スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら森岡の家 浜松市はまたまた文化財を破壊する

浜松市森岡の家の廃止について 浜松市

諮問界の概要

背景
この施設は元静岡銀行頭取の故平野繁太郎氏から平成5年に旧浜北市に寄附され、平成6年から施設の見学(無料)及び和室の貸出し(有料)を行ってきた。

経緯
平成20年に耐震性に問題があることが判明したため、平成21年から和室の貸出しを休止し施設見学のみとしてきた中で、平成24年に実施した建物調査による文化的価値の評価を受け、保存か取壊しかについての検討を重ねてきた。

課題
施設の老朽化が激しく耐震性も劣るため、倒壊の危険性も高く、施設の継続活用は極めて困難である。

諮問の内容
平成26年3月31日をもって「浜松市森岡の家」を廃止する。

備考 ;今後の予定
解体(予定)にあたっては、建物の価値を後世に伝える調査を実施し、冊子にまとめる予定。また、お蔵の中の所蔵品については、博物館に協力依頼をし、保存等の判断をする予定。

答申の概要
諮問内容について審議の結果、適切であると認めます。ただし、本協議会としては、この事業について次のとおり意見を提出します。
寄贈者の想いに配慮し浜松市森岡の家の記録を残し、貴重な装飾、所蔵品等で展示が可能なものについては、今後も鑑賞できるような方法を検討すること


※ 参考;さようなら「森岡の家」見学会・シンポジウムのご案内 公益社団法人 静岡県建築士会

。。。このTOPICには完全に出遅れ。「森岡の家 残そう会」の主要メンバーから昨日、SOSが来ました。昨日は会の主要メンバー7名と浜松市の幹部7名で膝を突き合わせてと静岡新聞の朝刊にもありましたが。いつもの案件と同じ、議会で決まったから粛々と壊す気のようだぜ?浜松には後世に伝えるべき何事も残らんなあ。今年度いっぱい粘るようだが、残り少ない時間でお手伝いできることが有るのかどうか。(無理強いはされてません)

それよりも、寄贈された文化財を勝手に壊す協議をはじめて良いものか。昔の基準の建物で震災、戦災と残ってきたもの。たとえば地盤の悪いイギリスなどは新築より50年経った中古物件の方が”確か”だから高く売れるそうで。家系とか一族の存続とか蓄積を許さないGHQによる相続税性も(財閥解体・農地解放と3点セットでしょう)、戦後レジュームからのという内閣はこれを言ってるのではないかと。寄贈者のいる文化財の解体は聞くたびに敗戦を感じてしまいます。

いや、今日は突然の情報に憤慨がストレートに出てしまった。昨日は文化財への無線自火報の話しをUPしたばかりなのに。いやはや。
スポンサーサイト

システム名称;Air-Seriese / 無線式自動火災報知設備

setsubi-1.gif
一社)静岡県設備設計協会 平成26年度技術講習会を開催いたしました 更新されておりました。

上は、第一部 静岡市消防局査察課  消防同意係 様  「最近の消防法改正とその指導」

消防関係品ご案内(無線式自動火災報知設備)
setsbi-zm.gif 弊社静岡支店長によるイントロダクション 

銀行協会
 全国第一号の施工になった文化財 木下恵介記念館 (旧 浜松銀行協会)
アンテナ 無線のアンテナ
【全国第1号!】文化財には無線式の火災報知機【設置記念】 2010-03-29 あれから結構 経ちますね。。。

setsubi-ho.gif メーカーの実機デモ

設置した当時には、【無線式】よい愛称はないものか【自火報システム】 2010-04-19  なんてことを考えておりましたが、

Air-Seriese 無線式自動火災報知設備【エア・シリーズ】 メーカー商品ページ

。。。いつのまにか決まっておったようです。実は6月に Air-Seriese 商品カタログ(PDF) も刷新されたようですが、弊社の全国初施工物件も写真入りで掲載されておりました。全国一号をやるとメーカーカタログにも採用されるのだなあ。光栄ですね。これを持って、「ウチです、ウチ!」と誇らしげに営業してきてほしいところだが、うちの営業スタッフは奥ゆかしいからなあ。うちの支店長は80人の前で言ってのけましたけどね。

後日、詳細を。

ちょっと二点ほど。スマホからなので詳細は後日。まずは備忘録です。

先日、UP しました京都の建築散歩は、やはり建築と京都が好きな読者様より、祇園のロボットビルは見逃していたので、チクショーとの由。一緒に建築ウォッチしましょうかと盛上りましたが、先輩もさるもの、有名寺院などに行っても、この大伽藍には釘が使われていないとか、技術的に立ち止まってしまうそうで。まあ本職ですから。団体行動には向かないと自己申告あり。各所自由行動、祇園で反省会が妥当か。あ、筆者も団体からはぐれるタチなのです。

一般社団 静岡県設備設計協会 平成26年度技術講習会 コーディネート。
静岡市消防局査察課 様をお招きし、最近の消防法改正とその指導 をテーマに基調講演。そのご、最新の消防関係品解説。まあ、実務窓口は静岡支店長。お疲れマウンテン。

以上、これだけ書いておけば忘れず詳報できるはず。はず。

嵐山に社員旅行に行かれたそうで。

kyo-3.gif
平安神宮

 先ほど取引メーカーさんがご来社。社員旅行で京都は嵐山に行かれたそうで。紅葉はまだまだでしたがシーズン的には紅葉の商機に入っているようですね。本番にかけてぐちゃぐちゃになることでしょう。去る土日に公用1割:私用9割で行きましたので、取り急ぎ。

kyo-kabren.gif
歌舞錬 某社さんに都踊りのご招待を受けた際には撮影禁止でしたので。こういう建物も帝冠様式(愛知県庁のような)というのかな。

kyo-isi.gif 宝石屋さん


kyo-sui.gif
水道組合さんだったかな。

kyo-robo.gif 祗園のテナントビル。近未来風。

ひとまず。

1000ちゃん、これこれ。

gengo-001.gif
松井源吾作品集 1955-1989 / 松井源吾作品集刊行委員会 鹿島出版会1990


 先日、1000ちゃんとの話題にでた構造設計の写真集は「松井源吾作品集 1955-1989」でした。
色々と著名な建築家の写真集が出ていますが、ちょっと変わったものを見つけてね。菊竹、吉阪、黒川紀章etc....著名な作品の構造設計を担当された、え~と誰だっけ。。。。という会話で。ちょっとビルを愛でる視野が広がったということを言いたかったのだが、「誰ですかそりゃ、ちゃんと教えて下さいよ。」ということでした。赤線や書き込みがあるので、ちゃんと勉強している人が持っていたんでしょうね。

ぱっと素人にもわかりやすかったのは、ホテル東光園 島根 菊竹清訓建築設計事務所 1964 ↓↓↓
gengo-002.gif
「下部の柱は、添柱と貫梁により、密度の高いラーメンとしている。宮島の鳥居の手法である。」

gengo-003.gif 1階ラウンジ
gengo-torie.gif ※ 宮島の鳥居。

あとは時代の好きな建物写真集として、こんな角度で見たことはなかったなあと感心するばかり。

gengo-004.gif
パシフィックホテル茅ヶ崎とか

gengo-005.gif 中銀カプセルホテルの施工写真が(個人的に)拾い物。

近況とか予告とか

 バタバタして現行のストックも切れてと、執筆ペースが落ちています。社内文書、対外的な文書など実務上のものは何とか追いついてますのでご心配なく。静岡地域の業界団体発行の冊子から原稿依頼がはいっています。例年、中国の古典定型詩など教養深い先輩諸氏の手稿が掲載されていますので業界若手として遠慮しているところですが、50期の節目なのでPRしても良いかと草稿というか走り書き中。先輩諸氏に叩かれないように頑張ってみます。打たれ弱いので。

 社内の人、一般常識テストの結果は翌日にはまとまっていますが、なかなか講評できなくてすみません。ニヤリとするものは既に付箋をしてあります。しばし待たれよ。

 先日、一級建築士(仮称1000ちゃん)と一杯やったのだが、拙ブログをよく見てくれている人(イェ~イ 見てる?)。弊社の公式ホームページにもツッコミがありました。若手社員でリニューアルを掛けてくれまして、こういうページを挟んでよいですか?とか色々チェックを頼まれるのが楽しくて放置していましたが、見難い部分もありますね。検索して辿り着いたお客様に見ていただくものなので、今一度きちんと見てみます。リクルーターのページ、先輩社員のアドバイスは感心してくれましたよ。

 1000ちゃんをはじめ、拙ブログのアート・建築カテゴリを楽しみにしてくれている人がいまして、プロの方にお恥ずかしい次第ですが、「知ってしまったら無くなってしまう視点が新鮮」だそう。相互リンクを張らせていただいている方ともweb上で感想を述べ合ったり趣味としてはとても楽しいカテゴリです。比較的業界からのアクセスの多いページにもなりますので目に留まってその先、防災カテゴリも覗いていただければ幸いです。力を入れていきたいところで次回は1000ちゃんからのリクエスト。酒の肴に「構造設計の写真集を買ったよ。色々な建築士の作品を構造設計で支えた、割と著名な人の、誰だっけ」という話題でしたが、松井源吾さんでした。

 本日、セルコ共栄会(弊社安全協力会)の総会、明日土曜は社内講習の講師~夕刻は会長を仰せつかっている客先協力会の総会。我ながらなかなかタイトなところに勉強会を突っ込んでしまい、講義内容をどうするか頭をひねっています。

 一昨日、メインの取引メーカーを表敬。第50期の節目、来年6月の50周年に向けて更なるご支援の要請でご挨拶。
10:00~11:20までご多忙の中、予定を延長してご対応いただきました。その晩、丁稚奉公先でもあり、95年入社の同期6人が駆け付けてくれてミニ同期会。みんなありがとなぁ。
95-7.gif
ちょうど出席社から写真が来たところ。顔だけぼかしましたが楽しそうなことが伝わればOK.

 で、出席の6人に御礼のメールを送りまして、明日、受講してくれる皆さんへ、下記のような追記を出しましたよ。

追伸;明日土曜、社内講習の講師を頼まれています。
施工・点検技術社員向け。研修時代の経験を話してほしいとの事。
上場企業の教育や制度などローカルに持ち込んでも皆が潰れてしまうので
ゆっくり改善してきました。帰社後15年目になりますが、実務者の世代も変わり
ようやく意欲的になってくれたようです。
皆さんと親しく酌み交わし、気持ちの部分も色々と甦り、お蔭で
有意義な講習を開くことができると思います。改めてありがとね。

 

企画します; 将監町(しょうげんちょう)の将監割り

yatai-0.gif
将監第一公園(后土神社ごうどじんじゃ)でスタンバイする屋台

 本年で3回目、恒例となりつつある蒲神明宮例大祭、将監町への接待です。本社所在地のお祭り。町内にあった企業も多くは工業団地等に移転するなど、近隣がすっかり住宅街になり、少子化の世の中で近隣の小学校はマンモス校という評価を維持しています。一方、企業自体は減少していますので、不景気この方お祭りを接待する事業者も年々、ね。

10町内屋台集結 蒲神明宮で例大祭 浜松・東区  2014/10/13 静岡新聞

yatai-01.gif
先発のラッパ隊のあと、本体がお囃子とともに来社。

yatai-02.gif
自治会より口上を頂き、弊社を代表してご挨拶。
「年が明けて50周年になります。将監町の皆様には景気付けで応援してください」という趣旨。

yatai-03.gif
飲食を振舞ったあとは、お立ち台(ビールケース)で弊社側が飲み、お祭りの役員さん側が飲む飲む。

続きを読む

こんなのがまだまだあるのか。。。。 

消火器 全
弊社、廃棄消火器の保管場所(リサイクルです)

消火器 保管所 ㈳消火器置工業会が受けている広域認定
廃棄物保管場所としての弊社分の割り当ては小型700本 大型140台 (本社分)

消火器 放置

5月にこれはヒドイ、急患だね とUPした腐食消火器もかすんで見える、もはや現代アート。

後付けのバーコードが付いたシールはリサイクルシール。これがないと引き取れません。
消火器 腐食
下半分の塗装が剥げ、錆びて穴だらけ。初めて見ました。結構、鉄板は厚いのだけども。
鉄(アイアン)の工芸品が好きな人がいるが、そのなかでも「この錆がたまらない」というマニアがいて、鉄の造作物をわざわざ錆びさせて、気に入った錆び具合で腐食の進行を止めるといいます。実にちょっと持って帰りたいと思ってしまいました。

消火器 点検済み 昭和59年 30年前の点検ラベル

昭和42年製らしいが、きちんと同業者が管理していたものの、30年ほどはどこかに仕舞い込んで、廃棄もせず『放置』になってしまったようです。消防機関の呼びかけか何かで出てきたのかもしれません。

続きを読む

ただいま採点待ち(かなり楽しみ)

 浜松より、台風大変でしたね。一過、爽やかな天気になりましたが。昨晩23:00頃かな、自宅の近辺で落雷。3:00頃から朝7:00過ぎまで、何度もスマホに避難勧告(家内は携帯キャリアが違うけど、そちらには来てなかった)。最新のものは天気は上がったけども、土砂災害への注意喚起。何度も起こされたけど、ありがたいシステムですね。会社の方でも、つい今しがたまで電話の光回線のトラブル。やっと復旧したようです。台風一過、一斉に復旧作業が始まったようですね。
 尚、日曜に名古屋まで資格試験を受けに行ってくれたスタッフ。お疲れ様でした。「受験できてよかったですよ、結果はどうこう言えませんが」って。

 さて、土曜日。第50期の経営方針発表会。なかなかに良い発表会になりましたね。午後は役員会と並行して社内研修、晩方から幹部社員で第50期決起大会。朝から(一部)深夜までお疲れ様でした。

 幹部社員の発表の中でありましたね。「やる気にさせる、その気にさせる、環境が人を育てる」、地元を代表する大企業の4代の社長に仕える副社長の言葉だそうです。当社も 次のリーダーを育てる ということで今回から発表者に加わった若手諸君に仕掛け、というかイタズラ。発表会の前日夕方から「明日の発表はアンタのところが重要、ツマラなかったらわかっているね」とか、その場にいる上長と「若手諸君で言いたいことがたくさんあるだろうから、我々は手短にしような」とか。発表の準備はそれなりにしていたようですが、一晩かけてより深く考えてくれたようで、決意表明、よかったね。発表会を終えて、研修を終えて、決起大会も終わる22:00頃、「社長、やっと手汗が引きました」とリラックス。男の手を握っちまった。。。。いや、逞しく自信がついた握力でしたよ。

 決起大会(宴会)も会場に皆が揃ったあたりで、司会を振られた別の若モノ。「え、自分っずか?」。どんな風に進めればよいですか、と。 「ん?うまく回ればいいよ?」と答えると困惑したようだが、クロージングまで楽しく進行してくれましたよ。会長も参列してくれたので、「会長、彼の手柄はね。」と目に付いたところを手招きして会長とマンツーマンとか。会長もご機嫌(72)で若手数名を2次会に連れて行ってくれました。もう、そうそうない機会だからね(会長にも別途、たまには若手と飲まないと老けちゃうと心配中)。

 そのほか、君もそろそろ意見を言ったらどうだと問うに、「え、じゃあ、2軒目で。。。」。行く気満々だねぇ。

 で、発表会の後の恒例の一般常識問題。みんな拙ブログでの講評を楽しみにしてくれていたようで、過去問の 細川たかし(誤答)とか、くわとろ島(誤答)など話題になりました。今回は漢字の読み書きに特化しましたので、かえってキツかったとのこと。受け狙いでわざと間違えてやろうかとか、いやいや受け狙いは見抜かれて採用されない(されたいの?)とか、ぼちぼち意地悪な性格も浸透してきたようですな。今回、特に”いじられた”と自覚がある人がいるようですが、正直楽しかった。すまん。

大事 】 季節感も伝わらなくなってきたかも

kokkei-001.gif
古本屋さんでオマケで貰いました。桜散るなかを歩いている女学生ですが、すごいアングルですね。現代ならハイカラさんのような袴姿は卒業シーズンのような感覚ですが、明治大正の頃は日頃の服装なので桜の入学シーズンでしょうか。

滑稽新聞社発行 とありますが、絵葉書資料館というところが発行している復刻ハガキ¥158。
宮武外骨 という明治の変態ジャーナリストがおりまして、バブル期の再評価だったので、学生時代にインパクトを受けました。

新編 予は危険人物なり―宮武外骨自叙伝 (ちくま文庫)新編 予は危険人物なり―宮武外骨自叙伝 (ちくま文庫)
(1992/12)
宮武 外骨

商品詳細を見る


※ 以降からハガキは復刻ではありません。為念。

拙ブログでは、片手わざでは暑中見舞いには使えないなあ 片手わざ-001 クリック拡大 とか
七夕ですね、静岡人が思い出すのは? 滑稽七夕 滑稽鵜飼 なんかで季節ものにUPしています。

 このところ時候の挨拶とかはビジネス文書の素っ気ないものになっちまっていると思いますが。季節感を感じる絵ヅラは(会社生活の限り)盆暮れくらいしかないのかな。そうした昨今でも、古参の方に限らず筆まめで粋な人もいらっしゃいますが、やはりカッコよいですし、見習いたく思います。常々。
 そんなわけで以下、滑稽新聞社発行のものをペタペタ貼っていきます。

kokkei-005.gif ”思う”の字
古歌に 思はじと思うも物を思うなり 思はじとだに思ふ君かな と詠めるがごとく 
思いに沈み思いに迷うときは、暗き夜に火を持ちながら火を見ざるがごとし、
思いというは これ何者ぞと思いに思いを重ねて明け暮れに工夫をこらせば、
遂に思いの破るる時節あるべし
  提灯の消えて身にしる夜寒かな  月麿
・・・ずいぶん哲学的なようですが「思い」を執拗に出すことで軽妙に遊んでいるように感じます。

kokkei-003.gif 松茸のお使い物
 これまた目にも鮮やかで切り取り方がえろちっくですな。こちらが本音だと思います。

続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。