スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言わんこっちゃない、という気がしないでもない

hinitch1.gif 排日ポスター その1

hinitch0.gif  hinitch2.gif その2

「時局および排日ポスター写真帖 関東軍司令部寄贈」 ㈱満州日報社 昭和6年 より
hinitch3.gif3   hinitch4.gif4   hinitch5.gif5    3点、CLICK拡大です

満州事変勃発の年末に緊急出版されたもの。その前書きを要約。

 今回の満州事変は、どうして勃発したのでありませうか、いふ迄もなく友邦支那の軍閥政権者たちが、つとに善隣の誼を忘れて、排日、侮日の宣伝に終始し、果ては我が帝国の生命線たる満州の既得権益をさへ蹂躙するに至った結果であります。
 そしてこの排日運動の如何に辛辣であり、侮日的であり、挑戦的であり且つ背信的であるかは、各地において彼らの宣伝頒布したポスター、雑誌、書籍、伝単等を見れば、直ちに首肯されます。彼らはこれによって、支那の民衆に対日的敵愾心を起こさせ、以って今日の事態を惹起するに至ったのであります。
 我社はかつてからこれ等、排日且つ侮日的宣伝の材料蒐集に着手していたが、事変後、更に書く方面の材料を集め、過般これを一堂に掲げて、一般市民諸氏の展覧に供しました処、観覧者のいずれもがこれを一見して、如何に憤慨したことでありましょうか、そしてこの余りにも苛烈にして執拗な彼らの排日と侮日ぶりに驚いた次第であります。現にこれを一覧した人々の中には
「私ども在満二十年余に及んだものでも、斯様に激烈にして、深刻な排日宣伝が行はれていたとはかつて知らなかった。」と言っており、「出来ることなら広くこれを吾が日本国民に見せたいものだ」と言っておりました。もっともな要求だと思います。同時に私どもは例えこれ等の排日宣伝が支那全国民の総意でないにしても、この現実な事象に対しては、更めて深く考慮せねばならぬものがありませう。
 ついては吾が社はこれ等 観覧者各位の要望に基づき、ここに蒐集の材料一切を録して本帖を発行するに至りました。蓋しこれによって、隣報支那の現状に対し吾が国民の認識を深める好個の資料たるを信じたからであります。

                        昭和六年十二月 満州日報社


彼らは変わりませんよ。そして平時の日本政府や経済界の対応も変わっていないようで、歴史は、本当に、繰り返すものだと、強く思います。名文だったので、結果ついつい全文引用になりました。
そして心強い技術立国、日本。無駄な仕分け作業こそ仕分けたい。台湾との多重国籍から日本国籍を選択した大臣が「尖閣は領土問題」と発言したことは、内閣不一致という問題以上に漢人系台湾の工作員ではないかとも感じましたが、言及するマスコミがないので思い過ごしだと思います。

レアアース使わぬモーター開発 NEDOと北大 2010/09/29 47NEWS
レアアースの代替技術を開発、NEDO 資源確保へ実用化に期待 2010.9.16 産経

もっとある、脱中国への布石は分かりやすく下記の記事にまとまっています。掲示板のまとめなので、面白いですよ。
日本のターン!レアアース「カザフから調達」「豪州から調達」「不要のモーターを開発」


・・・さて、ここで日本の最高額紙幣は誰でしょうか。そこにどんな国家の意思を読み取るべきでしょうか。
満州事変より80年、聖徳太子より1400年、福沢翁より120年、日本人の最大の敵は日本人が誇りを失うことか。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 温故知新
ジャンル : 学問・文化・芸術

出展が続きますが、秋の新製品あります。

約30カ国から関係者 UD会議、来月から浜松 09/28 静岡新聞


 国際ユニヴァーサルデザイン協議会は27日、都内で記者会見し、10月30日開幕する「第3回国際ユニヴァーサルデザイン会議2010inはままつ」の概要を発表した。約30カ国からユニバーサルデザイン(UD)にかかわる企業や行政の関係者、研究者らが出席し、講演やパネルディスカッションなどを通じ交流を深める。協議会総裁の三笠宮寛仁さまは「全国で初めてUDの条例をつくった浜松市での第3回も大成功すると思う」と期待を寄せた。
 開催テーマは「人と地球の未来のために―持続可能な共生社会の実現へ向けて」。日程は10月30日から11月3日の5日間。浜松市中区のアクトシティ浜松と静岡文化芸術大が会場となる。
 講演とパネルディスカッションは計22のテーマに国内外の41人が登壇する。10月31日は国土交通など4大臣(予定)が持続可能な共生社会に向けた政治の役割について意見交換。30日には映画「1/4の奇跡」で知られる石川県特別支援学校の山元加津子教諭が基調講演する。このほか、国別や観光などの視点からUDの動向が報告される。
 最新のUD製品も展示され、県内のスズキ、ヤマハを含む50企業・団体が出展、一般に無料公開する。地雷除去と同時に整地もできるとしてアンゴラやカンボジアに納入され、現地住民から評価されている日立建機の地雷処理機なども紹介する。
 寛仁さまは、20年以上前に障害者用のスキー用具をヤマハと共同開発したことがUDにかかわるきっかけの一つになったとし、「わが国の経済は今うまくいっていると思わないが、UDが成功し、静岡県民をはじめ、国民が元気になることを希望している」と述べられた。
 決算月につき更新が遅れています。恐縮です。

 去る9/1~9/7、防災週間に開催した「消防設備と火消しの今むかし展」の企画の興奮冷めやらぬ(当社内)ムードですが、上記についても「地元企業だから是非、出展しなさい」との声があり、粛々と準備を進めています。同じようなものを出展すれば楽なのですが、趣旨がユニバーサルデザインなので、そちらの新商材(新規開発)でエントリー。地元枠だけに安価で出展という恩恵はありますが、決算をまたいで来期予算の執行。経費面でも助かりました。

 当社、特に本社所在地の浜松では、創業以来「浜松消防設備㈲」のイメージから、防災屋のカラーが色濃いですが、UD事業にも10年前から取り組み、この分野では最古参の実績になってきました。とりあえず当社UDラインナップは公式HPから。当社も、この事業分野から、工事・点検会社であったところから、システム開発、製造分野にチャレンジしています。

 防災分野こそ、避難誘導から初期消火まで、ユニヴァーサルデザインな発想が必要になると信じて、日々、新システムの開発に余念が無いところですが、今回は当日展示まで企業秘密にさせてください。乞うご期待。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

そろそろ45周年企画の解題をば

今月9月は、弊社決算月。この景気ですから、例年以上にタイトな追い上げ、積み増しでヘロヘロです。
そういう状況がわかっていながら、9月1日、防災の日からの45周年事業「消防設備と火消しの今昔し展」も強行しましたので、暑い上に休まない、本当に長い夏でした。その他、若干名、必要以上に周囲に心配と負担を掛けた人たち。敢えてバカヤローと言いたい。バカヤロゥ!

ああ、ちょっと、少し、スッキリしました。失礼。
心配を掛けた人たちには、心より感謝しつつ、ごめんなさいと謙虚な気持ちを忘れないように。くれぐれも。

各所への御礼廻りともども、月初のイベントの総括がようやく纏りつつ、展示内容の説明不足など反省点もありますので、何回かに分けて、ブログ上で解説していこうと思います。とりあえず今回はサワリのみ。創業社屋(家賃)のご紹介から。

浜消有2  すべてはここから。

公式年表には ↑ を採用しています。創業より5年間お世話になった常磐町の貸店舗。現在地、将監町へと移転し、工事会社として株式会社を設立し、有限会社のほうは”浜消メインテナンス”として保守専門部隊となりました。㈱と㈲は事業統合して現在に至る、とその経緯は公式HPの沿革をご覧下さい。

続きを読む

来期スローガン 選外

去る9月6日、先週の月曜になりますが、来期10月1日~翌9月末日までのスローガンを3首選定しました。
多数のエントリー、ありがとうございました。役員会での投票結果もバラツキましたので、協議の上、決定。
絞込みに苦労しました。

さて、来期1年間を通して唱和する3首は、来る方針発表の場で公表しますので、楽しみにしてください。

以下は、選外ではありますが、「これなんか、どう?」と話題になったものをご紹介。

まずは、次点になった作品。本当に惜しい!

本社 T君 作 見つめ直そう これで良いか 今この時に
・・・倒置法ですな。非常に時期を得た、足元を見つめ直す佳作。「これで良いのか」と一文字足すだけで焦燥感がグッと上がり、テンポ感が出てきます。実直で技術一本槍な彼らしい作風ながら”唱和する”お題目には小手先も大切です。次回作に期待。

こんな時代 今こそ発揮 セルコの本気  本社S君作 
など「時代」に緊迫感を持たせる作品は他にも多数。S君の首は「いつもは本気だしてないの?」と揚げ足を取られる隙がありますね。意地が悪いようですが、S君、頑張れ。

静岡 O君 労を惜しむな 妥協を許すな
正しい、正しいが故に肩に力が入る、リラックスできない一品。おい、O君、いつも硬すぎると言われているよね。正しい努力家の見本だと思っています。が、和ませるまろやかさも追々、ね。
本社 M君 全員営業 全員受注
も、同じく若手の頑張り屋の評価。この手の筋肉質なメッセージは部門リーダーがコブシを振り上げて指導して欲しいかな。君たち若い衆がグイグイ前に出て旗を振ってくれるのも、頼もしい限り。期待してます。

静岡 N君 個人のパワーアップは会社のパワーアップ
本社 I君 自分の成長は会社の成長
等々、モラルアップ・スキルアップに係わるものも数多く。
この系統は、コストダウン、チームビルディング、人間力など無限の広がりを感じさせてくれましたが、複雑化するほど語呂が悪くなる傾向の芸風でした。

本社 F君 継続は力なり 力は自信なり 自信は成果なり
が、格言めいて重厚感ではダントツ。各種勉強に参加してもらいましたので、徐々に身に付きはじめたか。

続きを読む

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

昭和新山で珍景を撮っていた。

ところで、昭和新山ではよくあることでしょうか?
なまら旨くて参ったin北海道を6/14にUPして以来、今更写真整理をしていたのですが、行程表でみると6/11の15:30~16:30の間の気候のようです。なんか面白いものが取れていました。クッキリ見えるように、コントラストを多少いじっています。

昭和新山の雲輪 昭和新山 山頂に雲の環 15:43

昭和新山の雲2 雲の環が画面左へ 15:44
駐車場から公園まで歩きながらなので角度が違う。

昭和新山の雲2-部分2 下の写真、左側拡大

昭和新山の雲2-部分 中央右上よりの四角い雲も拡大すると渦巻き?状


続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

ノンビリさせて頂きました

 例の企画、来期の方針、今期末の詰め、目先の受注、、、盆休み返上で進行し、「例の企画」についてのみ、先週末の打ち上げで一区切り。厳密には自宅から搬出のものを引き上げて、ですがちょっと会社に置いておきます。

 土曜日、当社釣りフェチ倶楽部が中々の釣果で、46cmの立派なヒラメを届けてくれまして、エンガワともども薄造りと粗汁で一杯。翌日も寝かせておいたコブ締めで一杯。ワサビを切らしていましたが、伊豆離島の鬼醤油と こーれぐーす で。奥さんは急ぎ捌き方を検索しておりました。皆さん、美味しかったです。ありがとうございました。お礼に有り合せのカンヅメを少々。全然足りない気もしましたが。例の企画の自宅から供出うんぬんとある通り、家中引っ掻き回した状態なので、釣りフェチどもを家に上げることができず、失礼しました。(お恥ずかしい)

 しかし、「社長、ここの所お疲れだったから」とばれるようではいけませんね。いつも変わらぬ笑顔で応対しているつもりですが、未熟。土曜も少々の読書とほとんどは寝ていましたが、日曜は日曜で、3時間ほど豊川方面にドライブ以外は寝ていました。今週から上記の絡みで出張が重なりますが、充分以上に充電したので”軽~く”こなしてみます。

御礼 消防設備と火消しの今昔し展

chunichi100903.gif 10/09/03 中日新聞

 お蔭様をもちまして、消防設備と火消しの今昔し展 は9/7に無事閉幕。一昨日9/8撤収。本日、創業会長夫妻(両親です)と企画部門の慰労をささやかにセッティングして、一区切りとさせていただきます。初日の報道各社様(ローカル8社!)を皮切りに、お取引先や協賛メーカー以外にも多くのお客様にご来場いただきまして、ご多忙、遠方、酷暑のなか、本当にありがとうございました。何しろ当社はじまって以来の企画。なにぶん不慣れな運営の為、至らなかったところはご愛嬌とご容赦ください。開催前日に御前崎からお越し頂き空振りになったり、終了後にも「おい、そろそろ行くけど明日はやってるかい?」とお声掛けを頂きました。不案内になりました件、この場を借りまして「失礼いたしました。」。

以下、社内の馴れ合いになってしまいますが、スタッフを労いますので宜しくお願いします。
建通100906 10/09/06 建通新聞


8月31日、搬入日。早朝から17:00会場撤収時間厳守の条件下で、無事セッティング完了。
9月8日、搬出。搬入同様、時間的な制約あり。忘れ物もなく無事に。
さすが、日頃より工事点検に携わる我が社の”若い衆”。仕事が速かった。お疲れ様。

何より、企画のS部長、IWTさん、各種データ・広告作成の家内、社長から具体的な指示・協力を得られない中、およそ2ヵ月半で見事に纏めてくれました。さぞ、やりにくい仕事だったと思います。直前一週間からの梱包と資料まとめは神懸かっていたと思います。搬入搬出、運営に際して、部長もさることながら、IWTさんの適確な監督振りに感心しました。

受付案内業務は女性社員が持ち回りでこなしてくれましたが、いずれもそつがなく、日毎に取り纏め役が自然と出来ていたので、土壇場に強いなあと、こちらも感心。改めて女性社員の戦力参加を検討しています。
更に蛇足ですが、展示内容が言葉足らずだったようで、その場で筆者も含めて解説員を務めましたが、社内向けに少しだけ懐かしい写真を。

続きを読む

企画展 消防設備と火消しの今むかし はじまりました。

防災産業など資料で変遷紹介 中区、訓練紹介も
keisaishi.gif 2010.09.02 静岡新聞西部版

※記事取り込みサイズが大きかったので、サムネイルにしました。クリックで拡大してください。

2週間ぶりの更新ですが、「いつまでも酷暑が続きます」と書き込んでから、もう九月。酷暑が続きます。

9月1日防災の日に合わせて、7日まで、弊社創立45周年特別企画「消防設備と火消しの今むかし」展を開催しています。防災屋が防災の日に更新できなかったのですが、事情をお含みいただきまして、早速。

防災の日に防災の企画ということで、報道各社さまが開館直前から取材に来てくれました。夕方から今朝のローカルニュースで放映。残業社員はテレビを付けて待機。はじまったら手を止めて皆で見ていました。社長室にはTVが無いので、内線で「社長!はじまりました!」、、、30秒後「社長!終わりました!」と報告あり。
もう少し遅い時間に地元ケーブルテレビでも放映されて、残業部長の奥様から会社に「あなた!会社が出てるわよ!」と御連絡。俄かに社内が活気付いたようで、開催初日ではありますが、企画してよかったと思っています。

今朝の朝刊で、上掲の記事があり早速社内で回覧されていたようです。防災の日の翌日なので、県内各所の防災訓練関連の記事の〆のような配置になっていました。

9/1当日のうちからWEB新聞の記事にも。
浜松経済新聞 様 ; 浜松経済新聞は広域浜松圏のビジネス&カルチャーニュースをお届けする
             インターネットの情報配信サービスです。
本エントリ投稿現在、ヘッドラインのTOPニュースです。
該当記事 浜松で企画展「消防設備と火消しの今・むかし」-防災の歩みを展示

と言うことで、開催初日はご来賓の案内とマスコミ各社さんへの対応で筆者本人も新鮮な気持ちになっています。
静岡銀行様の施設 ギャラリー四季 浜松 をお借りしている関係で、銀行窓口に御用のお客様も気楽に入ってくれるので、平日にも係わらず一般のお客様も気軽に来てくれますので準備の甲斐がありました。内輪のスタッフへのねぎらいもありますが、会期中ですので改めて。

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル : 地域情報

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。