで、通過した人には懐かしい風景かもしれません。ワーカホリックという言葉の輸入と、過労死という言葉は逆にカローシとして輸出しましたね。
 ただ、着色強調部分より中段以降の分析にはハッとすることも多いです。要約ではなく、抜粋のスタイルに切り替えて、続けます。
 

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : コーチング
ジャンル : ビジネス

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード