FC2ブログ

函館 テーマ④ 建築ウォッチ 大物編

函館 市街


番組タイトル:北海道クローズアップ「レトロな街並みが崩れていく
NHKネットクラブ(会員登録が必要)

チャンネル:総合 放送日時: 2013年11月1日(金) 午後7:30~午後7:55(25分)

リンク先より番組詳細;
北海道を代表する観光地「函館」。歴史的な建築が生み出すエキゾチックな街並みが人々を惹きつけます。しかし、建物の多くは老朽化がすすみ、その維持に多くのコストがかかる中、個人所有者も、行政もその負担にあえいでいます。こうした中、4月から函館市が始めた新しい保護の制度は補助金を一切出さずに建物を守ろうというユニークなものです。今、建物の保護に何が求められているのか検証します。

【出演】建築史家・北海道大学名誉教授…角幸博,NHK函館放送局記者…長岡太郎,【キャスター】池田耕一郎,【ナレーション】村上真吾

 狙って行った訳ではないですが、同行者J氏と11/2の朝食会場で再放送を見ました。函館市は割とコンパクトな街なので、散歩の感覚でいわゆる伝統的な建造物をまとめて堪能できるのですが、出がけにこの番組を見てからでは、街並み保存の仕組みや建物のリノベーション、学生ボランティアによる補修作業など、グッと理解が深まりました。特に、取得における固定資産税の減免や補修の助成制度など、具体的な制度紹介について。伝統工法ですから予算の足しにもならないようですが。

 さて、建物写真を淡々と貼っていきますか。まずは旧中心市街地の官公庁他大型施設を中心に。時稿以下住宅(附・店舗)など小ぶりなものを。いずれにしろ業務やプライバシーに支障がありそうな内装とか、公開施設でない限り外観のみ。迷惑を掛けないことを基本に進めていきますが、不都合などご連絡いただきましたら削除していきます。

冒頭は番組写真に合わせて、大正~昭和初期の金融街の写真。現在はホテルや博物館として再利用。

函館 公会堂
函館 公会堂 見上げ

函館 公会堂大広間
旧函館区公会堂 明治43(1910)年と大広間

明治40年の大火で既設が焼失したので再建。総工費58,000円のうち50,000円を豪商 相馬哲平の寄付による。相馬家住宅も保存公開している(別稿)ので伺ったが、消防車2台なども寄付しておられる。
ブルーグレーにイエロー縁取りは創建当初のカラーリング、下見板張りという外壁工法で塗装仕上げが多かったので個性的な色合いの建物が多いようです。函館建築の特色として押さえています。重文。


函館 支庁舎
函館支庁 角度
函館 開拓使 書庫

旧北海道庁函館支庁 明治42年。付随してレンガ造りの旧開拓使函館支庁書籍庫 明治18(1880)!も。当時、東京からレンガ職人をまねいたそうです。

以上、すべて元町公園内。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード