スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告】 便乗企画 】アール・ブリュットとヴォイニッチ手稿

企画展 アール・ブリュット展 -生(き)の芸術- 浜松市美術館
今、日本のアール・ブリュットに熱視線!

 「アール・ブリュット」とは、日本語では、「加工されていない生(き)の芸術」と訳され、フランスの芸術家ジャン・デュビュッフェが提唱した言葉です。
 デュビュッフェは、アカデミックな美術の訓練や教養とは無縁で、人間の内側から湧きあがる衝動のままに表現した造形や創造を「アール・ブリュット(生の芸術)」と呼びました。現在では、その意味は大きく広がり、文化の違いや障がいの有無などを超えて、観る人を深く感動させる様々な造形作品全体を表しています。こうして「アール・ブリュット」は、美術や福祉の専門家はもちろんのこと、社会的にも大きな注目を集めるようになっています。
 本展では、芸術の都パリを魅了した「ART BRUT JAPONAIS」展や、現在ヨーロッパで開催中の「Outsider Art From Japan(Art Brut From Japan)」に出展している日本人作家を中心に30作家、約300点の作品を紹介します。
 「アール・ブリュット」が発する、芸術的伝統にとらわれない作者独自の表現方法から生まれる作品群から、「人の果てしない想像する力」や「表現することの可能性」を感じていただけたらと思います。

bruttenn.gif 公式リーフレット(PDF:1433KB)


会期 ;2012年6月29日(金)~8月12日(日) 午前9時30分~午後5時
※休館日:月曜日と祝日の翌日 ただし、7月16日(月)は開館

お問い合わせ先;浜松市美術館

スッカリ忘れてしまっていて、下記の記事中で、「 まずは『ヴォイニッチ手稿=アウトサイダーアート』か? ひとまずこのネタ、続けます。」なんて書いてしまっています。直近だと新宿を散策した様子は3部作にしようと書いた2本目で止まっていたり(こちらはまだ、忘れてはいない)、続きますってやらなきゃいいのにと自分でも恥ずかしく思います。筆がノっていたが時事問題や突発事項があるとそちらを優先してしまうものね、と自分を慰めるも、2011年2月中の記事を確認すると趣味のエントリばかりでした。。。いやはや。


解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」 年代特定 2011-02-16
ヴォイニッチ画像
 
浜松市美術館の展示スケジュールをみて思い出しました。開催まであと一ヶ月ありますのでまとめられるでしょう。今度こそ。乞うご期待。

ヒントは深川門前仲町は未完成の怪建築、二笑亭。
二笑亭気団 二笑亭綺譚 式場隆三郎 昭森社 昭和14年

※装丁は静岡市出身の染色家・芹沢銈介。登呂遺跡の登呂公園内に静岡市立芹沢銈介美術館あり。
<次回の展覧会> シリーズ・芹沢銈介の作品と収集Ⅰ
 手のひらの上の宇宙 芹沢銈介の絵本と世界の書籍 2012年6月2日(土)~9月2日(日)



スポンサーサイト

残念な。。。。放火かな。。。。

国の有形文化財 1919年建築の教会、全焼 静岡 (2012/5/24 14:36)静岡新聞

 24日午前0時25分ごろ、静岡市葵区谷津389、国の登録有形文化財の「日本カトリック教会谷津巡回教会」から出火し、木造平屋建て約100平方メートルを全焼した。出火当時、教会は無人で、けが人はいなかった。現場に火の気がないことから静岡中央署と市消防局は不審火として、同日午前9時半から実況見分を行って出火原因を調べている。
 同教会はカトリック静岡教会の所有。月2回、日曜礼拝が行われていたという。近くに住む信者の男性(61)は「この教会で洗礼を受けたのでなじみが深い。こういう形で貴重な建物を失ってしまって残念だ」と話した。

97年に指定
 日本カトリック教会谷津巡回教会は、1919年に建てられた木造平屋建て、瓦葺(ぶ)きの建物で、日本家屋風の外観や畳敷きの会堂などが、当時の布教の様子を伝えていた。「国土の歴史的景観に寄与している」として、97年に国の登録有形文化財となった。
 今後、教会を所有するカトリック静岡教会(静岡市葵区)が10日以内に国に焼失を報告、国は登録を解消するかどうかを判断する。
 静岡市文化財課によると、市内には、同教会を含め24の国の登録有形文化財がある。焼損は過去に例がないという。
 先週末の記事から、ちょっと残念な。まだ見てなかった。。。。

先日も重要文化財の所有者が破産とか、被災した文化財6件が文化財登録抹消などさびしい話題をUPしたところ。写真をみたところ復元できそうも無い感じですが、抹消の方向なんでしょうね。不審火で放火の疑いも。毎週日曜以外は無人など。予算的な部分もあるのでしょうが、神社仏閣教会など、信仰や救済施設という意識が働いて”警備””警戒”という感覚に馴染まないこともあるかもしれません。(実際にそうおっしゃっている文化財施設も)。今あるものは大切にしたいですね。


ちょいと言い忘れ ≫ 人事考課

先日、人事考課のスケジュールと評価の考え方をUPしましたね。
ぼちぼち人事考課ですがね。 2012-05-25

昨日今日で予定通り全社分のヒアリングを3奉行相手に。個々人の成長度合いや”育成方針”の確認から部門全体の方向性まで。あとは調整会議で評価が決定します。以後、フィードバックが有ると思います。全体的には現状に満足せず、これこれの反省点は改めてと、スキルや資格についてのチャレンジなど自覚的・前向きな自己コメントが多かった考課期間だったようです。確かに厳しい季節だったね。

さて、前回記事での言い忘れというか、評価シート全体を見て、一定数、自己評価が高い人がいます。自信やプライドの高さとして理解しています。が、「オレはこんなに努力しているのに」「人の倍は頑張っているのでキチンと評価してください」という感情的なやり取りと、天狗の鼻をへし折ってやらないとという上長のムードを感じたり。

まずは上長に対して。天狗の鼻は”自信””積極性”など、彼の良い所と連動しているかもね。気持ちまで折れたら切ないので、「お前の良い所は。」と認めながら期待を掛けてくださいね。

で、自覚のある人よ。自分は頑張っているのだろうが、評価は”他人”がするもの。客先、上司、同僚。。。「あいつ頑張ってるなあ」と聴こえてくるものですよ。口下手で自己PRが苦手な人も客先から会社宛にお褒めの言葉があったり。

「人の2倍」頑張っているつもりでも他人の努力は見えないもの。ライバルも人知れず同じだけの努力をしていると思ったほうがよい。「他人の3倍やっている」くらいの感覚ではじめて「君は特別努力をしているようだ」と認められるくらいでしょう。実績や技能のやり残しの反省点は誰しも自覚しているようですが、あなたの苦手部分だけはクリアーしているという人もいるんだね。得手不得手の範疇かね。「オレが」「私が」頑張っていると思うことは”自分本位で行動している、「アイツもソイツも頑張ってるなあ」と認めることで、「自分はマダマダだなあ、それなら次は」というモチベーションにつながるのでしょう。

他人の努力を認めると、客先、同僚、協力業者の助力・応援が有って自分の業績があるのだと、感謝の気持ちが湧きませんか。これがね、”謙虚”という武器になるものだと思います。

・・・かえってガックリきちゃったかな。「他人の3倍がんばれ」はウチの爺様が親父殿に、親父殿は勿論おいらに。。。しつこく言われて嫌になったくらいの考え方だからね。某侍大将からは「社長は生き急いでるんじゃないですか?」と叱られました。最近。

まあ、この考えが染み付くとね。褒められても嬉しくないというかね。「オレはまだまだ」「今回はココで手を抜いてしまった」とか、出来ていないことが頭をぐるぐる回ってしまい、素直に受け止められなくなります。チキショー、褒めるんじゃない、とか。う~む。適度に自信があって、ほどほどに謙虚なくらいが丁度よいのかね。

消防団協力事業所 認定を受けました

消防団協力事業所表示制度について 浜松市HP

平成24年度5月24日付けで認証を頂きました。

セルコ株式会社は平成24年5月24日付けで浜松市より「消防団協力事業所」としての認定を受けました。かつては200万人いた消防団員ですが、年々減少し今では90万人を割ろうかという状況になってきました。このような背景の中、事業所の消防団への協力を促進する意味で協力事業所制度が設けられたものであり、当社の活動が認められたものです。今後も地域の防災事業者として消防団活動に貢献してゆきたいと考えています。(公式HPの新着情報)

下記の通り、現状を追跡していましたが、弊社には消防設備の取り扱いや企業や小中学校の防災訓練にたいするノウハウがありますので、地域ボランティア報奨制度を新しく制度化し、団員に斡旋するということでご評価いただきました。若手の社員教育としても防災屋としての自覚を促し、防災思想を高め、ゆくゆくは会社に地域防災に寄与した実体験が蓄積されることを期待しています。

先輩社員の団員から口説かれてモジモジしている諸君。直接頼みにいくかもね。

消防団の活性化 続報 2010-04-14
残念 】消防団支援条例案が頓挫 】静岡 2010-08-17
企業の消防団協力 2010-11-10 
聞き書き 消防団活動 2011-01-22

ぼちぼち人事考課ですがね。

社員表彰に「大失敗賞」 その“栄誉”に込めた思い 産経新聞 5月12日(土)15時26分

【わが社のオキテ】
 半年に一度、優れた成果をあげた社員に対する表彰制度を設けている機械部品製造業の太陽パーツ(堺市北区)。同じような制度を設けている企業は珍しくないが、最も顕著な功績を挙げた社員に贈る「社長賞」とともに、「大失敗賞」を設けているところがちょっと違う。「大失敗賞」の受賞者も、社員全員を前に社長から表彰状を受け取るという。社員はいったいどんな気持ちで“栄誉”を受けるのだろう?
 「大失敗賞」はその名の通り、大きな失敗をした社員に与えられる賞。もちろん副賞もつく。金一封1万円。失敗をほめられたうえに1万円とは…。もっとも、ただ単に失敗すればもらえるわけではない。ここがこの賞の賞たるゆえんである。「大失敗賞」の選考基準は、何か新しいことに挑戦したうえでの失敗であること。たとえその失敗によって会社に幾ばくかの損失を与えたとしても、「会社は失敗を乗り越えるノウハウを得たことになり、今後の事業展開にとってプラスになる」との価値判断がこの賞のカゲにある。
 「もちろん挑戦して成功すれば一番いいのですが、何もしないよりは挑戦して失敗する方がいい」と総務部の山根数豊さん。「失敗したからといって、代わりの人材もいない。一度失敗しても、次は活躍してほしい」と話す。社員が少ない中小企業にとって、人材を大事に育てたいという思いも込められている。
 「大失敗賞」第1号は19年前の平成5年にさかのぼる。“栄冠”を手にしたのは、当時30代半ばの課長職の社員だった。彼は新たに自動車関連用品の事業を拡大しようと、自ら中心となって企画を練った。どんな商品がいいのか、どうやって売るのかなど思案を重ねた結果、車用の芳香剤やカップホルダーなどを製品化し、カー用品店に販売した。当初は大手用品店に販売が順調に進み、手応えを感じていたが、半年後、売れ残った大量の商品が返品され、あっという間に在庫の山ができた。この「大失敗」によって約5千万円という、当時の同社の1年間の利益が吹っ飛ぶような大損失を出してしまった。
 この「大失敗」の原因は、業界特有の商習慣を理解していなかったことだった。そして、このときの経験から、同社は新規事業に進出する際には、しっかりと事前に市場をリサーチするノウハウを得た。受賞した男性社員はこの失敗を見事に生かし、同社が中国に進出する際は現地法人のトップとして活躍するなど、その後、多くの功績を残した。現在、役員として経営の中枢を担う存在になっている。「大失敗賞」の授賞式の際には、城岡陽志社長が「これでチャラだからな」などと声ををかけてその場を笑い飛ばすなど、社員の性格や失敗の内容を考えながら、失敗を引きずらないように気をつけている。「この制度のおかげで、失敗を恐れず、挑戦する社風につながっています」と山根さんは話す。
え~と、ぼちぼち人事考課の時期になります。各員おおよそ面接が終わった頃でしょうか。各事業部長は明日までに取り纏め、翌月火で社長が各部門長へ全体的なヒアリング。総務集計を経て六月度役員会にて決定。当社のスケジュールです。

私の失敗で会社に損害が発生しましたが、評価が下がるんでしょうね。。。ちょいと小耳に挟んだので一言。

 代表権のある専務に就任して初の経営方針書で明示したことです。6年前に”明文化”したのであって、それ以前より営業会議や改善会議でも言い続けて10年くらい言っているが、”失敗を責めない”という社風には至っていないと認識を新たにいたした次第。
 教育としては上司にキビシク叱られたことでしょう。しかし「まあ、やっちゃった事だからな、どう対応するかだよ」と上長がサポートに入ってリカバリーできたでしょ。担当者の立案に上司のハンコ、社長のハンコが入ったら会社としての取組みです。失敗は個人のミスではなく組織全体の落ち度として客先に誠意を尽くすことができましたよ。つまり失敗を隠さず「どうしましょう」と報告があったから出来た対応の好例です。最初に電話を受けたときに「落ち着け」、処置が済んだときに「気にスンナ」といったのはそういうこと。クヨクヨしなさんな。まあ、少なくとも上長まではそのような指導方針を実践してくれているということ。個々人が萎縮しない環境づくりが次なのかな。

以前も人事考課や失敗の報告に回答して来ました。
気にしている人がいたらそれぞれ再読してみてください。人材育成、評価についての考え方は網羅していると思います。

期待可能性のはなしより

続きを読む

見落としていましたが載っていました。

昨年クリスマスの書きかけ記事です。もう初夏になりました。

sidhimizuka.gif


記事の最下部、(コピーで頂いた段階で)行の一文字ずつが見切れています。推測で補ってください。

浜松市が進める『マイパーク事業』。公園に愛着を持ってもらうため、仕上げ作業は住民参加で。

記事のマーカー部分、「樹名板に」と、点字や樹型をレリーフにしたプレートを寄贈される団体がいらっしゃって、但し取り付けの為のポールや金具など、設置方法やどのように手配するか市と協議されて(困って)いらっしゃいました。弊社がユニバーサルデザイン事業の一環で視覚障害の方へのガイダンスにと、音声触知案内システムを製造・施工しています関係で、担当者宛てにお問合せがありまして。「それならば」と設置工事と資器材を寄贈させていただきました。前日までに制作と設置を済ませ、最終作業になる”プレートの取り付け”は当日、市民協働で。(NKNS君、おつ)
SHAplate.gif プレートは説明文にも点字あり


SHAguide.gif 
プレート寄贈した特定非営利活動法人 六星 障害者授産所ウイズの代表理事による点字解説。
杭と取り付け架台を弊社が担当。取り付けたビスはイタズラ防止加工を施して有ります。
※ 六星とは点字。日本点字の父 石川倉次先生は浜松市名残にて生誕。以降、浜松市民の視覚障害者への貢献度は意外と高いのではないでしょうか。六星の代表理事は、ご尊父の盲人福祉研究会(白杖や点字加工品などの開発・普及促進など)を使用者である視覚障害者に製造を委託する授産施設に発展させています。”折りたたみ式の白杖”は氏のパテントだったかな。
第8回(2000年)ヘレンケラー・サリバン賞第48回点字毎日文化賞2011など受賞暦があります。点字毎日新聞の初代編集長である中村京太郎先生も浜松出身。石川倉次先生との運命的な出会いにより、、、と、点字の父から脈々とスゴイ人が出てくる下地があるようです。国際UD会議2010(浜松)では出展者同士として互いに陣中見舞いなど。それ以前より親しくさせていただいています。

SHAscape.gif 取り付け作業は点字を触って体験しながら。

続きを読む

マグネシウム火災を防げ ; 再

マグネシウム倉庫で火災、放水危険で消火難航
22日午前2時50分頃、岐阜県土岐市曽木町、金属加工会社「□■□■□マグネシウム」の倉庫内から出火、鉄骨平屋の倉庫約2100平方メートルを全焼、午前11時現在、燃え続けている。
 今のところ、けが人はいないという。
 県警多治見署などによると、同社はマグネシウム合金の製造などを手掛けている。倉庫内に保管されていた多量のマグネシウムが燃えており、水をかけると危険なため、消火活動が難航している。
 同社では21日午後5時頃に作業を終えており、出火当時は無人だったという。現場は瑞浪市境に近い山林内で、周辺に民家などはない。

(2012年5月22日11時22分 読売新聞)

けが人は今のところなしとのこと。なによりでした。

水を掛けることは厳禁とは、中学生くらいで学習したのかな、一般には実火災に遭遇すると慌てて忘れてしまいそうですが、マグネシウムなど扱う業界では勉強会等も開催されていることでしょう。
マグネシウム火災 防げ ということで、昨年9月には浜松産業創造センターの浜松地域マグネシウム事業化研究会による、マグネシウム安全講習会をご紹介しました。

隣国ですが、初動で放水してしまった下記のニュース。
夜間の工場火災、消火の放水でマグネシウムが激烈反応=ニンポー 2011年3月9日 09時47分 エキサイトニュース
 浙江省寧波余姚市内の電動工具工場で4日午後8時半ごろ、火災が発生した。消防が駆けつけたが、工場内の燃焼物に放水したところ、爆発して飛び散りはじめた。平安浙江網が報じた。
 消防が駆けつけたとき、工場内ではすでに、連続して爆発音が鳴り響いていたと。燃焼物に放水すると改めて爆発して四方に飛び散り、ますます勢いよく燃え始めた。工場内には大量のマグネシウムがあり、高温になったために水と急激に反応したとみられる。
 消防は泡消火器に切り替えたが、ほとんど効果はなかった。工場側が新たに搬入した砂をかけると、火の勢いはいったん衰えたが、約10分後に砂に覆われたマグネシウムが再び爆発。強烈な閃光とともに、砂を跳ね上げた。再び砂をかけたが、同じことを5度繰り返した。
 隣の作業場には、油性塗料の容器が大量に保管されており、壁の温度が上昇して危険な状態になったため、消防が放水する一方で工場作業員十数人が、塗料容器を撤去した。
 工場2階に大量に置いてあった自転車のタイヤにも、火が燃え移った。約5分後には2階全体に火が回り、猛烈な勢いで黒煙を噴き上げ始めた。窓のアルミサッシが溶けて次々に脱落した。2階にも消火栓があったが、高温になりさわれないほどだったという。
 同火災で、床面積約400平方メートルの2階建て工場が全焼した。鎮火は午後11時ごろ。消防は1階部分に砂を追加してまき、マグネシウムの再燃を防止した。同火災で、死傷者は出なかった。
言ってはなんですが、安全に対するコスト意識にも大きな隔たりがあるのでしょう。安価な製品に対する安全対策・環境対策・労働環境に対する考え方も含めたフェアな取引(関税など)、工業製品のみならず「食」の安全など、、、いやいや、これは別の話しですが。規制緩和から過度の価格競争。そしてダンピング製品をノーガードで輸入。だれの為にもなっていないと思います。あ、別の話しって言いましたね。

一般社団法人 マグネシウム協会 様の マグネシウム基礎知識 > 安全な取り扱いより、

●消火剤と特長●

①金属火災消火器 ; 大量の噴霧が必要。消火効果はあるが、鎮火までは厳しい。

②乾燥砂 ; 空気遮断と熱吸収により鎮火に近い状態をつくる。

③黒鉛パウダー ; 乾燥砂より熱伝導率が良好であるため消火効果が良い。

④ダライ粉 ;
 熱伝導率が高く熱吸収能も大きいため、他の消火剤より被覆効果が大きい。消火効果はきわめて大きい。

⑤溶解用フラックス ; 燃焼熱で塩化マグネシウムが一部気化して防燃雰囲気をつくる。

※水分は燃焼を促進させるため、いずれの消火剤も保管中の吸湿に注意すること。
詳細は「マグネシウムの取扱い安全手引き」に記載されています。

初田製作所、マグネシウム合金切粉火災の自動消火システムを発売 1999年9月17日 日経BP

初田製作所(本社大阪府枚方市)は、森精機製作所と共同で、マグネシウム合金切粉に起因する火災向けの自動消火装置「アルゴナイト・キャビネックス」を開発、発売した金属火災用の消火システムの商品化は、国内では初めてという。最近、ノートパソコンやデジタルビデオカメラなど携帯用の機器でマグネシウムの使用が増えているのに対応した。(以下略)

。。。前世紀1999のプレスリリースから、消火器メーカー各社さんによるシステム改良も進んだでしょう(価格もコナレテきたか)、干支も一巡しているのですが、我々消防設備業界のPRが足りなかったかも知れませんね。金属加工や粉塵が発生するお客様には丁寧な説明が必要なのだと思います。

※ 某業界より問合せあり。消火器の規格改正に便乗して悪徳消火器業者がまたぞろ徘徊しはじめたようです。項を改めて紹介しますが、悪徳商法から企業を守ることもあわせてPRしなければなりませんね。取り急ぎ過去記事より服しておいてください。

悪徳商売からの企業防衛 2009-04-07
【またぞろ】火災警報器の訪問販売【沸いてきた】 2010-08-05


新茶の時期より少し遅れまして

CHAtsubo.gif
CHAtsub2.gif
お茶壺の梱包マニュアル 贈答用
下段は嘉永7年のお茶会(3回分)に使用した道具の目録。掛け軸、花入れから茶碗、茶杓まで一式。

 
 ようやく新茶の手配がなりまして、今朝の新聞には2番茶の茶況が報道されてましたが、弊社分は先週末よりお届けしています。弊社会長の故郷、静岡丸子は満観峰、標高400M以上のお茶です。例年、連休明けが飲み頃と、八十八夜より遅れていますが、今年は更にお待たせしました。早速「楽しみにしてました」という反響を続々と頂いております。今後も変わらぬご愛顧を宜しくお願いいたします。

 上掲の上段を挨拶文に掲載いたしました。
キャプションには、
「嘉永七年寅年の贈答用茶壷の梱包マニュアル」として、
この年3月の日米和親条約より、京都大火、安政の伊賀・東海・南海地震など年間を通じて災異に見舞われたため、安政に改元され、左記の震災も安政と冠するようになりました。
混乱期を乗り越えた先哲に思いを馳せながらどうぞご一服。

以下、通例のご挨拶文、年月日(吉日)、社長名です。
TPPやら消費増税やらと、何より進まぬ復興に台風、竜巻、放射線と、災異が続きますね。「あい続く天災をストップさせるには昔なら元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか」と発言していた人がいたんですよ。うふふふ。

さておき。震災直後の昨年の挨拶文。「去年のもよかったよ」と数名あり、気を良くして全文をば。
下記の静岡新聞の連載記事とともに、
放射性と茶カテキン 
「21世紀の科学と人間」静岡新聞連載 6)原子力エネルギー;31.放射線と茶カテキン 静岡大学 より


新緑のみぎり、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、今年も新茶の季節と相成りましたが、3月に関東東北を襲った激甚災害より、日本全国の善意が被災地に届き応援する中、復興の祈念にも疲労心痛が凝り固まってきたようにも思います。鎌倉時代の茶祖、栄西禅師が宋より持ち帰り栽培し、著わした「喫茶養生記」の冒頭より、
「茶は養生の仙薬であり、人の寿命を延ばす妙術を備えたものである。山や谷にこの茶の木が生えれば、その地は神聖にして霊験あらたかな地であり、人がこれを採って飲めば、その人は長命を得るのである。」(古田紹欽訳)と効能を説いて以来、近年話題の茶カテキン効果まで、日本人の心身のリラックスには欠かせず、愛飲される方も多いのではないでしょうか。
今一つ、今般、関心の高まったものに放射線の影響が挙げられると思いますので、平成十二年の静岡新聞記事をご紹介いたします。題して「放射線と茶カテキン」。此度の事態を想定した連載では勿論ありませんので、話しの種くらいとさせていただきますが、未曾有の国難でございます。養生しながらが肝要なのでしょう。
今年も弊社創業会長の郷里、静岡丸子は満観峰の一番茶をご用意いたしました(今年も寒冷の為め遅れております)。一服つけて心身の凝りをほぐし、心静かに被災地を想い、復興支援の気持ちを新たにして頂ければと切に思います。弊社も皆様のご期待にお応えすべく努力いたす所存でございますので今後とも一層のご支援・ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

            平成二十三年五月吉日
社名ロゴ
代表社名


以上。

関連記事
男性社員もお茶くらい入れることがある 社用 お茶のおいしい淹れかた
呑み屋で語る経済動向
新茶の時期になりますね。 下段二点はお茶の豆知識。話しのネタに。

全然、他人事ではないですがね。

建通新聞 静岡 2012.05.11の記事です。

一面の下部1/4枠を使った大きな意見広告広告です。
左官 枠が大きいので、全体はクリックして読んでください。

設計事務所・元請・施工会社 各位
「左官屋は必要ですか?」 静岡県左官工事組合
大意;
 宛名の方々に単刀直入におたずねします。左官工事が不要だと思われればそれで結構。左官工事が必要だと感じる諸氏に訴えます。現状は左官業として成り立たないほど困窮。よって左官工を養成する体力・気力が衰えている。この先5年後くらいの業界衰退の有り様が推測される。職人と称する業界全般に言われている。

 元請さんたちの安請受注等の結果、下へ下へと因果を転嫁され、労務費中心の業種では職人への経済的な向上、労働環境の整備等、本来当然やらねばならないことが出来ない(法令順守も)。実情は進歩発展等は皆無。したがって入職者が年々減り、定着せず、労働条件も悪い。せめて人並みな賃金体系にしてやりたいが、これも無理。

 今の建設業は末端の職人達の”ギセイ”の上に成り立っている。負の負担を押し付け、がまを強いる不合理。可哀相です。

 しかし「それでよいのでしょうか!」

 品質、安全、工程管理がシッカリ出来る数値で発注をいただき、安心安全な作品を作るためための労務体制を構築して、社会に貢献したい。利潤を得ている元請さんたちが、応分の受益者負担をし、育ててくれなければなりません。

 どうぞ賢者の方々にご理解とご尽力をお願いいたします。
・・・他人事ではありませんので身につまされるというか、察するにあまりあります。。。もっといえば、民間取引ならばまだしも、公共発注の入札に対して安かろう悪かろうの競争原理が働きすぎています。民間の手本となるべき「よい仕事」を求められていないと感じるほど。

 これではマズイとはじまった総合評価入札ですが、同紙5/14では価格では2位以下だった業者が施工力や技術提案力、実績等を加味して逆転落札が大幅増!と見出しが躍っています。シビアな競争の中ですから下請け孫受けに余禄が回ることは無く、かかるものは掛かります、という次元のおはなし。それでも何とか発注単価が上がってくるきっかけになるかと期待しています。が、年度が明けてまたぞろ政府から待ったが掛かっていますね。競争原理が働かないし、評価が不透明だから、ですって。あーあ、またこりゃ死人が出るね、下請けの単価が上がる前に木阿弥。

また5/11の紙面に戻ると、めくって2面。

県が文化財建造物監理士 養成講座 受講者の募集開始

・・・本当に左官屋さん、不要ですか

防火管理を放棄してしまった施設は

ニュージャパン

<あのころ>ホテルニュージャパン火災 死者33人の大惨事

 1982(昭和57)年2月8日未明、東京・赤坂のホテルニュージャパンの9階から出火、宿泊客33人が死亡の大惨事に。窓から飛び降りて命を落とした人もいた。ホテルの消火設備の不備や従業員の対応のまずさが指摘された。 写真:外壁にしがみついて救助を待つ宿泊客
2009/02/08 47ニュース

 もう30年ですか。スプリンクラーの不備、防排煙設備の連動停止、警報設備の鳴動停止など常態的に不適切な防火管理で大きく爪痕を残しました。オーナーの態度も物議をかもしたり。。。

 下記。それから30年。教訓は如何にと比較するには規模も用途も主要客先もと、並べるべきではないかもしれません。どちらかといえば3年前の渋川高齢者施設火災の例の方が感覚的に近いとも。しかし、宿泊施設として不特定多数の客を受け入れて利益とするならば、厳しい批判に晒されるべきでしょう。

広島・福山ホテル火災7人死亡 防火不備のまま営業

13日午前7時頃、広島県福山市西桜町1の「ホテルプリンス」から出火していると119番があり、一部4階建ての約1360平方メートルを全焼した。宿泊客計13人のうち男性3人、女性4人の計7人が死亡し、女性客2人と女性従業員(75)が重傷を負った。県警福山東署は身元確認を急ぎ、火災報知機などの設備に不備があったとみて調べるとともに、事件の可能性も含めて被疑者不詳のまま殺人容疑で現場の検証令状を請求、捜査を進める。一方、福山地区消防組合消防局は13日夜、福山市の担当者とともに記者会見し、「査察などで対応が不十分だった」と明らかにした。
 ホテルは1960年からあった木造2階建てに、68年完成の鉄筋コンクリート一部4階建てをつないだ構造。2階に客室12室、3階に6室があり、1階はフロントや厨房(ちゅうぼう)、駐車場などがある。消防などによると、フロントや2階客室が激しく燃えていた。

 当時は2階6室に計10人、3階2室に計3人が宿泊し、1人で勤務していた女性従業員は1階にいた。20~70歳代とみられる計10人が病院に搬送され、2階の5人と3階の2人が死亡した。犠牲者の多くは一酸化炭素(CO)中毒で死亡したとみられ、県警は、煙に巻かれて逃げ遅れたとみている。ほかの客4人は無事だった。
 消防団員の話では、窓の部分を内側から板で塞いでいた客室もあった。廊下に窓はなく、ホテル内に煙が充満し、救助にも手間取ったという。二つの階段は大人がようやくすれ違えるほどの幅だった。外の非常階段はなかった。ホテルに火災報知機はあるが、客は「聞こえなかった」と証言。避難誘導もなかったという。
 ホテルは同市内の有限会社が経営し、ラブホテルとして営業許可を受けている。ホームページによると宿泊料金は3900~5700円で、カップルやビジネス客らを対象にしていた。85年以降、風俗営業法に基づく必要な申請はしていた。 現場はJR福山駅の南西約1キロの住宅街。
市と消防、不備に是正命令出さず
 福山市は1987年9月~2011年9月に計5回、ホテルプリンスに建築基準法に基づく防災査察を行い、避難経路の確保など8項目で是正指導をした。同ホテルは応じなかったが、いずれもすでにある設備が法改正で適合しなくなった「既存不適格」のため、罰則のある是正命令までは出せなかったという。何度か宿泊したという利用者は、「廊下は大人2人がすれ違える幅しかなく、煙が充満したら逃げられないと思う」。別の利用者は、「館内に外からの光が入らず、建物全体が暗かった。どれくらいの部屋があるのかもわからない」と証言した。
 市によると、是正指導をしたのは、〈1〉停電時などに点灯して避難誘導する「非常照明設備」〈2〉天井面から80センチ以内に窓などを設ける「排煙設備」〈3〉内装に不燃、難燃材を使う「内装制限」――などの不備だった。
 福山地区消防組合消防局も消防法に基づく立ち入り査察を67~03年に1~2年間隔で行い、ほぼ毎回、改善指導をしていた。03年9月の査察では、〈1〉停電時に屋内消火栓を作動させる電源がない〈2〉避難訓練をしていない〈3〉消防設備の点検報告をしていない――などの問題点を指摘。しかし、改善されなかったとみられる。
 福山地区消防組合消防局は13日夜記者会見し、消防局が2003年9月に行った査察で消火設備の不備や建築上の問題を確認しながら指導にとどめ、その後、立ち入り検査を行っていなかったことを明らかにした。内規では2年に1回程度は査察をする対象になっていたが、吉沢浩一・消防局予防課長は「対象施設が多すぎ、人手も足りなかった」と釈明した。

 火災報知機の警報音が宿泊者らに聞こえなかった点について、南消防署の横山宏道署長は「電源が止められていたためか、元々何らかの不備があったのか、原因はわからない」と述べた。
 避難経路の確保など建築基準法に基づく8項目の不備について、「既存不適格」のために、市が罰則のある是正命令をホテルプリンスに出せなかった点について、市建築指導課の高橋正樹課長は「改善してもらえるよう、もっと管理者に働きかけるべきだったが、強制力はなく、制度上の問題もあった」と話した。

(2012年5月14日 読売新聞)

 今の時期、復興バブルといわれる地域(いってまいりましたが別途報告)を除く、デフレが止まらない景況下ですが、どこもフトコロ事情が厳しい中でも、コンプライアンスの見直しで消防設備の点検未実施の拠点を無くすんだと、見直しのビルオーナーさんも多数いらっしゃいます。反面、もう人手に渡って数年建ちますので時効とさせていただきますが、ホテル業として「大浴場が命」なのでボイラー以外の設備管理はギブアップした(消防設備法定点検も)施設がありました。開業の新設工事以来、適正な維持管理をさせていただいていた客先でしたが、破綻して人手に渡ったのがリーマンショック前後だったかな。それ以前に当社との消防設備点検契約は破棄されていましたので、修理が必要だったり交換が必要な部品が結構たまっていて心配している設備先でもありました。

続きを読む

新宿の軍艦

新宿散歩は3部作にしよう。今回はその2です。

OKBO軍艦f

大久保界隈を歩いた話を書きましたので、通称「軍艦マンション」、旧称「第3スカイビル」、現・GUNKAN
Higashi Shinjuku。取り壊しの危機を乗り越え2011、リノベーションだそうです。やれやれ危ないところだった。1970年築!にして他の追随を許さない設計デザイン。おお~まだ在ったか~よかった~と再会をよろこび、色々な角度を満喫。今回は本当に趣味で大はしゃぎの記事です。黙々と写真をUPします。
OKBO軍艦gatee エントランス

OKBO軍艦u

続きを読む

ヘルン先生の防災リポートと現場写真

OKBOヘルン記念公園
新宿区立小泉八雲記念公園

"防災研究者"小泉八雲に光 明治期の地震資料展示 焼津(2012/5/10 08:06)静岡新聞

 焼津市の静岡福祉大付属図書館で、防災啓発の展示会「小泉八雲と自然災害展」が開かれている。日本語の「津波(TSUNAMI)」を海外に初めて紹介したとされる焼津市ゆかりの作家小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850~1904年)の所蔵品など、明治期の貴重な地震関連資料を紹介している。
 展示の中心は1896年(明治29年)6月に東北地方を襲った明治三陸地震の被害を記した当時の英文冊子「日本の大災害(邦題)」。八雲研究者の明治大講師中川智視さん(埼玉県)が、八雲の全蔵書を保管する富山大付属図書館で発見、翻訳した。
 八雲は明治三陸地震後の同年冬、防災民話として有名な「稲むらの火」の原作となる作品「A Living God(生き神)」を発表。1894年には評論「地震と国民性」を執筆するなど、日本の地震災害に関する複数の文章を残している。
 八雲の所蔵品以外にも、盛岡地方気象台(岩手県)や仙台市博物館(宮城県)、国立科学博物館所蔵の明治三陸地震の写真や絵画約60点も展示。特に岩手県宮古市内を写した8枚の写真は、東日本大震災と同様の甚大な津波被害を物語る。
 今回の展示会は、八雲の防災研究者としての側面に光を当てようと、静岡福祉大付属図書館が半年がかりで準備した。7月31日まで。入場無料。問い合わせは同図書館〈電054(623)7452〉へ。
行った場所に関連する記事があると目を引きますが、ここのところそんな偶然が物凄くふえています(様な気がします)。

GW前半(弊社は暦通り)の4/29に泊りがけで東京の旧友と一杯。新宿泊だったので翌朝8:30から11:30まで新宿5丁目~大久保を散策。2000年ごろ新宿区民(落合)だったので、懐かしくて。写真も撮ってなかったし、と。そのころ職場は目黒だったので、新宿乗換のところを下車して色々なルートでと知らない道から歩いて帰る。途中で目についた居酒屋で読書をしながら晩酌して帰る。残業~散歩で22:30スタートくらいが日常だったかな。

で、大久保界隈。新宿西口から小滝橋通りの方面からもあれば、歌舞伎町を突っ切って新大久保のエリアもガチャガチャしていて楽しかったり。数年前に火災で大騒ぎになった思い出横丁もB級グルメどころではない代用食みたいな料理が出てきたり。そのころ、ちょうどその友達と昼間から一杯やって、表に出たところの駐車場のブロック塀に
アメリカよ、100万やるからクジラ食わせろとスプレーで大書してあって大笑いしたことがあります。暴走族の夜呂死久的な、あるいは渋谷でチーマーが出たあたりからやたらとアート風ないわゆる若手では出せない日雇いの酔っ払いという大人(げない)滋味にあふれていました。

ああ、それで大久保なんですが、ここんところ食傷気味のK流の街とか、ずいぶんギラギラした様子になっちまったなあとTVで見かけて、裏通りくらい残してくれてるんでしょうね、ていう場所がまず小泉八雲邸跡地の小学校から区立小泉八雲記念公園。もともと文豪をはじめお屋敷街だったところです。
OKBO藤村 島崎藤村旧居址
破戒、、、買ったまま読んでないなあ。。。。

ヘルン先生、ラフカディオ・ハーン、怪談の小泉八雲先生です。MUJINAは中学英語の教科書で習いました。
アイルランド人の父のもとギリシャ・レフカダ島に生まれる。とのこと、この公園の説明プレートで読みました。そこでギリシャ風の公園になり、レフカダ島の地図を表現したモザイクタイルですか。
OKBOヘルン邸 OKBOヘルン先生 

ところで焼津の記事(来日前に新聞記者だったこと、島根は松江の英語教師だったこと、晩年の東京のことは知られていても、民俗学者として日本研究家として、そして通過点として焼津とのゆかりはほとんど知られていないでしょうね。八雲と焼津

奇しくもヘルン先生が「日本語の「津波(TSUNAMI)」を海外に初めて紹介したとされる」という記事の明治29年の被災地の写真が発見されましたね。
震災直後の被災地と重なる…明治三陸大津波、116年前の惨状伝える48枚2012.5.3 産経ニュース

tsunamiM29.gif 記事中の写真
「1896年6月に起きた明治三陸地震による岩手県釜石市の大津波被災地の写真。写真説明には「釜石港内停泊ノ帆走船(長安丸)数町の陸上ニ打上ゲラル」とあり、海岸から数百㍍離れたところに大型船が打ち上げられている様子は東日本大震災の被災状況と重なる」
MSN産経フォトの同内容の記事ではこの写真を含む9枚の写真が公開されています。
116年前の惨状鮮明に 明治三陸大津波の現場写真2012.05.03

ほんと、関わった事物がどんどん繋がって報道され、線でつながるような。シンクロニシティとまでは照れ臭くなってしまうのですがね。

天井裏の警戒について

連休前の書きかけ記事がたまっていまして、本記事は4月第一週くらいのもの。本場四川の辛ぁ~い麻婆豆腐の店がありまして、火災のため長期休業中。営業の早期再開を祈念して一筆。中華でありながらBGMはジャズ、自慢はワインと、食事よりも居酒屋として楽しんでいました。

雄踏街道の本格四川新中国料理店ムーランさん、先日の春の嵐(浜松の突風)のあと、ちょっと行こうかと出かけると、ブルーシートが掛かってお休みの様子。瓦かなにか破損したのかなと、まあ折角西の方面に車を出したので弁天まで行きました。後日、今日はどうだろうと赴くとまだ休み。ネットで検索したところ、どうやら火災のための長期休業だったようです。郊外店の割には繁盛していますので、パーティー予約のキャンセルなど残念がっているファンのブログにも丁寧に謝罪と早期営業再開の決意をコメントされていました。後日家内が通りかかると解体工事が始まったようだよ、と。お見舞い申し上げると共に再開を楽しみにしております。何よりケガ人等も出なかったようで幸いでした。今日のムーラン

恐らくですが、天井裏から自然発火、長年に亘って堆積したものに熱が籠もって炭化、引火ということだそうです。昨年10月ですが、静岡市消防本部の火災調査力についてエントリしました。
「事例報告したのは、今年1月に葵区の店舗から出火した火災の原因調査。屋内配線の接続に使われていた部品「差し込みコネクター」から出火したことを鑑識と実験により立証し、その仕組みを解明した。再発防止のため、コネクターの製造業者に仕様の改善を求めたことなども報告に盛り込んだ。」というケースもあり、天井裏部分について、消防設備に関わる職業人としても注意喚起などメッセージすべき、あるいは消防法の設置義務以上に万全を期すなら火災報知機の導入を検討していただいたほうが宜しいとも思います。

本件の建物用途は不特定多数の人が利用する”特定防火対象物”。延べ300㎡以上の広さであれば火災報知機の設置義務。そして天井裏の警戒のお話しですが、消防法の施工令・施工規則によって感知器の設置が免除される場合があります。

1.次に揚げる場所は、感知器を設けないことができる。
(1)施行令・施行規則によるもの
a) 主要構造部を耐火構造とした建築物の天井裏の部分。
b) ~略~
c) 天井裏で天井と上階の床との間の距離が0.5m未満の場合。


古い、オシャレな、高価な、飲食店がひしめく東京銀座。この街を所轄とする京橋消防署の事例集より。

火災調査員からの報告 ~最近発生した火災~
最近、京橋消防署管内で発生した火災などのうち、類似する火災の多い事例を紹介しますので、ぜひ参考にしていただき、同種火災の予防に心掛けて下さい。

No.9 銀座のネズミは、電線被覆が好物:10月5日

続きを読む

水戸の兄貴分が言うことにゃ

GWが明けまして、しばらく更新が滞りましたが降ったり止んだりというより荒れたり暑かったりとおかしな天候でしたね。なかでもつくばを襲った過去最大級の竜巻、同日埼玉でも落雷による母子の被害など”荒天”というには甚大な災害でした。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

株価や為替もそう、宮崎の口蹄疫もそう、「注視する」ことが仕事だと思っている政府。今回も視察団を派遣して7月までには竜巻が起こったらどうするか検討します、って。東日本大震災復興構想会議は何かの役に立ったのかしらと文句を書いたこともありました。今必要なことを今の法整備でできるでしょう。新聞の休刊日を挟んだこともあって情報があまりありませんが、下記が分かり易かったかな。

YAHOO知恵袋
竜巻による政府の対応
Q;竜巻による政府の対応

昨日のお昼に茨城県つくば市で巨大な竜巻が発生し~ライフラインも止まって死者まで出る悲惨な災害が発生しました。
しかし、どこのニュースでも政府が動いたとか官邸に集まったっとの話が出ませんでした。

A;連休明けの最新の政府の様子がニュースで報道された(5月7日19:00のNHKニュース7)と思ったら
今日は小沢元代表の処遇をどうするか、みんなで無罪判決を受けた小沢さんの処分を解除する話し合いをしていたらしいですよ。
ちなみに首相官邸の「今日の総理の一日」を見たら、行政改革に関する懇談会になっていました。
A;つくば竜巻(過去最大級の規模)で茨城県事故対策本部は6日(日)午後には自衛隊出動の要請をしたそうですが、翌日7日(月)午前になっても自衛隊が現地に到着したとのニュースはしていません。数時間のうちにがれきの下敷きになっている被害者を救出できるかどうかが生存者を助けられるかどうかの分かれ目なのに政府の対応は遅過ぎます。

食糧の炊き出しなども住民たちで助け合ってしている状態です。

政府は、早く自衛隊をしゅつどうさせてやれよ。
以上、抜粋。
【政治】7月末までに竜巻対策=政府 某掲示板まとめサイト
政府は7日、茨城、栃木両県で竜巻・突風の被害が発生したことを受け、7月末までに、竜巻の予報や住民の避難の在り方を含めた対策を取りまとめる方針を決めた。中川正春防災担当相が、同日開かれた竜巻被害に関する関係省庁連絡会議で明らかにした。

続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。