スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50周年記念講座 感想文揃いました

研修50期  研修棟講堂

 先週は勉強会複数、総会・懇親会、接待。毎日でした。連休直前の今日もですが。連休明けからが総会・出張シーズンに突入します。うひー。毎年の事ですが。

 さて、今回は仕入れ先防災メーカーの経営層をお招きして、いつもの商品説明会とはレベルの違う「消防業界の展望と生き残り」をテーマに熱く論じていただきました。講師様、45周年の時にも、また社員みんなで工場見学に伺ったときにも講座を開いていただきました。毎回、その場の御礼だけなのですが、今回は受講生(当社スタッフ)一同より原稿用紙1枚程度ですが、感想を集めて提出いたします。夕方受講の2日後締切のタイトなスケジュールでしたが、平常業務の合間によくまとめてくれました。前数に目を通してから、社長より御礼の鑑をつけて郵送しました。

 冒頭は担当母店長より新商品と点検要領のお話し。健康診断と消防点検を重ねて楽しかったですね。ちょうど静岡支店の諸君はWEB会議システムで参加の予定が、直前までは使用していたのに本番で不具合。残念でしたね。昨日の検診までは大丈夫だが救急車とか、日頃の運用確認とか、それでも不具合は発生します。タイミングな話題でした。

 さて、真打ち登場ですが、商品寿命・企業寿命のはなしからいきなり引き込まれましたね。座して死を待つか、打って出るか。社長拝命=リーマン破綻の年でしたから、客先・仕入れ先には常に「前向きに倒れますんでヨロシク」と伝え続けて参りましたよ。もう8期目となりましたが。

 皆さんの感想文に目を通して、指導力不足を痛感して落ち込んでます。。。。
当社の事業目的、社会的使命は変わりませんが、景気の波や社会情勢に応じて、新商品・新サービスにチャレンジしてきましたね。背景にある危機感など伝わりにくいものです。ここのところのキビシイ役員会は、まさにここが議論になっています。全社一丸とは簡単に言いますが、バックボーンの共有がどれほど重要なことか。今回は大いに後押しをしていただきました。
スポンサーサイト

絵葉書 】 だまし絵に触れましたので、かこつけて

15絵葉書-002 髪を梳く婦人
某SHOPがDM用に復刻しているハガキ

名港だまし絵1
名古屋港周辺を散策した中で、街中にトリックアートがあるよ とUPしました。

だまし絵が好きでね。大掛かりなところではサルバドール・ダリの部屋とか。

15絵葉書-001 牧神パンと戯れる乙女たち  同SHOPのもの

だまし絵を引っ張り出すついでに目に付いた絵葉書をチョイスしまして。久しぶりにぺたぺた貼っていきますね。

15絵葉書-003 鏡台に座るj婦人

15絵葉書-004 二人の子供
ともに戦前 欧州の有名なだまし絵の日本画家によるコピー。

15絵葉書-005 15絵葉書-006
達磨(福禄寿かな)の顔は写真コラージュですが当時の有名な人かな

15絵葉書-007 胡椒息子て。試写案内

15絵葉書-008
仙台の繁華街で著名なイベントだったらしい紙の造作物の競演。ウスどんがいい。

続きを読む

地元資本が気が付けば

冨士ラビット
富士ラビット@京都

今日は爽やかな朝ですね@浜松。
ここのところ更新が好調だと言われました。社業や時事問題などではなく、趣味のモノは写真をぺたぺたUPするだけなので、快調です。責任もないですし。ふふ。このやりとり、ウチの中堅からでしたが、午前中のムニャムニャと、予定だけ空けさせられて放置プレイのアポと、で、写真を淡々と貼って気を紛らわしていたと。「色々あるんですねぇ」同情されました。

 さて、3月末ですが、今年も老舗お得意先の先輩からお招きがあり、京都。ここでも時間調整と称してぶらぶらウォッチング。まあ、降ったりやんだりでしたが。

 イカス建物ですが、1階テナントに「なか卯」さん。京都はこういった活用が多くてよいですね。散歩の成果はまた、無心でUPしたい時にでも。

 文化財がスタバに!青森・弘前「旧第八師団長官舎」にコンセプトストア 最終更新日:2015.03.05   エリア:青森
Banq 様 『Banqは、「上質なライフスタイルを、あなたに」というコンセプトで運営されているキュレーション・メディアです。質の高いイベントやトレンド情報をいち早くお届けします』 より。一般紙でも取り上げられていましたが、建物写真がきれいだったので。

”観光”ってどういう意味? 別府の件をまとめる前に 2012-08-01 より再掲
3.今後の展開が具体的なヒント
・観光資源の棚卸しと再編成 
  =浜松の良いところは浜松の人が理解していない。客観的な観光資源としての洗い出しと見つめなおしを。
・観光まちづくりはハード(インフラ・資源の整備)とソフト(受け入れ態勢)
・観光システム産業、交通・宿泊・旅行業の連携
・観光情報の発信(センター構想)
・広域観光への指向
・観光帰宅困難者があまり注目されていない。災害時の受け入れをどうするか。


名古屋港水族館と周辺散歩

しかしよく降るね。土日で晴れ間しかできない片付けがしばらくできなくてスッキリしません。そんな貴重な晴れ間をつぶしてしまった話です。

名古屋港S
名古屋港水族館 観覧車てっぺんから。高いところが好きで。

名古屋港S2 着地寸前

名古屋港
視界一杯にドックや海運が切れ目なく。

先週は月曜に”半蔵門にいる”と書きましたが、木金で名古屋。某社特約店会の感謝会で中締めを仰せつかる。同業の中でも親しくさせていただいている社長を巻き込みましたが、借りは返せと言われました。。。。

土曜はノンビリしましたが、日曜も選挙のまま足を延ばし名古屋港まで運転手。水族館&観覧車。名古屋港はポートビルと近隣の商店街が好きで散歩してましたが、入場料を払うところは初めて。結構するのね。

名古屋港ペンギン ペンギン
名古屋港サンゴ サンゴ
名古屋港S潜水服 潜水服はグッと来た

名古屋港2012
これは2012年にポートビル(社用)で駐車場が満車だった時に近隣の立駐から。このときも午前中からの雨が”用事が済んで”だんだん晴れ間がでてきまして。今回は運転手(=主役ではない)ため、あまり好き勝手に動けず。以降は2012の思い出を貼っていきます。もうない建物もあるかも知れませんね。

続きを読む

半蔵門に居るんだが

昨晩は客先四十周年の記念パーティーで。600人、帝国ホテル。浜松からも防災屋が参列しているくらいなので不動産やゼネコンさんから物品納入業者さんまで。名物会長の創業ストーリーは迫力があり、パリッと二代目社長は同年代。しかし、比べようもなく優秀。

帝国ホテル、日比谷公園前ですが、宿泊は半蔵門。予算の兼ね合い。お堀端を最高裁や桜田門を通り、日比谷公園を通り抜けて会場に。時間がないので翌朝の散歩コースにしようと思って5時半に起きたら寒の戻りで雨という。

半蔵門


で、半蔵門のホテルですが、17年前に火災報知器を施工管理で納めた現場。8階の部屋から国立劇場、最高裁、国会議事堂、内閣府、警視庁などが一望。最高のロケーションですが、当時はゆとりがなかったなあ。検査対応で徹夜で防火シャッターを落としたり、都の検査でスモークを焚いたり。引き渡し後に当時の雲の上の施工部長が設計事務所に呼ばれて、「よくやってくれた、誉めてやってくれ」と労いが。あれは嬉しかった。そういう計らいを先週の役員会で話したばかりだが、この現場が原体験であったかと懐かしくも再確認。

大手NK設計の先生でしたが、業者をその気にさせるのが上手な方で、大いに影響を受けています。直接誉めずに、組織を通してとか、深夜に及ぶ建設立ち会いのシャッター検査では監督さんから足場やさんまで200人を待機させたが「これで牛丼を買ってきて」と大枚を預かり、200食を手配。車座のの中心で一緒に食べる。現場を一つにする配慮を直近で勉強できました。


と、17年も経つと内装も設備もすっかりリニューアルされてました。東京はサイクルが早い。

半蔵門 解題
「客室からの眺望」備え付けのラミネートです。

関東大震災 慰霊堂の設計コンペ 3/3 完

震災記念建造物-015 佳作の(は) 東京 吉川清作 氏

震災記念建造物-014
震災記念建造物-013 これ、手書きですよ。。。


以下、選外作。画像の大小は好みですみません。
震災記念建造物-012 震災記念建造物-011

震災記念建造物-010

続きを読む

関東大震災 慰霊堂の設計コンペ 2/3 続

震災記念建造物-030 予告通り、2等作品から 東京 大澤浩 氏
震災記念建造物-029 詳細図

震災記念建造物-028 三等一席 
震災記念建造物-027
震災記念建造物-026 寺院風の外観だが石張りのアールデコ

震災記念建造物-025 震災記念建造物-024
三等二席はモスク風 東京 加藤函一(?)氏

続きを読む

関東大震災 慰霊堂の設計コンペ 1/3

復興記念0
東京都立横網町公園 震災、戦災の記憶

伊東忠太特集号 出たね 2012-11-08 で特集した 伊東忠太による 東京都慰霊堂ならびに復興記念館 がある公園です。東京市復興記念ヱハガキ 】 関東大震災から90年 2013-09-02 では当時の復興事業(予算執行)とともに、当時の姿と現在をほぼ同じアンjグルでUPしました。

震災記念建造物-036 大正大震災記念建造物 競技設計図集 大正14年

”東京震災記念事業協会 編”です。先日、京都!の古本屋さんで入手。設計コンペの優秀策をまとめて発行。力作というか、建造の趣旨が趣旨だけに、一様に肩に力が入っています。下は1等作品です。

震災記念建造物-035 震災記念建造物-033 
一等当選 東京 前田健二郎 氏

震災記念建造物-034 敷地は作品すべて同じ条件

震災記念建造物-032  震災記念建造物-031

以上、3枚ほど割愛しましたが、1等作品。尚、この設計コンペは慰霊堂計画が一旦 白紙になり、幻の設計図集になっています。設計図集発行に当たって、応募者心得、募集規定(仕様)、賞金などルールも発表されていますが、審査員の中に「工学博士 伊東忠太」がいますので、あれ?と思い。勿論、このコンペ集には忠太作品は含まれません。

コンペ当初はあくまで慰霊目的。”復興”の趣旨は含まれていなかった。
当時の識者から「被災の中心に納骨堂と慰霊施設では復興の気がそがれる」など批判が。
⇒ ここで一旦 白紙

復興のためにも後世の防災教育のためにも震災遺物の展示場は必要ではないか
⇒ 改めて 伊東忠太博士に依頼する

詳細は、「震災の記憶」の変遷と展示 ~復興記念館および東京都慰霊堂収蔵・関東大震災関連資料を中心に~ の論文を。

小出しにコソコソと書くことが有りますが、一度決まった予算を止めて景気を悪くする人が、うぐ、やはり調子が良くない。もう昔のことなので書いてしまいますが、バブルが弾けて最後の望みのような扱いだったようなきがします、世界都市博が東京都知事が替わり急ブレーキ。当時、建設業に関わるひとの阿鼻叫喚はすごかったなあ。思い出です。

東京都復興記念館の保存に関する要望書 1997年3月24日  
東京都知事 青島 幸男 殿 / 社団法人 日本建築学会  会長  尾島 俊雄 

。。。こんな要望書も見つけました。

まあ、2等以下の作品も稿を改めてUPしていきます。
震災記念建造物-030 これは2等作品

その前に、現在の東京都立横網町公園の様子を 

復興記念2 東京大空襲の遺構

続きを読む

昨日は褒めたが今日は叱った。

 本日、ISOサーベランス。委員の皆さん、頭が膿んでいるほど大変かと言えば、物量をこなす技量はこなしてきたかな。
お疲れ様でした。審査のあと、認証機関のまとめの時間に各所のリーダーを招集。審査の先生にはある程度の評価を頂いてほっとしているムードでしたが、審査のための書類になっていないか、本当の改善に着手しているかと、少々ピリリとしてもらいました。みんなも分かっているんだよな。知っててやらないのが一番ずるい。そんな話です。

 委員の方、審査結果講評の後はシビアな会合になったかな。何のために取り組んでいるのか、客先にもよい、協力業者にもよい、そして社内の省力化による時短・労務環境の改善と、三方善しのためですよ。いや、いいや、お客さんを待たせています。

音で消す消火器って、なるほど。



“炎”は音で消せ! 大学生が新型の消火器を発明(15/03/30)  ANNニュース 

 新年度らしい楽しいニュースから。消火器メーカーさんとも「学生は自由でよいなあ」と一致しました。音楽が好きな人はスピーカーの前で重低音のビートで風圧?音圧?を体感したり、なるほどなあと思いますね。

ここで復習(当社的に)

消火の3要素 - 火消しに必要な3つのアクション  図解でわかる危険物取扱者講座 様より

nensyou_syouka.png
※ 燃焼の継続 ⇔ 抑制消火 ・・・の部分は(括弧)付きで。割と新しく、でしょうか。オッチャンが設備士を受けた時にはまだ、いや20年前だから。ともあれ、音で消す は酸素の供給を断つ方法らしいので、窒息 という理解でよろしいか。

 新年度らしいと上に書きましたが、若者らしい爽やかで自由な発想とともに、繁忙期を過ぎて心機一転、勉強をと基本の復習と新しいチャレンジを。
追記
 新年度(当社は下期)、全体朝礼で中堅の表彰、新入社員3名は紹介のあと社長室で懇談、緊張気味のところに入社5年目の先輩がノックしてきたので、「まあ、どうぞ」と先輩からのメッセージも貰いました。いやあ、伸びてますね。この先、楽しみな仲間たちです。諸先輩がた、よろしく。入れ替わりで表彰された中堅2名が入室。おう、こちらも頼もしい。勉強してきたところが”ほんの入り口”なので、実際にことに当たって経験を積んでくださいね。だんだん重くなる呪文を掛けましたよ。うふふ。と、すでに重石をかけてある重鎮に逃げられたなあ。尚、今日より異動で荷物をまとめている救世主を送り出し。何しろ若手中心の部門で火を噴いているから、頼む。すでにあちらで何から何まで手を付けているベテランにも「頼りにしてる」と伝言を頼みましたよ。みんな頑張っているなあ。
プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。