スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50周年感謝祭 御礼(内向きに)

共栄会の皆様ならびに弊社スタッフの皆さん

 先週末は50周年感謝祭へのご出席ありがとう、特に設営スタッフはお疲れ様でした。ご来賓の皆様には当社を代表して お礼状をしたためたところです。様々な分野からのご祝辞でも日本の50年の出来事と、当社の経営環境への理解が深まったことと思います。温かいメッセージに大変心強く思いました。ご挨拶でも述べましたが、決して順風満帆ではなかったなかでの折々に共栄会の皆さんのご支援のもと、社員一同団結して立ち向かってくれた結果であり、ご来賓をはじめ得意先のお支えの賜物であると思います。ご縁とか絆とか、古くからの言葉が身に沁みますね。皆様から頂いたエールを後押しに来年6月10日の創立記念日に晴れやかな顔ができるよう頑張ります。今後ともお支え下さいね。(重くてすみません)

 ちょっと硬い書き出しが長くなりましたが、2次会3次会とそれぞれ楽しまれたように聞きました。良い年末になりましたね。本当に皆さんの2次会場3次会場までお邪魔したかったのですが、体が一つなので。明石家さんまさんがどこかで言っていたことですが、「自分のいないところで仲間が面白い話をしているのが我慢できないからトイレに行かない」とか気持ちがよくわかります。個別の忘年会なんかがありましたら声かけてね。年内の忘年会予定はやっと折り返して、10回を切ったところです。ふふ。

 客先への年末周りも始まり、今年も終わりなムードですが、まだ10余りは仕事ですから最後まで健康と安全に気を配って頑張りましょうね。
スポンサーサイト

私的には、こっちほうがスゲエ。

前稿で最近の業界的な重大ニュースをUPしましたが、趣味のほうではこのニュース。

ニホンオオカミの歯か 鍾乳洞で発見、埼玉・秩父 2014/11/26 47news

国内の洞窟を調べている考古学の専門家らの集まり「日本洞穴探検協会」(本部・千葉市)は26日、埼玉県秩父市の鍾乳洞で、ニホンオオカミのものとみられる歯1点を発見したと発表した。

 ニホンオオカミは明治期に絶滅したとされる。骨や歯の発見は全国で十数件しかないといい、調査した長谷川善和・横浜国立大名誉教授は「発見例が少なく学術的価値が高い」と話している。

 協会は10月12日、入り口から約200メートル入った泥の中で歯を発見。下顎の切歯で、形状や大きさが一般的なタイリクオオカミやエゾオオカミとは違うという。


 うふふふふ。日付が大きいのは気にしないで下さい。ふふふふ。

秩父と言えば三峯神社に代表されるオオカミ信仰で知られていますしね。今は浜松市となった水窪町にもオオカミを祀った山住神社があることですし、民話も残っています。奥三河から天竜峡にかけての広範囲に、山伏のネットワークとリンクして、鬼まつり・天狗・ミイラ(即身仏)・ニホンオオカミと、いや、大人げないですね。この辺りにも探検隊が入ってくれないかな。自分は体力に自信なし。ついでに ニホンオオカミ 発見 で画像検索も楽しく。

前の記事で安曇野までドライブと書きましたが、帰路は飯田から三遠南信道を。ずいぶん通りやすくなりました。

※ 12/16追記 上のような記事をUPしたとたんに、オオカミではないが山の神様(級)の大イノシシが獲れましたね。浜松は広い。。。

捕ったぞ大物 イノシシ130キロ 浜松・天竜区  2014/12/13
浜松市天竜区横川で12日、体長約1・6メートル、体重130キロ以上の巨大なオスのイノシシが捕まり、地元猟師を驚かせた。
 西部猟友会に所属する天竜や磐田などの会員9人が山林で狩りをしていたところ、同日昼ごろ、イノシシと出くわした。猟犬とともに追い掛け、暴れるイノシシを捕らえた。体長1メートルあれば十分大物という。仕留めた左口政男さん(71)=磐田市大久保=は「約45年間猟を続けているが、こんな大きな獲物は初めて。牙もとても太い。最近は人を襲う被害も出ている」と振り返った。
 会員が命の恵みに感謝しながら、川辺で早速さばいた。イノシシはとても脂がのっていて、しし鍋などにする予定。内臓も食用になるという。

懐かしの「しし鍋」再現 浜松・引佐で試食会  2014/12/15  同紙 おいしそう

それでは晩方、楽しみにしています。

 例年ですと12月の第2金曜日は弊社とセルコ共栄会(工事安全協力会)との共催で忘年会。弊社は10月より50期に突入し、半年後の6月10日に創立50周年を迎えますので、今回は趣向を変えて「50周年感謝会」としました。共栄会や仕入れ先などパートナーの皆さんに、お支えへの感謝とともに、創立記念日をキチンと迎えられるように胸を張った数字を積み上げるべく、叱咤激励を頂くべく企画しております。

 今回は日本酒の持ち込みも多めに、一升瓶8本と四合瓶8本だったかな?ご用意しました。社員の皆さんも共栄会さんも今年も大変がんばってくれましたので、たくさん労いたいところですが、おそらく例年通りご来賓といっぱいいっぱいになることと思います。役職者の皆さんも今日は「感謝会」でおもてなしをする側です。多くのご来賓と歓談してくださいね。

 今日は最後まで楽しみにしています。それでは車を置いてきますので、のちほど。

最近の火災関連ニュース 2点

 年末シーズン、出張や宴会が続くと気に留めているニュースもどんどん風化してしまいますね。下記2点はそれぞれ出先から気になっていたニュース。もうひとつ弊害は地元のローカルニュースが飛び飛びで浦島太郎になることか。昨日の
浜松の松菱新館、来春解体へ 複合ビル建設検討 (静岡新聞)なんかも、ようやく決まったね とか。

それでは2点

1、蟹江の5階建て倉庫で火災、未明まで炎上 
">蟹江の5階建て倉庫で火災、未明まで炎上  2014年11月30日 02時00分 中日新聞

 29日午後4時15分ごろ、愛知県蟹江町北新田の運送会社「中部第一輸送」から出火、5階建て倉庫が燃え上がった。倉庫の壁が崩れ落ちたり大きな破裂音が聞こえたりして現場は騒然とし、30日午前1時半現在、炎上中。蟹江署によると、けが人はいない。
 現場は東名阪自動車道の蟹江インターチェンジ(IC)近くで、周辺に農地や住宅、飲食店などが点在。東名阪は29日午後7時すぎから通行止めになり、30日午前1時現在、上り線は弥富IC―名古屋西IC間、下り線は蟹江IC―弥富IC間が通行止めになっている。会社周辺の県道(西尾張中央道)も通行止めになっている。

 ~~~ 中略 ~~~ 

 蟹江署によると、出火当時、倉庫には複数の従業員がいた。従業員が倉庫の2階から火が出ているのを見つけて通報した。
 運送会社のホームページによると、同社は運送業以外に産業廃棄物処分や梱包資材販売などを展開している。


⇒ ツィッターなんかで出火状況や、一般道も信号機の電源が切れて交通麻痺なんかが実況されていて大事でしたね。翌朝9:30頃、安曇野に所要で遠乗りしてきましたが、NEXCO道路状況でも10:30現在、通行止めが解除されていませんでした。けが人はなかったものの、近隣の一般道だけでなく有料道路の通行止めを長時間 発生させる規模の火災という事で、火災原因などの詳細を知っておきたいと思っています。2週間たった今日、検索しても大した続報は見当たらなかったですが、注目しておきます。

2、虎ノ門ヒルズで非常用エレベーターを活用した避難計画の運用を開始虎ノ門ヒルズで非常用エレベーターを活用した避難計画の運用を開始
森ビル株式会社  ニュースリリース 2014年12月02日

超高層複合タワーで初めて東京消防庁より認定を取得

森ビル株式会社は、この度、火災時における歩行困難者の避難手段確保を目的に、虎ノ門ヒルズにおいて、非常用エレベーターを利用した避難計画の認定を取得、運用を開始しました。これは、東京消防庁が昨年10月に運用を開始した「高層建築物等における歩行困難者等に係る避難安全対策」に基づくもので、超高層複合タワーでは初めての認定取得となります。

従来、火災時にエレベーターを利用した避難誘導は禁止されていましたが、昨年9月30日に発表された指針により、東京消防庁管内の高層ビルや高層マンションで火災が発生した際、高齢者や障害者など歩行困難者に限り、一定条件のもとで非常用エレベーターによる避難が可能となりました。これを受け当社では、虎ノ門ヒルズにおける運用の検討を開始。所轄の芝消防署と綿密な協議を重ねながら、書類の届け出、標識の設置、認定に向けた検査を経て、この度、歩行困難者の一時避難エリアの設置、および非常用エレベーターを活用した避難計画の認定に至りました。
当認定取得により、歩行困難者を一時避難エリアに待機させ、消防隊到着までの間、防災センター係員による非常用エレベーターの操作によって、火災時の混乱や混雑を回避したスムーズな避難誘導が可能となります。
現在、六本木ヒルズ森タワーや六本木ヒルズレジデンスでも導入に向け協議をすすめており、今後は、アークヒルズなどヒルズクラスのビルおよび新規開発プロジェクトにおいても、積極的に導入を検討してまいります。

続きを読む

直近の社内プログラム

kunren.gif 12.6防災訓練

 先週末12/6 人事考課の役員会は荒れることもなく終始和やかに。いや、営業一部には厳しかったか。
皆さん、おおむね頑張ってくれましたので、多くは各人の成長度合いの確認と ねぎらい、今後の期待するところを。近々フィードバックがあると思います。年末年始と多忙になりますが、しっかり受け止めて次の目標に向かってくださいね。期待しています。

 午後からショールームに来客があるというので、役員会で昼食後に帰社すると午後イチから防災訓練だったようです。皆さんの邪魔にならないように避難場所に顔を出しました。上長に聞くと、今年は死亡者なしとのこと。見た感じ、もう少しキビキビしていてもよいと思います。日頃の行動に出ます。

 スモークを焚いたり消火栓を起動したりと大がかかりなものはショールームへの来客対応のため割愛したそうですが、本来であれば、防災屋の防災訓練として来客にも見てもらえばよいPRになったと思います。気の使い方が逆ですよ。
「大切なお客様にも見てもらう」からこそ、ダラダラした振る舞いはできないしね。検討を要します。

 来客は大手施設の設備担当者20名弱でしたか、消防法の動向と消防機器の取り扱いについて勉強会に見えられました。光栄なことです。冒頭、ご挨拶の時間を頂戴しましたが、さらに前日、弊社も火災報知機メーカーさんを招請して同様の勉強会(プロ向け)があったばかり。弊社もさらなる向上をめざし、より良いパートナーになれますよう努力してまいります。今後ともよしなに。

 さて、明日明後日の両日でISO14000のサーベランスですね。内部監査の報告を受け、マネジメントレビューへコメントを寄せておきました。環境負荷に対して様々ルール化し、目標を設定し、記録されていますが、繁忙期には物理的に産廃や資源消費が増えますが、こちらに気を捉われ過ぎて業務が委縮することの無いよう、日頃の習慣やマナーになるよう向上を目指してほしいとお願いしてあります。委員の皆さん、大変ですが上長や社長をうまく使ってみてください。健闘を祈る。

東京です、短稿。

日経本日付、首都圏版だけかな。
虎ノ門ヒルズ、非常用ELVを避難誘導に。認定。
複合超高層で特例。詳細は帰社後に調べたい。

良い図面を見て思い出話

はまホール解体せず 浜松市、来年度に検討会で協議
(2014/11/26 14:15) 静岡新聞

 浜松市の鈴木康友市長は26日の定例会見で、老朽化などを理由に2015年3月末で閉館する市教育文化会館(はまホール、中区利町)について、当面は建物を解体せず、ホールの設置目的などを定めた条例も残す考えを示した。新設や廃止など閉館後の対応が決まるまで「休館」と位置付ける。建物の解体経費は来年度当初予算案に計上しない。
 市は15年度に検討会を設置する。市内の他のホールの利用状況や利用者の意見などを検証し、廃止や建て替え、別の場所への新設などを検討するとしている。
 はまホール閉館問題では、存続や代替施設の建設を求める6万人以上の署名が集まっている。鈴木市長は「検討会の結論が出るまでは休館。解体は結論が出た段階で判断する」と説明した。


 気に掛けていた件ですが、ひとまず当面は解体にストップがかかりましたね。
地域団体 はまホールを存続させる会  様のご尽力の賜物だと思います。ちょっとFacebookを拝見したところ、市から提供ということで、日建設計さんの設計図面が紹介されていました。10月16日付けの記事。手書きの設計図は味がありましたね。CADが浸透しつつある時期に修業先で設計研修していまして、もっぱらドラフターで手書きの設計感覚を勉強していました。手書きが混在していた時代に、営業図面でも施工図面でも、手書き、あるいは手書き文字が人気で、正直、残業多かったっす。当時は、後々にCADを覚えるにしても、手書きの設計感覚を身に着けないと”表現力”が身に付かないとされていました。修業先では。

hamahall-slash.gif
図面が4枚 UPされていまして、無断で拝借しています。このような図面に弊社であれば消防法に則って、火災報知設備や消火設備を書き入れていきます。適法である前提で機器の配置や、配管配線の引き回しなど、設計者のセンスを邪魔しない美意識を設計感覚と呼んでいました。ちなみに、適法である以上に、最適な避難誘導や、早期発見・初期消火に最適なシステムを組むことを、「防災思想」と呼んでおります。はまホールの館内を歩くと、最先端の設備の収まりを見ることができます。

はまほ 消火栓BOX 最近、壊しすぎじゃないかい?より再掲

雑談が長いですね。
 
 これ以降の部分は書かない方が良いのかも、と思いながらも書いてしまいます。次年度以降、従前の記者発表通り、粛々と解体されると思います。テレビで話題になり、署名も6万人集まってしまいましたが、閉館して風化というか沈静化を待ち、結論の決まった検討会でGOが出ることでしょう。上記の彩色部分のニュアンスですと。
「壊す勇気」とは、市政報告会の題字に記載されています。。。。良いものは残したいですが。。。。

本のある場所 ガイドブック

静岡本のある場所 (momo book)静岡本のある場所 (momo book)
(2014/11/28)
清水麻子

商品詳細を見る


内容紹介
静岡県内の、本にまつわるすてきな場所をご紹介。 独自の視点で本を集めた[セレクト書店][古書店]、あらゆるジャンルを網羅する大型店や店長の心意気がのぞける[新刊書店]、お茶を飲みながら本に出合える[ブックカフェ]のほか、図書館・大学図書館・美術館といった、公共スペースも掲載しています。また、2012年からスタートして盛り上がりを見せる「静岡書店大賞」の初回から本年の実行委員長へのインタビュー、取材させていただいた方によるテーマ別選書、書店員さんやパティシエ、造園家の本棚拝見など、コラムも充実しています。

著者について
東京生まれ。浜松市在住。 百貨店勤務、広告デザイナー、専業主婦を経て、フリーランスのライター、ラッピングコーディネーターを約20年。 その傍ら、静岡文化芸術大学に入学し、建築を学ぶ。 何よりも、本とパンが好き。

 ようやっと 静岡にもこの手のガイドブックが出ましたね。しかし、静岡支店から浜松本社に戻ってから、こんなに静岡市に古書店が増えていたとは。まあ、それでも静岡県全体で本屋が少ない。本書一冊分より札幌仙台東京名古屋京都大阪博多には新書古書専門書が競争していますので(実感)。静岡県下の二つの政令市は、文化的にはずいぶん差がついちまったなあ。

ところで師走。年末進行でバタバタしておりますが、今週土曜は人事考課<決定>の役員会です。日頃から「ちょっとは本を読んだら?」と言われている人、「これからは本を読んで勉強します」と眉唾な返事をくれる人、忙中閑あり ですよ。
プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。