FC2ブログ

岡倉天心 六角堂 復興プロジェクト 】 茨城大学

六角堂
復興された六角堂

規模は小さいが良い仕事なんです。 2012-04-20 という記事で、
国の重要文化財指定「東照宮本殿」所有神社が破産 とか、
生活優先…被災地の神社仏閣進まぬ再建 2011/12/11 産経 
などの記事紹介とあわせて下記を紹介しました。

六角堂など6件抹消へ 被災の登録有形文化財 2011/11/21 同上
 文化審議会は、東日本大震災の津波にのまれ消失した「茨城大学五浦美術文化研究所六角堂」(茨城県北茨城市)など登録有形文化財の建物6件の登録を抹消するよう中川正春文部科学相に答申した。近く答申通り告示される。大震災で被災した登録有形文化財の登録抹消は初めて。
 六角堂は仏堂と茶室を融合させた9平方メートルの六角形の建物で、明治時代に近代美術を指導した岡倉天心が設計、明治38年に完成した。海に突き出た岩場に立っていたが、津波で消失した。

以下略。いずれのニュースソースも現在リンク切れです。

なお、流失前の姿は、日経 日本の近代遺産50選 の 44 五浦六角堂
前稿の通り 北茨城で震災の被害と復旧・復興について講義を聴き、現地をご案内いただき、ホテルを出て隣地・六角堂に徒歩で。上掲写真は再建されたもの。2度目の津波で建物がさらわれた様子はホテルの座学で予習。
六角形の台座と海側にへし折れた火災報知機を残して流された写真から、引き波で建物ごと持って行かれた様子がよくわかりました。


六角堂岡倉像 岡倉天心 座像

本題の前に、岡倉天心と五浦六角堂について、上記リンクの近代遺産50選から説明を引用しておきます。
茨城県の北のはずれ北茨城市五浦海岸に、近代日本を代表する思想家、岡倉天心の旧居と六角堂がある。五浦(いづら)という地名からも明らかなように、その場所は陸地が急に海へなだれ落ち、荒々しい断崖(だんがい)と岩礁に囲まれた5つの小さな湾が連なる奇勝である。
西洋文明の荒波が押し寄せた時代。「日本美術の真価と日本人の心を広く世界中に伝えたい」という情熱にかられた天心は、1903(明治36)年、付近の土地を買い求め、2年後には居宅と六角堂、少し離れた高台に日本美術院研究所を建てた。研究所には愛弟子(まなでし)の画家、横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山を呼び寄せ、日本画の近代化を目指した創作活動に当たらせた。
六角堂の広さはわずか10平方メートル。木造の小屋と呼んだ方がいいような粗末な建物である。天心が描いた図面をもとに、地元の漁村平潟の大工、小倉源蔵が建てた。
~ 中略 ~

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード