FC2ブログ

天井裏の警戒について

連休前の書きかけ記事がたまっていまして、本記事は4月第一週くらいのもの。本場四川の辛ぁ~い麻婆豆腐の店がありまして、火災のため長期休業中。営業の早期再開を祈念して一筆。中華でありながらBGMはジャズ、自慢はワインと、食事よりも居酒屋として楽しんでいました。

雄踏街道の本格四川新中国料理店ムーランさん、先日の春の嵐(浜松の突風)のあと、ちょっと行こうかと出かけると、ブルーシートが掛かってお休みの様子。瓦かなにか破損したのかなと、まあ折角西の方面に車を出したので弁天まで行きました。後日、今日はどうだろうと赴くとまだ休み。ネットで検索したところ、どうやら火災のための長期休業だったようです。郊外店の割には繁盛していますので、パーティー予約のキャンセルなど残念がっているファンのブログにも丁寧に謝罪と早期営業再開の決意をコメントされていました。後日家内が通りかかると解体工事が始まったようだよ、と。お見舞い申し上げると共に再開を楽しみにしております。何よりケガ人等も出なかったようで幸いでした。今日のムーラン

恐らくですが、天井裏から自然発火、長年に亘って堆積したものに熱が籠もって炭化、引火ということだそうです。昨年10月ですが、静岡市消防本部の火災調査力についてエントリしました。
「事例報告したのは、今年1月に葵区の店舗から出火した火災の原因調査。屋内配線の接続に使われていた部品「差し込みコネクター」から出火したことを鑑識と実験により立証し、その仕組みを解明した。再発防止のため、コネクターの製造業者に仕様の改善を求めたことなども報告に盛り込んだ。」というケースもあり、天井裏部分について、消防設備に関わる職業人としても注意喚起などメッセージすべき、あるいは消防法の設置義務以上に万全を期すなら火災報知機の導入を検討していただいたほうが宜しいとも思います。

本件の建物用途は不特定多数の人が利用する”特定防火対象物”。延べ300㎡以上の広さであれば火災報知機の設置義務。そして天井裏の警戒のお話しですが、消防法の施工令・施工規則によって感知器の設置が免除される場合があります。

1.次に揚げる場所は、感知器を設けないことができる。
(1)施行令・施行規則によるもの
a) 主要構造部を耐火構造とした建築物の天井裏の部分。
b) ~略~
c) 天井裏で天井と上階の床との間の距離が0.5m未満の場合。


古い、オシャレな、高価な、飲食店がひしめく東京銀座。この街を所轄とする京橋消防署の事例集より。

火災調査員からの報告 ~最近発生した火災~
最近、京橋消防署管内で発生した火災などのうち、類似する火災の多い事例を紹介しますので、ぜひ参考にしていただき、同種火災の予防に心掛けて下さい。

No.9 銀座のネズミは、電線被覆が好物:10月5日

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード