スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きにくくてもごもごしてしまいますが

 先々週末ですが、弊社が例年安全祈願でお参りしている遠州地域でも格式の高い神社に50周年の粗品を携えて御礼のご挨拶に伺いました。宮司様には毎年の積み重ねで大過なくここまで来れましたこと、まことにありがたく、アポなしで押しかけたなか、大層喜んで小一時間ご対応いただきました。

 世間話しというよりも、第一声、犯人が見つかってよかったですね、という例の神社仏閣に油をまかれた事件の関係です。


寺社連続油被害事件 ウィキペディアの編集途上の記事ですが、時系列で「報道があった」被害の一覧。
リンク先より「5月29日時点の警察庁まとめでは、被害は16都府県、48箇所に及んでいる」うち、静岡県下では三嶋大社の被害が報道されていますが、遠州地方のこちらでも被害にあったそうです。年に数回のお祀りのために行く程度の山深いところにあるお末社の扉が開かなくなるほどベットリと。宮司さんのネットワークで連絡を取り合った中で、報道や届け出の無い被害も何十か所も確認できたと言います。

重要文化財や国宝でも被害がある中、お末社までどのレベルの管理が求められるのか。善男善女の集まる場所に防犯システムはそぐわないのではないか、など、我々も実際に住職さんに言われたこともありますし、全くの同感で「この機に売り込み」とか、気分的には進まないことです。近隣のお寺さんには山門から本堂までは見通しがよく心配していないが、境内社のお稲荷さんがうっそうとした径なのでと、夜間はソーラー電源のセンサーライトで「晩方のお参りにも安心」という管理を納入しました。悪意のない人には「ありがたい配慮」と信徒さんも喜んでいただいているようです。

しかし、まあ、書きにくくてというところですが、これ、公安とか入国管理とか国家の案件ではないでしょうか。某代議士秘書さんもこの話題には『許せん!』と憤慨していましたが、犯罪予備軍と分かっていて入国審査が甘いとか、ビザなしが続くとか。善男善女たる国民の不安や実際の出費には真剣に取り組んでいただかないと。

続きを読む

スポンサーサイト

おお、李世民じゃねーか(喜)。

50thオメ

弊社50周年に際し、各方面より祝意を頂戴しております。ありがとうございます。その関係で関連した記事が多くなっておりますが、一応の一区切りにできそうです。しばしお付き合いを。

 業界の大先輩である某社専務様より頂戴したメッセージ。唐の太宗(2代目・李世民)の帝王学「貞観政要じょうかんせいよう」から。。。。しかし達筆。日頃より書籍を送りあったり、和歌が送られてきたり文通仲間にもなっています。教えていただくことばかりですが。社員向けに業界の行く末など特別講義も2回ほど。日頃より大変お世話になっている師匠です。

 さて、内容。

創業は易く守成は難し

新たな仕事を始めるときは、やる気に満ちて、どんな困難もいとわないもの。物事を進める意欲や力も高まり、どんどん前へ。
一方で、一度成功し、形になったものを維持し、発展させていくことは思った以上に骨が折れるもの。始める時以上の創意工夫が必要。そういうときこそ大きく飛躍していく機会と受け止め、礎を守り、さらに努力していくことが自分自身の成長にもつながっていくものだ。大意。

。。。実に、このメッセージを下さった専務の部下に当たる営業本部長さん、名古屋支社長さん、弊社担当氏が揃って祝意を伝えにご来社くださった際の話題ですが、「いやあ社長(スットン亭)、50年はなかなか」とか世間話の流れで、

・創業して暫らくは、ニーズがあっての創業だし、気力も十分。成功体験も5年は持つだろう。
・ライバルも出現し、価格も崩れ、世の景況感にあわせて決して順風満帆ではない。
・起死回生というほどではないが、何度か伸ばすタイミングには恵まれたが、50年を通して
 本当に良かった時期はどれだけあったのか


などなど、うちもそうですよ、どこも同じだねえというやりとり。実は専務から先回りでこのメッセージを頂戴していたことを披露。専務は予知能力でもあるのか、あるいは経営陣の知識の共有がすごいのか、感心しきりなひと時となりました。
あれ、記事番号をみたら記念すべき900本目のようです。節目で格調高い記事(当社比)になりまして。いつもの趣味のページにならなくてよかった。

50周年関連 筆ペンとワード文書、取材応対

50th 記念記事
50周年 感謝広告 静岡新聞 全県掲載 15.6.10 
不慣れな筆ペンによる羞恥プレイあり。愛感謝誠意 署名。

50th記念広告 来し方と今後の意気込みは、サムネイルを拡大してください。

50th家族会静岡新聞-001
静岡新聞 西部版 15.6.14

50th建通-001 建通新聞 静岡 西部版 15.6.17


もろもろの祝意を頂戴した方への御礼方々事業報告

続きを読む

50周年記念 家族会 スタッフお疲れ。

50th-盛況


6月13日、以前より言っていました50周年記念の家族会、盛況のうちに無事、終了いたしました。「やるぞ~」とは言いましたが、企画は若手社員たちで。やり始めたら楽しくなったようで、直前には夜遅くまで残業で準備していました。好天に恵まれてありがたかったね。

1 式典会場の準備
2 社内見学会フロアマップの作成
3 消防設備点検 体験エリア
4 高所作業車 フォークリフト体験
5 消火器・消火栓・スプリンクラー消火設備 体験
6 ショールーム案内
7 非常用井戸 水出し体験
8 名刺作成体験
9 休憩所の設営

その他、各種注意事項の貼り出し(かわいい)とか、パソコンを触ってみようとか。配慮が行き届いていてビックリしました。
何より企画段階から楽しそうで、当日はお父さんの方がはしゃいでいたという、いや、水を出したり普段は押してはいけないボタンを押してベルを鳴らしたり、高所作業車で屋上を見たり、子供の歓声はやっぱりスゴイですね。

50th フォークリフト 膝の上でフォークリフト体験。ロボット、いつ作った。

50th バケット車 高所作業 3mくま 5mキリン 9mシャチ

50th スプリンクラー
50th スプリン スプリンクラーは大うけでびしょ濡れ。

続きを読む

ありがとうございます 本日 創業50周年

ありがとうございます。お蔭様をもちまして本日、朝礼にて50周年のスピーチをいたしました。
取引先各位より胡蝶蘭や観葉植物、祝電、社長室凸撃など身に余る祝意を頂戴し、重ねて御礼申し上げます。
関係各社様より、パーティー等のイベントをやるのかよく聞かれましたが、家族会としました。
この土曜日に奥様やご子息に会社見学かたがたご参集いただきます。思いのほか多くの参加希望があり、
若手の社員たちが楽しんで色々と企画してくれているそうで、楽しみにしております。

今朝、6/10付 静岡新聞に記念広告を出稿しております。社員の皆様には各方面からお声掛けがあるかも知れませんので、
会社として来し方と目指すところを共有して「おかげさまで」と謝意を表してくださいね。と、ご家族にも見ていただくと良い
ですね。

これより火災報知機工業会・消火装置工業会 中部支部合同総会 に出席のため、伊勢鳥羽に行ってきます。
梅雨入りした中、今日は良い日になりました。50周年の節目を伊勢の神様にご報告してきます。

明日明後日も崩れて、土曜の家族会には今のところ雨が上がるように聞いています。良いお天気になると
よいですね。

プロフィール修正

 6月に入りました。総会シーズンも折り返して落ち着いてきたようだが、最終7/10まで、ひい、ふう、みい、、、、。
安全大会の日程も入ってきて、暑気払いがあって、秋の総会月があって、忘年会。。。こんな記事を最近書いた気がする。
少しへばってます。

 拙ブログのプロフィール欄、改め 素頓亭 2009-10-28 の更新以来、長いこと放置しておりまして。今回の通りになりました。

 大変お恥ずかしいことながら、下記の通りGmailを開設したとしておりますが、設定ミスで ずっと 受信していませんでした。
実は、身内からGmailあてに情報を投げてくれたそうですが、「メール見た?」と聞かれた切っ掛けで判明しました。これまでコメント欄などメッセージ機能でご連絡を頂いた方とは やりとり をさせていただいていましたが、下記あてに送信してくださった方がいましたら大変申し訳ないことを。。。

※旧プロフィール
メールも併せて開設しましたので、ご意見やご連絡はコチラまで。
suttontae■gmail.com(■→@にして下さい)


 こちらアドレスは、この先も管理しないであろうことから、無かったことにしますので、このアドレス宛に送信いただいた方が居ましたらご寛容のほど、伏してお願い申し上げます。

6年近くの放置になりますので、ちょっと修正も効きませんので。いやあ、ちょっとイヤな汗が。
プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。