スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでも酷暑が続きます。

弊社はお蔭様で16日まで夏季休暇を頂戴し、昨17日から通常業務に戻りました。

お盆明け、17日は東京練馬と桑名で38.2度、静岡でも天竜区佐久間で37.7度。他にも多治見、甲府、館林、藤沢、まあ、どこへ行っても暑い。休日出勤の皆さんに事故がなく幸いでしたが、残暑というにはあまりに厳しい気候です。今一度、熱中症対策を朝のKYミーティング等で確認し、作業員の体調の確認はコマメに声掛けなど、心掛けてください。


「あと少し」が命取り・・・熱中症 予防対策徹底を 静岡労働局が呼びかけ 2010.08.18 建通新聞
静岡労働局は、熱中症による死亡災害が県内ではじめて7月下旬に発生、8月初めにも。改めて予防対策の徹底を。特にお盆休み明けは危険性が高まる

あと少し と思ってもこまめに休憩を。 適切な作業管理が必要。水分・塩分の定期的な摂取も。

県内初の事例;7/24 造園工事現場 石貼り・資材運搬作業の終了直前に発症。病院に搬送されるも翌日死亡。
       男性45歳。
ついでもう1件;8/1 9:30AMからミキサー車のホッパー部をアーク溶接で補修作業の67歳男性。
       13:00ごろホッパー上でうつぶせになっているところを発見。

8/11現在、全産業の死亡災害は23人(前年同期比5件増)の増加傾向。災害防止活動の一層の徹底を。

以上筆者要約。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

残念 】消防団支援条例案が頓挫 】静岡

火の番  火の番世話人 火の番への賃金台帳

自治会等で「火の番」への手当てと賄い(まかない・会計?)の台帳です。
火の番をした誰ソレに○年分、金10円 世話人■が認める 会計誰某、、、といった記録。
町内各戸から何銭かずつ集金して、相互チェックもあるしっかりした仕組みだったようです。
大正4年から同7年までの一冊。

火の番T9  火の番S9 こちらが戸別の集金記録

・・・下記の記事、ちょっと注目していた議論でしたが、頓挫したとのこと。残念ですが、今後も制度研究をするとのこと。ちょっとこんな資料があったよ、とお知らせだけしておこうと思います。

消防団支援条例案が頓挫 税減免、調整つかず  08/17 静岡新聞

 県内の消防団活動を支援する議員発議の県条例制定を目指す県議会の超党派検討委員会は16日、県庁で第4回会合を開いた。消防団員を出す事業所への税の減免案に対し、会派「志士の会」が反対の姿勢を崩さず協議が頓挫。検討委は条例案を成案化できず、初会合からわずか3カ月で終了することになった。
 検討委に参加した全6会派は、県内市町の消防団が団員減少問題を抱えているため、県議会として何らかの支援姿勢を示すことでは一致していた。
 前回までの協議で条例案の前文に消防団の必要性や支援の重要性を明記する方針でも一致。この日は支援対象の事業所の範囲拡大でも意見の相違はなかった。
 志士の会は消防団支援の必要性を認める一方、事業所への税の減免案について、税の公平性からの逸脱の恐れ▽減免時の団員確保の効果が必ずしも大きくない▽各市町の税制に影響を与える恐れがある―などを理由に反対した。
 他会派からは「消防団の方の意見も聴いて協議してきたのに途中でやめるなんてできない」などとして、採決して検討委の協議を進めるべきとの意見も出た。しかし全会派一致による条例案の成案化を重視し、採決は行わなかった。
 委員からは「後味が悪いがやむを得ない」「消防団支援は今後も県議会として考えていかないといけない」などの意見が漏れた。条例案を提案した会派の自民改革会議は「今回は残念だが、将来の条例制定に向け消防団支援の研究調査は続けたい」とした
関連記事;
【将来】 学生消防団員 加入促進 【就活】
消防団の活性化 続報
【就活】体験記事がありましたよ【消防団】

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル : 地域情報

【火防宣伝】 資料整理の備忘録

本来、夏季休暇中の会社にいます。今日は一人でポツンと資料整理だと思い込んでいましたが、先ほど工事部門から内線があり「こちら引き上げますので戸締りお願いしま~す」。お疲れ様でございます。

火防宣伝 13×17cm 回覧に入っているようなチラシ
 
【火防宣伝】
ああ、日照り のぞいてみても水は無し
       せめて用心水でもないものか
   こんな時には第一、火の用心
       さあ汲んだ、さあ汲んだあ!   暑い

大正13年7月31日 多芸村役場 巡査駐在所 
(美濃国養老郡・岐阜)
ちょっと古い書き物だと、なんとなく読めている気分になっていても、読めない箇所があったりします。古本屋のおっちゃんと話しながら物色しているときは「読んで、理解して」購入した資料を、しばらくたって整理しようと開いたら読めなくなっているという現象も恥ずかしながら少なからず。なんなんでしょうね、集中力でしょうか。
上掲は、攻テ用心水テモ および サア汲ンタサア汲ンタア のくだりが読みづらく、頭に入っているうちに入力しておきました。

読めま 手押し消防ポンプの絵葉書(右90度に回転)

こちらは解読中(読めません)。
拝啓 どこそこで出火あり、大いに卿筒(ポンプ)の必要を見とめて、近場にて(?)西岩道か東岩道でも1基ばかり買い入れうんぬんを御協議し、結果、買い入れとなった時は宜しく、、、ギブアップ。
でも、消防ポンプが必要なこと、近隣で導入されたら宜しく、とは、当地にも派遣してくれなのか、予算をこっちにも、なのか、誰宛かもわからないので。面白い資料なのですが。




続きを読む

テーマ : 隣組(自治会・町内会)
ジャンル : 福祉・ボランティア

池平 幻の湖 補稿



8/12、本日から16日まで、弊社は夏季休暇を頂いています。といっても、毎年この時期、来期(10月~翌9月)の方針取り纏めで本稿も会社から息抜きで。今年は9月1日からの弊社記念事業の資料整理も大詰めなのでちょっと休めないかな。社員も16日に大規模物件の消防検査を控えて工事現場全体がフル稼働であったり、客先が夏季休暇中にレイアウト変更など、相当数が出社、或いは現場作業を頑張ってくれています。(お疲れ様。上手くシフトを組んで代休等の取得で休息を取ってください。熱中症に気をつけて。)

shuhok.gif 「周北伝説集」 昭和28 周北教育研究会文化部 編

池平の湧水 磐田郡水窪町(当時)
 池平は海抜八八○米の高い山頂にある涸れ池で、常に全然水はありませんが、六年置きに七日間清水が湧き出して、池は満々と水をたたえるそうです。この池は諏訪湖と通じていて、諏訪明神が櫻ヶ池にゆかれるときにここで遊ばれるとも伝えられています。
池の平に幻の池が出現 7/12エントリの追記です。先日、大変お世話になっている春野町ご出身のお客様と三遠南信の民俗学の話題で盛り上がり、気を良くして(調子に乗って)続編。本書は周智郡熊切中学校の先生が責任編集、指導者が児童に読み聞かせる為の副読本のようです。

 さて、短文ながら味わい深い伝説です。オオカミ復活 その2でも触れましたが、古代からの神々の移動、或いはその中での零落という現象がありますが、文化圏の形成とか集団の移動とか、郷土のルーツ・変遷には外しては考えられませんね。

櫻ヶ池、御前崎市佐倉です。R150を浜岡原発より少し西へ。お彼岸に赤飯を詰めたお櫃を湖中に沈める御櫃納めの奇祭で知られています。沈めたお櫃が諏訪湖に浮いたという伝説があり、地底で繋がっているとされます。その佐倉地区でも「周智郡水窪町奥領家に池の平といふ所がある。山の頂上から少し下がった所に広い平らな所がある、そこをいふのであるが、ここは天竜川に面していて、この平地は七年毎に水が湧いて溜まって池となったのだ。諏訪さまが櫻ヶ池へお通ひになる時のお宿となっている。(佐々木清吉報告)」とあります。こちらは昭和17年「遠江の伝説」から。天竜川に面していてと、水源が諏訪湖である繋がりを強調しているのがミソだと思います。池の平もそうですが、佐倉村(当時)の人々も現実的に諏訪湖と繋がっていたとは考えていなかったと思います。お祭りしている神仏の正統性を裏付ける為の伝説と考えるたほうが面白い。

続きを読む

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル : 地域情報

教訓が活きています 日本坂トンネル火災 


日本坂トンネルで車両火災 一時通行止め  08/11 静岡新聞
 10日午後3時半ごろ、焼津市野秋の東名高速道路下り線の日本坂トンネル内で、静岡市の男性会社員(38)のトラックの左前輪付近から出火し、前輪タイヤや運転席などを焼いて約30分後に鎮火した。会社員は運転席から脱出してけがはなかった。
 県警高速隊によると、現場はトンネルの焼津側出口から約600メートル内側の地点。会社員が走行中、左前輪付近から異常音が聞こえるのに気付いて停止させたところ、煙が出て火が燃え広がったという。
 下り線トンネル内は3車線で、トラックは最も左側の第1通行帯に停止したが、追突などの事故はなかった。静岡市消防局が消防車8台と排煙に使う大型ブロアー車1台を出動させて消火作業に当たった。同消防局によると、トンネル内に設置されたスプリンクラーが作動したため、早い段階で煙が収まったという。
 この影響で、下り線は静岡―焼津IC(インターチェンジ)間が約2時間半にわたって通行止めになり、静岡ICを先頭に最大7キロ、清水ICを先頭に同17キロ、それぞれ渋滞した。
 日本坂トンネル内では1979年7月、玉突き事故をきっかけに通行車両173台を焼損する火災が発生し、死者7人、負傷者2人を出す重大事故があり、スプリンクラーなどの消火設備の整備が進んだ。 nihonzaka.gif 通行止め渋滞の様子 (写真もリンク先 同記事より)

懐かしいといっては不謹慎になってしまいますが、1979日本坂トンネル玉突き事故~1980静岡駅前地下街爆発事故 、静岡で生まれ育った人間には忘れることができない大災害として記憶されています。筆者は浜松育ちですが、両親が静岡出身で盆の帰省時期とも重なりましたので。筆者1972産ですので、7~8歳の出来事。夏休みなんかでテレビに釘付けの時期ですが、あまり意味も理解できずに大惨事をお茶の間で見続けていました。

今回、玉突き事故にならずに、運転手さんを含め怪我がなかったそうで何よりだと思います。1979の大事故からの教訓で法整備も含め、消火設備等々の整備が進み、勿論、地下街の消防規制も強化されています。拙ブログでもこれまで 火災報知機の経済効果 というエントリで「設置するメリットでなく、設置すると被害額が1/15になる」とか、災害が起こるたびに消防規制は厳しくなりますよ、と書き続けてきました。消防設備は平常時には役に立たないかもしれませんし、じつは火事になりそうだったが消防設備のお蔭で「ボヤで済んだ」とか「初期消火が出来てよかった」とか活躍していますが、お客様にとっては火事騒ぎになっただけでもよい評判にはなりませんので、なかなか消防設備が活躍したよ、というフィードバックを得られにくい職業ではあります。早期発見につながり、避難誘導をすることができた、ありがとう(初期消火でボヤで済んだ施設)と担当者に声掛けを頂いたことがあり、しみじみ嬉しく思ったことがあります。

以下はご参考。
JST失敗知識データベース > トップ > 失敗事例 > 東名日本坂トンネルの火災  より


【背景】 A級防災設備に対する過信  が指摘されています。
事故の概要~後日譚まで、ボリュームはありますが、分かりやすく一覧になっていますので、トラブルシュートに是非。

続きを読む

オオカミ復活 その2

ooguchi.gif   ooguchimagami.gif 

盗難よけのお札 東京板橋区(日本民俗図録 柳田国男監修 民俗学研究所編 昭和30年 朝日新聞社)zuroku.gif  あ、お札は私蔵です。


オオカミは鹿や猪などの害獣を捕食する生態系のTOPでしたから、焼畑などの農耕・豊作の神様でした。火難盗難除けとして信仰を集めました。武蔵国御嶽神社大口真神のお札です。また秩父は御嶽神社も同様の信仰をもっています。どちらも関東のこと、いずれ行きたいな、と言う程度で詳細は知識不足です。済みません。

上の写真にそっと紛れ込ませた 山住神社のお札 浜松市天竜区水窪町です。先日 池の平に幻の池が出現 したところです。こちらは直ぐ近くの春野町に火防の総本山 秋葉神社があるためでしょうか、火難までは言及していません。

ここで、オオカミと山犬について。いわゆる絶滅種のニホンオオカミと山犬を同一視、あるいは混同しているのか、あるいは野生化した犬も山犬と呼ばれ、混乱していった経緯があるそうです。近代的な分類調査がはじまる前に絶滅してしまった残念な事例のようです。江戸の後期に狂犬病が流行った折りに、特にオオカミの耐性が弱く、凶暴化して駆除されたこと、エゾオオカミの絶滅理由と同じですが、牧畜がはじまったころに家畜を襲う害獣になって駆除対象になったことなど、上に引用した写真が柳田国男先生監修なので、あやかって言えば零落した神という末路。

零落した経緯を辿ると興味深いのが山住神社がどこから来た神様であるか。上のリンクから引用します。

① 和銅2年(709)伊予の大山祇神(おおやまづみのかみ)を勧請して山住(やまずみ)大権現と称した。
 当初は、勝坂、あるいは門桁、あるいは宮川に創建された後、現在地に遷座したという。


続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

ところで、誤報と呼ばないで

猛暑での火災予防 多発してます という記事をUPしましたので、ついでに。

火事ではないが、火災報知機が作動して、非常ベルなり非常放送なりが鳴ってしまったケース。機器の誤作動として誤報だから直しに来てよ、というご連絡をいただきます。
業界用語ですから、一般には関心をもたれることも無いと思いますので、ここで改めて非火災報という用語をお伝えしておきたいと思います。

まずは先般の記事で触れた熱感知機の差動原理のほか、炎センサーと煙センサーと、火災と思われる現象を感知して差動するメカですから、火災と判断される条件になれば、機械としては作動することが正常です。

火災で無いのに作動してしまう要件は、環境的な原因(設置場所と設置するセンサーの種類が適さなくなった)、機能的な原因(調理の熱や煙、空調による急激な温度差など)、機械が火災と見分けが出来ないことにあります。

熱式であれば、上記のほか、感知器の直下で火気使用とか、差動式ですと扉の開閉による気圧変化でも発生します。煙ですと、最近は性能がよくなって減りましたが、虫や粉塵などによる作動や蒸気・結露など。トラックの無線なんかを拾う電磁ノイズの事例も疑う必要があります。いずれにしろ機器的な要因は随分信用性が高くなりました。

配線をネズミが齧ったとか、水漏れなんかでショートするなど、また、結露が考えられる環境で結線の防水処理が甘いと基盤が腐食することがあります。大型店舗の駐車場や冷凍倉庫などでは配管配線ごと総取替えという事例も。機器自体の信頼性が高まったなかで、無線式の感知器を採用されると、配線上のリスクをクリアして、システムの信頼性がより高まると期待しています。

さて、原因を特定して改善提案をするのが当社の仕事です。早く対応してくれ!ということですので、この原稿をご一読いただいているお客様で「彼に相談したけど、対応が遅いよ」といお客様。私、社長でございます。是非ご一報願います。迅速に対応いたします。

非火災報だ!と断定する前にお願い。
まずは実際の火災を疑ってください。実際に火災と認識する動作要因があります。慎重な対応をお願いします。

①発報した機器の特定(復旧操作をしないで下さい)
 
・・・と、ここまで書き進んでみて「なんだかものすごく言い訳じみた文章」になってしまったようです。誤報ではなく非火災報です!と力説してみても、業界内の言い訳。原因追及ができなければ「なんだか判らんが、故障だろ?」ということでしょう。機器の性能の向上に併せて、当社の技術基準「原因の特定」について、メーカーによる分析のみならず、「原因不明」の撲滅に努めています。今後ともちゃんとキチンとのセルコを宜しくお願いいたします。
※ 非火災報マニュアルの文章としては、とても中途半端な文章になっています。設備先、保守点検契約先のお客様には、緊急時も含めまして弊社の技術者が伺いますので、ご連絡の程おねがいします。特に、お盆の長期休暇、密閉高温になってしまう施設はご注意下さい。冒頭引用の記事の通りです。

猛暑での火災予防 多発してます

ロシアが記録的な猛暑で森林火災が多発、大事になっていますね。

火事のシーズンは一般的には「乾燥した真冬」ですが、異常な猛暑下でも火災が多発しているようです。

8月6日早朝、静岡市の工場で火災があったようです。続報を待っています。幸いケガ人はいませんが、早朝4:00に附近住民が避難する騒ぎとなっています。

7月26日に発生した沼津の工場火災では、企業側より 火災発生のお知らせ。屋内電気配線のショートが原因との発表。

2008年の記事ですが、火災事故続発! 危ない「家電製品」  2008年 08月 25日 ALL ABOUT より、
猛暑の季節、家電の火災事故が続発!
経済産業省が昨年5月から始めた「消費生活用製品の重大製品事故」のまとめによれば、エアコンの事故件数が111件と電気製品の中で最多。一方、扇風機の事故も44件に上っています。中には、製品自体が燃え上がる火災事故以外に、壁や天井などに延焼するケースまで発生。原因は、7月以降の猛暑続きで、古い家電を長時間つけっ放しにする人が増えたことにあると見られています。25度を超える熱帯夜が続けば、エアコン・扇風機なしではとてもしのげない……。
(抜粋)という内容で特集が組まれています。
WEB記事が見つかりませんが、静岡新聞2010/08/06朝刊で、
部室から出火 ボールなど焼く 静岡中学 の記事。
5日13:00ごろ中学校の女子バレー部の部室から出火。ボール約30個を焼き、ガラス2枚割れる。市追手町消防によると、ボーが燃えて近くにあったスプレー缶が熱を持って爆発 ⇒ ガラスが割れた可能性が高い。出火原因は調査中。等々。

昨年、札幌の同業者より聞いた話では、やはり猛暑の為、火事ではないが屋根裏の火災報知機(熱感知器)が作動し、消防機関の出動が多く大変だったとのこと。熱感知器には2種類の作動方式がありますが、火事に近い症状になっているとの表現も出来るかもしれません。熱が篭って密閉された場所で、危険物が自然発火するかも、ということ。

① 急激な温度の上昇(温度差)を感知する 差動式
② 一定の高温になったら作動する 定温式

防災屋の当社が恥ずかしいことですが、ショールームに保管していたガラス製の投擲式消火器が一つ破裂し、砕け散りました(泣)。部屋を使用していなかったので密閉された状態で室温が凄いことになっていたようです。
投擲

日本火災学界のホームページより、2010 年7 月27 日 猛暑時期に起こる火災(自然発火・蓄熱発火)について(PDF) の発表では、
現在、世界的に高温が観測されています1)。
このような高温状態が長期間継続した場合、数年間蓄積したセルロイド2)、おがくず、繊維くず3)の可燃物堆積物の発熱と蓄熱が進行し、火災に至ることがあります。
セルロイドの使用される分野は少なくなっていますが、自然環境中で分解しやすい樹脂類の利用が広がっています。自然分解しやすい樹脂、酸化されやすい動植物油を含んだ繊維・紙類等も発熱と蓄熱を起こしやすくなります。
夏季休暇で長期間施錠された部屋に置かれた化学薬品等が高温に暴露され火災となった例があります。
断熱性の高い可燃物を大量に密閉状態で保管されている場合3,4、5)には、注意が必要です。
“異臭や発煙を発見した場合には、避難、通報を迅速に実施してください。”(抜粋)


テーマ : 隣組(自治会・町内会)
ジャンル : 福祉・ボランティア

8・11駿河湾地震 記憶鮮明ですか?

県民73%が「記憶鮮明」 8・11駿河湾の地震 08/06 静岡新聞

早いもので、来週で一ヵ年です。記憶鮮明はよいですが、同紙アンケートでは一方、

【駿河湾の地震アンケート2】防災意識“空回り”  2010/08/06
 鮮烈に残る明け方の強い地震の記憶―。静岡新聞社が行った県民アンケートでは、2009年8月の駿河湾の地震から1年が経過して、東海地震に対する防災意識が再び高まってきていることが分かった。一方で、県民からは思うように進められない家庭の防災対策に焦りの声も聞かれた。
 「地震直後は対策をしなければと思ったが、しないまま1年がたってしまった」(熱海市の20代女性)―。さまざまな市民の思いが寄せられた自由回答。高い意識にもかかわらず時間だけが過ぎていく現状に、焦りの声が目立った。アンケート結果でも、駿河湾の地震を体験した割に、これまでに住宅耐震化や家具類の固定など家庭の防災対策を取った人の割合は、横ばいのままだった。
 袋井市の60代女性は「のど元過ぎれば…。日々の忙しさに追われて無関心になりがち」と反省する。静岡市清水区の30代女性は「(地震後)数日間は非常用品を手元に置いていたが、最近は少し緩んできた」と、あらためて気を引き締めた。
 「さらに強く長い地震が来ると思うと恐ろしい」(藤枝市の40代男性)と東海地震の怖さを再認識した県民も多かった。「非常食や水の確保、家族間の連絡の確認は大事だと思った」(牧之原市の30代男性)、「真っ暗では逃げられないとあらためて認識し、懐中電灯を買った」(浜松市東区の20代女性)と前向きな意見が多く寄せられた。一方で、「防災対策の必要性は強く感じるが、具体的な方法が分からない」(焼津市の20代男性)との声もある。
 岩田孝仁県危機報道監は「丸1年の節目は、地震の恐怖や苦い記憶を思い起こすのに最適な時期。せっかく高まった防災意識を、ぜひ実際の行動に結び付けるようにしてほしい」と話した。
耐震補強や家具固定など、大掛かりなものは何から手を付ければ、あるいは堂のような対策をしたら、、、とハードルが高く感じるようです。記事中にもあるように「ノドもと過ぎれば・・・」とトーンダウンして風化する、忘れて頃になんとやら、と悪循環と切って捨てるよりも「ああ、分かる分かる」と同調してしまいそうです。

しかし、事業を止めるわけには行かない企業・工場、緊急収容先や避難地となる病院・役場・学校などはBCP対策で頭を悩まされていることと思います。防災先進県の企業として鋭意 企画しております。発表は少々お待たせするかもしれませんが、弊社・防災の日9/1~の特別企画には間に合わせたいと考えています。乞うご期待。

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル : 地域情報

【またぞろ】火災警報器の訪問販売【沸いてきた】

こうも暑いと沸いてくるのかねぇ、とも思いましたが、増加傾向ということで「ちゃくちゃくと増殖中」ということらしいです。下記の記事。

<火災警報器>高額な契約…訪問販売でトラブル増 8月4日22時26分配信 毎日新聞

 改正消防法で設置が義務化された住宅用火災警報器で、高齢者が訪問販売業者に高額な契約をさせられるトラブルが増えている。国民生活センターは4日「特に1人暮らしの高齢者は、信頼できる人と相談して検討してほしい」と呼びかけた。

 住宅用火災警報器は煙や熱を感知し、音などで火災発生を知らせる機器。新築には06年6月から義務付けられ、既存住宅は市区町村ごとに違うが11年6月1日までに完全義務化される。家電量販店などでは1個4000円程度の商品もある。

 同センターによると、全国に寄せられている相談は05年度から今年6月までに827件で、増加傾向にある。相談者は70~80代が54%を占め、契約金額は複数個の契約を含めて平均約14万円だった。
 山陽地方の1人暮らしの80代女性は09年5月、43個を約90万円で契約。金融機関で振り込もうとしたところ、職員が女性に問い掛け契約が判明した。職員はクーリングオフを勧めたが女性は「業者が怖いから支払う」と応じず、金融機関から消費生活センターに相談があった。

 他に▽「点検する」と言って家に上がり込んだ業者に無理やり設置された▽「付けないと罰せられる」と事実と異なる勧誘をされた▽「市役所から来た」など公的機関を装われた--などの相談もあった。

・・・昨年5月に記事をUPしています。
訪問詐欺にご注意 住宅用火災警報器編 手口や留意点は進化していませんのでご参考に。
その他、電気の点検が~とか、ガス事業者を装って~とか、最近は地デジ対応についてのトラブルも増えているようです。基本的には訪問してくる業者は取り合わないこと。カメラ付のインターホンを活用して直接、面と向かって話さないことが肝要だと思います。自治体高齢福祉の窓口で取りまとめたり、自治会や高齢者団体など、地域ぐるみで取り組まれる案件とも思いますが、(当社も自負していますが)、キチンと店舗を構えた正規業者にご相談いただければ、量販店より安心・安価で専門家が活躍すると思います。(お近くの方は当社にご相談下さい、共同購入がお徳です)

関連;悪徳商売からの企業防衛
参考までにこんな記事も(少し古いですが)
「ほぼ完備」火災警報機は47.7%・地デジ対応34.2%…浸透遅れる賃貸住宅の設備状況2010年02月09日 Garbagenews.com
こちらは賃貸関係の設備状況です。

テーマ : 隣組(自治会・町内会)
ジャンル : 福祉・ボランティア

オオカミ復活なるか その1

teuseng.gif 図鑑 背表紙 日本動物図鑑 昭和2年 北陸館 より(背表紙です。クリック拡大)

てうせんおおかみ 一名 ぬくてー イヌ科
昭和2年の動物図鑑では、朝鮮オオカミを記載。「北欧の狼が朝鮮半島に南下し小型の本亜種を残し、更に我が内地に一層小型なるヤマイヌ(殆ど絶滅亜種)を隔離せしめたるならん。狼は樺太および北海道まで分布す」とあります。ニホンオオカミは明治38(1905)に絶滅、エゾオオカミは1900年に絶滅とされます。最後の固体捕獲から22年の図鑑だと、まだ絶滅の確定はしたくなかったのかな、とも思います。

図鑑 矢野 独逸特約東洋無比 矢野動物園 オオカミ

矢野サーカスの前身、矢野巡回動物園 明治末頃の絵葉書。ドイツから猛獣を仕入れ、ライオンで人気爆発だったようです。これは朝鮮満州系のオオカミのようです。この固体と同一かは分かりませんが、明治44年に福井を巡回興行していたところ脱走し、射殺という悲しい記録も。(狼 その生態と歴史・後述)

ookami.gif ookami3.gif

狼 その生態と歴史 平岩米吉 著 昭和56年 動物文学会
日本犬保存会の設立に尽力し、犬科生態研究所を発足させた著者の労作。帯より「本書は著者が、狼をはじめ多数の犬科動物を、実際に身辺において生活した体験が基盤になっている。日本狼は大口の真神とあがめられた古代より、後には病狼と恐れられ、やがて絶滅に至るまでの経緯を詳述」、、、名著です。右の挿絵は日本に現存する剥製3点、もう一点、オランダにあるとか。以降、このシリーズでは本書から図柄をお借りしようと思います。

今回は何故突然オオカミなのかと言えば、まあ、いつも唐突なのでスミマセン。下記のニュースと絶滅した経緯となかなか考えさせられたので。平安時代に「朱雀大路を走った狼を射殺した」ことがニュースになるほど、江戸時代にはすでに見世物になるほど希少になっていたというニホンオオカミです。神話伝説から害獣になって絶滅、でも再登場願おうか、という流れが切ない。


オオカミ復活でシカ駆除を 森の生態系回復へ奇策 2010年7月29日 中日

※読み応えがあったので”続きを読む”に全文引用しました。リンク先には写真あり。

続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。