FC2ブログ

予告】 便乗企画 】アール・ブリュットとヴォイニッチ手稿

企画展 アール・ブリュット展 -生(き)の芸術- 浜松市美術館
今、日本のアール・ブリュットに熱視線!

 「アール・ブリュット」とは、日本語では、「加工されていない生(き)の芸術」と訳され、フランスの芸術家ジャン・デュビュッフェが提唱した言葉です。
 デュビュッフェは、アカデミックな美術の訓練や教養とは無縁で、人間の内側から湧きあがる衝動のままに表現した造形や創造を「アール・ブリュット(生の芸術)」と呼びました。現在では、その意味は大きく広がり、文化の違いや障がいの有無などを超えて、観る人を深く感動させる様々な造形作品全体を表しています。こうして「アール・ブリュット」は、美術や福祉の専門家はもちろんのこと、社会的にも大きな注目を集めるようになっています。
 本展では、芸術の都パリを魅了した「ART BRUT JAPONAIS」展や、現在ヨーロッパで開催中の「Outsider Art From Japan(Art Brut From Japan)」に出展している日本人作家を中心に30作家、約300点の作品を紹介します。
 「アール・ブリュット」が発する、芸術的伝統にとらわれない作者独自の表現方法から生まれる作品群から、「人の果てしない想像する力」や「表現することの可能性」を感じていただけたらと思います。

bruttenn.gif 公式リーフレット(PDF:1433KB)


会期 ;2012年6月29日(金)~8月12日(日) 午前9時30分~午後5時
※休館日:月曜日と祝日の翌日 ただし、7月16日(月)は開館

お問い合わせ先;浜松市美術館

スッカリ忘れてしまっていて、下記の記事中で、「 まずは『ヴォイニッチ手稿=アウトサイダーアート』か? ひとまずこのネタ、続けます。」なんて書いてしまっています。直近だと新宿を散策した様子は3部作にしようと書いた2本目で止まっていたり(こちらはまだ、忘れてはいない)、続きますってやらなきゃいいのにと自分でも恥ずかしく思います。筆がノっていたが時事問題や突発事項があるとそちらを優先してしまうものね、と自分を慰めるも、2011年2月中の記事を確認すると趣味のエントリばかりでした。。。いやはや。


解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」 年代特定 2011-02-16
ヴォイニッチ画像
 
浜松市美術館の展示スケジュールをみて思い出しました。開催まであと一ヶ月ありますのでまとめられるでしょう。今度こそ。乞うご期待。

ヒントは深川門前仲町は未完成の怪建築、二笑亭。
二笑亭気団 二笑亭綺譚 式場隆三郎 昭森社 昭和14年

※装丁は静岡市出身の染色家・芹沢銈介。登呂遺跡の登呂公園内に静岡市立芹沢銈介美術館あり。
<次回の展覧会> シリーズ・芹沢銈介の作品と収集Ⅰ
 手のひらの上の宇宙 芹沢銈介の絵本と世界の書籍 2012年6月2日(土)~9月2日(日)



スポンサーサイト



プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード