FC2ブログ

シリーズ龍吐水師 春の二挺拳銃

拙ブログ、防災カテゴリーが73件を数え、雑多になりましたので新たに火消し・道具に振り分け、火消しから消防組織になるまでの文化と道具の変遷に纏めようと思います。まずは新カテゴリー作成記念で一発。四月一日付け、新年度で心機一転というとコジツケになりますが。

カテゴリーが多すぎても何だと思いますが、地震防災と火災予防も区切るかもしれません。阪神淡路の教訓、消防用設備であるスプリンクラーがポンプ電源が落ちたり配管が破断するなど1割しか機能しなかったことから、行政の区分も含めて総合的な危機管理思想に変わっています。細分化するかどうか思案しています。

では、早速。


二挺拳銃 ←謎の二挺拳銃

もはや龍吐水でも龍生水でもなく、龍吐水師の仕事であるとしか分かりません。

というわけで、珍品発見。豊川稲荷門前で。龍吐水師で新ネタをリリースできるとは思いませんでした。
二挺の1①  二挺の2②  二挺の3③  二挺の4④  二挺の5

写真①~⑤、以下すべて其々クリックで拡大してください。なかなか操作性に富んでいます。
1.2本の筒先(放水口)は独立して放水角度を変えることが出来る。
2.ポンプの操作部分は「く」の字になっていて、下部は足で踏んで固定。力が逃げません。




二挺サクション ←底部のサクション(吸込み口)
ゴミなど吸い込んで異物で詰まらないように編み目になっています。

二挺御免  二挺細工処 御免・本改(左)と 細工処 山口■■(右)の焼印

幕末~明治初期、龍吐水師として末期の作だと思います。
■■の部分は読めませんが、「倉屋」と書いてある気がします。そうである場合、江戸期より職人の個人名で請け負っていたところを製造所として製造責任を声明し、製造「業」になっていったのでしょうか。ゼネコンと設備業者の関係とか、倉造りに必要なものは全て販売元になっていたのかとか、興味が尽きませんが、想像はそのくらいにしておきます。






続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 温故知新
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード