FC2ブログ

駿河湾地震…  関心高まる「BCP」


東海地震は今・関連ニュース
駿河湾地震… 県内企業防災見直しの動き 関心高まる「BCP」 2009/08/20 静岡新聞

 駿河湾で11日に発生した地震を受けて、県内の事業者の間に地震防災計画や事業継続計画(BCP)の検証や見直し、新規策定を検討する動きが広がっている。今後の新型インフルエンザの“第2波”襲来への警戒感もあり、あらゆる危機を想定して事業の継続、早期復旧を計画するBCPへの関心が高まりそうだ。
 県内の大手・中小企業などへの18日までの静岡新聞社の取材で、地震発生直後、「物流確保」「社員の安否確認」「取引先との連絡」―に、各企業が苦慮した姿が浮かび上がった。ただ、盆休みの直前や最中の早朝の発生だったため、影響は低く抑えられた。
 危機管理マニュアルに加えて、東海地震を想定したBCPも整備している静清信用金庫(静岡市葵区)は、支店建物やシステムへの影響はほとんどなく、当日から順調に業務に入った。リスク統括部によると、安否確認の携帯電話メールが一部届かなかった。本部―支店間の情報伝達のあり方にも若干の課題が残り、改善を検討している。
 ソフトウエア開発のユニテック(同区)も5年前に初めて策定し、昨年再策定したBCPに基づき、スムーズに対応が進んだ。それでも、同社の森雅実管理本部長は「電話のつながりにくさ」を痛感し、「社内保存食の充実の必要性」も課題と感じた。「経費削減との兼ね合いもあるが、保険と同様と考え、今後も着実に対策を強化する」
 静岡経済研究所の川島康明主任研究員は「近年は取引先からBCPの策定を求められるケースもある。県内の業者に今回の地震や新型インフルエンザでそうした要請がより強くなることもあり得る」と指摘する。
 BCPの柱には業務の優先順位付け、復旧までの目標時間の設定、(製造・物流などの)代替手段の確保―などがある。中小企業には「コスト面、人材面から策定が難しい」という声もある。川島主任研究員は「同業者との協力で対応していく方法もある。自らすべてを、と考えると困難になる」とアドバイスする。

BCP 企業などが危機発生時、中核事業を継続、または早期復旧できるように、最悪の事態を想定して定める計画。事業中断による顧客の流出や経営への打撃などから身を守ることになり、企業評価を高めることにもつながる。地域社会、経済への影響も最小限に抑えることになるため、内閣府、経済産業省などが策定を呼び掛けている。
以上、捨て部分がなく全文引用。リンク先写真あり

 当社も営業所で書類散乱、PC落下、断水がありましたが、お蔭様で大きな被害はありませんでした。が、お客様ではスプリンクラー配管の破損で漏水があったり、天井が落ちて設備復旧、防火扉やシャッターの歪など復旧に駆けつけました。その他、警報が止まらないという軽度の客先を含めて対応させていただきました。建築や設備業界全体で復旧対応が大変な夏であったと思います。

 某地銀大手さんは、「全支店電車の麻痺による移動の制限以外は、災害マニュアルどおりに連携、行動ができた」と安堵の声。被害全体でも震度が大きかった店舗の壁が剥がれた程度だったそうです。

 大手工場の設備担当者さんは、早朝5:07の地震発生に際し、5:08にケータイ呼び出しが掛かったそうで、緊急連絡網の確かさに大変驚いたそうです。

 当社は中小零細なので揺れで目覚めて、速報を確認して、被害の大きそうな母店長と電話連絡。あとは、心配な取引先と連絡を取り合いながら、出社時間に社内点検。携帯電話が繋がりにくい状態が続きました。

 そうそう、感震器が働き、キチンとガス系消火設備が作動した客先からは、「キチンと作動してくれたね、確認できてよかった」と評価を頂きました。消防用設備は日頃「作動しない」のが良い状況なので、無駄なコストと思われがちですが、イザというための設備です。設置業者として不謹慎ながら少し嬉しかったりしました。

 NTTさんは緊急伝言ダイヤルを本日解除終了のようです。

 備えとは、まずは情報入手、伝達手段から
今回は、良い教訓になりました。

緊急地震速報とIP告知端末など、速報性の高い設備があります。機器に対するアンテナを高めて、危機管理対応を高めることをおススメします。

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード