FC2ブログ

ツイッターで災害情報?

ツイッターでの災害情報提供を指示~総務相  2010年5月3日 日テレNEWS24

訪米中の原口総務相は現地時間2日夜、利用者が急増している簡易投稿サイト「ツイッター」に今月中旬から最新の災害情報を提供するよう、総務省消防庁に指示したことを明らかにした。

 「なりすまし」によるウソの情報が流れないよう公式認証マークを取得するという。

 政府機関がツイッターを利用して公式情報を流すのは初めての試み。

え~と、この大臣、ツイッターをやっていて参院予算委員会に遅刻したと記憶しています。ネット環境やとりわけツィッターなんか調べたこともない筆者ですが、「ツィート=つぶやき」という意味と「なりすまし」によるトラブルがあるようだ、というくらいは何かで読んでいます。サービス開始の頃に、アメリカから上陸なんて触れ込みもありましたから米国企業であろう事も。

他にも、最近、津波情報でこの手の話題があったような、、、あった、これだ。
自ら津波ツイッター速報、原口総務相「正確な情報優先」 2010年03月02日 政治バカ一代 様より 元記事は朝日新聞

原口一博総務相は2日の閣議後の記者会見で、チリの大地震で発生した津波の警戒情報を、インターネット上で短文を発信する「ツイッター」で自ら速報したことについて、「正確な情報を国民に伝えることを優先した」と述べた。「なりすまし」の危険を問われたのに対して答えた。原口氏はさらに「欲を言えば、もっと公共放送を含めて横並びではなくて細かな情報が流れ、様々な疑問にこたえられるような双方向のシステムがあればいい」と述べ、放送局の防災報道を強化すべきだとの認識を示した。

 総務省消防庁を所管する原口氏はチリ地震の発生後の27日以降、岡田克也外相らと連絡を取った事実や各地の津波情報などをツイッターで約70件、発信した。他人が原口氏になりすまして情報を流す懸念については「考えたが、『原発は大丈夫か』といった質問がツイッターで飛んでいた。私のとった方法は間違いでなかった」と強調した。

 一方、消防庁の全国瞬時警報システム(J―ALERT)の津波警報や注意報で誤報が起きたことについて、「システムに不具合があれば改良が必要だ」と述べた。

※こちらリンク先は、某巨大掲示板のまとめで色々な意見が反映されています。当ブログでは憚られる様な率直な、、いやいや。

まあ、直接的な評価は差し控えたいところですが、情報窓口の混乱は流言飛語の発生源になります。関東大震災+流言飛語で検索してみてください。
国交省や消防庁、気象庁、民間でも情報通信各社が連携して緊急情報発信について精度を高めている昨今です。「なりすまし」が危惧される米国企業のサービスに「公的情報」を委ねてよいものか、正直心配です。ちょっと続報を注視する必要を感じます。
スポンサーサイト



テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード