スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大したことは話せなかったなぁ その2

常磐町
東京報知器静岡営業所 昭和37年~(現ホーチキ静岡支社)

母校100周年、後輩と語ろうのあと、静岡支社開設50周年、ホーチキさんの記念パーティーへ。新装なった会場・日本平ホテルまで。浜北区の母校から新東名が開通していて本当に良かった。ご案内をいただいた時からお断りを入れておいた通り、記念式典には間に合わず、パーティーから参列。100周年と50周年の2件が重なるおめでたい日になりました。

えーと、スピーチ経験のある方ならご理解いただけますね。祝辞を頼まれたはよいが、乾杯のあとのご歓談中の披露。もうご参列の皆さんが良い顔になって和気藹々としているタイミングです。ハードル高いっす。支社長め、やりよる。。。。「皆様ご歓談のところですが改めて50周年おめでとうございます。邪魔になりませんようお話ししますのでおくつろぎのまま。。。」と静かに割って入りました。

さすが上場企業のホーチキさんですね。社長様以下歴代支社長様などご参列の皆様、ビシッと聞く姿勢になっていただきました。逆に迂闊なことは話せないと緊張感UP。

(要旨)
ホーチキさん、静岡支社は50年ですが、大正7・1918年の創業。94年目の企業です。昭和36年の消防法改正(既存遡及による火災報知機の義務設置化)による市場の要求により全国に支社や工場を展開。以後、我々地域の代理店も育てていただきました。長寿企業として100年以上の企業は1.7%、25,000社弱、90~99年は1.1%合わせても2.8%に満たない。静岡支社さんが仲間入りした50年以上の企業になっても22.2%。当社は48期目で、50年未満の77.8%から長寿企業に仲間入りしていくことと思いますが、ますますお引き立てを頂戴し、またホーチキ100年のお手伝いもしていく所存です。ホーチキ社史(公式)

ちょうど先日、面白い資料を頂戴したので、お渡ししてきました。
中京ホチーキ
MM式火災報知器(公設型の消防機関への通報装置)で設立されたメーカーですが、それだけでは収益性は?とか余計なことを思っていました。1951年10月 自動火災感知器を開発 とありますから。米国製の消防ポンプ車の輸入販売も手掛けていたのですね、

中京消防 上は中京消防新聞 昭和3年の広告

続きを読む

スポンサーサイト

大したことは話せなかったなぁ その1

HAMANAob.gif


何を話せばよいだろうか とういう記事をUPしてから母校に滑り込む。浜名高校「先輩と語る会」の講師として。

リンク先のPDF記事は
進路選択に先輩の言葉 という大見出し
恐れずに主張する あきらめる勇気も という小見出し
中日新聞さんですかね。上掲は静岡新聞さん。

以下、リンク先より
 今年創立100周年を迎えた私たちの母校浜名高校では、毎年「先輩と語る会」を開催しています。100周年の名門となった母校の在校生たちに私たち同窓生ができるひとつの学び授業です。
 11月22日に開催した会では同窓生から作家、会社社長、公務員、歯科医師などが参加、今後の針路の指針となるよう二年生のクラス9クラスで開催されました。私たち同窓生が脈々と続けてきた伝統と浜名高校の歴史を受け継ぐ在校生の活躍こそ私たちが願うこと、微力ながらも母校のためにと活動を続けています。


 2年生9クラス。多士済々という9人だそうで、そのほか企画運営の同窓会役員も含めて名刺を持ってすっ飛んでご挨拶するような名士の方々。そのなかの一人として、正直、オイラでよいのかい?という気持ちになりました。

27HRの皆さん。おじさんの話しはいかがでしたでしょうか。受講態度や、元気な休憩時間から、講師入室の挨拶での公私の切り替えなど、我々の世代(上掲歯科医師は同級生)より”真っ当な”振る舞いができているように思いました。自分に課したルールの話しや趣味の話し(マンホールは名古屋が良い)とか。好きな食べ物は流動食(酒)とか、質疑応答の流れで仕方なく。。。

担任の先生からもご挨拶を頂戴しました。私の教え子は元気でしょうかと。偶然でしょうが、当社若手社員の恩師だったようです。頑張りやさんの女性社員です。「ええ、とても頑張ってくれています。」とお答えしました。別途、同社員の部活の顧問だった先生ともご挨拶。後日、本人に伝えると「まだ気にかけてくれている」と嬉しそうでしたよ。なんやかやで50分の枠を35分のフリートークと15分の質疑応答で無事に終了することができました。皆さんの聞く姿勢と真っ直ぐな視線で、話しやすい環境を作ってくれたお蔭だと思います。ありがとう。進学希望にしろ就学希望にしろ、皆さんが素晴らしい社会人としてエントリーしてくることを心待ちにしています。

何を話せばよいだろうか

出雲大社 出雲大社

 人事考課。一通り目を通しました。皆さん頑張ってくれています。お疲れ様、いつもありがとうございます。
 先週末、業界若手の寄合を出雲大社で。写真の通りの晴れ男ぶりをまたもや発揮してしまった。山陰の冬はどんよりと暗い空模様とよく聞いていますが、この時期の好天は奇跡的とはバスガイドさん。前日翌日とも雪でしたから。米子道の蒜山、大山の雪景色は見事。会議に入る前に会を代表して玉串を。会議が終わり宴会場に向かう頃に曇りだし、2次会後に繁華街に繰り出すときには雨。

 さて、本日は2件のスピーチ仕事。母校、静岡県立浜名高校にお招きで、後輩に何かを話してほしいとのこと。一クラスを50分、受け持ってくれと。その後、日本平に飛び、当社メインの仕入れ先、ホーチキ付けてのホーチキさん。静岡出店50周年記念だそうで祝辞を。仕事のことならばいくらでもお話しできますね。弊社が48期なので、消防法の改正により火災ホーチキの需要が伸びて、メーカー出店があり、我々代理店を育てていただきました。本当にありがとうございます。おめでとうございます。

・・・前者ですよ、前者。仕事でスピーチ慣れしているように見られますが、冠婚葬祭も何とかこなしてきましたが、高校生。50分。実はテーマも知らされていません。「後輩に何か伝えたいことはある?」と聞かれて「いや、べつに」というやりとりのあと、じゃあ当日1時30分に来てくれればよいからと。先輩というものは恐ろしいものです。ふふ。まあ若いエネルギーを貰ってリフレッシュしてきます。

2次会にカラオケがある場合

ここのところ、忘年会も皆さんご多用でしょうからと11月に企画する団体など多くなってきましたね。新年会も同様、落ち着いて2月にやろうとか。で、2次会行こうぜ、お前もついてこいという場面も断る勇気がない。だって営業は仕事の内じゃないかと、ああまた奥さんに叱られる、とか。

ええ、社内のカラオケでは興が乗るとメドレーが飛び出すミスター・営業マンがいます。古株だと63歳くらいでリンダの狙い撃ちを歌い踊るオジサンとかも。強烈です。サービス精神ですな。だんだんと叩かれて芸が身についていくわけですが、モジモジと歌わずに端っこで目立たなくしているというシャイな若手がいるね。

叩かれて、というかお客さんのタイプが本当にいろいろなので、場を掴むのになかなか。60代半ばの強面から演歌以外禁止で5曲歌え。大手の発注キーマンの部長さんが自分は酒も飲まずに静かにしているが、どの業者が最後まで付いてきて飲んで歌っているかチェックしていたりとか、団体の一泊旅行では会長さんの大部屋でかくし芸大会になりアカペラでちあきなおみの喝采をコロッケのまねでとか、面食らうシチュエーションがあります。大部屋でたまたまツマミがないことに気づき、コンビニに買い出しに行くことで場を離れることに成功、「あいつは気が利くやつだ」というボーナス付き。あ、シラフで業者チェックしている部長さんには、同じテーブルについて部長さんサイドからライバルのドタバタをニコニコして眺めている作戦でしのぎました。

さて、2次会は無礼講だと思って自分の好きな歌を楽しんでいる人、ひたすらおねえちゃんを口説いている人。上のように最後まで気を使っていると体を壊しますから、半分は正解。自分が楽しむように同席している人も楽しんでいるか目配り気配りなのだろうと思います。サービス精神がリンダ困っちゃうのオジサンの芸までいくのでしょう。筆者は最後の一人をタクシーに乗せるまでが仕事だと思っています。その気になれば午前様でも胆力を鍛えられますよ。ぼちぼちシーズン到来ですから、まあ、楽しんで。

余計なことにお金を使えた時代

くわいだん

古本屋さんで見つけてお盆時期にUPしようと思っていた怪談映画の招待券。今日はめっきり寒くなりましたね。
怪談 [DVD]怪談 [DVD]
(2003/06/21)
岸恵子、仲代達矢 他

商品詳細を見る


昭和40・1965の作品のようですね。当社創業の年です。今や閑散としている中心市街地ですが、映画館がたくさんあったのは勿論、西武やOIOI、解体されてフットサル場になる松菱を中心にショッピングも賑わっていました。当時は名店街だった遠鉄さんだけが唯一の百貨店になってしまいましたが高島屋の流れなのでなんとか買い物は間に合っています。

で、活気があったころのエピソードを中小企業金融公庫の職員として浜松をサポートした経歴のある小説家・加藤廣先生の講演で聞きました。

公庫静岡支店に在籍したころ、浜松は静岡県全体の融資実績の70%。国道バイパスができる前は静岡支店から浜松は出張扱いで宿泊経費が出た。週末を当てて融資先と毎週末のようにお座敷遊びを。H社のS一郎氏は有楽街の道の両脇に何十メートルも女性を並ばせて500円札のチップを全員の胸元に入れていった、とか、マリン事業を本格化させたY社のTOPは自社製エンジンを積んだボートで浜名湖から東京湾へ向かう、技術者のお前たちが創ったのだ、自信がないのかと制止を振り切り船出。沖合を進むのTOPになにかあってはと国道150線をおつきの黒塗りが数十台、双眼鏡で監視、伊豆まで行って「飽きた」と下船、一同胸をなでおろす、とか。「現役のあなたたちは元気がないねえ」と。

数年前に聞いたレクチャーでしたが、上掲チケットの求ム女性の募集を見て思い出した次第。このころはステッキガールという浜松名物(今でいう宴席のコンパニオン)という商売も華やかだったことでしょう。

ああ、映画館もたくさんあったという中には日活ロマンポルノもあったわけですが、中学時代に担任がそこから出てきたところを目撃した同級生が目撃、お好み焼きで口止めとか、もう少したって高校生の自分にはビデオレンタルが花開くわけですが、お父さんのスーツでバッチリ変装した同級生がアダルトビデオをレジに持っていくと「あ、これ、さっきお父さんが返しに来たよ」とバレバレだったPTA会長の息子とか。面白い中心市街地ではありました。

信長の棺〈上〉 (文春文庫)信長の棺〈上〉 (文春文庫)
(2008/09/03)
加藤 廣

商品詳細を見る

伊東忠太特集号 出たね

東京人という都市としての東京を味わい尽くす雑誌(都市出版)がありまして、2012.12月号で伊東忠太特集です。師匠である辰野金吾による東京駅も再生したことだし、東京近代建築散歩を(屋根に緑青がふく前に)と考えていますが、なかなか。辰野金吾建築、先月行った博多でも時間が足りずに見のがしています。。。

東京都慰霊堂2 東京都慰霊堂
大正12年 関東大震災被災者、のち昭和19・20年大空襲犠牲者もあわせて慰霊施設。
墨田区横綱公園内。スカイツリーのついでにワンメーターの距離。

復興軒 業平橋駅(当時)の復興軒
とうきょうスカイツリー駅って新名称を喜んでいる人を知らないのだが、下町の知り合いがオッサンしかいないからか。在原業平といわれてもピンとこないだろうし名前も読めない人も多いでしょう。だからって新名所にあやかるとか、ぶつぶつ。。。


昨年は随分、伊東忠太について勉強する機会に恵まれました。
可睡斎の護国塔100年展 伊東忠太 2011.03.07
【脱皮】 西洋建築から日本近代建築へ 2011.06.16
【眼福】 勉強会の余禄 2011.07.06
11/3から伊東忠太・可睡斎護国塔100年展が始まりました。 2011.11.10
伊東忠太 可睡斎護国塔100年 今年のまとめ その1 2011.12.16
伊東忠太 伊賀上野 俳聖殿 今年のまとめ その2 2011.12.19
伊東忠太 京都の1 聴竹居 今年のまとめ その3 2011.12.20
伊東忠太 京都の2 祇園閣ほか 今年のまとめ その4(完) 2011.12.22
護国塔101年、西本願寺伝道院は100年 2012-02-29

続きを読む

秋の総会月だったわけですが

10月は当社の方針発表会や共栄会(当社協力会)の総会を含め、情報交換の機会に恵まれました。まだまだ11月も総会の残りと忘年会シーズンのスタートと外部的な刺激が多そうで。

そのなかで忘れられないイイ話しがありましたので。
自分が協力会長を務める客先電気工事店さまの協力会の総会にて。筆者に交代するまで、発足以来の会長さんですが、今は実務的にはご子息に譲られ、当協力会も顧問という立場で相談に乗ってくださいます。議事が滞りなく終了して閉会のタイミングで、来賓である客先社長より「顧問のお話しを拝聴してくれ」と一言あり。

老顧問さん、電工さん(電気工事の職人さん、親方)でやっていますが、障碍者の雇用を始めたとのこと。ケーブルの被覆を剥く仕事。手を切らないように安全な機械設備を導入して、監督指導のようなものは福祉のほうからくるようなので、自分は現役として工事現場に行けますが、ご参集の皆さん、彼らの仕事のために細物でいいからケーブルの被覆を剥く仕事があればくださいと。拍手が長かったです。

宴会場に移る前に喫煙ブースで「なかなかできることではない」と話しかけると「俺ぁも半分隠居だしなんかやんないと」と照れながら。これね、やろうと思わないとやれないのは当然ですが、この例では刃物を使う仕事だし、当社に置き換えても「何を安全に安心してやらせられるか」は大きな足かせになっています。やろうと思ったことに実際に取り組んで、解決方法を見つけて、更なる営業的な意欲にもつなげています。できないと思うことからは何も生まれないんですね、勉強になりましたと、乾杯のあいさつでも拾わせていただきました。

別件のお客様と一献の世間話で浜松の「やらまいか」と静岡の「やめまいか」が話題に。「そういう話ならばこんなことがありましたね」と筆者。

続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。