FC2ブログ

静岡の住警器の普及状況と 京都旅館の200年

住警器2014-001
  住宅用警報器 設置を 13年、18件 被害防ぐ   2014.01.30 静岡新聞

 今年に入り、県内で火災が多発している。県内25の消防本部への取材によると、28日までに128件が発生し、8人が亡くなった。空気が乾燥して火災が発生しやすい状況で、県消防保安課は被害を最小限にするためにも住宅用火災警報器を設置するよう呼び掛けている。
 131件が発生し、10人が亡くなった昨年1月に迫るペース。1件で複数の人が犠牲になる火災が目立ち、12日に掛川市で3人、25日に袋井市で2人が住宅火災で死亡した。
 総務省消防庁の2011年のまとめによると、住宅火災の死者のうち、逃げ遅れによる死者は約半数に上る。県消防保安課によると、警報器の作動で、初期消火や避難に成功した事例が2013年中に判明しているだけで18件あった。このうち、火災に至らなかったケースは8件、4件はぼやで済んだ。
 住宅用火災警報器は06年、改正消防法の施行で新築住宅に、09年には県条例で既存住宅にも範囲を広げて設置が義務付けられた。煙探知型の警報器を全ての寝室と、寝室が2階以上にある住宅には階段への設置が必要になった。
 消防庁によると、12年の県内の推計設置率は72・9%で、全国平均の79・8%を下回っている。県消防保安課の担当者は「自分と家族の命を守るために設置してほしい」と訴えている。



 今年に入っての火災、確かに多いと感じています。当社静岡支店にて年頭の訓示の訓示でも記事にある掛川の火災や住居と併設の零細規模の工場火災などに触れ、消防設備士の使命は大きく、我々もプロ意識を向上せよと言ってきました。乾燥して風も強い時期になってきました。年度末の繁忙期に入りますが、こんな時ほどお客様へも積極的なアドバイスを。

 木造の町屋が密集している京都。以前から特筆してきましたが、先日お招きいただいた中でも発見がありました。京はフトコロが深い。
京町屋1 京都市役所の裏手ですが、町屋の入り口。 

京都まちなかの防火 2012.06.08 でも見かけた防火バケツのほかに、右上の赤い消火器ケース。

さらに拡大↓↓↓↓
京町屋配線隠し 屋敷が奥まっているからでしょうか。

 道路に向けて非常ベルがありますね。防火防犯に近隣のお互いが被害を最小限に、という事でしょうね。
 ところで、門扉なので各種メーターやポーチ灯など配線が集まっていますが、写真中央から取り付けてある竹。配線隠しのモールとして使っています。手がかかっていますね。古い佇まいの中にも、時代時代の要請を取り入れて、上手くアップデートするものだと、行くたびに参考にしています。

 今回、手配していただいた築200年の老舗割烹旅館。
京旅館カーテン 左端にカーテンが見えますね。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード