FC2ブログ

諏訪には行っておいたほうが良い。(古代史ファン)

swaMASMI.gif 御頭祭のスケッチ

 諏訪に行ってきました。盆休み。考古学と民俗学(現代)が直結し、更には明治政府の時限爆弾による影響をも目の当たりにしてきました。上掲は天明四年(1784)菅江真澄のスケッチ。諏訪大社上社の祭祀でもっとも大掛かりな御頭祭の神前供物。そのほか神事に使用した祭具の記録もあり、それを復元展示している下記へ。

神長官守矢史料館(長野県茅野市)

swaJINCHO1.gif 建物は藤森照信氏のデビュー作

swaJINCHO2.gif 供物の復元
swaJINCHO3.gif 祭具のうち「サナギ鈴」
弥生時代の青銅器「銅鐸」は古語で「佐奈伎・さなぎ」とも。鐸石別命(ぬでしわけのみこと)という神様も。銅鐸は鉄器の流入により鉄鐸に替わっていくが、変わらない神事の姿なのか。

弥生時代と言いましたね。ふふふ。このあたりから出土する縄文土器は蛇体を装飾にした特色があります。
長野県の土器特集・其の2からお借りして。
mamusi.gif マムシの這う深鉢 長野県茅野市尖石遺跡

春祭りである御頭祭に先立ち冬季になると諏訪信仰の根源・ミシャグチ様が前宮に掘られた御室という「竪穴住居」に籠もる。同時に巨大な蛇体も入れられ、この御室で神・人・蛇が一緒になって御頭占、筒粥占といった重要な神事を、うんぬん。。。(神長官守矢資料館しおり)

。。。ここで善し悪しは別にして明治の神仏分離、廃仏毀釈の余波ですが。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード