スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科医院で爆発 大阪 

大阪の歯科医院で爆発、4人けが 茨木市、ガスに引火? h22.03.29 47ニュース

 29日午後1時ごろ、大阪府茨木市庄のマンション1階にある歯科医院「■■■■歯科」で爆発があり、●●院長(40)が顔面や手にやけどを負って重傷となったほか、男女3人が軽いけがをした。

 茨木署によると、●●院長は診察後にガスバーナーを使って作業しており、院内に何らかのガスが充満し引火した可能性があるとみて、詳しい状況や爆発の原因を調べている。

 茨木市消防本部によると、軽いけがをしたのは20代の歯科助手の女性と診療などのため医院内にいた60~70代の夫婦2人とみられる。現場から引火性のガスは検出されなかった。
 ●●院長は、救急搬送される前に「ドアを開けた瞬間に爆発した」と説明。爆発は1回だったとみられ、火災は発生しなかった。

 歯科医院は5階建てマンション1階にあり、爆発により玄関のガラスが割れ、ドアがゆがんだ状態。周辺の店舗や自動販売機なども爆風による被害が出た。

この記事が詳しかったでしょうか。まずもって被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。皆さん、命に別状はないとの事、幸いでした。マンション1階のテナントということで、ドアが歪んだ等の記載がありますが、防火区画や内装制限のおかげで被害が最小限だったのでは、と思います。プロパンの保管、使用に関する制限や、ガス警報器の有無、爆発に至ったプロセスついて、どのような状況だったのか続報が出るようならば取り上げたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

【旧浜松警察署】浜松市鴨江別館【保存の方向】

h220326.gif
 h22.03.26 静岡新聞 

※併せてお読み下さい。浜松市の安心 救急救命センター指定
静岡新聞の同日記事(3月26日)で、浜松市 中消防鴨江出張所開所の本記事と、聖隷病院の救命救急センター指定で、浜松市の安心安全に大きく寄与しますよ、という記事にしたかったのですが、WEB記事が見つからなくてスッカリ忘れていました。旧静岡地裁浜松支部の跡地。ポイントは市内唯一のハイパーレスキュー設置で大規模災害に対応したこと。職員も28名に拡充し、テロ災害に対応する特殊災害対応車も配備した。(記事の通りでスミマセン)

・・・ところで、です。
一つ前のエントリ【全国第1号!】文化財には無線式の火災報知機【設置記念】で取り上げた、旧浜松銀行協会の向かいに旧の鴨江出張所がありますが、隣接する浜松市鴨江別館(旧浜松警察署)があります(なんか、分かりにくい説明ですね)。こちらも市が解体方針を進めていましたが、保存運動が高まり、耐震化とともに有効活用の方向に変わったそうです。当たり一帯が貴重な戦前の風景を留めていますので、粋な計らいに感謝。勿論、建築士会浜松支部様の再評価や保存運動にも大いに感謝しているところです。

近代建築散策様より 浜松市鴨江別館
遠州町並み遺産 Vol.23 鴨江別館(浜松市中区) 解体方針に惜しむ声
【静岡】2月上旬に公告 浜松市鴨江別館改修(1/27) 建設業界ニュース静岡版 以下、リンク切れの恐れがありますので全文引用します。

続きを読む

テーマ : 建築遺産から現代建築
ジャンル : 写真

【全国第1号!】文化財には無線式の火災報知機【設置記念】

遠州銀行封

木下恵介記念館(旧浜松銀行協会) 浜松市HPより。昭和5年(1930)の建設です。。。に、ホーチキ㈱の新機軸、無線式の自動火災報知設備を全国第一号で納入しました。正式には4月に販売開始の為、無理を言って機器を供給して頂きました。市指定の有形文化財でもあり、配管配線が困難、または美観上好ましくないというニーズに加えて、省線省施工というメリットでご採用いただきました。これにより工事関係者からも配線を傷つけて絶縁不良による誤作動も心配なくなりますので、設備の信頼性が上がるとご好評を頂きました。建物の美観は近代建築散策様の旧浜松銀行協会国・登録有形文化財(1998.01.16)、内装および平面図は浜松まちづくりセンターの紹介ページで堪能できます。が、お近くの方は是非拝観して下さい。

何しろ販売開始前で大したPR資料も無く恐縮です。メーカーも急ぎ作成中の模様。当社HPにもメーカーHPにもまだ載っていません。お問合せの方は、当社公式HPの問合せフォームまで直接ご連絡お願いします。近日中にプレスリリース等、考えています。

銀行協会 アンテナ
旧銀行協会の外観と、設置した機器のアンテナ(赤丸部分)

無線で配置した熱や煙のセンサーからの信号を集約します。センサーは其々10年保証のバッテリーで独立していますので、従来の有線で常時通電していた機器より省エネ対応にもなっています。4月から施行の改正省エネ法にも(試算が必要ですが)適っていると思います。

木下恵介記念館 財団法人浜松市文化振興財団のHP

全国1号機設置を記念して、旧浜松銀行協会と同じ建築家、中村與資平による遠州銀行(現静岡銀行)の新築落成絵葉書をどうぞ。記事冒頭、封筒の写真が包装紙。浜松市中区田町。昭和3年(1928)。施工は清水組・現清水建設です。


遠州銀行全景

続きを読む

テーマ : 建築遺産から現代建築
ジャンル : 写真

【原発解体】清水建設さんがスゴイ!

放射性廃棄物100分の1に…原発解体に新技術 2010年3月24日 読売

 清水建設(本社・東京都港区、宮本洋一社長)は、原子力発電所を解体する時、原子炉を囲う建屋に含まれるコンクリートの廃材から放射性物質を分離し、放射性廃棄物の量を約100分の1にする技術を開発した、と発表した。

 原子炉を囲うコンクリートは、内部に含まれるコバルトなどの金属が放射線を出す性質に変化しているため、廃材は低レベルの放射性廃棄物として埋め立て処分しなければならない。同社は、コンクリートを砕いて硝酸に1日浸し、放射線を出す金属を溶かして分離、取り出すことに成功した。

 建屋のコンクリート1000キロ・グラムを処理する場合、この技術を使えば、放射性廃棄物はコバルトなど7・4キロ・グラムで済み、かさは通常の100分の1になる。砂利など骨材760キロ・グラムと、セメント140キロ・グラムは、建設資材として再利用できるという。同社は「5年をめどに、実用化したい」と話している。

 国内の原発は、日本最初の商業炉である東海発電所(茨城県東海村)が解体中。最も古い原発が運転40年を超えるなど高齢化が進み、今後、本格的な廃炉時代を迎える。
清水建設 ニュースリリース 2010年
世界初、放射化コンクリートの放射能低減化技術を開発 ―放射性廃棄物量を約1/100に削減― 2010.03.02
simizu.gif 図もプレスリリースより引用


建設業の公的評価に経営事項審査があります(公共工事発注に係わる入札参加資格の審査項目)。経営規模、財務状況、技術力、社会性など。2008年度の改正より、社会性項目に研究開発の状況(W6)が加点されるようになりました。静岡建設業許可サポートセンター様のHPで改正前後の比較が分かりやすく一覧表になっています。なお、防災活動への貢献状況(防災協定締結の有無)も加点ウェイトが増しています。

続きを読む

テーマ : 建設業
ジャンル : ビジネス

浜松市の安心 救急救命センター指定

聖隷浜松病院、救命救急センター指定へ 03/26 08:09 静岡新聞

 浜松市中区の聖隷浜松病院(堺常雄病院長)が5月1日、重篤な救急患者に24時間体制で対応する救命救急センターの指定を受ける。県が25日、発表した。
 県内の指定は昨年の磐田市立総合病院以来、8カ所目。浜松市内では3カ所目となる。
 センター長には、田中茂副院長(日本救急医学会救急科専門医)が就任する。同病院744床のうち35床を救命救急センター分として確保し、スタッフは医師が専任7人、兼任80人、看護師は専任63人、兼任94人の体制となる。
 同病院は、危険度の高い出産に対応する「総合周産期母子医療センター」の指定を受けている。県によると、今回の救命救急センター指定で、全国的な課題になっている「周産期医療と救急医療の連携強化」が期待できるという。


ドクターヘリ、鳥と衝突 風防に穴、緊急着陸 浜松 2009-03-19 一年前のエントリです。ドクターヘリと遊園地パルパルの連携による地方の”ちょっとイイ話し”でした。当社社員の身内もドクターヘリに助けられました。またひとつ地域の安心が増えましたので、取り急ぎ短稿ですが。


テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

工場の爆発・火災が多いようです

八代市興人八代工場火事の実況見分  2010-03-23 テレビくまもと
 
きのう、八代市の興人八代工場で起きた火事の原因を調べるため、今朝から警察と消防の実況見分が行われています。昨日午後4時すぎ八代市興国町の興人八代工場の建物から出火。作業場兼倉庫として使われている鉄骨平屋の建物、約3000平方メートルを焼き、約3時間半後に鎮火しました。出火当時、建物の中は無人で、隣接する建物にいた工場の従業員などは避難してケガ人はいませんでした。今日午前9時半から警察と消防計25人体制で、工場の関係者立ち会いのもと実況見分を行い火事の原因を調べています。工場によりますと、出火当時は燃えた建物に隣接する建物の解体工事が行われていたということです。

連休中のニュースです。ちょっと京都に足を伸ばして宿泊先で知りました。ここのところ工場関係の爆発・火災が多くなっている気がします。拙ブログでも防災カテゴリのなかで幾度か記事にしました。リーマン破綻このかた増加し、3月決算期にまた増えてきた印象か。帰宅後、気になって、工場+火災で検索してみまたところ↓

トヨタ三好工場で小爆発 従業員1人やけど 2010年3月22日 中日
工場6棟が全焼、火災時の瞬間最大風速35・2メートル/愛川 2010年3月21日 カナコロ
未明、揖斐川町で工場全焼 灯油が川に流出  2010年03月20日  岐阜新聞
爆発:工場のタンク吹き飛び車2台押しつぶす 静岡・富士  2010年3月18日 毎日新聞
エチレン設備を一時停止=配管にトラブル-三井化学 2010.03.11 時事
工場火災:東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし 2010.03.09 毎日
酒田の製材工場で火災 2010年03月03日 山形新聞
高岡の工場火災:遺体は経営者 死因は焼死 /富山 2010.03.02 毎日
※リンク切れご容赦ください。

勿論「多い気がする」のは私的な感想であり、白書などで調べた結果ではありません。設備先のお客様より「ボヤで済んで良かったよ」というご相談など、別段増えていることもありません。上に引用したようにネット検索という情報量の増加もあるでしょう。

特に防災屋として感じる理由には、コスト削減の結果「危機管理予算も圧縮」ということも(言い難いことながら)少なからずあるのでは。これまで取り上げてきたケースでも、大切なところを端折ったり、コンプライアンス上まずいでしょうと、割と因果関係がハッキリしている取り上げ方をしてきたと思います。今回列挙の記事もそういった事情が見えています。消防機関の査察があるまでと法定点検をキャンセルする(違反行為)、名義貸しの消防設備士(悪徳業者です!)と結託して虚偽の申告をする、、など、コストカッターの職分を越えた脱法行為に対しては上位者である経営層に説明する必要を感じています。我々の営業努力が足りない!と逆にお叱りを受けそうですが。
ネット検索ついでに、

工場火災の発生原因 役職名 災害リスク部 上席コンサルタント

続きを読む

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

もっと面白い広告

motto.gif 
        もっと面白い広告 (ちくま文庫) 1989

広告を俯瞰すると時代が見えてくるとかなんとか、門外漢なので悪しからずです。当社のような中小工事会社では宣伝広告費も一般向けよりも得意先への挨拶状など、一般に言うコマーシャルとは縁遠いです。パッと分かりやすいPR材料があれば、とも思いますが、ローカル局からTVスポット広告の売り込みも来ましたが、宣伝業界が既にしてデフレ状態のようで、全盛時の1/3くらいの見積もりだったでしょうか。当社は防災を主とした安心安全のお堅いイメージが崩れてしまうと信用に関わってしまいますが、「パチンコやサラ金のCMに挟まれる訳にはいかない」というと、広告依頼主でも「そこは選べません」というので引き取って貰いました。お堅い報道番組の時間に集中して流す、とかそのくらいの融通は利くそうで、堅い企業群でまとめて流してくれれば良いのに。

今回はそんな話と関係なく、上掲書から(業界的に)面白いと思った広告を拾ってみました。雑誌「広告批評」に連載していたものをまとめたものだそうで。早速。

 
motto-shinagawa.gif 明治24年

本文より
議事堂が炎上した。電気をうらむ石油会社が、炎上は電気燈のせいだと宣伝した。たぶんこれは、その反論広告だろう。それにしてもえらそうである。こんなにえらそうに言われると、なんとなく信用できそうな気分になってくる。それに、結びがすごい。「我社の装飾品を一見せずして他に註文する者は美術と経済に疎い人なり」ときた。経済に疎き人だけならともかく、美術に疎き人と言われたんでは、ちょっとカッコがつかない。電燈をつけて美術に明るくなろう!
いま、ECOブームの中で、ドチラが優れているとは言いませんが、オール電化に押されて、ガス業界の怨み節を良く聞きます。巨大なエネルギー市場でも生々しいものだと思います。

motto-bank.gif 製作年 不明

庫中大安全 盗火不可犯 好評東洋一 精巧大堅牢 ・・・漢詩みたいでイイですね。



 

続きを読む

テーマ : 温故知新
ジャンル : 学問・文化・芸術

【駿河湾地震】 県民6割「記憶鮮明」・・・静岡

駿河湾地震意識

県民6割「記憶鮮明」 駿河湾地震から半年 本社調査 2010/02/10 静岡新聞

一月前の記事からで恐縮です。高松塚古墳の崩落で思い出しまして、書き掛け記事を引っ張り出しました。


高松塚古墳で墳丘すそ部分崩落、本体は影響なし 3月16日 読売新聞

 奈良県明日香村の高松塚古墳(8世紀初め、特別史跡)で16日、墳丘南東側すそ部分の土砂が、最大幅約2メートル、高さ約3メートルにわたって崩落しているのが見つかった。

 一部に特別史跡の指定地を含んでおり、文化庁は、雨で表面の化粧土と芝が滑ったと分析、墳丘本体への影響はないとみている。職員が近く現場を視察して復旧方法を検討する。
 同古墳は2007年、劣化した石室の壁画を取り出すために解体され、09年10月、築造当時の円墳に仮整備された。


 先日は兼六園の隣地も崩落しましたね。

続きを読む

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

【工場爆発】現場責任者に有罪判決

工場爆発で工場長ら書類送検 静岡 2009.3.3 02:29 産経ニュース

 静岡県掛川市の医療用ゴム製品製造会社「興国インテック」大浜工場で平成20年6月、従業員13人がけがを負った爆発事故で、掛川署などは2日、設備の安全確認を怠ったとして、業務上過失傷害の疑いで、男性工場長(52)と男性生産技術課長(52)、爆発した圧力容器を設置した静岡市内の業者の男性社長(60)の3人を地検浜松支部に書類送検した。

 県警の調べによると、3人は20年6月5日、ゴム製品から不純物を抽出する圧力容器の耐圧を確認せず、水蒸気で5倍以上の加圧をかけて容器を爆発させ、従業員2人にやけどなどの重傷、11人に軽傷を負わせた疑いが持たれている。

 圧力容器は説明書のない中古品だった。県警の調べに、工場長らは「納期が近く生産を急ぎたかった」と供述しているという。


地元紙 3/17の静岡新聞に地裁判決記事。web版が見つからなかったので、要約。


掛川の工場爆発 現場責任者有罪判決 地裁支部 12人怪我「過失重い」

・現場責任者の生産技術課長(53)に懲役10月執行猶予3年(求刑1年)
・裁判官「多数の人が怪我をした過失の程度は重い」
・同、中古の圧力容器で加圧試験を続けたことについて
 「重要な取引先の納期に間に合わせる為、安全をないがしろにした」と指摘
・一方で「本人も右脚を失うなど大きな怪我を負った」
・判決によると被告は、工場長とともに県労働局長の検査を受けずに中古の圧力装置を工場に設置。
 爆発を予測できたにも関わらずこの容器を使用し、従業員らに怪我を負わせた。



続きを読む

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

素頓亭 絵葉書ギャラリー おまつり気分 編

 佐渡おけさ 

 佐渡おけさです。オジサンならば知っているかも知れない、横尾忠則氏の描くビートルズのポスターと同じ肌触りの逸品。リンク先の下部にありますので比較してください。横尾氏作品はゲットバックLET IT BE のアルバム特典だったような気がします。1970前後の風合いなのかもしれません。

 しばらく真面目な記事が続きましたが、社業も上期の大詰めなので頭が膿んでいます。ここいらあたりで息抜き。

 佐渡の唄 
こちらも佐渡おけさ絵葉書 中央の穴と、うっすらとドーナツ状の円環がお分かりでしょうか。ソノシートになっています。

 岡崎名栗小学校雛祭
 岡崎の小学校の雛祭り
 ・・・3月3日にはタイミングがズレてしまいましたが JOIN US FOR PEACE HINA MATSURI のウェルカム具合が好いです。

続きを読む

テーマ : 温故知新
ジャンル : 学問・文化・芸術

【将来】 学生消防団員 加入促進 【就活】

 消防組

学生消防団員 課題解決し加入促進を 3月15日 静岡新聞社説

昨日の社説からです。web版が無かったので要約します。

大学生に積極的に消防団に入団して貰おうと、静岡県が県内の大学・短大へのPRに乗り出した。4月から各キャンパスに職員を派遣、本格的な勧誘活動を行う。

県内の消防団員は年々減少の一途。大学生の参加で組織は確実に活性化する。学生も社会生活を送る上で必要な防災知識を得ることが出来るはず。

受け入れに当たり乗り越える課題は、

・危険な火災現場で大学生がどこまで実際の消火・救助活動に関わるのか
 =後方支援など役割限定で機能別団員制度もあるが、団員不足の抜本解決ではない。

・全ての活動に関わる基本団員が必要
 =学生の本分である学業との両立の問題

・未成年の場合、万一の際の責任の所在は
 =保護者の心配をどうするか

・在学期間は一般に2~6年
 =本格的な”戦力”としての定着は未知数


続きを読む

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

【続報】札幌 グループホーム火災

【緊急】グループホーム全焼 7人死亡 札幌 3/13の続報です。

ストーブから洗濯物に引火か 札幌のグループホーム火災 3月15日 47ニュース
 札幌市北区のグループホーム「みらい とんでん」で入居の高齢者とみられる7人が死亡した火災で、火元の疑いが強い1階居間の灯油ストーブ近くでは洗濯物が日常的に干されていたことが13日午後、北海道警の調べで分かった。ストーブは夜もつけていたという。
 市消防局によると、ストーブは居間の壁際にあり、近くには焼けた布類があった。ストーブは給油ホースが焼き切れ、灯油が漏れていたという。
 道警はストーブの火が引火した可能性があるとみて調べるとともに、7人はいずれも道内の人とみて身元確認を急ぐ。
 道警は施設の防火態勢に問題があった疑いがあるとみて、業務上過失致死容疑を視野に捜査。ほかに燃えやすい物がストーブ付近になかったか確認している。火災を通報した女性職員(24)がのどのやけどで入院しており、回復を待って出火当時の状況などについて事情を聴く方針。
 また、施設が消防法で年1回の報告義務がある消火器や誘導灯などの設置状況について、約3年半も未提出だったことが市消防局への取材で分かった。2006年8月28日を最後に報告していなかったという。

グループホーム7人死亡火災 社長宅を家宅捜索 同日 静岡新聞

(上記事と重複が多いので、一部抜き出し要約です。)
・北海道警による業務上過失致死容疑。出火原因や多数の犠牲者を出すに至った経緯が焦点(上記事の通り)
・社長は報道陣の呼びかけに、防火体勢の不備を否定した上で「(遺族には)謝罪する。」とだけ話す。
・施設に献花に訪れた元職員の女性は「ニュースを見て『やっぱり』と思った。緊急時にはとても助けられない。
 同僚たちと緊急時の対策について話し合ったが、不安に思うことはあった。」とうつむき加減で話した。


 残念ながら、防火管理上の不備は多々ありそうな状況です。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

本業をないがしろにするから赤字になる

 なんだか、もう3月も半ば。昨年末此の方、ブログの更新が遅くなったと一部の読者様よりお叱りをいくつか頂きました。まるで手を付ける暇が無かったかといえば、10本程度の書き損じもありますが、そのうちの多くは「書くべきではない」と自粛したもので、、、とブツクサ続きそうなのでこの辺りでやめておきます。

 「書くべきではない」と封印したもののうち、コレだけは「ええい、ままよ」と書かずにはいられないことをひとつ。2月初頭の原稿執筆時は、頭に血が昇るやら、虚無感に襲われるやら。「ローカル経済団体の集いで」と題して、

・・・前段略・・・
 ところで、気持ち悪い。あまりにも醜悪な。拙ブログは前向きに前向きにと、こうすれば良くなるのに・・・という視点で書いている(つもり)なので、憤りを露わにすることは無かったと思います。ブログ上のみならず日頃からの対人態度と言いますか、笑いの一つでもないと上方修正できないと、ひとつの指針です。

 さて、今回ばかりは気持ち悪さをどう伝えればよいのか。そもそも伝えることかと思いましたが、国家の行く末、投票行為は有権者のレベル次第だと実感する出来事がありましたので。

 某経済団体の地方総会にて、記念講演は一流経済紙といわれる幹部記者。
・・・と書き出しています。かなり興奮気味ですね。そのままUPしなくて良かったと思います。本当に。

 先日の新聞記事で、日経新聞の戦後初の赤字決算の話題がありました。リンク先は適当に検索したページですが、報道マスコミ業界に対する分析や批判のコメントも多く寄せられています。別記事でもテレビ局や新聞社が軒並み経営不振、マスメディアの将来はどうなる? という、少なくとも2008年当時から継続している問題ですね。

続きを読む

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

【緊急】グループホーム全焼 7人死亡 札幌

火災 グループホーム全焼 7人死亡 札幌 3月13日 毎日新聞

以下抜粋、全文はリンク先記事を参照願います。

13日午前2時25分ごろ、札幌市北区屯田4の2の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」から出火、木造2階建て1棟248平方メートルを全焼し、焼け跡から入居者7人の遺体が見つかった。札幌市消防局や札幌北署によると、当直だった女性職員(23)は「ストーブから火が出ている」と119番通報しており、1階居間に設置された灯油ストーブ付近が火元とみて詳しい出火原因を調べている。

同署によると、亡くなったのは60~90歳代の男性3人と女性4人。ホームには9人が入居していたが、女性1人は外泊中で、出火当時は入居者8人と女性職員1人がいた。玄関に一番近い個室にいた女性(83)は救出され、けがはなかった。灯油ストーブは24時間、稼働していたという。

 個室は1階に5部屋、2階に4部屋ある。出火当時、入居者は各個室にいたとみられる。関係者によると、2階には自力歩行のできる3人が入っていた。各個室にはカギがかかっておらず、常時開けたままにしてあったという。遺体は1階から5人、2階から2人が見つかった。

◇スプリンクラーなど設置されず

 同ホームは運営会社「みらい25」=札幌市、谷口道徳(みちのり)社長(52)=が05年12月、市の認可を受け、オープンした。市消防局によると、同ホームは消防法で年1回義務付けられている消火器、誘導灯などの点検報告を06年8月を最後に行っておらず、消火・通報などのマニュアル(消防計画)も提出していなかった。この2点の違反事項について市消防局は08年9月と昨年5月、2回にわたって文書と口頭で行政指導(是正勧告)をしていた。また、昨年5月の立ち入り検査ではスプリンクラーや火災報知機も設置されていなかった。

 現場はJR札幌駅から北西約7キロにある住宅街。出火当時は風速10メートル以上の強風が吹き、強風注意報が発令されていた。

記事内リンクより、写真一覧;火災 老人介護施設全焼 入所者7人死亡 札幌


まずもってお悔やみ申し上げます。よくまとまった記事ですので余計な解説は不要と思います。ひとまず追加情報を待ちます。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

さて、営業の秘訣ですが

 表題に偉そうなことを書いてみました。

 営業には実際に秘訣があるか、といえば相手(客先)のあること、人間関係の構築ということで、一筋縄ではないでしょう。秘訣は無いが、定石はある、というのが苔が生えたようでも真実に近いのかと。

「営業は足で稼げ」というのが、クツの減りが早い自慢とともにありました。
「営業は顔を売ってナンボ」と、商品よりも自分を売り込め!というサジェスチョンです。

 PC環境の発達で、ホームページのアクセスを稼ぐ。PR資料も作りやすくなった。当社取り扱いの、防災、セキュリティ、音響などシステム製品自体の質の向上も目覚しく、各メーカーから営業ツールの品評会の様にアイテムも集まります。が、これは時代の進歩であって、ライバルも条件は同じ。競争の激化に繋がっているだけです。ヨソが安く売ったから、とか、ネット販売には太刀打ちできませんとか、お客様が詳しくなったとか、まあ、報告を受ける側も「またソレを言うか。」と思っています。ビジネスが楽なはずがなく、苦労してお客様の価値観を見つけてマッチングする商材を提案するわけですが、ライバルと同じ土俵か、有利に動くか不利な状況か。その辺り、苔むした言葉が、外しては考えられない金言であることを少し。

続きを読む

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界に追いつくか

生ごみ:石炭並みの熱量燃料に 静岡大グループ開発 毎日新聞 2010年3月4日

生ごみと廃プラスチックから石炭並みの熱量がある燃料を製造する技術を静岡大工学部の佐古猛教授(物質工学)らの研究グループが開発したと3日、発表した。コンビニやスーパーから出されるプラスチック容器入りの食品廃棄物や農作物の非食用部分などから「国産」の燃料を作り出すことができる。3年後の実用化を目指す。

 200度・20気圧の亜臨界水と呼ばれる高温高圧の「水」の中で、生ごみと廃プラスチックを約30分かき混ぜると、直径1~5ミリに分解されたプラスチックの周りに生ごみからできた可燃性粒子が付着する。これが粉末燃料となり、添加物なしで加圧するだけでペレット状に加工することができる。

 石炭の熱量が1キロ当たり6750キロカロリーに対し、この粉末燃料は同6250~7000キロカロリーとほぼ同じ。また、硫黄酸化物は発生せず、窒素酸化物やダイオキシンなどの発生も一般のごみ焼却場の排出基準を大幅に下回る。生ごみ1トンと廃プラスチック200キロから400キロの燃料を作ることができ、焼却灰は燃焼前の数%と少なく、リンなどを含むため無機肥料として再利用できる可能性もある。

 一部の自治体では、生ごみに接着剤や石灰を混ぜてペレット状にするRDF(ごみ固形燃料)を製造するプラントが導入された。だが、RDFは熱量が低く重油などの助燃剤が必要になる場合があるほか、焼却灰に石灰が残り処理費用がかかるなどの問題があった。また、発酵によって発生したメタンガスが原因と見られる火災が発生するなどのトラブルもあり、普及していない。今回の技術は、こうした問題をいずれも回避できるという。

以上引用終わり リンク先に写真あり

浜松市「レジ袋⇒ごみ袋禁止」でレジ袋談議は最高潮に
 浜松市政では現在、ゴミの分別についてレジ袋のゴミ袋としての使用を禁止する方向で揉めていますね。市の指定ゴミ袋以外は、生ゴミを入れてゴミ袋に入れることさえ禁止という、かなり不便になりそうな。

続きを読む

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

チリ大地震と三陸の津波

 チリ大地震、M8.8に引き上げられ、被災の実情も「安否を気遣う」という段階から、100人、200人と実数が膨らみ、本日3/1の朝刊では死者300人超50万戸被害と発表されています。被災地の方には心よりお見舞い申し上げます。在留邦人1,197名の大半は無事を確認、震源地附近のビオビオ州についても安否確認を進め、半数は無事を確認できている模様。国際面では「備えに差、ハイチと明暗」として大惨事を回避したという見方も出ています。

 この地震を受けて太平洋に面した広い地域で津波警報・注意報が出され、三陸地方と高知で1M超であったとのこと。三陸津波については明治三陸地震(M29 1896)と昭和三陸地震(S8 1933)のどちらについても、M8以上震度5以上でも地震自体の被害は小さく、大津波による被害の大きさが特色とされ、今でも浄土ヶ浜などの観光地で「津波を忘れない」という教訓の碑があり、防災の備えと啓蒙に余念がなかったように記憶しています(まだ写真に収めるクセがなかったので)。この防災碑は上に挙げた2件の三陸沖地震でなく、1960チリ大地震による津波被害(死亡142名)について克明に記されていましたので、今回の津波を受けてヒヤリとされた方も多かったことと思います。

 静岡県下では御前崎60cm下田50cmとのこと。昨日はちょうど2時より地元選出県会議員のパーティーに出席していましたが、県内27万人の避難勧告ということもあり、県の危機管理局と密に情報連絡を取り合い、イザというときのお断りが冒頭にありました(恙無く終了しました)。

テーマ : 温故知新
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。