FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 昭和の上司像

 六月四日14時15分、当社の重役が息を引き取りました。勤続32年、55歳のあまりに早い別れとなってしまい、この週末は大きな無常観に囚われていました。只只、故人の安らかなご冥福を祈るばかりです。

 通夜、告別式には多くのお取引先に駈け付けて頂き、故人への生前のご厚情に厚く御礼申し上げます。社も突然のことに、大きな動揺の中、ご案内の不行き届きなどあったかもしれません。新聞で知ったと多くの方からもご心配いただきました。公私を超えた業界やお客様とのつながりに接して、故人の人柄に改めて敬意を表します。

 創業会長の分身として、市場を創り、後進を育成し、業界の発展に尽力してきた半生。当社にとっても業界にとっても大功労者です。入社以来のガムシャラな修行時代も伺っています。昼休みも食事が済んだら直ぐ見積もりに取り掛かり、何しろずっと働いていたということです。非常に実践的な人で、専務として本当につい先日まで、データを人任せにせずご自分でまとめ、「おい、ちょっと行こうか」と心配な部下には助言助力を惜しまないリーダーでした。底抜けに明るい営業マンの一面、頑として動じないネゴシエーターの威厳、勘所を押さえた根回し、部下へのナアナアにならない説教は近年鋭さを増していました。お客様への徹底したお付き合い、私心の無い業界活動。

 当時の社長(というよりも親方というほうが当たっていた時代)から、人の倍働くのは当たり前、人もそう思って頑張っているのだから、3倍働いて、やっと努力と認められる、と教えられ、金科玉条としていると言っていましたね。無理難題を任されると「チャンス」と受け止め、逃げなければ道は拓ける。これも実践哲学から身についたあなたの誇りでした。若くして取締役を拝命し、断らずにやりきることで専務という番頭に上り詰めました。後進にも、逃げないことだ、チャンスじゃないか、と説き続けました。そんなガムシャラな生き様でも部下が慕い付いていったのは、部下の一人一人、下の名前でフランクに呼んでいたからです。「おい、○○、お前何やっているんだよ」厳しいようで、包容力のある親身になった説教に一番の美点を見ています。本当に昭和の良き上司像が凝縮されているかのように、懐かしく愛おしい人間像だと思います。

 「なんにもセン務」のスタイルで、後続の成長を眺めましょうか、というと「おらあ仕事しかできないから、やって見せて褒めるしかないんですよ」という明確な教育観を持っていました。事業担当でなく、全社コントロールや新規事業開拓など、前人未到のチャレンジを、これから10年15年、一緒にやろうという矢先でした。社長と専務、その前に専務と常務として密接に濃い関係でいることができたのは、ほんの3年にしか過ぎません。が、目的を一にした3年間は一つの冗談も聞き逃せないほど濃密で豊かな時間になり、今後の十年十五年のビジョンには氏と練り上げた構想が脈々と生き続けていくことになるでしょう。
 氏の入社した32年前はファミリーの社員旅行を実施していました。当時の新入社員は5~6歳のイタズラ盛りのヤンチャ坊主をどう見ていただろうか。生意気盛りの修行帰り(28で修行先より戻りました)はどう映ったでしょう。新社長になった船出には一番の支援者、応援団長になってくれました。早い、早過ぎるよ、専務。

 我々後続は氏の遺志を継ぎ、情熱を注いで来られた事業を発展させ、「心配は要りません、安心して見守ってください」と言わなければなりません。我々以上にご心配頂いているお客様や取引先、協力業者にも、「ご安心を、私たちはしっかり仕込まれています」我々が沈んでいる暇はありません。

 

 冒頭の通りの気持ちに区切りを付けるため、本稿を執筆しました。更新が遅くなりましたが、週明けからの日常業務や執筆作業に戻る為にどうしてもケジメをつけておきたく、社用でない一般の読者様にも故人のご冥福をお祈りいただけましたら幸甚に存じます。昭和のガムシャラ上司に、合掌。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。