FC2ブログ

どうなってんの 一体

 家裁、19歳少年を逆送 危険運転成立せず 岩槻飲酒運転7人死傷 2009年11月11日(水) WEB埼玉
 さいたま市岩槻区の国道で7人が死傷した飲酒事故で、危険運転致死傷と道交法違反(酒気帯び、無免許)の非行事実で送致された少年(19)の少年審判が10日、さいたま家裁で開かれ、小原春夫裁判長は、危険運転過失致死傷を自動車運転過失致死傷に変更し、少年を検察官送致(逆送致)とする決定をした。

 決定では、少年が事故時、無免許で酒気帯び運転し、時速90キロ以上を出していたとした上で、車の性能、走行状況など、全証拠を検討した結果、「車を制御できないほどのスピードを出して、人を死傷させた」という危険運転過失致死傷罪の構成要件に該当しないと判断した。

 少年は自動車運転過失致死傷容疑で送検。さいたま地検は、少年の運転が危険運転致死傷罪の構成要件を満たすと判断し、家裁送致した。

 逆送致の決定理由については、「少年の運転は危険かつ無謀で結果は極めて重大。少年院送致などの保護処分にしても、どれだけの効果が上がるか疑問」としている。

 決定によると、少年は8月22日午後10時半ごろ、岩槻区馬込の国道122号で、無免許の上、酒気を帯びた状態で、時速90キロ以上で乗用車を運転。対向車線にはみ出し、家族5人が乗ったワゴン車と衝突。白岡町の会社員男性の次男で幼稚園児、植木康成ちゃん=当時(5)=が死亡。家族4人も重軽傷を負った。

 この事故では、同乗の少年(19)が、道交法違反(無免許、酒気帯び運転ほう助)で逆送致されている。

先週の書きかけ記事から。

。。。無免許、飲酒の時点で既に車を制御できないでしょう、、、だからスピード出して馬鹿やってるんでしょうに、、、、何が「そこまでじゃない」んだって?無免許運転の厳罰化と少年法撤廃の機運なんじゃないの、これは。。。

 裁判員制度、意識が高まらず、ガイド本など売れ行き伸びず。なんて記事を最近読んだような。制度が始まってしまっていまさらですが、常々、こういう違和感の残る判決を見るたびに感じることがあります。

 一般市民が司法に参加する必要がどこにあるのか。裁判官の任免制度を改めるべきであって、市民感情を反映させて、素人判断によって法の意義を希釈することに疑問を感じています。(筆者は一応法学部出身)

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード