FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリアフリーと防災思想【パブリック空間】

視覚障害者と防災訓練 磐田・坂上町自治会 2009/09/07 静岡(WEB版なし

 磐田市中泉の坂上町自治会(鈴■■会長)と同市は6日、市視覚障害者協会(■■■■会長)と初めての合同防災訓練を行った。地域住民が視覚障害者を避難場所まで誘導する体験を行い、災害時の「助け合い」の意識を新たにした。
 同自治会に所属する■■会長らが訓練への参加を市防災対策課に相談したことがきっかけ。■■会長によると、障害者は住民への遠慮などから訓練への参加をためらうことが多いという。
 この日は、市内在住の視覚障害者5人が参加した。東海地震が発生したと想定し、5人は■■会長の自宅から地域住民とペアになり、同町公民館まで避難ルートを歩いた。
 住民は視覚障害者と腕を組んだり肩を貸したりしながら、約15分間かけて公民館を目指した。道路の危険個所などを声で知らせ、視覚障害者に不安を与えないよう配慮した。
 約100人の住民が訓練後、同公民館で意見交換会を行った。■■会長は「初めてのことで緊張もあったが、地域の方とのきずなを再確認できた」と振り返った。市の大石一博防災監は「このような訓練を今後も市全域に広めていきたい。また、いざという時のため、日ごろの近所づきあいも大切にしてほしい」と呼び掛けた。
引用終わり

 8.11 駿河湾地震より「防災の日」関連のイベントにリアリティといいますか、具体性を加味した防災訓練が多くなったようです。県の袋井で実施した訓練でも瓦礫を重機で除去するメニューなどが追加された事は紹介しましたね。阪神淡路の震災の第一報が視覚障害者間のPC通信からという事実もどこかでお話ししました。8月11日も、視覚障害者団体のうち顔の広い先生に安否の連絡を取りましたが、発生後1時間もたたないうちに主だった方との連絡が済んでいたそうで安心しました。ご本人は柱にしがみついて離れられなかったそうです。
 交通バリアフリー法や改正ハートビル法による施設ガイドラインにより、スロープや手すり、点字ブロック、エレベータの設置など、外出を応援する制度も整ってきた感がありますが、イザという時の避難誘導など、防災・減災に対する設備環境はまだまだはじまっていません。エレベーターが停止したら、車椅子の方はどこへ逃げる?聴覚障害の方は非常放送の情報をどうやって得る?平常時すら、混雑した駅で視覚障害者の方が白杖を弾き飛ばされ難儀するのに、パニックが予想される現場ではどのように対応する?等々、上記の法改正の折に、国土交通省などでよく質疑に上げましたし、施設ガイドラインにはパブリックコメントで取り上げて貰っています。これらのバリアフリー関連法は、国交省では旧運輸省と旧建設省が省庁一本化により調整が進みましたが、避難誘導に関しては、総務省管轄の消防法は連携が進まなかったようです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。