FC2ブログ

火の見櫓 意外と人気があるようで

【予告】火の見櫓を特集します【ひとまず】 10.04.17のエントリ ・・・予告より早、半年です。。。

 まずは書籍の紹介をば。

火の見櫓―地域を見つめる安全遺産火の見櫓―地域を見つめる安全遺産
(2010/07)
火の見櫓からまちづくりを考える会

商品詳細を見る


 建築技術や建築史に特化した鹿島出版会だからこその書籍だと思って手に取りましたが、パラパラとめくると静岡県下の火の見櫓が多く、親近感が沸きました。それもそのはず、編者の「火の見櫓からまちづくりを考える会」のメンバープロフィールを見ると、静岡県の産学官が中心メンバーのようです。いきなり後書からの抜粋ではネタばらしになってしまいそうですが、2000年~2003年を静岡で調査した内容が中心になっているそうです。いわく、「本書を編むにあたって、火の見櫓を知る決定版にしたいと思った。そこで、建築、都市計画、サウンドスケープ、防災の専門家論及していただき、、、」と、「火の見櫓を通して地域やまちを見つめなおしたいと思った。火の見櫓の履歴、立っている場所、現在の姿から、地域の人たちがかかわってきた出来事や生活の場の変遷を垣間見ることが」云々という労作です。
 
 ・・・うらやましい。やりたいことの一つです。好きです火の見櫓。
F今NOTE1 F今note2

F今note3    F森田P


イラスト3点 考現学入門 今 和次郎 藤森照信 編 ちくま文庫 より
写真 株式会社森田製作所(現 ㈱モリタ) 大正時代のカタログより 火の見櫓納入写真

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 温故知新
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード