スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊明市(愛知) 国道1号 桶狭間古戦場が面白かった。

浜松から名古屋の行き帰り(時間のゆとりがある方)は下道も色々な経路で。豊明市辺りは都市高速など発達しているからか国道1号線も貧弱。ガソリンスタンドも手書きの領収書のかなり狭い個人経営(老夫婦)。先日寄ってみたが、近所のじいさんがポリタンクで灯油を買いに。価格を見て下さい、窓ふき等いっさいのサービスをいたしませんの張り紙。潔い。中京競馬場のあたりで浜松に向かうと、右手の小高い丘にニョキッとお寺の大建築が出てきて、すぐの信号で重厚な時計台のある建築物。交差点からは桶狭間古戦場の案内看板も出ていまして、一度このあたりを散策したいと思っていましたが、ついに昨年、一昨年かな、ちょっと歩けました。建築、歴史、怪奇と好きなものがギュッと固まっていまして、楽しいエリアでした。



豊明 1 これが見えて、

豊明 2 すぐにこれ。

お寺さんは真言宗 香華山 高徳院 、巨大な塔は納骨堂。重厚な時計塔は 医療法人静心会 桶狭間病院 藤田こころのケアセンターという施設の一部にして、旧学校法人 藤田学園本部だそうです。沿革を見ますと設立が医療法人として昭和33年、学校法人として同387という事ですので、定礎等は確認できませんでしたが、それ以降の建築なのでしょう。

尚、お寺さんは本堂改修中にして葬儀も控えていた様子、病院施設の方は中を覗いてみると稼働中にて皆さん忙しそうでしたので、今回はどなたにも話しかけられず。

これらと公園として整備されている桶狭間古戦場とは3点セットで隣接しています。まずはお寺さんに駐車させてもらって参拝から。

高徳院さんと古戦場はセットのようなものなので、まとめて。

お地蔵さんは楽しい顔や可愛い佇まいなど、ちょいちょい撮っているのだが、
豊明 地蔵2 豊明 地蔵3

豊明 地蔵4 豊明 地蔵1
ああ、こういうおっさん知ってる、とか首のギブスで凄味がでるとかね。

で、古戦場の案内サインに「お化け地蔵」とありましたので。

豊明 お化け地蔵1豊明 お化け地蔵3
豊明 お化け地蔵2 お化け地蔵 嘉永6(1853) by尾張藩士

錫杖がわりに木の枝を持たせてもらっています。

お化け地蔵は、夜中に動き出して里人を脅かすとか思いましたが、幽霊の噂が絶えないので善意の尾張藩士が建立し、以後はでなくなったそうな。ちと残念。古戦場⇒幽霊話⇒鎮魂・浄化は、浜松は三方原合戦・布橋の遠州大念仏の始まりと同じ趣旨ですな。

続きを読む

スポンサーサイト

埋め草 建築散歩ファイルから

北部散歩 NTT 

建築関連の書籍を入手した件、御礼かたがた報告したところですが、浜松市の掘り出し物件?を更新準備中。今日はバタバタと静岡に行かなければいけないので、埋め草にその物件の周辺から散歩写真を貼っていきます。埋め草なので特に解説は入れません。浜松は平地が広いようで台地とか小山になっているところが多く、革靴が減る。まあ、行ってきます。

北部散歩 中華

北部散歩 賃貸
北部散歩 賃貸 外階段

北部散歩 青枠 北部散歩 黄色

北部散歩 玄関

北部散歩 階段 北部散歩 借家群

北部散歩 GAS1

北部散歩 GAS2 北部散歩 GAS3


北部散歩 飲食

北部散歩 付属

北部散歩 魔女

掛川市2005年合併後 火災件数最少 ~ 設置10年は”取り替え時期”ですよ。

 一昨日(16.01.20)の静岡新聞ですが、うろ覚えですみません。大須賀町大東町との広域合併から10周年の2015年、火災件数が最小になったとの記事。件数の実数字が大切なのですが、ここがサッパリ。気になったら記録しなければいけなくなったか、年を取りました。数十件から10件減とかその前後だったように思いますが、あまりに不正確で恐縮です。掛川の消防さんによると「住宅用火災警報器」の普及が一役買ったと、そんな記事でした。隣接菊川市も同様、火災減の記事あり。

 先週1月14日、火災報知機工業会中部支部新年互礼会がありました。工業会本部から専務理事と消防機関からのご来賓
の挨拶があろましたが、

1. 東京オリンピックに向けて、聴覚障害のある方にも有効な”光警報装置”のガイドライン策定が遅れている
  (昨年中に発表と聞いていましたが)

2. 住宅用火災警報器、設置10年で取り換え時期。昨年2015がそれに当たり、広報しているが、発信にご協力を。
  火災を未然に防いだ事例と数値にも表れてきている。業界あげて取り組んでほしい。
  10年たったら、とりカエル。お宅の火災警報器の話です。 一般社団法人 火災報知機工業会

3. 上記もろもろや、老健・雑居ビル・簡易宿泊所など諸問題が上がる中、インバウンドを支えるために”民泊”特区とか話題になりました。これに対して、宿泊施設として法規通りという回答しかできないところ、各方面から”消防のせいで規制改革が進まない”という見られ方が一番つらいと聞きました。これについては旅館業法の問題や近隣・不動産会社など管理側とのトラブルなど多くの問題があるようですが、共同住宅に適用されていた消防法が、より厳しい宿泊施設への改修が負担が大きいことからでしょうか。
 相変わらず”激安”観光バスの事故や、そもそもホテル火災もなくなりませんから、緩和ありきでは消防機関は”ユーザーの安全確保”を前提に”なし崩し”では困ると、そういうことです。まあ、隣国の昨年夏と年明けの株価下落を見ても いつまでも続くニーズでもあるまい とは思いながら、緩和はしたが従来の旅館業を圧迫というのはどうしたものかと。まあ、色々な立場の議論がありますので、防災屋としてはテロリスト潜伏、感染症の発生なども含めたリスク管理を優先 と感じるわけです。
 オリンピックと言えばパラリンピック開催のため代々木の丹下作品もバリアフリー化を急いでいるそうです。ユニバーサルデザインのもと、さあ街へ出ようと声掛けする中で、段差の解消・手すり・音声ガイドなど設置が急がれてきましたが、ガイドラインが努力義務だったため、100点じゃなくても対応したことになりました。そのなかで、バリアフリー対応して呼び込んだけれど、もしもの時の避難誘導をどうするの?という疑問が、上記1.の光警報装置に繋がっています。パラリンピックの開催地になったことで加速されましたが、それでもユニバーサルデザイン提唱から10年以上たっています。


静岡県には現状ではあまり関係なさそうでもラグビーワールドカップやオリンピック自転車競技がありますからね。3.民泊の件を長々と(これでも書ききれない)しましたが、住宅用火災警報器の”とりカエル”時期が来ていること。消防機関もこれに注力したいが、もろもろで専念できない。業界でもPRに努力してください、という話しでした。

あちこちから ここ一週間で後押しがありまして。

2冊、建築関係書籍の頂きモノあり(ありがとうございました)、その他、今朝の来客も拙ブログに触れられまして、ここ一週間で程よいプレッシャーを受けております。いや、更新が滞った年末年始には「どうしたの、ブログ止まってんじゃん」とか先々で言われましたが、「ええ、ここであなたと飲んでますからね。」という事ばかりでした。が、趣味が相通じていて「楽しみなんだけど」と言われるとプレッシャーも違うってものです。

 先週末、お伺いした客先で「あ、来た来た、これをお渡ししたくって」と、↓↓↓

Casa BRUTUS NO.178 2015.1
世界遺産に登録したい!ニッポンが誇る 名作モダニズム建築 全リスト

拙ブログで取り上げたもの数点を含め、社員旅行なんかで お、これは と撮っておいたものが載っていて、我ながら通りがかりの割には選球眼があるのかも知れないと。もちろん大多数は行ったことがないもので、機会も来なさそうな学校関係や宗教施設も。静岡関係の建築物がなくて淋しかったが、静岡新聞社さんの新橋ビル(丹下健三)があるから善しとするか。なお、浜松市は壊し続ける。

MOD-奈良県庁
奈良県庁 ホテル着後、みんなが風呂に行っている合間に(宴会前)

このバックナンバーを下さった方も、職業は施設管理に関わり、趣味も建築という気の合うお客様(失礼)でして。「ここを残したい、でもスタッフの使い勝手が、効率が、でも上は残せって」と頭を抱えているようです。下さった本から、取り壊しが決定していたけど生き残っている施設の保存・活用事例を数点ご紹介しておきました。

MOD-HILLTOP.gif
戦後、米軍に接収されていた 山の上ホテル は大正モダニズムのアールデコ。
本稿は、というか訪問先での話題は、高度成長期あたりの現代建築を言っていますので、戦前文化財とは別の話し。
もう一冊、
軍艦島、摩耶観光ホテルなどの有名廃墟はもちろん、 写真集に初収録の廃墟を多数掲載! 写真集『美麗廃墟 美しく幻想的な廃墟たち』発売 2014年11月27日 JAPAN WEB MAGAZINE

軍艦島、廃工場、廃ホテル、廃校、廃病院、廃遊園地と、きれいに撮ってありますが悲しい被写体ではありました。

さて、こうした個人的な執筆意欲のほか、これも今朝(16.01.20)の静岡新聞西部版ですが、浜松市中心市街地活性化へビル運営会社など が、 「街歩き役立ちマップ」制作 の記事。飲食店や趣きある建物紹介とのこと。
昭和30年ごろに建設された共同建築ビルを紹介した「ビルディングマップ」は昨年夏に刊行し、既に500部が払底した、とのこと。いや、地元の事を気にかけているつもりで全然しらない運動でした。今でも手に入るのかな。

ということで、上のマップ配布に合わせて浜松近辺の建物は別稿に改めます。以下、過去の旅行先ファイルから適当に北海道、横浜、信州飯田、京都、奈良くらいを適当に引っ張り出しましたので、ご興味の方はどうぞ。

MOD 議会 表
MOD 議会 裏
北海道の議会だったかな。表と裏。

MOD 中央署 札幌の中央警察署のタイル、丸窓、アール。

続きを読む

見立て が判った! 記念記事

珍石館1

秩父に珍石館というところがあってね。用件とは別に案内看板を見つけて寄り道。小学生のころ「オール怪奇大全科」とかそういった類の本が好きだったのだが、たしか秩父の人面石ってあったなあと思って。

ありました。ここでしたか。
珍石館2 そうそう、これこれ。

山で見つけたオジサンがお祀りしてご利益が、とか。以後、人面石さがしに精を出し博物館を作るほどになっていました。ご主人の本業は敷地内のとなりにあるウナギ屋さん?だったかな。料理人でした。この方の奥様の父親が発見者かつ、その後のコレクターだったそうで、奥様が主体で展示品を守っているとのこと。

珍石館3 1階と2階に無数に展示。

それぞれ展示品には命名してありますが、命名が間に合わなかった多くのモノはどうしているか。館内撮影の了解を頂こうと話しかけたところ、「どうぞ撮ってって下さい」と快いお返事。

理由;
1 今の時代、情報を閉鎖してもしょうがない。
2 公開を許可したところ、若者が面白がって来館者のほとんどが若者になった。
3 若者がそれぞれの見立てで新しい感性の見立てで名づけてくれるようになり、それをまた発信してくれる。

「名付けてくれた方は命名札を書いてもらって、一緒に写真を撮ってあげます。どうですか?」と。いや、お使いの途中なのでと丁重に断りましたが、それなら寄るなよと。以下、自分がグッと来たものから一部。

珍石館4珍石館5珍石館6珍石館7

さて、本題。
静岡市は藁科の奥の方。お寺さんでお客さんの儀礼があったため参列するも道が狭くて通り過ぎ、引き返しの方向転換に使わせてもらった広場。藁科川ぞいの小さな公会堂?寄合小屋の駐車場に使われているらしい場所。

藁科石仏1 石仏らしきものがお祀りされていましたので、

「なかなかよい風合いだ」と、色んな角度やカメラのギミックであれこれ撮影。先日たまたまファイル整理中になんだかわかったので本稿に。嬉しくなって。

藁科石仏2 藁科石仏3 もう、これだけで判ったかも知れませんが。

続きを読む

児童公園にあるコンクリの動物。

fani-aritamaryokuchi1.gif

東名高速道路 三方原PAのスマートETC対応で一部閉鎖中の有玉緑地です。児童向けのファニチャーも楽しいものがありますので、たまに出物があると写真を撮っておきたいとおもっています。基本、子供のものなので、治安に対する親御さんの心配もあるでしょう、まわりに誰もいない時を確認して、です。悲しいかな怪しいオッサンなのよね。

fani-aritamaryokuchi2.gif

ウサギ、カバはまあ分かる。バク・イノシシ・タツノオトシゴ・ヤドカリと変わり種が豊富で楽しみました。

fani-aritamaryokuchi5.gif イノシシも可愛かったけれど、

fani-aritamaryokuchi3.gif fani-aritamaryokuchi4.gif
ヤドカリがナウシカの王蟲みたいで初見、ビックリしました。ヤドカリと理解できるまでにもちょっとかかるくらい。

fani-aritamaryokuchi6.gif 海のものでまとまらないと。しかも山の中だし。

fani-pig1-002.gif
これ、メーカー修業時代の20年前。埼玉のマンモスマンションでインターホン取り換え工事があったのだが、現場を片付けた秋の夕暮れ、敷地内のキッズ広場のブタ。「現場監督」というカメラだったかなあ。必要な施工写真とは別にフィルムを買って実費で現像してます。(年末に家族そろって風邪をひいていたので)先日、年明けの模様替えで出てきた写真です。「昔からボンクラだったか」と自省した次第。

fani-pig1-001.gif
バカでしょ、20枚以上いろんな角度で撮ってました。

これも市内で最近。住吉公園です。
fani-sumiyoshi5.gif
地形の段差を利用して、体力づくりの斜面も楽しい。が、コンクリの動物にも出物が。

続きを読む

デヴィッドボウィ、最期までカッコよかった。



昨日、一般紙でも話題になりましたね。新譜BLACK STARをリリースして誕生日を迎えて、すぐに。
小学生も高学年の頃かな、レッツダンスの大ヒットから「戦場のメリークリスマス」出演など大人気だったので、ノエビアとか宝焼酎純なんかのCM出演や楽曲の提供など自然に触れていました。中学生の頃になるとレンタルレコードも全盛になりMTVやベストヒットUSAなど洋楽番組も全盛を迎えていたので、のめり込むのに時間はかからなかったかな。高校生で中古レコードという安い買い方を覚えて今に至る。実に30年以上追っかけていました。

もっともグラムロック全盛期から追っかけている先輩に言わせると70年代をとおして神懸かっていたと、大学生にはデビュー作まで遡って聞いていましたので、まあ同意するわけです。ほかの”ロックの巨人”といわれる人とはちょっと生き方が変わっていて、大ヒットした作風に固執しない、ころころ変わっていく。モータウンのソウルに手を出してみたり、シンセサイザーミュージックに請ってみたり、友人のバンドのキーボードをやったり。イメージに縛られずに変化して行く事を楽しんでいたようでした。

ヒット曲が出れば「その路線で次も」と契約先のレコード会社の圧力はあるだろうし。陸サーファーのビーチボーイズもそれで苦労したクチ。実際に”一皮むけたサウンド”のアルバムを我を通して発表したら同時に従来のサウンドのベストアルバムを出されて話題を消されたとか。レコード会社の移籍とか独立はギャラや待遇だけではないようで。もちろんこれまでのファンに酷評されたり。実際、自分が聞きはじめた80年代の3作はひどい扱い。このころは映像もあると楽しいけど、まあ弱いです。一番儲けたが不遇の時代か。



個人的にはその頃の上の曲は映像ともベスト・オブ・ベストなのだが。サビにかかる変拍子、出だしの訳の分からない顔色、映像2分めくらいからのハス池の水面を正座ですべっていくとか。なにをいっているかわからないと思いますが、頭をかかえる不条理な楽しさです。このプロモ、発表時は最後のサビは絶唱してたら鼻血が吹き出てボタボタしながら歌い上げる珍妙なシーンがありましたが、いつのまに「スマイルで歌う」に差し替えられています。鼻血あってこそのボウイ。現在はVHSとLDで確認できます。BDで出す折りには是非オリジナルで。

ここからボウイというブランドのビジネスについて書きたかったところですが、マニアのぼやきに終始してしまいましたね。すみません。音源管理がしっかりしていたので海賊版が少ないとか、すぐれた若手の登用とか、同業者へ支援とか。敵をつくらず、リスペクトを受け、最期は家族にかこまれて静かに旅立ったそうです。どうぞ安らかに。

2014年、デビュー50周年記念「ナッシング・ハズ・チェンジド~オールタイム・グレイテスト・ヒッツ」のため、Sue (Or In A Season Of Crime) が収録されました。8分弱のシャープなジャズ、かな。集大成にして、まだ先にいけるのかと期待させる出来。



この曲がニューアルバム用に尺を3分縮めてギターリフとビートを強化し、全体の統一感と疾走感を出しています。最期まで手抜きなし。りりースして訃報。完璧だ。




そろった、幸先よいね。

建通160101
建通新聞静岡 新春特別号 2016.01.01

題字史下の年賀広告 第1部(総合・中部版) 第2部(東部版) 第3部(西部版) 揃いました。
本社どこの浜松西部版、母店静岡支店の中部版ときて、東部版のスペースに空きが出たようで有り難く。

ところで年始回りの新年ムードは今年は先週中には終わっているようで、いやあ、早いですね。市中が活発な様子に弊社も早々にビジネスモードに切り替えたところですが、若干名、お年賀配布先が残っている・予定リストを回り切れていないという「忙しい人」がいるようです。「あいさつ回り」は切り上げて、それでも心残りは営業先に「お年賀」をついでに持っていくと気持ちの上で切り替えて下さい。お客さんの方も新年行事は先週に終えて本気モードに入っていますので、「なんだ、まだやってんの(商売の邪魔すんな)」が言外に出ていることに気が付いてください。いや、よくやってくれているところ悪いですね。

明けましておめでとうございます 】 今年の賀状

2016丙申01

 12月に入ったあたりから更新が滞りましたが、本年もよろしくお願いいたします。年末クロージングくらいは読者様には御礼コメントくらいアップしたかったところですが、12/29~1/1まで家族そろって風邪をひきまして、暮れの大掃除もできなかったくらいで心残りの多い年末でした。ともあれ元旦よりポカポカ陽気が続きましたので皆様におかれましては健やかな新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。

 当社は5日に主だったメンバーで安全祈願と新年会。昨6日が始業式と年始回り。今年は国会、東証大発会など4日からというところも多く出遅れた感があります。昨年の〆も28日でしたが、29日までのお客様にはご不便をおかけしました。今期の就業スケジュールは届け出ていますが、来期以降の就業スケジュールを客先に迷惑が掛からず労基を満足する方向で再考すべきか。市場と足並みを揃えて行かなければね。現状は休日出勤と代休のカタチで乗り切れていますので、当社就業カレンダーはまあ現状で大丈夫かもしれませんが。

 ところで社用ではなくプライベートの賀状ですが、「なにこれ、写真?」「どうやって撮ったの?」「これは、こういうモノ?」という方がいらっしゃったので。ワインボトルでいえば右手前の1本がホンモノ。背面ミラー貼りのの陳列ケースに置きまして、右後列が鑑像。ここまで実体。左反面がカメラのミラー効果で遊んだデジタル像。

 ワインボトルは25年前、大学生の頃にオヤジの頂きモノを失敬してきたもの。中身はその時すぐに飲みましたが、酸味と皮の渋みが強い赤。これがワインデビューなので好みは今も 酸っぱい・渋い・辛い で頼みます。相変わらず銘柄とか勉強していませんから。「よくわかんないけど、こういう味のもの有る?がつんと重くて」と言ってすごい金額になったことが有ります。おっかねえ、最近は自重気味。あ、オヤジはその頃は八海山に嵌まっていたので大して怒られませんでした。

 下に対して変り映えしませんが(配置は同じなので)、ボツになった2枚を貼っておきます。それなりに気に行っていましたので。

続きを読む

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。