スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県下 住宅用火災警報器の普及率は。

総務省消防庁 報道発表資料 平成23年8月8日(PDF)からです。

住宅用火災警報器の普及状況の推計結果( 平成2 3 年6 月時点)

消防庁では、消防法の改正により設置義務化された住宅用火災警報器の普及率について、平成2 3 年6 月時点での推計を実施しました。
その結果、住宅用火災警報器の推計普及率は全国で7 1 . 1% の結果となっており、平成2 2 年1 2 月時点での推計普及率( =6 3 . 6 % ) から7 . 5 % 上昇しています。( 都道府県別及び地域別の結果は、別紙参照)消防庁では、この結果を各都道府県消防防災主管部長等に通知するとともに、住宅用火災警報器の設置率が1 0 0% になるよう、さらなる普及促進活動の推進を呼び掛けていくこととしております。
【推計普及率( 全国) 】( H 2 3 . 6 時点)
            総世帯数(万世帯)   うち推計普及世帯数(万世帯)   推計普及率

H 2 2 年までに義務化   2 , 4 6 7          1 , 8 6 5           7 5 . 6 %
H 2 3 年義務化      2 , 4 1 2          1 , 6 0 5           6 6 . 5 %
全国           4 , 8 7 9           3 , 4 7 0           7 1 . 1 %
【参考 (前回) 】( H 2 2 . 1 2 時点)
全国             4,906            3,119              63.6%

※ 調査対象からは、東日本大震災において、全壊、半壊の戸数が、全戸数の2 割以上を占める地域並びに警戒区域及び計画的避難区域に指定された箇所が大半を占める地域を除いている。

※ 一定規模以上の共同住宅等で自動火災報知設備等が設置されていることにより住宅用火災警報器の設置が免除される場合も「推計普及世帯数」に含む。

※ 四捨五入により各値の計算値が表中の値に一致しない場合がある。 以上引用
さて、別紙(リンク先PDF)より我が静岡県の普及率は、

65.6% 全国第25位

上位80%台  宮城87.2 東京88.2 石川82.2 京都81.9
平均71%以上 北海道 青森 富山 福井 愛知 兵庫 福岡 長崎
下位50%台  茨城 山梨 鳥取 岡山 愛媛 高知 宮崎 沖縄

静岡県65.6% ⇒ 地域別
静岡市 54.7%  浜松市 69.8%  沼津市 67.0%  熱海市 62.4%  三島市 72.9%  富士宮市 76.2%
伊東市 69.9%  島田市 63.9%  富士市 60.6%  磐田市 65.7%  焼津市 62.6%  掛川市 66.1%
藤枝市 66.5%  御殿場市・小山町広域 68.7%  袋井市森町広域 69.3%  下田 65.6%  裾野市 69.9%
湖西市 66.3%  田方 74.4%  御前崎市 74.6%  菊川市 74.0%  東伊豆町 67.3%  西伊豆広域 77.7%
清水町 72.7%  長泉町 80.1%  吉田町牧之原市広域 60.7%

・・・静岡県は昨年末調査時も65.6%で変わらず。。。義務化が平成21年なので、比率が定着したか。
浜松市は同様昨年末では72.9%、昨年は住宅着工率も上がっていたので新法規での新築を加算すれば増えているはずで。。。。県庁所在地静岡市。。。母数が多いので平均をガクンと下げてますなあ、、、静岡支店の諸君、頼みます。

※お盆前の発表でしたが、全国の総合数字のほか、個別の県では発表があったりなかったり。A県は全国5位!とか、B県は下から5番目!とか。静岡県の発表を待って記事にしようと思っていたのですが、消防庁の原本を見たほうが早いと気が付いたのが盆明け。暑くてボケてますな。
スポンサーサイト

マンホール 下も向いて歩こう

MH明石子午線
明石の子午線マンホール

日本のマンホールのフタが芸術的すぎると中国で話題に 2011.8.14 哲学ニュース
掲示板なので中国以外からの反応も面白い。

マンホール友の会・・・う~ん、なんにでもマニアがいますね。
リンク先は更新が止まっているようですが、マンホール図鑑が充実。全国市町村別に分類されています。浜松ってこんなにあったっけ?


以下ダラダラとマンホールフォルダから。設置条件上、汚いものが多くてあまりUPできませんが、下を向いてあるいても結構収穫があるものです。見逃すもののほうが大きいですが。

MH長浜

MH長浜 角 ↑ ← 琵琶湖長浜の千生り瓢箪


MH名古屋 名古屋のアールデコ

MH山 飛騨は山の店先

MH山 満ち欠け
 取っ手の配置の関係でで○模様が月の満ち欠けのようになっています



続きを読む

住吉ポンプ場と「静岡県のすごい産業遺産」 ガイド

すみぽん壁

お盆前、8/7ですが、浜松市 旧住吉ポンプ室 見学会に行ってまいりました。


浜松市上下水道フェスタ2011「旧住吉浄水場ポンプ室わくわくツアー」■日時 平成23年8月7日(日) 10:00 ~ 15:00
■見学ツアー ①11:00 施設全体 ②12:00 ポンプ室のみ ③13:00 施設全体 ④14:00 ポンプ室のみ
■場所 浜松市中区住吉5丁目13-1 浜松市住吉上下水道部
■受付 事前申し込み不要 当日会場内建築士会特設テントへお越しください。
■参加費無料
■問合わせ先 (社)静岡県建築士会・西部ブロック 事務局 TEL053-451-5166 
■見学会主催 (社)静岡県建築士会・西部ブロックまちづくり委員会
※「広報はままつ」にも、施設と見学会の記事が掲載されています。

すみぽんクラブ  はままつ 水の道ものがたり すみよしポンプ
浜松上下水道部住吉浄水場ポンプ室のお話 2011.4.13
発行;(社)静岡県建築士会西部ブロック・浜松支部
当日配布していた小冊子ですが、\300と打ってあるのでご入用の方は問い合わせてみてください。
キレイな写真、素晴らしいアングル、歴史的な解説はオフィシャルな冊子におまかせします。

例えば、拙ブログ的に歴史的な価値を引用すると、
すみぽん冊子
P5より、上掲「ボクの力は消火用としても大活躍」として、
・ポンプ室でひときわ目を引く大きなポンプは、非常時火災用。
・当時は高くても3階建ての警察署くらいしかなかったので、市内を有効にカバーできた。
・浜松市民は「ほとばしる上水」とともに消防用の「圧力の高い水」を得た。
・市内に張り巡らされた消火栓は計766本、水道施設は歳の画期的な防火設備としても整備されていた。

以下、サムネイルはクリック拡大してください。
すみぽん1① すみぽん2② すみぽん松③ すみぽん電気④ すみぽん別



ガイドブック「静岡県のすごい産業遺産」 静岡県公式HPより

ガイドブック「静岡県のすごい産業遺産」を発刊しました。

○希望者に無料で配布します。

静岡県には、本県の現在の産業の礎を築いてきた「産業遺産」と言える建造物が数多くあります。
そこで、県では、それらを県内の重要な文化資源として注目し、産業における文化的な意味を広く周知することを目的に、県が産業遺産にかかる冊子の発行を行います。
ガイドブックを希望される方は、こちらの申込書に、ご住所、お名前などをご記入の上、返送用の切手を同封して、下記の宛先に封書でお申込みください。(注:リンク先よりお申し込み下さい)

続きを読む

ひとまずの安堵 頑張りましょう

礼状

 当社取引(仕入れ先)では直接的な被害がもっとも大きな被災を受けた企業です。文書にもある通り被災地の工場では、人的な被害は免れたことは何より幸いなことでしたが、復旧作業と併せて年度末に対する機器の安定供給の確保、あるいは納品キャンセル等、これまで関係者より並々ならぬご苦労を伺っています。そんな中で、東京本社より多額の義援金や供給物資、被災地には社員ボランティアを出社扱いで派遣したり、地域の為、国家の為、防災関連企業としての責務を果たされています。ご丁寧に頂いた本状により、ある程度の目処がついたことと思います。本当に良かった。まだまだ大変だと思いますが製販一体で頑張っていきましょう。

 
 体力のある安定企業だからこそ地道に(中の人は急激に)手を打っているのでしょう。政権交代以来の一貫した円高容認や電力不足の懸念など、政治的な追い討ちが歯がゆいです。別の客先ですが、「一度やらせてみようと思ったんだが、痛恨事ですよ」と赤面して頭を掻いていました。ミスリードしたコメンテーターは反省の色なしと。どうしたものか。うーん、どうもこの辺り、話しがズレてしまいます。

浜松市制100年記念 火消しのデザイン100年展

ほくしんDM   2011.08.10~09.9
日本の夏 火消しの夏 火消しのデザイン100年展 @ GALLERY EDGE


 あっという間に八月になってしまいました。随分と更新が滞りましたが、気を取り直して。とは言うものの、ネタがないんだとか、億劫になったということでもなく、10月よりの来期計画や私信など書き物自体は増えています。盆の前後にはその辺りがMAXでしょうから、時間を見て原稿を書き溜めたいところ。

 さて、浜松市制100周年ということです。当社創業の地であり、ここまで育てていただいた大恩があります。とても目出度くお喜び申し上げる次第ですが、去る震災より浜松祭りや弁天島の花火などの自粛ムードの影響が大きく、大小さまざまなイベントもこじんまりとした印象は筆者だけでしょうか。(熱意を持って主催している方には失礼かもしれませんね)
参照願います;自粛ムードと鎮魂慰霊の精神とは別 2011-04-07

 かくいう当社も、記念事業の企画は無いのかと御声掛け頂いたりしながら、丁重にお断りし、少々気が重いところでした。
1)昨年、弊社45周年のイベントを頑張ってしまった。
2)被災地へのお見舞いも精一杯のところを出させていただいた。

 



続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。