FC2ブログ

郷土科学技術先賢者 略歴

 郷土科学者の黎明 その2です。

 先のエントリでは、目次で本書の内容を紹介しましたが、その中で、
「10章 郷土科学技術先賢者略歴 のみ、列伝です。上記著名人と重複もありますが、総勢36名の業績を列記。これこそ目と指の限界に挑む勢いで全員紹介しようと思います。」と予告したとおり、章ごとに特筆された偉人からではなく、36名の列伝から紹介します。

 この10章のみ独立して序文と凡例、目次が付され、商用ならば別冊付録になっていそうな体裁。それでは早速。



第10章 郷土科学技術先賢者 略歴


 吾等が郷土 駿遠豆の三州は、天賦の恩沢に恵まれること多く、為に却って奮闘努力の精魂に乏しいと言われているが、然し刻苦励精を積んで、今日まで各方面に不滅の業績を遺している先輩が多数にあり、殊に科学技術のの進歩発展にも貢献した人々は決して少なくはない。而して科学技術界今日の盛運が、これ等先賢の努力に負うところのものが頗るおおきいことを考える時、吾等はその遺業に対し衷心から敬慕の念を禁じ得ない。今や聖戦完遂(※昭和19年の書)のために、欧米依存を脱却したる日本的科学、日本的技術の飛躍的振興が叫ばれている。本会はこの切実なる国家的要請に応えるべく、駿遠豆三州の出せる斯界の先賢の遺業を追慕顕彰し、以て後進発奮の資たらしめんと希う次第である。

凡例

一、郷土先賢は本県に没し、或いは本県に業績を遺せる人々の中より選べり。
二、敬称は総て之を省略せり。
三、生没年および享年の判別せるものは之を記し、伝記は極めてその大略を叙するに止めたり。


。。。。早速、序文のはじめからですか。静岡県民の自然に恵まれているからノンビリしている県民性は、ずっと言われているんですね。文中、「先賢の遺業を追慕顕彰し、以て後進発奮の資」とある通りです。まずはその名前と共に成果物を知って、郷土の産業の性質を知るヒントになれば幸いです。

さて、一から三六まで、一気に手入力で起こそうと思いますが、来客予定があり、時間の許す限りとします。続きは次回に。(ちょっと腰が引けていますね)

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 温故知新
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード