FC2ブログ

二笑亭はアール・ブリュットか / ホンモノは違う@浜松

wabi-001.gif
伊豆です。現物を見たいと常々思いますが、近いようでなかなか。


企画展 アール・ブリュット展 -生(き)の芸術- 浜松市美術館 8/12まで
・・・明後日までじゃないか。明日から遠出の予定を組んじまった。。。昼休みに駆け足で行って参りました。
いやあ、ホンモノは一味違う。画集サイズにまとめられたキレイな印刷物と、壁面いっぱい、模造紙をつなげたような紙にボールペンとサインペンとクレヨンが混在した、奔放さと執拗さを兼ね備えたアンバランス。ホンモノは触れる機会があれば体験しておくべきだと思いました。

アウトサイダー・アートの世界―東と西のアール・ブリュットアウトサイダー・アートの世界―東と西のアール・ブリュット
(2008/01/31)
はた よしこ

商品詳細を見る

アウトサイダー・アートアウトサイダー・アート
(2000/10)
不明

商品詳細を見る


予告】 便乗企画 】アール・ブリュットとヴォイニッチ手稿 2012-05-31 なんて予告記事をエントリしましたが、結局、最終近くになって駆け足で見に行った次第。
二笑亭気団 2show亭3-001
 二笑亭綺譚 式場隆三郎 昭森社 昭和14年

 記事中、上掲がヒントだぜ?とか書いていますが、著者式場隆三郎は精神医学者。ゴッホの研究など「芸術病理学」に取り組み、後年、山下清(裸の大将)の才能に注目し、物心両面で支え、障碍児教育に大きな影響を。。。という御仁。

 本書は、関東大震災を機に精神分離症(当時)の病状が悪化した地主が黙々と増改築に没頭した奇怪な建物の唯一の資料。「芸術病理学」の観点から当時新進の建築家谷口吉郎と調査に入ったレポートである。なお谷口氏は後の博物館明治村の初代館長。作品群は画像検索で。
 これに併録というか付録扱いになるのか、「狂人の絵(ママ)」という入院患者の作品と解題が収録されていまして。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード