FC2ブログ

郷土科学者の黎明

 黎明期 ←黎明期における郷土の科学者(1944)


 冊子 「浜松 これが日本一」が静かにでていましたをエントリしたところ、盆休み前に著者先生からコンタクト頂き、当社まで訪ねていただきました。地元浜松からばかりでなく、市外、静岡掛川磐田などからも反響があり驚いていること。1年後を目処に第2弾を執筆、取材中であること。歴史書を纏めているつもりではなく、静岡産業の現在をPRして、郷土愛を育みたいとのこと(郷土史としての評価と期待が高く、ありがたくも期待した評価ではないと、困惑を感じました)。探究心に敬意を表して、休み中に古本を引っ張り出しました。

 黎明期に於ける郷土の科学者(非売品) 編修 牧野賢一 昭和19年
 発行 静岡県庁社会教育課内 静岡県科学協会
○ 目次 (章立てのみ、詳細省く)

序文 静岡県知事 今松治郎
刊行の辞 静岡県科学協会長 西井一孝
序 静岡県科学協会副会長 渡邊重雄

1 科学者郷土訪問録 ・・・ 静岡県科学強化常務理事 牧野賢一
2 鈴木梅太郎博士とヴイターミン ・・・ 農学博士 鈴木文助
3 豊田佐吉翁と自動織機 ・・・ 豊田利三郎
4 山葉寅楠翁と楽器の製造 ・・・ 川上嘉市
5 産業日本の開拓者-鈴木藤三郎と百五十九の発明特許 ・・・鈴木五郎
6 上田寅吉翁と造船術 ・・・ 西岡久夫
7 下岡蓮杖と写真術 ・・・ 森 一
8 江川坦庵と造砲術 ・・・ 大原武次郎
9 江川坦庵先生と製砲術 ・・・ 柏木俊一
10 郷土科学技術先賢者略歴 

あとがき 静岡県科学協会副会長 小塩孫八

 各人名、HITするまで検索しました。。。疲れました。。。。

 いやいや、言わずもがなの著名人以外もクリックして貰えたらと思います。郷土人として誇らしい先人ばかり。戦中バリバリの発刊なので、以降の歴史と皆さんの記憶が見事に繋がってくると思います。勉強になりました。

 10章 郷土科学技術先賢者略歴 のみ、列伝です。上記著名人と重複もありますが、総勢36名の業績を列記。これこそ目と指の限界に挑む勢いで全員紹介しようと思います。各章とも読み応えがありますので、是清翁の次は郷土の科学者シリーズで行きます。今回はさすがに疲れたのでこれにて勘弁してください。

テーマ : 温故知新
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード