スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼けの理由ですが

2014富士総合火力01

 先週8/21ですが御殿場にて富士総合火力演習にいってまいりまして。地元の社長軍団に空きが出たから「来なさい」とのことで。総勢七名の補欠です。麦わらと長袖で行きましたが暑かったですね。長袖の下の皮膚がヒリヒリと焼かれている感が。ゴルフをやらないので、この時期に長時間を外で過ごすことはなく。シート席で参ったなあと思いましたが、いや、始まったら凄かったですね。望遠レンズなどマニアの方がきっと素晴らしい写真をUPしているでしょうから、ご興味の方は覗いてみて下さい。

陸上自衛隊・富士総合御火力演習 防衛省
グーグル画像検索 結果

 規律統制のとれた集団は美しいですね。実は10年以上前ですが御殿場基地に体験入隊したことがあります。青年団体の若手経営者セミナーの一環で。夜間の行軍とか、非常呼び出しなどのイベントがあるのですが、布団のたたみ方が悪いとか、ブーツの紐がほどけているとか、連帯責任で腕立て伏せなど。まずは自分の行動でチームに迷惑を掛けない「自己完結」という姿勢(精神や振る舞いを含む)を仕込まれます。その素地を鍛錬してからの組織行動からリーダーシップへと成果を出す実力集団ができるという事でしょう。若手から中堅で部下を持ち始めた諸君にも体験させたいなあ。是非に。ふふ。

 こちらは突然のお誘いなので(二日前に言われた)出先の予定もあるし前泊でいこうと宿を探したが、御殿場・沼津・三島は言うに及ばず、熱海、修善寺、箱根、小田原、富士吉田の3県にまたがり満室。富士市も。ネットだけではなく知人やコネを駆使して全滅。夜の飲食街や土産物など物凄い経済効果なんでしょうね。誘われた我が社長軍団7名のうち東京と香川がそれぞれいたくらいですから。

 反対のための反対の人たちが「1日に4億円を浪費した!我々の税金から!」という報道がありましたが、老朽化で廃棄しなければいけない弾薬を国民の理解のために活用するという広報であるといい、上記の波及効果がいくらかはわかりませんが、宣伝広告費としては悪くないのではなかろうか。A新聞の虚報でとどめという感じでしょうが、自虐報道の時代は終わったように思います。この賑わいもそうですし、静岡市の模型メーカーでオスプレイが爆売れだそうですから。

 以下、煙ばかりの写真をUPしていきます。

2014富士総合火力04

続きを読む

スポンサーサイト

箱館 その後 】 五稜郭では妖怪 五っしー が盛り上がってきたようです。

函館 五稜郭 五っしー


函館 テーマ② 五稜郭と新選組の最期 という割と固い記事を書いていたのだが、箸休め的に登場していただいた ゆるきゃら”ごっしー”。2013-11-11の記事ですが、半年後の今年のゴールデンウィークに”着ぐるみ”デヴューしておったそうな。実際に訪問したのは11/2(土)でした。

五っしー画像を検索してたまたま拙ブログにご連絡を頂いた Codex Leicester 2014 ―――― ダ・ヴィンチのレスター手稿の様なブログ. の記事 「五っしー」 からの情報。盛り上がっているようです。しかも着ぐるみが想像以上に可愛くて感心しました。

 こうして考えると、地方の名物というものは、いつ何時、名物に昇格しているものかわからない、旅は地域の一瞬しかとらえていないものだ、地域の経済は連続的に時系列で動いているのだと、当たり前のことを再確認。

 例えばですよ、浜松はうなぎの”養殖”が盛んだから代名詞になりましたが、白焼きという食べ方は、養殖場が産直でロードサイド販売の際、かば焼きのたれは調理師免許;要、塩焼;不要 という手っ取り早く売るための手法(養殖場のわっくん 談)。水戸納豆も大豆の産地でもなし、東京への納豆行商が盛んで代名詞になったとか。

 ここでもっと、平賀源内のようなアイデアマンが「土用の丑の日」とか、二番茶を売るために「茶柱が経つ」とか流行らせるとブランドイメージが定着するとか。日本だけはバレンタインにチョコレートとかね。

 ともあれ、旅先に行ったら”時系列の推測”という楽しみもあるようです。まだしばらく出張が続きますので、頭に入れて行動します。(仕事は?)

まあ、時期ですから。

幽霊-005 日本妖怪変化史 江馬 努 中央出版 大正12

 更新に暫らく間が空いてしまいました。出張が重なり、お盆前に期末と来期計画で頭がしびれています。いやはや。

 先ほどね、昼食に車で出ての帰りですが、交通量の多い交差点の右折待ち、先頭2台目だったので、横断歩道の上で待機していた感じですが、車両の右前方に歩行者ありの衝突センサーがしゃべり出してね、ついでにコクピットの車両モニターも右前方にアラートが点滅しまして。赤信号で誰もいないのにね。ああ、もう誰か帰ってきてるのかなと。

 最近の怪談では、カーナビが勝手に指示するところに着いたら墓場だとか〇〇の名所とかありますから。何かのタイミングで「怖かった」と感じる人がいれば怪談は成立しますので、少しうれしく思っているところです。実は今朝方、自宅で失せ物を二つ発見、というか普通に毎日見る場所に出てきてくれた感じで、今日は幸先がよいと喜んで出社したところ。この後の夕方までは社内の幹部会議、夜からは経済界の寄合なので、ビジネス上の”良い日”になることを期待していますがね。

幽霊-001 上掲書より 階段を降りる幽霊

 夜の飲み屋さんなんかで、先ほどのようなことがあったよと言うと、素頓亭さんは見える人だと言われてしまい閉口します。いや、自分でエピソードを披露しておいてなんですが。しかし、上のセンサー話も見間違えや気のせいだったりするケースも出来事としては”霊感がある”という評価をする人がいます。思った以上に見えると称する人が多くて、この時期は割と好きな季節です。協力会の親方(社長)とか同級生のスナックのママとか。銀座某のお姉さんは、ある特定のお客さんが来ると胃が重くなって呼吸が苦しくなるようで、明るく気前の良いお客さんだが店全体の空間が暗くなるとか、そのお客さんが帰るとげっぷが出て、呼吸が楽になって、お店もいつも通りの照度に戻る。霊のせいだと解釈していましたが、さて。

 そんな見えるよという仲間の中で、サラリーマン時代から親しくしていた同僚と先日、大阪で一杯やりましたが、「やめて下さいよ、素頓亭さん。」と鳥肌を立てていた話し。昔から一緒に歩いて通りかかったところ(形状が)変わったお寺さんがあるねと言うと、(心霊的に)ビシビシくるものがありますと返ってくる人ですが、うっかり先日犬山に行ったときの話題を振ってしまい。

幽霊-003 幽霊-004 黒い霊と白い霊

 前置きが長くなりました。先日、犬山での業界の寄合2次会のスナックの話しちょっと前に予告しましたが、皆さんお忘れの事でしょう。遅筆ですみませんぐ。 
NAITO-PABU-青い城 たまたまお休みの青い城

 ホテルでの懇親会が終わり、天気は小雨。有志(若手)3人と計四人で「ちょっと昼間に見つけた怪しい店に行かないか。」と示し合わせてタクシーを呼ぶもお休み。四人とも浴衣に下駄。財布を取りに部屋に戻ったのは筆者だけの模様。まあ、出世払いで返してもらおうか。あるいは値引き対応で処理してくれたまえ、諸君。で、木曽川沿いにホテルに戻る途中のラウンジ。タクシーの運ちゃんにこの辺りで落ち着いたお店といって案内されたラウンジでした。

続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。