スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お答えします 】 諸戸家の家憲

家訓・社是・社訓の”カ・キ・ク・ケ・コ” 2010-06-16
ありがとうございます。3年以上も昔の記事ですが、お問い合わせをいただきました。

諸戸清六・心得二十か条
とても興味深く、見させて頂きました。 諸戸清六と言う日本一の大地主といわれた、豪商がおられました。
その人物が「心得二十か条」と言うのを残されました。御存知ならば、お教え願えますでしょうか?
よろしくお願いします!!
2013-01-29 16:36 | satou URL [ 編集 ]

Re: 諸戸清六・心得二十か条お問い合わせありがとうございます。
本記事資料の「家憲正鑑」に、諸戸家の記載がございます。コメント欄では手狭なため、
別稿に改めてUPいたします。 ご期待に副う内容になるかわかりませんが、今後とも
ご支援くださいね。
2013-01-30 10:06 | 素頓亭 URL [ 編集 ]

諸戸清六 桑名の豪商ですね。お問い合わせの心得二十か条についてはお問い合わせで知ったくらいの浅学でございます。コメント欄に返信した通り、家憲正鑑への記載は、嫡男・諸戸清太が寄せたもの。50項目以上の遺言を15点に要約したものが紹介されています。リンク先ウィキペディアの解説に心得二十か条のうち三点がありましたが、

・熱き飯は食ふに手間取り時間を空費するゆえ、飯は一切冷飯にすること。
・昼飯は一口に食し得る程の握り飯 二、三個を作りおき、其の場にて用向きの隙間に食すこと。
・多忙の時は食せざること。一、二度の食事を省きて空腹を覚ゆるようにては金は儲らぬと知るべし。


、、、時は金也りを地で行く人。嫡男の寄稿文にも「時是金」の格言を体し、遺憾なく之を実行セリとあります。氏の奇行(ママ)の紹介とあわせて後述します。

家憲正鑑 諸戸家の家憲 三重県 諸戸清太 より

遺言の要点
 氏は斯くのごとくにして一代の富をを作り、同家の基礎を泰山の安きに置くとともに。子孫長久の祝福を図るべく、家憲制定の必要を感知し、従者を伴ふて全国屈指の富豪を歴訪し、その家憲を蒐集して精を摘み華を吸い、稿すでに脱して家憲まさに成らんとする時、明治三十九年十一月十二日、齢耳順を超ゆること一歳にして逝く、同家の家憲は条項すべて五十有余に亙る、左にその大要を摘録してあまねく世に介さん。

一 時間は金 忘れてはならぬ。
二 顔をよくするより金を儲けよ、金儲かり家富まば自然と顔もよくなる。
三 どこまでも銭のない顔をせよ、銭のある顔をせば贅費多し、たとえ銭なき顔をして
  人に笑わるることあるも、後日には誉められる。

続きを読む

スポンサーサイト

文化財防火デー2013

秋葉山

今日は寒いですね。午前中がスコンと空いたので秋葉山を詣でたら雪になりました。火伏の総本山ですから初詣には必ず行っていますが、今年は行く間がなくて。1月中にお参りできてよかった。

防火デー2013 2013.01.25 静岡新聞

年末から重文含む寺社の火災が気になっていましたが、年明けには福井県で住職が亡くなられる痛ましい火災も発生しています。寺社仏閣やご神木、収容文化財についてちょっと不穏な流れが噂されますが、地域のよりどころで誰にでもオープンであるとして防犯センサーや、もろもろはそぐわないと仰られる場面も多々あるようです。拠り所であるからこそ確かな備えを推奨したいところ。

ところ変わればですが、こんな話題がありました。
寒すぎて消防部隊の消火の水が凍りつき、火事現場がまるごと氷漬けに(米シカゴ) 2013年01月25日 ガラパイア様
シカゴ
リンク先 写真多数と動画があります。

※関連
文化財の防火対策 2009-05-08
1月26日は文化財防火デー 2010-01-19
【全国第1号!】文化財には無線式の火災報知機【設置記念】 2010-03-29
無線式自動火災報知設備とは 弊社公式HP

私事ながらちょっと厳粛な気持ち

一昨日NHK静岡にて取り上げられた件、ご視聴いただきました皆様、ありがとうございました。事務所のみんなで拝見しましたよというのご連絡も数社様あり、放映直後から翌朝まで、ちょいと照れくさい思いを味わいました。年末年始に体重を若干おとしておいてよかったと、自分しかわからない程度ですがホッとしています。

記者さん、取材の申し入れの段階から結構ていねいで、90分にわたる取材後も放送直前まで3回ほど、「あれはどういう意味でしたか?」「御社のご紹介はこのような表現で間違いはないですか?」確認のお電話を頂いています。で、想定より当社の割り当てが短くなりそうですがよろしいでしょうかとのご連絡には「よろこんで」というカメラ嫌いの即答をしてしまい、、、、思ったより短いな、と感じた皆様、そのような事情です。先ほど記者様から「放映させていただきました。内容に間違いはございませんでしたか」と最後まで誠実な対応をしていただきました。

表題、ちょっと厳粛な気持ちになっているというのは、公共放送に顔がフルネームで流れてしまったので、夜の繁華街で迂闊なことはできないなぁと、そういうことではありません。今日から私的な理由で神妙に「待つ」という事象が控えていますので、極力来週までは公用を代理に振っていまして待機モード。まあ、かえって自粛する理由が明確になって「お断り」する理由にもなったかと。熱燗おいしいんだけどね。

なんだかね、そわそわしてます。

全校児童736人の「大正大震災記」 ≫ 取材受けました

「宇佐美村の奇跡」に学べ 児童体験記に関心、再版 2013/1/10 静岡新聞

 1923年(大正12年)の関東大震災で津波被害を受けた伊東市立宇佐美小(当時・宇佐美尋常高等小)児童の体験記を、同市の伊東図書館がこのほど再出版した。当時、同市宇佐美(旧宇佐美村)は、津波で全600戸のうち100戸以上の家屋が流出したが、死者・行方不明者は一人もいなかったとされる。2011年の東日本大震災後、「津波対策の手掛かりがある」と、体験記に関する問い合わせが同図書館に相次ぎ、1994年に出した本を急きょ再版した。

 ~~ 中略 全文はリンク先で ~~

日本地震学会は12年7月の広報紙で、児童の対応を「宇佐美村の奇跡」として紹介。その後、同図書館に問い合わせが相次いだ。
 千部発行し、市内の書店などで販売する。定価千円。問い合わせは同図書館〈電0557(36)7433〉へ。



えーと、上記記事を見て早速とりよせたところ、NHKさんから取材申し込みがありました。午前中に取材に見えられて、90分ほど対応。明日1/22 18:10からの静岡県内ニュース、5分の特集枠のうちの1分弱だそうです。
上掲の資料は郷土史として伊東市周辺の個人が主な購買層だが、県西部の企業が購入したことで興味を持たれたようです。記者さんが頭の回転が速く、割とガッツンガッツンつっこまれたので(社長がしどろもどろ的な意味で)見ごたえのあるインタビューになっているかもしれません。

取材対応は苦手であると常々申し上げ、機会があったら広報担当者など頼むよと本当に常々逃げ回っていますが、天下の公共放送の取材をお断りするなど、費用対効果を考えるとね。有効な広告宣伝としてありがたくお引き受けしました。いざとなったらスウィッチしてもらうため技術者、営業の計2名にスタンバって貰いましたが、結局トップインタビューに終始しまして。御社はこれから何をしたいの?という部分だけは精一杯おこたえしたとは思いますが、そこはカットされているかもしれません。。。まあ一分間もいただければ相当な情報量はあるのでしょうと期待しています(企業人として)。

もしうっかり視聴してしまった方、ご感想等いただきましても「いやあ、お恥ずかしい」としかお答えできないとは思いますがご勘弁願います。何しろ照れ屋なので。あしからず予告させていただきました。

※1/22 追記 番組コーナー名がわかりましたので大書しました。為念。

18:10~ NHK総合・静岡
たっぷり静岡 防災特集「今にいかせ震災記録」

あっという間に新年も半月

長らく更新が止まっておりました。すみません、年末年始、ちょっとすごいスケジュールで(3月まですごい最中)。

新年のご挨拶どころか、年末の御礼すらUPできず、もう1月を折り返しまして恐縮です。本年もノンビリお付き合いのほど、よろしくお願いします。

本稿、放置している間に政治経済、すごい勢いで変わっていきますね。このまま景気回復につながることを祈念しています。あすはお客さんの安全祈願に同行で豊川稲荷、日曜はお伊勢参りです。公私共に初詣は済ませていますが、あらためてお願いしてきます。

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。