FC2ブログ

×3月だから本気出す ○あなたはそれが本気なの?

 あっという間に3月。と言いながらも先月末は閏29日まであったので、1日あると月末処理が楽だねえと経理部門と話題になりました。現場の事務処理もきっと”そうなんだろう”と思いますが、価格は別として業務量は立て込んでいるので、大変なことには変わりないことも事実でしょう。お疲れ様でございます。

 先週は当社及びグループ安全協力会による全体安全ミーティングを実施し、多忙な時期であるからこそ安全対策の強化について議論していただきました。WEB会議で支店・営業所も参画。故あって社長としては支店からご挨拶させていただきました。過日UPした使い捨てライターのCR機能についても例示し、ゼネコン下、特に大手さんから頂戴する現場はそれなりの理由があって安全に対する現場のルールがありますが、翻って客先のメンテナンスなど直接、入工する現場は当社独自の安全基準により管理監督をしていかなければいけません。もし当社ブランドの下で安全に関する事故が発生して、業務停止・指名停止などがあった場合、ご本人の怪我や休業では収まりませんね。グループ全体に及ぼす影響に想像力を働かせて”予防”をしていただきたい、それが”ヒヤリ・ハット”なり”危険予知”活動であります。

KY.gif これが危険予知だ!(すみません)
 

 支店会場にて出席者に問いかけ、挙手をしていただいた件。
 アメリカの国民的ヒーローである消防士。これを育成する為のトレーナーがとった統計で、消防士候補をグループ分けして、Aチームは成功体験など”よいこと”ばかり情報をインプットし、Bチームは悲惨な事例など”聞きたくないこと”ばかりをインプットしました。どちらのチームが失敗率が少なかったでしょうか。

 当社スタッフ、協力会ともおよそ半々より、やや”よいこと”ずくめのほうが成功するというジャッジでしたか。
正解は”聞きたくない”情報を沢山持っているほうが優秀です。出典を度忘れしましたので正確な数字でなく失礼しましたが、趣旨は伝わったと思います。悲惨な事例に対する怖れや想像力、とっさの判断、そして予防対策などが理由でしょう。

 さて、それに先立つ3日前、本社・支店・営業所から若手各一名、3羽ガラスで若手社員の自己革新セミナーを受講して貰いました。若手だからこそ多忙な時期ですが、忙中閑ありという基本姿勢ですので。題して、

~ ズバリ聞く!それがあなたの限界ですか? ~

地元経済団体のセミナーです。中身については講師の先生の商売上の秘密でしょうから、こまごまとは書きませんが、

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード