FC2ブログ

オオカミ復活 その2

ooguchi.gif   ooguchimagami.gif 

盗難よけのお札 東京板橋区(日本民俗図録 柳田国男監修 民俗学研究所編 昭和30年 朝日新聞社)zuroku.gif  あ、お札は私蔵です。


オオカミは鹿や猪などの害獣を捕食する生態系のTOPでしたから、焼畑などの農耕・豊作の神様でした。火難盗難除けとして信仰を集めました。武蔵国御嶽神社大口真神のお札です。また秩父は御嶽神社も同様の信仰をもっています。どちらも関東のこと、いずれ行きたいな、と言う程度で詳細は知識不足です。済みません。

上の写真にそっと紛れ込ませた 山住神社のお札 浜松市天竜区水窪町です。先日 池の平に幻の池が出現 したところです。こちらは直ぐ近くの春野町に火防の総本山 秋葉神社があるためでしょうか、火難までは言及していません。

ここで、オオカミと山犬について。いわゆる絶滅種のニホンオオカミと山犬を同一視、あるいは混同しているのか、あるいは野生化した犬も山犬と呼ばれ、混乱していった経緯があるそうです。近代的な分類調査がはじまる前に絶滅してしまった残念な事例のようです。江戸の後期に狂犬病が流行った折りに、特にオオカミの耐性が弱く、凶暴化して駆除されたこと、エゾオオカミの絶滅理由と同じですが、牧畜がはじまったころに家畜を襲う害獣になって駆除対象になったことなど、上に引用した写真が柳田国男先生監修なので、あやかって言えば零落した神という末路。

零落した経緯を辿ると興味深いのが山住神社がどこから来た神様であるか。上のリンクから引用します。

① 和銅2年(709)伊予の大山祇神(おおやまづみのかみ)を勧請して山住(やまずみ)大権現と称した。
 当初は、勝坂、あるいは門桁、あるいは宮川に創建された後、現在地に遷座したという。


続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード