FC2ブログ

平城宮の災難

平城宮跡で雑草が燃える 少年の火遊びか 2009.8.24 21:07産経

 24日午後0時20分ごろ、奈良市佐紀町の平城宮跡で雑草約400平方メートルが焼けた。奈良署によると「平城宮跡資料館」の南東で、自転車で走り去る数人の少年が目撃されており、火遊びが原因とみて調べている。

 平城宮跡では8日にも雑草が焼ける不審火>があった。

 平城宮跡は東大寺の西約4キロに広がる約1キロ四方の野原で、平城京の政治の中心地とされる。世界遺産になっており、当時の建物の復元事業が進められている。


平城宮跡で廃材燃える 2009.6.25 23:25 同

(6月)25日午後4時ごろ、奈良市法華寺町の平城宮跡で、雑草地に放置された廃材が燃えているのを近くの住民が見つけて119番した。火は住民3人がバケツで水をかけて間もなく消し止めた

 文化庁によると、現場は平城宮跡の東端で民家に隣接する場所。周囲に火の気はなかった。付近の巡回を強化するとしている。地元消防は放火や火遊びの可能性もあるとみて原因を調べる。

 平城宮跡は東大寺の西約4キロに広がる約1キロ四方の史跡で、平城京の政治の中心地と考えられている。5月には何者かによって深さ約1・4メートルの穴が掘られているのが見つかった。
 今年は寒い時期に重文火災が相次ぎましたが、新型インフルエンザの流行と同じく、しばらくニュースに上がりませんでしたね。新型インフルについて舛添要一厚生労働大臣も「国民に慢心が出てきた」と発言して話題になりましたが、花火の時期には火遊びがあること、これは地域ぐるみで対応せざるを得ないでしょう。そしてまた寒くなる方向へ折り返しましたので、不審火への警戒を緩めぬよう、対策の提案と併せて注意喚起することが防災業界の勤めだと考えています。記事中にもある通り、イタズラモノがいて、近隣住民の初期消火や、関係機関の巡回強化など、努力を積み重ねています。あとは、微罪でも「これは許されない」と報道周知すべきであり、犯人を糾弾する記事こそ出てしかるべきところを行政の怠慢を追求する報道になり勝ちです。イタズラは許さないという社会的なムードが必要なのでしょう。

 20年以上の昔になりますが、中学校時代に同級生数名が天竜川の河川敷をかなり広範囲で焼きました。火遊びが拡大して茫然自失のところ、駆けつけた警察から「学校には内緒にしておくから、何をやったか言いなさい。」と取調べがあり、こってり絞られ。警察は約束どおり学校には知らせないが、消防署から学校へ通報。学校でもこってり絞られ、全校集会でさらし者になりました。当時は新聞沙汰にもなった結構な騒ぎですが、ご記憶の方、あれは筆者の同級生です。本人たちが懲りたのは当たり前ですが、消防・警察・学校・PTAの「しっかりした対応」のお蔭で地域全体でイタズラモノたちもしばらく自重。彼らも今はイイ大人になり、人様に説教する立場の人間もいますが、同級会になれば河川敷事件はいまでも語り草。

 自称カルデロン一味の不法滞在をいまだに擁護する、順法精神のかけらも無いのが今のマスコミ。地域の青少年健全育成には最早、害毒ですね。

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ