FC2ブログ

お盆休みにあれこれ

 例年に無く静かな盆休みを過ごしていますが、あっという間に明日でノンビリは終了。今日はほろ酔い加減でダラダラ書きます。

 まずは静岡沖地震の影響は大きく、例年東京より友人を招いてワイワイやっているところですが、交通網の混乱もあり、先は長いよ、ということで大事を取ってキャンセルしてもらいました。K1先輩ごめん、YSDさんにもよろしく。

 東名高速道路は本日現在、ようやく下りは開通するも、上り袋井~焼津間(かな)、災害規制のまま。Uターンラッシュを控え、NEXCO中日本の計らいで、第二東名の一部を開放。国道1号など地元生活道路を迂回路にされて大変なので。情報が漏れて、結局地元車両以外の一般でも通行可。地元へ混乱があってもいけませんので、本ブログでは開放区間は伏せておきます。第二東名を邪魔したのは誰だ!ということも有りますが、まずは復旧へと全力投球と粋な計らいにご苦労様とねぎらいたい。イチゴやお茶など農業への被害や、観光への影響も大きく、地産地消の近郊農業政策と、それこそ国家の大動脈について、ゆっくり考える機会になった。


 本日8月15日は終戦記念日。広島長崎の原爆投下より、この期間は全国、これについてのニュースは多く、反省一辺倒な時期。靖国の閣僚参拝は誰だと例年の魔女狩り。じつは本日エントリしたかった事項があり、沖縄本土復帰と機を同じくして、地元神社もGHQより返還されている。お祭りで民衆が集まる「神社」という存在が恐かったようだ。地域の陳情を受けてやっとという寂れた看板があり、地史として、ネットサーフィンで検索できないようではイカンと思いつつ、その神社がどこかを失念してしまう。鴨江あたりの市街地だと思ったが、どうせ暇になった身、ウロウロと探し回りましたが、次の機会に。ご存知の方、ご一報願います。

 その際、終戦記念日はあるが、「独立記念日」がないこと、一緒に考察したいと思います。世界史において、独立を守ることがどんなに難しく、国際法にのっとって苦労されてきたことか、さもなくば世界各地で少数派のテロリズムと同じ扱いで殲滅されたであろうこと。そうでない現在に感謝するとともに、主権を回復するとはどんなことか(国家は主権をもって民族自決です)、お話したいと思います。曲りなりも主権国家「日本」ということですが、北方領土、竹島、尖閣諸島、さらには対馬も侵略されつつあります。ここに、沖縄の主権を国連軍に渡して主権を放棄し、国民固有の権利であるはずの参政権を外国人に許可するという恐ろしい策動があります。実は次の選挙は、国家の主権がかかった重大な選挙になります。日本は日本として次代に渡さなければなりません。マスコミの愚かしい報道は一つも問題提起になっていません。

 このあたりを追求したいと思いますが、今日は少々酔っているせいか、ちょっと突っ込んで書きすぎましたかね。いつも通りくらいにはセーブしているつもりですが、ついでに言えば、右も左も無く、国家を思う中道保守の受け皿が全く無いので、両陣営は亡国への不安をケアすればそれなりの成果を得られるでしょう。マスコミの馬鹿報道に煽られすぎ。以上。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード