FC2ブログ

震災復興の浅草

震災前後 関東大震災前後の浅草比較

 先日来、改名記念と称して絵葉書の整理をしていましたが、拙ブログでは震災復興についても、時代時代の様子を取り上げてきました。今回たまたま、その風景の前後がわかる同地点のアングルが出て来ましので、短稿ですが。

 上掲の比較ですが、大正12年9月1日関東大震災が起点です。震災前は仲見世がレンガ造りですが、震災後はバラックで復興とあり、現代もほぼ変わらず。

 新東京繁昌記という大正13年の古本を紹介したことがありますが、それこそ「復興は胃袋より」「バラック遊郭」「一月足らずで地震を見返す大儲け」という見出しそのものの、活気を感じる風景ですね。

明治以降の西洋建築はここで一段落つきます。その辺りは↓『帝都復興せり』をテキストに、今後ご紹介します。

 帝都復興せり 帝都復興せり!『建築の東京』を歩く 松葉一清 平凡社(1988)

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 建築遺産から現代建築
ジャンル : 写真

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード